株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

 

当然の調整、MSQまでは気を抜けない

------------------
会員の皆様
------------------
「基礎投資学習ツール」の「INDEX」のデータ取得に関して、不具合がございましたのでプログラムを修正して再アップロードしております。
パスワードは9月1日にメールで送信しております。
------------------

週末に底堅さを見せた日本市場でしたが、さすがに買いのエネルギーは続かず、週明けの本日は売り優勢で反落。

いろいろ言われている要因は、週末の米国・カナダNAFTA協議がまとまらず、交渉の再開待ち。
そして、中国に対する2,000憶ドル、25%の追加関税も控えているため。

ただ、先週の23,000円奪還でエネルギーを使い切って、再度短期的な調整に入ったというのが実態。

これまでと状況が異なることは既に述べた通りで、EPSは本日もジリ上げ。

これまでとは違って、上値を目指すために必要な調整に映ります。

前提としては、先々のEPSに影響を与えるドル円が大きく円高に振れない事。

日経平均株価終値
22,707.38円-157.77円 -0.69%

TOPIX
1,720.31pt-15.04pt -0.87%

ドル円
110.92(0.07円高)

225予想EPS
1,733.39円

225PER
13.10倍

売買代金
1.799兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
410/1,630

新高値/新安値
27/63

騰落レシオ
84.64

空売り比率
45.6%

もうひと押し、ふた押し欲しいところですが、空売り比率が大きくなっているため買い戻しが入れば短期調整で上値を取りに行くかもしれません。

日取りとしては来週のMSQは頭に入れておきたいところ。

日経平均
-0.69%

TOPIX
-0.87%

東証2部

-0.28%

マザーズ

-1.49%

ジャスダック
-1.17%

全市場下落。

新興市場は先週末に踏んばった分、やや大き目の下落となっていますが、マザーズジャスダックの「総合売買指数」は11%~12%で、通常ならもう少し調整が必要。

東証2部は他市場に比べて底堅く、値幅調整不要で押し切る雰囲気もあり。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準中央:23,310円
3日日経平均:22,707.38円↓(乖離率-2.59%)
日経平均適正水準下限:22,432円
日経平均打診買い水準:21,166円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

9月相場に入りましたが、今週は週末に米雇用統計も控えているため動きづらい面あり。

加えて来週14日はMSQを控えており、そこまでは気が抜けません。ただ、仕掛けられた場合の意外安があれば、拾っておきたいところ。

Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day.

いつものことながら、MSQの翌日がSt Leger dayとなりますが、昨年は9月MSQの200日線割れから切り返して歴史的冒頭に繋がっていきました。

昨年と異なるのは、マネーの大きな流れが米国還流となっていることで、これは今のマーケットで一番大きなテーマ。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月23日大引け時点で0.51%(約115円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
続きを読む
 

株式投資 寺子屋E1(2018.9.2)

2018年9月2日(日)


株式投資 寺子屋

週末に統一パスワードを更新しております。

寺子屋 会員の方は、メールにてお送りしたパスワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
 

買いの手は一旦ピークへ

昨日発表された米4-6月期GDP改定値は、小幅ながら上方修正、個人消費と設備投資が米景気を押し上げていることが確認され、適温相場の中で昨晩のNY市場は3指標続伸となりました。

SP500NASDAQは連日の史上最高値更新。

9月下旬のFOMCでは今年3度目の利上げがほぼ確実となっています。
 
30日の日経平均株価は、NY株高と円安の流れから寄り付き23,000円超えでスタートするも、すぐに失速。

10時過ぎにも23,000円を超えますが、買いは続かず。

結局、ほぼ寄り天の陰線ながら、なんとかプラスで引けて7日続伸となりました。

TOPIXは反落となりましたが、日経平均株価と併せてほぼ横ばいの一日となりました。

日経平均株価終値
22,869.50円+21.28円 +0.09%

TOPIX
1,739.14pt-0.46pt -0.03%

ドル円
111.65(0.48円安)

225予想EPS
1,726.00円

225PER
13.25倍

売買代金
2.634兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,167/844

新高値/新安値
66/12

騰落レシオ
92.70

ボリンジャーσ
+1.51σ

空売り比率
43.9%

本日の売買代金2.634兆円は、リバランスが乗っかっているため実質的には売買代金2兆円割れが続いています。

引き続き値上がり銘柄/値下がり銘柄新高値/新安値を見る限りは、比較的堅調な地合いが続いています。

強気姿勢は、マザーズジャスダックが出来高を伴った続伸(陽線)となっていることにも表れています。

ただし、本日大引け時点における「INDEX」シートを見ると、日経平均株価マザーズジャスダックの「総合売買指数」は10%を切っており、新興市場を含めた買いの手は一旦ピークに差し掛かっていることが分かります。

日経平均
+0.05%

TOPIX
-0.03%

東証2部

+0.30%

マザーズ

+1.04%

ジャスダック
+0.64%

本日は111円台後半のドル円が株価を支えていますが、中間選挙を控えるトランプ政権が容認できるドル円水準は112円台がやっとと見られ、更なる円安のハードルは高いと見ておくべき。

つまり、23,000円手前での日柄調整よりも、円高による幾分値幅を伴った調整となる可能性が高いということ。

とはいえ、EPSがジリ上げトレンドにある中では、これが押し目買いを誘う為下落の緩衝材となります。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準中央:23,364円
30日日経平均:22,869.50円(乖離率-2.12%)
日経平均適正水準下限:22,478円
日経平均打診買い水準:21,206円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日発表の8月第4週の投資部門別売買動向に目をやると、外国人は4週連続の現物売り越し。

個人も現物売り越しで、積極的な買い主体は見当たらず。

この週の日経平均株価+330円の上昇となっていますが、先物と一部のインデックス関連銘柄が日経平均株価を押し上げただけで、相場全体の実態を映しておらず。

この週の外国人による先物買い越しは+2,180億円

多くのご質問を頂いておりますが、順次返信して参りますので今しばらくお待ちください。

-------------------
会員の皆様へ
-------------------
本日(30日)までに新規入会・継続のお手続きを頂いた皆様へは、明日31日の午前中に「手続き完了」の旨ご連絡いたします。

上記メールが届かない場合は、お手数ですがメールにてご連絡ください。
jissenkabu@gmail.com
-------------------

----------------
株式投資寺子屋 9月新規入会の申し込みはこちらへ
(※新規入会、継続のお手続きは明日(8月31日(金))で締め切らせていただきます)
----------------


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月23日大引け時点で0.51%(約115円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ