株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

 

先取り厳選銘柄

会員の皆様

昨日(9月5日)深夜に更新された四季報オンラインのデータより、業績有望な先取り厳選銘柄16銘柄抽出しております。

寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
 

新興国からの資金流出圧力高まる

連休明けのNY市場は3指標ともに小幅に下落。

英国、欧州ともに下落していますが、ドイツDAXの下げはややきつめ。

米10年債利回りが2.9%を超えてきたことで、ブラジル、アルゼンチンなども大幅下落。

株安と並行する形で原油、資源関連も売らています。

反面、米金利上昇はドル高・円安という形で、本日の日本市場にとっては幾分緩衝材となっています。

日経平均株価終値
22,580.83円-116.07円 -0.51%

TOPIX
1,704.96pt-13.28pt -0.77%

NT倍率
13.24倍

ドル円
111.50(0.30円安)

225予想EPS
1,742.35円

225PER
12.96倍

売買代金
2.264兆円

200日線乖離率
+0.76%

値上がり銘柄/値下がり銘柄
701/1,297

新高値/新安値
27/79

騰落レシオ
83.42

空売り比率
46.3%

売買代金2.2兆円とやや商いを膨らませての下落。

同時に空売り比率が一段と大きくなっており本日46.3%

相場全体が売り優勢の中、寄与度NO1のファストリ日経平均株価を支えたため、NT倍率は過去最高の13.24倍に達しています。

225EPSはジリ上げ基調を維持して本日も過去最高を更新、225PERは13倍割れの12.96倍となっています。

日経平均
-0.51%

TOPIX
-0.77%

東証2部

-0.74%

マザーズ

-1.05%

ジャスダック
-0.50%

本日、日経平均株価TOPIXは一度もプラス圏に浮上できませんでしたが、弱含む主力とは対照的に前場プラス圏で強さを見せていたマザーズジャスダックも、上海をはじめとした新興国株/通貨が軒並み下落したことで、耐えきれずに反落。

後場は特に弱含む展開で、マザーズが安値引け、ジャスダックもほぼ一日の安値で大引けを迎えることになりました。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準中央:23,470.35円
日経平均適正水準下限:22,591円
5日日経平均:22,580.83円(乖離率-3.79%)
日経平均打診買い水準:21,321円
日経平均底値買い水準:21,138円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日、久々に適正水準下限値を割り込んだ日経平均株価

信用残2.9兆円はやや重たいものの、下落のブースターとして作用する裁定残1.5兆円と低水準。

現在、マーケット最大のテーマである新興関連が売られていることには十分注意が必要ですが、PER13倍割れと併せて、水準、需給、また短期的な調整が進んでいることからも、買い下がり対応が選択肢に入ります。

ただし、大底買いではありませんので、あくまでも資金は分散して相場急落に備えたキャッシュは残しておくことです。

上海は何とか2,700ptを維持していますが、本日は新興国からの資金流出圧力が高まっているため、今夜のNY時間の展開を見つつ米金利は要ウォッチ。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月23日大引け時点で0.51%(約115円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

主力は調整進みニュートラル、空売り・ベアは要注意

4日の日本市場は、引き続き調整含みの展開となって続落。

日経平均株価は寄り付きこそ+50円程高く始まったものの、開始から20分間で大きく値を下げ-100円の安値。

前場のうちに再度戻りを試してプラスに浮上したものの買いが続かず、大引けは-10円の小幅安で3日続落となりました。

日経平均株価終値
22,696.90円-10.48円 -0.05%

TOPIX
1,718.24pt-2.07pt -0.12%

ドル円
111.20(0.72円安)

225予想EPS
1,736.56円

225PER
13.07倍

売買代金
1.805兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
838/1,169

新高値/新安値
25/70

騰落レシオ
86.30

空売り比率
45.5%

米投資家たちはレイバ―デイまでの長い夏休みを終えて、本日から市場に本格復帰しはじめますが、昨日に続き2兆円割れの薄商い。

米国とカナダのNAFTA交渉、対中2,000億ドルの追加関税が結果待ちとなる中、金曜日の米雇用統計もあって一般の投資家は動けずに様子見姿勢。

短期筋が先物で綱引きするため、時折値動きの荒い展開となります。

空売り比率は昨日に続き高水準で45.5%

主力の日経平均株価TOPIXは順調に調整が進でおり、特に日経平均株価は本日で概ねニュートラル位置に戻ってきました。(INDEXシートの総合売買指数をご覧ください)

やや意外なのは、新興市場が案外強いこと。

日経平均
-0.05%

TOPIX
-0.12%

東証2部

-0.25%

マザーズ

+1.15%

ジャスダック
+0.24%

マザーズジャスダックは反発しており、朝方軟調だった上海総合指数も後場に反発。

手掛けづらい主力はスルーして、新興系に資金を回している様子が伺えます。

新興市場の出来高はそこそこしっかりしています。

ただ、上海に関して言えば値動きからして2,700ptをPLOでつないでいる印象もあり、米中貿易戦争回避に向けて水面下で駆け引きが続いている可能性も十分あり得る。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準中央:23,379.91円
4日日経平均:22,696.90円(乖離率-2.92%)
日経平均適正水準下限:22,501円
日経平均打診買い水準:21,235円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

幾分円安の流れとなる中、EPSは連日じりじりと上昇し本日も過去最高値を切り上げ。

EPSが上昇トレンドを描く中でのPER13.07倍は魅力的水準に映ります。

主力の調整が進んでいる状況から、来週のMSQは高値決着の可能性が高まってきたとも言え、今週中の安値は買い場となる可能性があります。

新興の方はこれまでが売られすぎていただけに日柄のみで薄い調整をして、そのまま戻り基調を強める可能性あり。

何度も書いていることですがEPSの先高観がある中で、23,000円の壁はこれまでのように厚くありません。

先週はやや加熱しすぎたため、必要な調整を終えた後は上値を取りに行く公算が高まっています。

空売り比率が高い状況ですが、空売り、ベアを建てている場合は要注意です。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月23日大引け時点で0.51%(約115円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ