株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに、現代の株式相場について語ります。 独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し、相場の大底を判定。
2016年は2月12日、6月24日にドン底の日本株を買い出動。10月7日には相場の上昇転換を捉えて買い出動。毎日公表される株式指標から、その日の相場の姿を分析し株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的な内容をお届けします。
2017年7月、独自ノウハウで開発した銘柄選定ツール「Stocks」をリリース(会員限定配布)。
相場の天底を教えてくれる「基礎投資学習ツール」とともに使用することで、「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き、日本の投資教育確立をめざして投資初心者に向け配信します。

2017年06月

 

押し目買いには要注意

欧米市場の調整色が日に日に濃くなっています。

来週の米休暇(独立記念日前)を前にしたポジション調整の側面もあるでしょうが、それだけではない様に思います。

ポジションを取っている場合には、戻り場面があればポジションをできるだけ整理し、CPを高めておくことをお勧めします。


安くなっているからと言って、「押し目買い」には要注意。


仮に再度上昇トレンドを描いたとしても、次のチャンスを待てば良いのです。

米市場よりも、ドイツDAXの下落ぶりが気になります。2銀行以外は全て下落となり、大陰線をつけました。

Image2


日経平均も大幅反落となり、2万円割れ水準での攻防が続きました。

14:30以降引けにかけては値を戻して、何とか2万円を維持しています。

市場関係者からは「短期的な調整に過ぎない」との声があるのも事実ですが、私なら、ここはポジションを外して、「休むも相場」。

来週頭は反動で戻りを試す可能性がありますが、しばらく市場の観察に徹します。


日経平均株価終値
20,033.43円(-186.87円)

出来高
19.69億株

売買代金
2.602兆円

ドル円
112.00円(0.19円高)

25日線乖離率
+0.16%

騰落レシオ
108.36

空売り比率
38.4%

日経平均は、ザラ場で25日線を割っていましたが、大引けで戻してなんとかプラス乖離を維持しています。

空売り比率は思ったほど大きくありません。

30日大引け時点のの日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,924円
日経平均株価適正水準上限:20,480円
30日日経平均大引け株価:20,2033.43円↓
日経平均株価適正水準中央:19,412円
日経平均下適正水準下限:18,701円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

日銀は本日740億円のETFを購入。

昨日発表された米1-3月期GDP確報値は、市場予想の+1.2%に対して+1.4%と上振れる結果に。

結果を好感して高く始まった米市場でしたが、寄り天で手じまい売りが加速。ハイテク株を中心に売られています。

本日も、間もなく重要指標が発表されます。

A 米:5月 個人消費支出 21:30
B 米:5月 個人所得 21:30
B 米:6月 シカゴ購買部協会景気指数 22:45
B 米:6月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値 23:00

FRBの強気姿勢を裏付ける結果となれば、ドル円は再び113円付近まで動く可能性がありますが、上記結果もさることながら、その結果に対して欧米市場がどう反応するのか、よく見ておく必要があります。

「安い」と思って買ったところが、「まだまだ高かった」ということはよくあることで、「森」を見る限り、「押し目買い」にはリスクが伴いそうです。

もしも押し目を狙うなら、ポジションは小さめにしておくことをお勧めします。

本日、Stocks銘柄で上昇したのは、

<3686>ディー・エル・イー +12.28%

売られすぎの対象となっていたStock3銘柄。

6月14日、15日、16日に実施した「売買解析」の結果、この3日間「押目検討」銘柄として抽出されていました。

Image8

実際のチャートは、

Image6


抽出された時の株価は460円どころで、本日640円。

10日ほどで、+40%近い上昇となっています。

Stock3銘柄は、やや取り扱いが難しいた面がありますが、KlabもStock3銘柄。

売られすぎからの反発、踏み上げで大きく上昇する可能性を秘めた銘柄群になります。

「売買解析」機能は、過去に抽出されたStock1、Stock2、Stock3の銘柄群について、「需給」、「値幅」、「日柄」などから「押し目」のタイミングにあるかどうかを自動解析。

4つのエネルギー指標を「%」で表示して、反発のためのエネルギー状態を教えてくれます。

あとは、チャートで「水準」(株価位置)を確認する必要がありますが、いずれは、「水準」(株価位置)も自動解析できるようにしたいと考えています。

来週から7月相場に突入、年後半は「Stocks」の研究に力を注ぎます。

------------------------------------------
基礎投資学習ツールDL(Last Update 06/25)
------------------------------------------
Image2

※上記画像をクリックすると、ダウンロードサイトにアクセスできます。パスワード等はございませんが、上記画像のクリックにより下記の2つのランキングサイトが自動的に別Windowで開きますこと、あらかじめご了承願います。
にほんブログ村 株ブログへ
------------------------------------------


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月30日大引け時点で0.26%(約50円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

間もなく米第1四半期(1-3月期)GDP確定値

昨日の欧米株は、原油価格の上昇、売られていたハイテク株への買戻し、「欧州の金融緩和は継続される」としたECB関係者の話など、複数の要因が重なり、大幅に反発。

金融株、ハイテク株、エネルギー関連株などに積極的な買いが入りました。

日本市場も欧米株高の流れから安心感が広がり、金融株を中心に買い優勢の展開となりました。

一時的に年初来高値を上回ったものの、引けは10円ほど高値に届かず。


日経平均株価終値
20,220.30円(+89.89円)

出来高
19.50億株

売買代金
2.442兆円

ドル円
112.19円(0.03円安)

発表された米エネルギー情報局による週間在庫統計では、ガソリン在庫が減少しているものの、原油在庫は増加しています。

原油相場が下落していただけに、市場はひとまずガソリンの在庫減少を前向きに受け止めたようで、原油下落の流れにストップがかかっています。

1バレル45ドル越え。

昨日、大きく下落した任天堂でしたが、本日は出来高を伴って急反発。

まだ上値を目指すエネルギーを持っていることを示しています。


29日大引け時点のの日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,953円
日経平均株価適正水準上限:20,508円
29日日経平均大引け株価:20,220.30円↑
日経平均株価適正水準中央:19,439円
日経平均下適正水準下限:18,726円
◆◆◆◆◆

※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


移り気な展開となっている米市場ですが、惰性で高値を保っている感は否めず、大きな流れは、じわりじわりと資金引き上げムードが広がりつつある可能性があるため、警戒しておくに越したことはありません。


Stock2銘柄として、4月10日に初抽出されている、

<2484>夢の街創造委員会

特徴的な名前なので、4月10日以降、何度も抽出されていることは会員の皆様も良くご存知のことと思いますが、

4月10日時点では855円の株価でしたが、
2ヵ月半で本日高値1375円

実に+60%の上昇を見せています。

Image2

上記画像で4月10日のStock2銘柄を見てみると、上昇する前のTOKYO BASE、リミックスポイント、PRTIMESなども抽出されています。


6月16日に、同じくStock2に初登場した、

<4288>アズジェント
(※6月22日のエントリーでは、★印画像を掲載しています。)

6月16日時点では2709円でしたが、
本日高値4125円

2週間で実に+52%の上昇となっています。

上昇トレンドを描く前のStocks2銘柄は、2か月ほど放置しておけば比較的高い確率で上昇トレンドに向かうように思います。

Image4


マルマエ、TOKYO BASEなどは、調整を挟みながら、新高値を目指して上昇しています。

尚、次回更新よりStock3銘柄の抽出レンジを狭めるため、抽出される銘柄数はやや減少することになると思われます。

本日は
A 米:1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 21:30
B 米:前週分 新規失業保険申請件数 21:30

明日朝一で
A 日:5月 全国消費者物価指数(CPI) 08:30

明日の夜は
A 米:5月 個人消費支出 21:30
B 米:5月 個人所得 21:30
B 米:6月 シカゴ購買部協会景気指数 22:45
B 米:6月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値 23:00

特に米GDP、個人消費支出は売買の材料としては大きな指標となります。

稲田氏を擁護する安倍首相に疑問の声が高まっており、自民の逆風は収拾する様子がありません。

都議選は7月2日


------------------------------------------
基礎投資学習ツールDL(Last Update 06/25)
------------------------------------------
Image2

※上記画像をクリックすると、ダウンロードサイトにアクセスできます。パスワード等はございませんが、上記画像のクリックにより下記の2つのランキングサイトが自動的に別Windowで開きますこと、あらかじめご了承願います。
にほんブログ村 株ブログへ
------------------------------------------

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月29日大引け時点で0.26%(約50円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

米市場に陰り、7月ポジションには要注意

イエレン議長のロンドン講演、期待されていた強気発言が出なかったことに加え、米株価に対する「割高の可能性」をほのめかす発言が、米市場の株売りを誘っています。

米3指標は揃って下落、特に、間接的に割高を指摘されたアップルやグーグルなどハイテク株の売りが加速し、NASDAQは-1.61%の大きな下落となっています。

Image2


加えて、オバマケア代替法案の採決が先送りされたことで、トランプ政権の政策能力に疑念が広がったことも、手じまい売りを加速させています。

そんな流れを受けた日本市場も売り優勢の展開となり反落。

特に、最高値を更新してきた任天堂が、出来高を伴って大幅下落となっています。

新興市場を含む中小型株も売り優勢の展開で、2部指数、マザーズ、ジャスダックとも大きく下落する結果となりました。


日経平均株価終値
20,130.41円(-94.68円)

出来高
19.20億株

売買代金
2.429兆円

ドル円
112.16円(0.36円安)


米金利上昇に伴って円安に振れ、原油価格も1バレル44ドルまで回復していますが、欧米株高に対する警戒が広がり、日本市場も手じまいムードが優勢になっています。


6月相場も間もなく終わりますが、7月1日、2日は土日で休場。

3日新甫は4月と同様、波乱含みが想定されます。

4月の波乱は、欧米市場が崩れなかったため、日経平均で約-1,000円幅の調整で済みましたが、欧米市場が崩れると、その程度の下落では済まされません。

既にCPは高めていますので何の心配もありませんが、7月のポジションには要注意です。


28日大引け時点のの日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,942円
日経平均株価適正水準上限:20,497円
28日日経平均大引け株価:20,130.41円↓
日経平均株価適正水準中央:19,431円
日経平均下適正水準下限:18,717円
◆◆◆◆◆

※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。


日曜寺子屋で触れておきました5月米耐久財受注。

市場予想の0.3%増に反して、0.2%減のマイナスとなっています。

原因が定かでないので一概には言えませんが、FRBの強気姿勢に反して、米経済は成長鈍化の可能性を示す指標が散見されます。

今のところ「鈍化」という表現で収まっていますが、「失速」などという話になると、一本調子で上げてきた米市場は大きく反応することになります。

米マスコミは、トランプ大統領に対するネガティブキャンペーンを張っているかの様な状況になっており、先週のニューズウィーク誌は「就任5か月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理」とした強烈な見出し記事を掲載し、徹底的にトランプ大統領を叩いています。

また、26日のNYタイムズ紙は、「トランプの嘘」と題した記事を一面に掲載し、5か月間にトランプ大統領が放った嘘や不正確な発言約100を紙面に並べています。

追い打ちをかけるかのように、今度はIMFが、トランプ米政権が掲げる経済成長率3%について「年1%を超える成長率の持続的な加速は到底不可能だ」との声明を発表しており、トランプ政権への逆風は一層強まっています。

都議選では自民の苦戦が濃厚となっており、こちらも7月相場の足を引っ張る可能性があります。


昨日は、多忙によりエントリーできず、申し訳ありませんでした。


------------------------------------------
基礎投資学習ツールDL(Last Update 06/25)
------------------------------------------
Image2

※上記画像をクリックすると、ダウンロードサイトにアクセスできます。パスワード等はございませんが、上記画像のクリックにより下記の2つのランキングサイトが自動的に別Windowで開きますこと、あらかじめご了承願います。
にほんブログ村 株ブログへ
------------------------------------------


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月28日大引け時点で0.26%(約50円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

業績良好な中小型株への物色続く

週明けの東京市場は、先週の薄商いに輪をかけた閑古鳥状態。

出来高14億株、売買代金1.75兆円の薄商いとなっています。

日経平均株価は小幅続伸となっていますが、なんとも味気ない相場展開が続いています。

ただ、金曜日に材料株に資金が移った中小型株については、本日再び業績有望銘柄に資金が戻っており、Stocks1、2銘柄が値を飛ばす結果となりました。

<6264>マルマエ +8.15%
<3932>アカツキ +5.66%
<6081>アライドアーキテクツ +5.61%
<6668>アドテックプラズマ +5.89%

日経平均株価終値
20,153.35円(+20.68円)

ドル円
111.30円(0.01円高)

出来高
13.96億株

売買代金
1.751兆円

RSI9日
70.26

RSI14日
59.35

サイコロジカル
50.00

ボリンジャーσ
+1.20σ

騰落レシオ
108.56


日経平均は2万円乗せ以降、上にも下にも動けずに、高値での持ち合いが続いていますが、マザーズ指数は、本日大きく反発、個人投資家は中小型株で回転を効かせながら、うまく立ち回っているようです。

いずれにしても、業績良好な銘柄は物色の対象となり上昇トレンドを描いていますが、業績が振るわない銘柄はジリ下げの展開となっています。


◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,817円
日経平均株価適正水準上限:20,375円
26日日経平均大引け株価:20,153.35円↑
日経平均株価適正水準中央:19,317円
日経平均下適正水準下限:18,607円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については、文末をご参照ください。

金曜日にSトップ高を見せたタカタが、民事再生法適用を申請し、7月27日付での上場廃止が決定されました。

最終的な負債総額は1兆7,000億円に達するとも言われており、本日は終日取引停止となっています。

明日以降、1か月間は売買が行われますが、100%減資となる可能性が高く、株価は1円に向かっていくことになると思われます。

任天堂の株高が止まりません。

大幅な営業増益が見込まれていますが、業績はさらに上振れる見込み。

全体相場が盛り上がらない中、投資家の視線は業績有望銘柄の物色に向かっているため、ポジションを取るのであれば、Stocks1、2の中から絞り込んで、数銘柄拾っておくのが標準的なセオリーと言えそうです。

6月5日のエントリーで

「買い場抽出エンジンが抽出してきた、良さそうな銘柄」

として紹介した、

<1430>ファーストコーポレーション

紹介時点で、押し目を形成、フラグが4本立っておりましたので、「近いうちに反発しそう」と紹介しておきましたが、

その後、株価は順当に上昇トレンドに移行し、本日も高値を目指して躍進しています。

Image2

全体相場への警戒から私は既に売却していますが、Stocksの買い場抽出機能は、有望銘柄の「押し目」判断に一役買ってくれそうです。


気になる原油価格は一旦反発していますが、楽観視は禁物。

今週は米1-3月期GDP確定値、5月個人消費支出など、米消費関連の重要指標が発表されますので、FRBの思惑通り、堅調な結果が確認されれば問題ありませんが、下振れしている場合には、円高の流れが加速することもリスクシナリオとして想定しておく必要があります。


明日は、イエレン議長がロンドンで講演を行う為、米経済に関する発言内容に注目が集まります。

------------------------------------------
基礎投資学習ツールDL(Last Update 06/25)
------------------------------------------
Image2

※上記画像をクリックすると、ダウンロードサイトにアクセスできます。パスワード等はございませんが、上記画像のクリックにより下記の2つのランキングサイトが自動的に別Windowで開きますこと、あらかじめご了承願います。
にほんブログ村 株ブログへ
------------------------------------------


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月26日大引け時点で0.25%(約50円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋C1(2017.06.25)

2017年6月25日(日)

株式投資 寺子屋


皆様 おはようございます。


関東地方は梅雨の真っただ中ですが、沖縄地方は22日に梅雨明けとのこと。

真夏の日差しを浴びて、また暑い暑い夏がやってきます。

皆様、体調など崩されませんよう、ご自愛ください。


例によって、株式投資 寺子屋 日曜配信の導入部分、旧会員の方から、「また投資の話とは関係ない話か」、と叱られそうですが、少々お付き合いください。


週末に一つのニュースが日本を駆け巡りました。


旅立たれた小林麻央さん。

心より、ご冥福をお祈りいたします。



私たち人間は、必ず「死」を迎えます。

人間に限らず、生きとし生けるもの全て、いつか土に還る日がやってきます。


現在の科学では、それをを回避することはできません。


エリザベス・キューブラー・ロスの「死の受容プロセス」に書かれていることから。


私たち人間は、最終的に死を受け入れる段階では、全てを悟った解脱(げだつ)の境地に至るのだそうです。

生への執着ともきっぱり別れを告げ、前を向いて新たな出発へと旅立つことになるのだそうです。


人間は、日々希望や欲望の中で、歓喜し、悲嘆し、熱狂し、苦しむわけですが、それらの「欲望」をすべて超越する時が、「死」を受容する時なのだということ。


「不謹慎」とのお叱りは甘んじてお受けいたしますが、この「死」を受け入れるプロセスこそ、実は「投資」とも深く関係していると私は考えています。


人間の「欲望」は、最終的には「生」に対する執着と「死」の受容に行きつきます。

「欲望」に勝てなければ、相場で勝つことはできません。


投資で勝てない理由は様々にありますが、その根本には、私たち人間が捨てきれない「欲望」があります。

投資で勝つには、「無欲」で臨むこと。


邪念(欲望)を捨て、相場の姿のみを見て判断し、一喜一憂せずに、じっと待つ。

悟りの境地に立てることができれば、投資で負けることは無いでしょう。


皆が売っている大暴落時に、恐怖や欲望を捨て、「無欲」で飛び込めるか。


解脱の境地。


私自身に言い聞かせていることです。


あまり長くなってもいけませんので、そろそろ、マーケットに焦点を当ててみたいと思います。

今週から、可能な限り、ブログ内会員ページにて日曜配信を行っていきます。


寺子屋 会員の方は、Stocksβに記載したパスワードで、会員ページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。

◆基礎投資ツール・Stocksβ 最新版◆

◆先週の相場と来週の相場◆

◆銘柄探検◆

◆付録 指標の確認◆
続きを読む
livedoor プロフィール
寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
寺子屋 過去アーカイブ
メッセ-ジ

名前
メール
本文
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ