株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

 

各市場ともサポートラインを支えに売り物を吸収

29日(火)の日経平均株価は小幅反発。

週明けの欧米市場が反落となった流れから東京もマイナスで始まった後、前場の日経平均株価ー240円まで下げる場面がありました。

午前中マイナス圏で推移した上海総合指数も、売り一巡後は午後にかけて買い戻し優勢となりプラス圏に浮上。

終値はほぼ横ばいで取引を終えていますが、上海も昨日からの日本市場と同様、50日線を維持しながら売り物を消化している様に映ります。

ちなみに昨日の米3指標はキャタピラーエヌビディアの決算が悪材料となって機械・半導体セクターが売られることになりましたが、3指標ともに下髭をつけて取引を終えており、50日線を維持しつつ売り玉を吸収する格好となっています。

日経平均株価終値
20,664.64円+15.64円 +0.08%

TOPIX
1,557.09pt+1.58pt +0.10%

ドル円
109.230.15円高

米10年債利回り
2.735%

225EPS
1724.93円

売買代金
2.116兆円


25日移動平均乖離率
+1.56%

騰落レシオ
92.48%

空売り比率
47.4%

売買代金2兆円を超えてきましたが、同時に空売り比率が上昇。

日経平均株価は引き続き25日線をサポートにつけており、今後空売り筋の買戻しが上抜けのきっかけになりかねない状況。

ただ、今のところEPSは横這いとなっていますが、今後決算発表が進むにつれてEPSがどこまで下がるか注目。

日経平均株価
+0.08%

TOPIX
+0.10%

東証2部指数
+0.05%

マザーズ指数
+1.22%

ジャスダック指数
-0.14%

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,395円
日経平均適正水準下限:21,355円
29日日経平均:20,664.64円(乖離率-7.73%)
日経打診買い水準:19,998円
日経底値買い水準:19,803円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日は、この後英議会でのEU離脱合意案採決、日本時間明朝にアップルの決算発表、明日の夜は1月ADP雇用統計米10-12月GDP速報、さらにFOMC2日目を経てのパウエル議長記者会見フェイスブックマイクロソフトアリババボーイングの決算発表と、重要決算、重要イベントが続きます。

盛りだくさんのイベントでNY時間の先物価格は乱高下する可能性がありますが、マーケットの方向性が見えるまでは右往左往することなくじっくり構えておくことです。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

決算と重要イベント前のポジション調整売り

週明けの日経平均株価は反落。

売買代金1.87兆円の薄商いで積極的な市場参加は見られず。

本格化する決算発表はもとより、今週はFOMCはじめ米GDP速報1月雇用統計など重要イベントが目白押しのため、目先ポジション調整の売りに押された格好となりました。

日経平均株価終値
20,649.00円-124.56円 -0.60%

TOPIX
1,555.51pt-10.59pt -0.68%

ドル円
109.380.41円高

米10年債利回り
2.746%

225EPS
1726.51円

売買代金
1.877兆円


25日移動平均乖離率
+1.32%

騰落レシオ
88.90%

空売り比率
46.6%

反落となった日経平均株価ですが、総合売買指数を見る限り売られやすい状況が続いており、25日線を維持しながら売り物を消化している様に映ります。

Image2

本日の上海総合指数は、昨年2月以来、約1年ぶりに100日線を超えてきましたが、終値では頭を押さえられて失速。

戻り基調は維持しているだけに、100日線を上放れする様であればマーケットの雰囲気も変わってくることになりそうです。

Image4


日経平均株価
-0.60%

TOPIX
-0.68%

東証2部指数
-0.04%

マザーズ指数
-1.89%

ジャスダック指数
+0.21%

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,440円
日経平均適正水準下限:21,398円
28日日経平均:20,649.00円(乖離率-7.98%)
日経打診買い水準:20,038円
日経底値買い水準:19,843円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

米政府機関の閉鎖は、3週間のつなぎ予算成立をもってひとまず解除。

先週末のNY市場は、FRBがバランスシート縮小の早期終了を検討しはじめたとの報道もあり3指標ともに反発していますが、30日(水)に予定されているFOMC、そしてパウエル議長の会見は好悪両面から注目。

加えて、今週の米国は注目の決算が続々と発表されますので、その内容と市場の反応にも注目。

29日(火):アップルイーベイ
30日(水):フェイスブックマイクロソフトアリババボーイング
31日(木):アマゾンGE

昨年10月からベアマーケットが続いたNY市場にも微妙な変化が見えはじめていますが、株価の骨格は「金融政策」と「企業業績」によって決まってきますので、FOMCと決算発表が重なる今週は、マーケットを方向付ける週になる可能性があります。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋F4(2019.1.27)

2019年1月27日(日)


株式投資 寺子屋

昨年のクリスマス、個人投資家の大半は、毎日膨らむ強烈な含み損に「底が見えない」と思ったことでしょう。

耐え兼ねて多くの投資家が膨大な損失を確定させられたことと思います。

あるいは、未だに大きな損失を抱えたままで、半分投げやりな気持ちの投資家も多いと思います。

昨年9月、多くの投資家は、ナスダック、そしてSP500、さらにNYダウが順次史上最高値を更新していく中で強気に傾いていました。

” Bull markets are ,,,,,, die on euphoria.”

直訳すると

「強気相場は、、、、熱狂の中で最後を迎える」

昨年の9月に私が指摘しておいた事の1つは、「ナスダックSP500が史上最高値を更新しており、NYダウが最高値を更新したら要注意」

ということ。

さて、3ヵ月近く続いたベア相場を経て昨年12月に底を打った様に見える株式市場ですが、先週1週間の米市場を見て思うことは、、、


寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ