2017年8月27日(日)

株式投資 寺子屋


米国の宝くじ「パワーボール」で、過去最高となる約830億円の大当たりが発表されました。


確率、2億9220万分の1と言われる6つの数字を当てた幸運の持ち主は、マサチューセッツ州に住む53歳の女性だそうです。


当選した女性は、過去32年間、地元の病院に勤務。

大当たりしてまず決めたことは、勤務先に「退職の意思」を伝えることだったようです。


今回の当せん番号は数字6、7、16、23、26とパワーボールの数字4。

当選した宝くじを購入した場所は、地元のガソリンスタンドにあるコンビニだそうです。

パワーボールは毎週2回抽選が行われるようですが、6月10日にカリフォルニア州の男性が当選して以来、1等の当たりくじが出ずに当選金はキャリーオーバー。

今回の巨額な当選金になっていたようです。


ちなみに、当選者の女性は当選金を一括受け取りとしたため、税引きされた後に手にする金額は約367億円とのこと。

日本でも、サマージャンボ宝くじというのがありますが、昨年の「サマージャンボ」と「サマージャンボミニ」で、まだ引き換えられていない高額当選(1000万円以上の当選)は、6月現在で14本もあるとのこと。

引き換えられていない当たりくじが発売された都道府県は、


東京で4本

大阪で3本

北海道で2本

埼玉・神奈川・岡山・福岡・佐賀で各1本ずつ


だそうで、その中には1等5億円も含まれているとこのこ。


当選者が現れない場合、12億3000万円の当選くじは紙切れになってしまいます。



上記都道府県で昨年サマージャンボを買われた方、もしお手元に残っていれば、もう一度、宝くじを確認した方が良いかもしれませんね。




それでは寺子屋 会員の方は、Stocksβに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。