2017年9月10日(日)

株式投資 寺子屋


間もなく「お彼岸」。

私が子供のころ、「秋彼岸」には「お萩(はぎ)」食べたものです。

昔から、「秋彼岸」には「おはぎ」を食べ、「春彼岸」には「ぼたもち」を食べますが、それぞれ「つぶあん」「こしあん」であるのは、小豆(あずき)の収穫と関係があります。


小豆は、元々中国の漢方薬として日本に入ってきましたが、日本人も昔から様々に工夫して小豆を食べてきました。


小豆の種まきは4月から6月。


収穫時期は9月から11月。


「秋彼岸」の時期は小豆の収穫期と重なり、採れたての柔らかい小豆を皮のままつぶして「つぶあん」にします。


「春彼岸」の時期は、年を越して固くなった小豆の皮を取り除いて「こしあん」にします。


こうして秋のお彼岸には「つぶあん」の「おはぎ」が、春のお彼岸には「こしあん」の「ぼたもち」が食べられるというわけです。

今年の彼岸入りは9月20日。


2017年の夏と秋を分ける秋分は9月23日。


私は、昔から「あんこ」好き。

あんこ嫌いな方もいると思いますが、今年の秋も、採れたての柔らかい小豆を「おはぎ」としてありがたくいただくとともに、ご先祖様の墓参りに出かけたいと思います。



それでは寺子屋 会員の方は、Stocksβに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。