株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに、現代の株式相場について語ります。 独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し、相場の大底を判定。
2016年は2月12日、6月24日にドン底の日本株を買い出動。10月7日には相場の上昇転換を捉えて買い出動。毎日公表される株式指標から、その日の相場の姿を分析し株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的な内容をお届けします。
2017年7月、独自ノウハウで開発した銘柄選定ツール「Stocks」をリリース(会員限定配布)。
相場の天底を教えてくれる「基礎投資学習ツール」とともに使用することで、「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き、日本の投資教育確立をめざして投資初心者に向け配信します。

2017年08月

 

値を戻しつつも、月足続落。波乱含み?の9月相場へ。

昨日発表の米4-6月期GDP改定値が上方修正となり、同じく8月ADP雇用統計も市場予想を大きく上回る結果となり、ドル円は110円台を回復しています。

米3指標は続伸、ハイテク株が大賑わいとなり、NASDAQは大きく上昇しています。

円安の流れを受けた日本市場は、主力の輸出関連株などに買いが入り日経平均、TOPIXともに大幅高。

ただ、値幅は大きいものの本格的な買いとは言えず、買戻し主体。

8月の最終取引は大きく値を戻しつつも、7月に続いて月足陰線となりました。

日経平均株価終値
19,646.70円(+139.70円/+0.72%)

出来高
17.70億株


売買代金
2.281兆円

ドル円
110.51円(0.71円安)

NT倍率
12.15倍

空売り比率
41.0%


日経平均PER
13.93倍


------------------------------
日経平均
+0.72%

TOPIX

+0.61%

東証2部指数
-0.02%

マザーズ
+0.43%

ジャスダック
+0.78%


31日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,889円
日経平均株価適正水準上限:20,445円
31日日経平均株価:19,646.24円(乖離率+1.48%)
日経平均株価適正水準中央:19,360円
日経平均下適正水準下限:18,665円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照ください

好調な米経済指標を受けてドルが買われており、目先円安の声が聞こえはじめていますが、7月上旬の1ドル114円まで戻すのは厳しいのではないでしょうか。

株価も、
くすぶっている米政権運営リスクや北朝鮮リスクが頭を押さえることになり、好調な米経済指標の発表が続いたとして、目先の戻りは、日経平均20,000円超えがやっとではないかと思われます。

逆に、9月は米政治が様々な壁に直面するため、波乱含みとなる可能性が高いとも言えます。

本日発表のJPX投資主体別売買を見ると、海外投資家は、先週も現物で1,500億円の売り越し、現先合計で3,305億円の売り越しとなっています。

これで外国人の売り越しは5週連続で、この間、現物だけで約8,000億円の売り越しとなっています。

買っているのはやはり日銀。この5週間で、約7,600億円の買い越し。

外国人の売りものを、日銀がせっせと吸収して株価を維持している、そんな構図が続いています。

明日から9月相場となりますが、8月米雇用統計、8月SIM製造業景況指数など、注目指標が発表されます。

それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月29日大引け時点で0.34%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

戻りは限定的

29日の米市場は、北朝鮮との対立が軍事衝突にまで至らない、との楽観的な観測が広がったことに加え、8月の米消費者信頼感指数も市場予想を上回ったことで買戻しが入りました。

出来高はさほどでもありませんが、3指標とも反発して取引を終えています。

米市場の反発を受けた日本市場、リスクオフ緩和から1円ほど円安に振れ、大幅高に。

JPX日経400の定期組み換えに伴う出来高増(約4000億円)を差し引けば、相変わらず薄商いが続いていることが分かります。

日経平均株価終値
19,506.54円(+143.99円/+0.74%)

出来高
17.05億株


売買代金
2.225兆円

ドル円
109.80円(0.98円安)

NT倍率
12.13倍

空売り比率
40.8%


日経平均PER
13.82倍


信用買い残(8/25)
1.718兆円

昨日JPXが発表した信用買い残は2.72兆円。2016年4月以来の水準にまで積みあがってきました。

Image


株価のジリ下げが続く中で信用での買い増しが増えているようです。

松井証券の信用買い残も、4月の下落前水準である2,400億円手前まで回復しています。

裁定買いはさほど積みあがっていませんが、需給的にはやや悪化傾向にありますので、今後どの程度積みあがっていくかウォッチしておきたいと思います。

------------------------------
日経平均
+0.74%

TOPIX

+0.62%

東証2部指数
-0.65%

マザーズ
+0.25%

ジャスダック
+0.39%


30日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,768円
日経平均株価適正水準上限:20,325円
30日日経平均株価:19,506.54円↓(乖離率+1.34%)
日経平均株価適正水準中央:19,247円
日経平均下適正水準下限:18,556円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照ください

北朝鮮問題については、まだ何も解決しておらず、徐々にエスカレートしている状況は変わりません。

また、ドル円も一時的に109円台を回復していますが、ここから円安基調になるかというと、それは期待薄。

需給面からも、円安の壁は低いとは言えず、おのずと日経平均の戻り高値は限定的と言えるでしょう。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月29日大引け時点で0.34%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

ミサイル発射でリスクオフも、市場の緊張は限定的

早朝6:00前に北朝鮮が弾道ミサイル発射。

日本上空を超えて、14分後に
北海道襟裳岬の東約1180キロの太平洋に落下。

市場は当然リスクオフの流れとなり、リスク資産の株が売られ、安全資産とされる円が買われています。

とはいうものの、日経平均株価は前場一時170円近く下落しましたが、後場は買戻しも入ったようで、次第に下げ幅を縮小させ、大引けを迎えています。

出来高は13.87億株、売買代金1.816兆円。

リスクオフながら、売りが加速する様な状況とはなっておらず、事態の割には引き続き緩いリスクオフが続いています。


日経平均株価終値
19,362.55円(-87.35円/-0.45%)

出来高
13.87億株


売買代金
1.816兆円

ドル円
108.82円(0.34円高)

NT倍率
12.12倍

空売り比率
40.8%


日経平均PER
13.73倍

200日線乖離率

+0.22%

日銀は745億円の買い支えを行っています。空売り比率は、大きくなってよさそうなものですが、9営業日で最も小さい値となっており、安くなったところで、買戻しが入っていると思われます。

また、ジャスダックは前場こそ安く始まりましたが、朝10:00過ぎにはプラスに転換、ミサイルの影響は限定的となりました。

------------------------------
日経平均
-0.45%

TOPIX
-0.15%

東証2部指数
-0.25%

マザーズ
-0.56%

ジャスダック
+0.39%


29日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,584円
日経平均株価適正水準上限:20,146円
29日日経平均株価:19,362.55円↓(乖離率+1.49%)
日経平均株価適正水準中央:19,077円
日経平均下適正水準下限:18,391円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照ください

日経平均株価は、一時的に200日線を割り込む形になりましたが、終値ではプラス乖離をキープ。

下落理由は様々ありますが、日本市場はヒト相場終了し、月足ダブルトップを付ける可能性が高いと思います。

これは、ドル円についても言え、日銀の大規模緩和によって維持されてきた円安トレンドは一旦終焉を迎え、中・長期的に円高トレンドに向かう可能性が高いように思います。


北朝鮮の挑発行動は、9月9日に向けエスカレートする可能性もあり、加えて、米トランプ政権が抱える様々な問題は何一つ解決しておらず、引き続き相場は波乱含みとなる可能性がありますので、現状、静観が正解と言えそうです。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月29日大引け時点で0.34%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

くすぶるリスクオフ要因、MSQの9月相場へ

ほぼ無風で通過することになったジャクソンホール会議ですが、イエレン議長は金融政策に関する見通しに触れることなく講演を終えています。

週末のNYドル円は、
イエレン発言により手掛かり難となったため、ドルが売られることに。

やや円高に振れていましたが、本日も含め、今のところ109円台を維持しており日本市場への影響は限定的となっています。

週明けの日経平均は、閑散ながら小幅に上昇して取引を終えています。

日経平均株価終値
19,449.90円(+9.54円/+0.05%)

出来高
13.45億株


売買代金
1.745兆円

ドル円
109.16円(0.44円高)

NT倍率
12.16倍

空売り比率
42.5%


日経平均PER
13.77倍

薄商いの中で、以前として空売り比率が高止まりしており、買い方の頭を押さえています。

背景には、米財政運営に対する懸念、債務上限問題、地政学的リスクなど、金融市場を取り巻く環境にリスクオフ要因が見え隠れしているからに他なりません。

とはいえ、今のところ、まだ本格的な下落の兆候があるわけでもなく、緩やかなリスクオフ基調とでもいうべき状況となっています。

------------------------------
日経平均
+0.05%

TOPIX
+0.15%

東証2部指数
+0.34%

マザーズ
+0.93%

ジャスダック
+0.53%

以前として空売り比率は大きくなっており、

28日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます。
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:20,657円
日経平均株価適正水準上限:20,217円
28日日経平均株価:19,449.90円↑(乖離率+1.59%)
日経平均株価適正水準中央:19,145円
日経平均下適正水準下限:18,456円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照ください

業績良好な個別銘柄への物色も一段落しており、日本市場は視点が定まらないまま、外部環境に身を委ねている状況。

ドル円も、トヨタをはじめ主要企業の想定為替レート110円を割り込んでおり、業績期待も盛り上がりません。

今週は、米雇用統計が控えており、様子見姿勢が一段と強まると考えられます。

来週、9月4日のレーバーデイを超えれば、米議会も忙しくなり、市場参加者も戻ってきます。

そして、9月8日メジャーSQ、9月9日北朝鮮建国記念日。

波乱含みの日程に突入していきますので、引き続き9月中旬までは様子見が賢明。


それでは、皆さんがご自身の手でチャンスをものにし、厳しい現代の株式市場で勝ち抜かれることを願っております。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月28日大引け時点で0.34%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋C10(2017.08.27)

2017年8月27日(日)

株式投資 寺子屋


米国の宝くじ「パワーボール」で、過去最高となる約830億円の大当たりが発表されました。


確率、2億9220万分の1と言われる6つの数字を当てた幸運の持ち主は、マサチューセッツ州に住む53歳の女性だそうです。


当選した女性は、過去32年間、地元の病院に勤務。

大当たりしてまず決めたことは、勤務先に「退職の意思」を伝えることだったようです。


今回の当せん番号は数字6、7、16、23、26とパワーボールの数字4。

当選した宝くじを購入した場所は、地元のガソリンスタンドにあるコンビニだそうです。

パワーボールは毎週2回抽選が行われるようですが、6月10日にカリフォルニア州の男性が当選して以来、1等の当たりくじが出ずに当選金はキャリーオーバー。

今回の巨額な当選金になっていたようです。


ちなみに、当選者の女性は当選金を一括受け取りとしたため、税引きされた後に手にする金額は約367億円とのこと。

日本でも、サマージャンボ宝くじというのがありますが、昨年の「サマージャンボ」と「サマージャンボミニ」で、まだ引き換えられていない高額当選(1000万円以上の当選)は、6月現在で14本もあるとのこと。

引き換えられていない当たりくじが発売された都道府県は、


東京で4本

大阪で3本

北海道で2本

埼玉・神奈川・岡山・福岡・佐賀で各1本ずつ


だそうで、その中には1等5億円も含まれているとこのこ。


当選者が現れない場合、12億3000万円の当選くじは紙切れになってしまいます。



上記都道府県で昨年サマージャンボを買われた方、もしお手元に残っていれば、もう一度、宝くじを確認した方が良いかもしれませんね。




それでは寺子屋 会員の方は、Stocksβに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。続きを読む
livedoor プロフィール
寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
寺子屋 過去アーカイブ
メッセ-ジ

名前
メール
本文
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ