株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2017年09月

 

新高値では、ここから15営業日でピークか

25日線割れとなり崩れかけていたNASDAQが昨日は+1.15%の大幅高に。

S&P500:+0.41%
NYダウ:+0.25%

トランプ政権の税制改革案に対する評価がどうであれ、「割高」と言われようが、「バランスシートを縮小する」と言われようが、プラス面だけを織り込んで資金が流れ込んでくる状況が続いており、一向に下がる気配を見せない米市場。

年内利上げ観測で、米債権利回りは2.35%まで上昇しています。
Image2

ドル買い円売りの流れから、1ドル113円まで円安が進んでおり、日本市場に追い風となっています。

日経平均株価終値

20,363.11円(+96.06円/+0.47%)

出来高
16.04億株

売買代金
2.740兆円

ドル円
113.10円(0.65円安)

値上がり:値下がり
1084855

騰落レシオ
130.64

空売り比率
39.3%


RSI(14日
78.59

円安の追い風を受けつつも、騰落レシオ130超え。

新高値銘柄15日平均180超えとなり、上昇の勢いはやや弱まる場面と言えます。

Image4

45日平均は、本日ではまだ134.7

これが150を超えてくると、さらに頭が重たくなりますので、場合によっては利確の目安にもなり得るところ。

前回、新高値45日平均133.5から167.8(ピーク)まで上昇するのに15営業日。

本日から15営業日と言えば、衆院選投票前最終取引の10月20日(金)ということで、概ね良い位置につけていると言えます。

------------------------------
日経平均
+0.47%

TOPIX

+0.71%

東証2部指数

+1.21%

マザーズ

+0.70%

ジャスダック
+0.57


本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:21,434円
日経平均株価適正水準上限:20,978円
28日日経平均株価:20,363.11円↑(乖離率+2.58%)
日経平均株価適正水準中央:19,850円
日経平均下適正水準下限:19,152円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

要ウォッチとして連日お伝えしている裁定買い残が、今週火曜日時点の寺子屋推定値で、2.2兆円を超えてきました。

11営業日連続の上昇で、上昇幅も大きい。

Image11

今回、裁定残が上昇し始めたのは9月11日からですが、衆院解散の話しが一斉に報じられたのは、それよりだいぶ後の9月17日。

郵政売り出しの件もありましたが、あらかじめ準備された需給の変化と見て良いでしょう。

ちなみに、裁定残が2.2兆円を超えていたのは世界同時株安からの戻り場面、2016年3月下旬が最後。

引き続き要ウォッチとしておきます。

最後に、本日JPX発表の投資部門別売買動向。

Image9

外国人の売りは、JPXではわずか-611億円売り越しとなっていますが、昨日の財務省データでは-9,239億円売り越し。こちらは先週に続き-9,000億を超える売りとなっており、2週間で1.8兆円超えの処分となっています。

これに対して、証券自己は2週連続の大幅買い越しで、2週間で+1.7兆円に迫る買い越し

逆に、先物は証券自己-6,146億円売り越しに対し、外国人+9.177億円買い越し

裏事情を詳細まで把握するのは不可能ですが、裁定残と併せて、明らかに、需給に大きな変化が起こっています。

ちなみに、個人-3,180円売り越しで、2週間で-7,433億円売り越しとなっています。

衆院解散で永田町はドタバタ。今票読みしたところで仕方ありませんので、しばらくは観察。

この後、米4-6月GDP確定値が発表されます。

コメント、ご質問をいただいています


------------------------------
◆Stocks凄い さん

いつも内容の濃い配信をありがとうございます。
以前より気になっていたHama先生のツールの動画を見て、まるで映画のマトリックスをほうふつとさせる数字の動きに驚きました。
また、精度を高めるために日々改善を続けるHama先生の姿勢にも感服です。
今は会員の募集はされてませんか?
次回はいつ募集されますか?
今後も、配信を楽しみにしております。

◇コメントありがとうございます。株式投資で勝つ最大の方法は、勝てるゲーム以外は参加しないことです。必ず勝てるゲーム、それは市場が大底を付けるのをじっと待ち、皆が恐怖で投げ出しているところで参加するゲームに他なりません。「大底買い」こそが「負けない株式投資の極み。それはこれまでも、この先も変わることはありません。ただ、「相場が調整することを良しとしないマーケット」が長期間続いており、そんな相場においても少しでも利益を積み重ねていけるように作成したのが銘柄選定ツール「Stocks」です。実際には、β版のリリースからまだ数か月しか経っておらず、今後も精度向上を目指して改良を重ねていくツールです。また、この「Stocks」を活用する上でも、常に全体相場を把握することは不可欠と言え、それを学ぶためのツールが「基礎投資学習ツール」となります。株式投資 寺子屋は、
長い投資人生を生き抜くために「相場を学ぶ」ことを目的としていますので、その点、ご理解いただければと思います。尚、本日掲載したチャートは、全て「基礎投資学習ツール」に含まれているチャートやデータシートです「Stocks」も大いに活用いただきたいツールですが、長い目で見て重要なのは、日々投資の基礎を学ぶことです。次回は1月-4月期(4か月)の会員募集となりますので、今のところ募集開始は12月を予定しています。
------------------------------

それでは、本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月26日大引け時点で0.32%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

実質プラス維持で年度折り返しへ


昨日、動画で紹介した「Stocks」ですが、会員の方から報告が届いております。

Stocksを利用して、勝率を上げているとのこと。

転載許可をいただき、冒頭にて掲載させていただきますので、売買の参考になさって下さい。
(※当該の方が現在取り組んでおられる銘柄については、影響を考慮し「※※※※」で表示してあります)

-----------------------------------------------
【お礼】2017年上期Stocks銘柄取引結果

Hama様

いつもお世話になっております。

2017年上期も終わりましたので、「Stocks銘柄」の半年の取引結果を検証してみました。

取引銘柄数は22銘柄で、14勝7敗1分という結果でした。

損切りを(ドリコムの急落の-25%を除けば)、-14%以内で実施できたこと、MRO、日本M&Aセンター、IIF、スタートトゥディ、ウィルグループで大きな利益確定ができたことにより、今までにない好結果を残すことができました。
結果として、見事に「損小利大」となっていることに、自分自身びっくりしています。

本当にありがとうございました。

現在は、 ※※※※、※※※※、※※※※、※※※※に取組んでいます。
※※※※は、やがて3倍株になりそうな勢いです。

今後も全体相場を確認しつつ、2勝1敗でも勝てる「Stocks銘柄」を活用し、株式投資を楽しみながら、実りある人生を築いていきたいと思っています。

1、(銘柄の選定範囲について)
「Stocks1,2」のみを売買解析した押目検討銘柄から選択しています。
チャートを確認して株価変動が激しい銘柄は対象外にしています(仕事中は対応できないため)。
HPを見ても業務内容が想像しにくい企業も対象外にしています。特に市場にはこだわっていません。

2、(銘柄選定で重視していること)
成長性(売上、利益、シェア等)・・・業務内容、今までの業績の伸びと今後の業績予想を確認します 。
右上がりのチャートの形・・・業績が素直に反映されてと考えれば、押目を購入しやすいと感じています。
株価が数倍になる可能性のある中小型銘柄・・・損切り15%以内との兼ね合いから選好することが多い。

3、(今後の「Stocks」に期待すること)
これまでの大雑把な銘柄選択が、「Stocks」利用によってかなり改善されました。ありがとうございました。
これだけで、大幅な損益の改善につながっていると思います。(大満足しています)  
押目検討銘柄を購入したと仮定した場合の売りの株価・タイミング(?)が分かれば、売り損ないが減るかもしれません。
しかし、数倍になる可能性のある銘柄もあるわけで、これは各自の判断に委ねることなんでしょうが ・・・。

今後も15%以内の損切りを徹底しながら、数倍になる銘柄に出会えれば嬉しく思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------

(銘柄選定ツール「Stocks」)



実質10月相場入りした日本市場。

深押しはなかったものの寄り付き後1時間は下げ幅を拡大して、20,200円割れ寸前までの押し。

寄り付き前に下値で指しておいた数銘柄が前場に拾えました。

ドル円が堅調に推移していたため、前引けにかけて幾分値を戻し、後場も崩れることなく推移。

配当落ち分を考慮すれば、一日を通してプラスを維持したということになります。

ただし、超閑散


日経平均株価終値

20,267.05円(-63.14円/-0.31%)

出来高
12.02億株

売買代金
2.084兆円

ドル円
112.45円(0.90円安)

値上がり:値下がり
815895

騰落レシオ
126.50

空売り比率
38.4%


RSI(14日
77.84

出来高12億株は、2012年8月27日の10.97億株以来の閑散。

この年の夏休みは8月13日にも出来高10.99億株となっていましたが、その後「閑散に売り無し」で3ヵ月ほど推移し、12月の総選挙で安倍内閣が誕生して相場は大きな転換点を迎えています。

------------------------------
日経平均
-0.33%

TOPIX

-0.50%

東証2部指数

+0.12%

マザーズ

+1.82%

ジャスダック
+0.65

明日、臨時国会冒頭に衆院解散。

希望の党が立ち上がったと思ったら、野党陣営は一層グダグダに。

衆院選の見通しは、自民圧勝との声もある反面、自民苦境との声も聞こえてきます。

どちらにせよ、しばらくは株高を想定しておいてよろしいのではないでしょうか。

本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:21,321円
日経平均株価適正水準上限:20,867円
27日日経平均株価:20,267.05円↓(乖離率+2.64%)
日経平均株価適正水準中央:19,745円
日経平均下適正水準下限:19,051円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日JPXが発表した先週金曜日時点の裁定買い残は、推定値とほぼ一致し、2兆円とび台の水準まで上昇。

10営業日連続で増加しており、この間7000億円の増加。総選挙までにさらに積みあがる可能性がありますが、2.2兆円~2.4兆円を越えてくると、投機筋のターゲットにされる可能性が高まってきますので、引き続き要ウォッチ。

本日は、実質プラスの相場でしたが、日銀が751億円買ってきました。

衆院選までは、少なくとも「株価維持」が安倍政権の市場命題ということになります。

本日
拾った玉は、しばらく放置で売り場を探したいと思います。


以前のエントリーでも書きましたが、私HamaはFISCOソーシャルレポーターとして、随時、株式相場に関するレポートをネットで配信しております。

Yahooファイナンス、株探、ロイターをはじめ、20以上のサイトに配信されますが、昨今のFISCO社の情報は非常に充実しており、銘柄の選定においても役立つ情報が多々あります。

話題のビットコインですが、FISCOの仮想通貨取引所も開設されており、常時リアルタイムで気配値、約定の歩み値が見れますので、興味のある方は一度覗いてみてください。
https://fcce.jp/trade_btc_jpy


最近、お世話になっているFISCOの担当者から、学生向けに紹介してほしいということでいただいたのは就活アプリ。


担当の方から頂いた情報そのままになりますが、こんなアプリだそうです。

--------------------------------
http://www.fisco.co.jp/uploads/20170915_fisco_pr.pdf
投資家向けに経済や金融、株式投資や上場企業に関する情報を日々提供しているフィスコならではの強みを生かして、業績情報やIR情報など他社のアプリではなかなかみられない情報が満載となっています。

さらに、ブランド名や商品名などでのキーワード検索や、従業員数×平均年齢×売上高などの条件を組み合わせて絞り込みができる機能を搭載しています。

気になった企業は「お気に入り」に登録するだけで保存できますし、就活中に気になる企業の情報を書き留めることができる「メモ機能」も搭載しています。

就職活動中だったり、これから就活を考える学生の皆さんにぜひ使ってみてほしいです!
--------------------------------

内容は充実しているようですので、就活世代のみんなさんはぜひ一度お試しください。

それでは、本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月26日大引け時点で0.32%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

下がる場面で下がらない相場

日替わりで過激な言葉の応酬が続いている米朝のトップですが、昨日は「宣戦布告された」とまで言い始めた北朝鮮。

不毛な言葉遊びだけなら放っておけば良いのでしょうが、核を握っている上に何をやらかすか分からない国だけに無視するわけにはいきません。

昨日の米市場は3指標揃って軟調な展開。

次の北朝鮮の一手を待つ「様子見ムード」が支配的となっており、短期的にやや膠着感が広がっています。

アップル、フェイスブック、グーグルなどハイテク関連が売られているのは、気になるところ。

ナスダックは25日線割れとなっています。

ただ、10月上旬からは再び米3Q決算シーズン。

11月末決算のファンドは、解約45日前ルールが10月中旬。

上昇し続ける米市場では、買い方で大きな損失を出している者はほとんどおらず、FRBによるバランスシート圧縮(マネーの回収)にもかかわらず、米・欧によって放たれた
過剰流動性は、好材料を探して市場を彷徨い続けています。

昨日のJPモルガンのレポートによれば、「世界レベルでのQE(量的緩和)の在庫効果は、今後数年にわたって現在と同水準にとどまる公算が大きい」とのこと。

悪材料に反応せず、次々と資金が流れ込む米市場を見ていると、妙に納得してしまうレポートです。

日本市場も軟調ながら、下がる場面で下げない相場つきとなっています。

日経平均株価終値

20,330.19円(-67.39円/-0.33%)

出来高
17.80億株

売買代金
2.534兆円

ドル円
111.55円(0.68円高)

値上がり:値下がり
1189732

騰落レシオ
127.08

空売り比率
40.9%


RSI(14日
79.56

------------------------------
日経平均
-0.33%

TOPIX

-0.00%

東証2部指数

-0.14%

マザーズ

-1.22%

ジャスダック
-0.53%

本日は新興市場も含めて反落となっていますが、TOPIXはほぼ横ばい。

東証1部を見る限り、全体軟調かつ空売りが増加する中でも値上がり銘柄が多く、益出しに動いている売り物を吸収する地合いとなっています。

中間配当取りなどもあるので、何とも言えませんが、昨日とはやや感触が違います。


本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:21,128円
日経平均株価適正水準上限:20,678円
26日日経平均株価:20,330.19円↓(乖離率+3.89%)
日経平均株価適正水準中央:19,710円
日経平均下適正水準下限:19,015円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

適正水準乖離率は、上昇・下落に関わらず、
じわじわと拡大しており、+4%手前まで達しています。

8月下旬には、+1%を割れる流れで、歪な相場が修正されるかと思っていましたが、9月に入り流れが変わっています。

衆院選は、希望の党に票が流れる可能性が高まっており、22日の投票前に株価を下げるわけにはいかない状況。

相場見通しについてやや弱気の声が聞こえてきますが、20,200円付近で押しがあれば、個別でも押している有望銘柄を拾ってみようと思います。

明日の配当落ち分は日経平均約-130円。

7月よりリリースし、ベースプログラムが一程度出来上がってきた銘柄選定ツール「Stocks」。

シンプルなインターフェイスへの移行と精度の向上を目指して改修していることは、これまでにお伝えした通りですが、本日、操作要領に関する動画ビデオを作製しましたので、取り扱いの参考にしていただければと思います。

音声も文字解説もないやっつけ動画となりますが、Youtube経由でお送りしますので、百聞は一見に如かず、ということでご利用ください。

尚、動画作成の精度の低さについては、目をつぶっていただければ幸いです。

銘柄選定ツール「Stocks」機能の紹介



本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月26日大引け時点で0.32%(約66円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

3連陰の年初来高値

財務省は、本日郵政株の売り出し価格を1,322円に決定。

相場の支えはひとまず一段落。

本日は112円台の円安と衆院解散期待で
寄付きから高く始まった日経平均。

2兆円の経済対策を追い風としつつも、寄り付き直後の20,454.19円が高値となり一日を通してジリ下げの展開に。

終値ベースでは+101円の年初来高値ながら、3連陰となりました。

北朝鮮問題は週末もエスカレートする一方で、高い場面では一旦利確といったところでしょう。


引け後の安倍首相の会見は、サプライズはほとんどなし。



日経平均株価終値

20,397.58円(+101.13円/+0.50%)

出来高
15.30億株

売買代金
2.145兆円

ドル円
112.23円(0.27円安)

空売り比率
38.3%

騰落レシオ
125.64

RSI(9日)
89.78


RSI(14日

76.91

サイコロジカル
75.00


出来高が伴わない中でも各指標は多少過熱感を示し始めており、
3連陰が意味するところは、急浮上してきた中では、やはり一息入れたがっているということ。

とはいうものの、北朝鮮の動向を気にしつつも、2015年の高値20,952.71円が意識されるところ。

------------------------------
日経平均
+0.50%

TOPIX

+0.49%

東証2部指数

+0.34%

マザーズ

+0.81%

ジャスダック
+1.00%

2部指数、マザーズ、ジャスダックは陽線引けとなっており、中小型株は地味に強気へ。

本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
日経平均下落注意水準:21,280円
日経平均株価適正水準上限:20,827円
25日日経平均株価:20,397.58円↑(乖離率+3.49%)
日経平均株価適正水準中央:19,710円
日経平均下適正水準下限:19,015円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

適正水準乖離率+3.94%裁定買い残は先週木曜で2兆円付近まで積みあがっており、10月衆院選までにどこまで行くか見もの。

大きく積みあがった場合には、どこかで反動が来ますが、それはまだ先のこと。

それにしても大崩れのない米株式市場。こちらも、どこまで行くのか見もの。

それでは皆様、よい週末をお過ごしください。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準および上限値・下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月22日大引け時点で0.32%(約65円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋C14(2017.09.24)

2017年9月24日(日)


株式投資 寺子屋


昨日より、いくつかの悪条件が重なり、配信が遅くなってしまいました。

多くを書きたいところですが、内容を絞って、配信を優先させていただきます。

本日より、銘柄選定ツール「Stocks」に、「個別売買指数」を導入しております。

(新しく導入された「個別売買指数」)
Image2

詳しくは、会員ページにてお伝えします。


寺子屋 会員の方は、Stocksβに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。



入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。続きを読む
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ