株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2018年01月

 

ベア相場の入り口へ

------------------------------------------
会員の皆様へ

STOP高が続いているいくつかの紹介銘柄(四季報銘柄)に関するご報告、本日の臨時配信に関するお問い合わせ等頂いておりますが、順次ご返信いたしますので、今しばらくお待ちください。
-------------------------------------------

前日の米株式市場急落を受けて、5日続落。

前場、TOPIXは-0.1%超えの下落となったものの、後場日銀は買ってこず。

日経平均株価、TOPIXともに大引けにかけて下げ幅を拡大し、上髭を付けてのほぼ安値引けとなりました。

これまでに日銀が買い込んだETFは18兆円規模に達しており、この程度の下げでは、もはや日銀は買ってこないということ。

遅きに失している感もありますが、黒田総裁はポーカーフェイスを決め込んでテーパリングに動いているようです。


日経平均株価終値
23,098.29円(-193.68円 -0.83%)

ドル円
108.70(0.01円安)

ドル建て日経平均株価
212.50ドル

米10年債利回り
2.709%


出来高
18.21億株

売買代金
3.632兆円

NT倍率
12.58

値上がり/値下がり

388/1619

25日線乖離率
-1.75%

空売り比率
42.5%


信用買い残(松井証券)
3,012億円


月末要因ということもありますが、売買代金3.6兆円と昨日以上に膨らんでおり、空売り比率は依然として40%超えが続いています。

昨日の米国ほか、欧州、アジア、金利、原油などの動き、様々な需給動向などを見るに、株式市場は本格的な調整を始めた可能性が高く、今後3月までに下値を探る展開が想定されます。

米債券利回りはやや下落しているものの、2.7%超え。

金利上昇とともに、大きな負債を抱え込んでいる米国民の負担もじわじわ膨らむため、年後半にかけて景気は徐々に減速していく可能性が高まっています。

本日は、朝8時過ぎに、会員の皆様に臨時配信を行いましたが、寄り付きで1571インバースを購入。


一時的な反発も想定し、CPには十分余裕を持たせていますが、今後日々の指標を確認しながら、買い増し・手じまいのタイミングを見ていきます。


日経平均
-0.83%

TOPIX

-1.15%

東証2部指数

-0.60%

マザーズ

-0.42%


ジャスダック

-0.26%

昨日に続き、全市場続落。一部の銘柄を除き、手じまい売りが加速しています。

ただし、個人の信用買いはおそらく本日も健在。

下げたところを、信用ナンピン。

決算発表を受け、一部の個別銘柄が上昇していますが、昨年11月から12月にかけて紹介した、「厳選先取り銘柄」が、次々とSTOP高を演じています。

昨日STOP高となった<6858>小野測器に続き、本日は<2491>バリューコマース<6794>フォスター電機STOP高となりました。

上記銘柄は、昨年11月末から12月初頭に、今後有望視される銘柄を「先取り」としてお伝えした銘柄です。

昨日、今日と、会員の皆様からも喜びのメールが届いておりますが、中には、昨日の小野測器と本日のフォスター電機を両方持っていた会員もおられ、2日連続のストップ高に、「10年分の運を使ってしまったかも」と逆に不安になられている方もいます。

本日お伝えできる「厳選銘柄」は、決算発表とともに業績予想が更新された2銘柄で、来期も含めて有望な銘柄となります。

ただ、既に株価は上昇しておりますので、一般公開させていただきます。

これらの銘柄を買うなら押目狙い。

<6305>    日立建機
<6857>    アドバンテスト

引き続き、毎週水曜日深夜に更新される四季報オンラインの情報から、厳選した銘柄をお伝えして参りますので、どうぞご期待ください。


本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
日経平均天井:23,633円
日経平均天井水準:23,337円
日経平均下落警戒水準:23,110円
31日日経平均:23,098.29円↓(乖離率+9.48%)
日経平均下落注意水準:22,843円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい


日銀の買いが入らない中で、日経平均株価は水準訂正となっており、米市場とともにベア相場入りした可能性が高いと思われます。

好調な決算が続いていおり、225のEPSは1,531円まで上昇していますが、安川電機、ファナックの決算が示した様に、既に株価には織り込み済みということを物語っています。

米トランプ大統領の一般教書演説については、既に中身が伝わっていたため、こちらもある程度織り込み済み。

米株式市場も、個人投資家が熱狂するメルトアップ(最終段階)に差し掛かっている可能性が高く、一時的な反発はあっても上値は重く、一通り資金が流入した後は、ベア相場となる可能性が濃厚。

昨年末のビットコインもそうですが、投資の事を知らない個人投資家が買い急ぐようになったら、相場も末期。

いつの時代も最後にババを掴んでいるのは欲に目がくらんだ個人投資家で、パニック売りの中で悲惨な結末を迎えます。

本日は、米FOMC2日目。

イエレン議長最後のFOMCとなりますが、記者会見は予定されておらず、おそらく金利据え置きながら、利上げの正当性を主張する声明が発表されることになると思われます。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、1月26日大引け時点で0.47%(約111円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

出来高を伴った大幅安も個人は信用買増し

日経平均株価は、前日の米3指標下落を受けて5日大幅続落で、25日線割れ。

昨日お伝えした通り、米金利上昇が続く中でも円高は解消されず、株式市場全体の頭を重くしています。


日経平均株価終値
23,291.97円(-337.37円 -1.43%)

ドル円
108.69(0.11円安高)

ドル建て日経平均株価
214.31ドル

米10年債利回り
2.714%


出来高
17.03億株

売買代金
3.322兆円

NT倍率
12.54

値上がり/値下がり

255/1760

25日線乖離率
-0.88%

空売り比率
44.2%


信用買い残(松井証券)
2,928円


TOPIX浮動株見直しのリバランスもありますが、売買代金は3.3兆円と、それなりに商いを伴った下落となっており、原油価格も1バレル65ドル割れの下落に転じているため、本日はリスクオフの空気も漂いはじめています。

そうなると、積みあがっている円売りの巻き戻しが加速する可能性が出てくるため、明日以降、更なる円高、日経平均深押しも想定しておく必要がありそうです。

ただ、弱気が蔓延しいている様にも思えますが、この程度の下落では、個人投資家は信用買い増しを行っていると思われ、おそらく、松井証券の信用買い残は本日3,000億円近辺まで達していると思われます。買い増すほどに頭が重くなる構図。

ちなみに、本日JPX発表の信用買い残約3.3兆円まで積みあがっており、2015年秋以来の水準に達しています。

米長期債利回りがさらに上昇することになると、株式市場は持ちこたえられなくなる可能性が高まります。

ただ、空売り比率44%超えとなっており、目先は反発のタイミング待ちとも言えるため、ここからは買い場探しの場面と見ることもできますが、私はまだ手出しいたしません。


日経平均
-1.43%

TOPIX

-1.19%

東証2部指数

-0.74%

マザーズ

-1.16%


ジャスダック

-0.81%


本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
日経平均天井:23,533円
30日日経平均:23,291.97円↓(乖離率+10.84%)
日経平均天井水準:23,238円
日経平均下落警戒水準:23,013円

日経平均下落注意水準:22,747円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい


米12月個人消費支出は、市場予想と一致し0.4%増の堅調さ。

貯蓄は約10年ぶり低水準となっており、貯蓄を消費に回す傾向が一段と強まっているようです。

週末の雇用統計で賃金も伸びるようであれば、利上げが正当化されるため、一段の株安も想定に入れておく必要が出てきます。

日米の決算発表は概ね好調に推移していますが、相場は益出し優先に動いています。

ひとまず、NYダウ先物も大幅続落。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、1月26日大引け時点で0.47%(約111円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

米10年債利回り2.7%超えで25日線攻防へ

米3指標揃って史上最高値を更新した週末の流れを受け、シカゴ日経平均先物が100円近く値を上げて東京に回ってきたため、前場+120円ほどで推移し買い意欲旺盛かに見えましたが、後場失速。

日経平均株価に関して言えば結果的に4日続落。

TOPIXはプラス引けとなっていますが、上髭を付けての4連陰となっており、円高と米債券利回り上昇が株式市場の足を引っ張っています。

TOPIX日足は「塔婆」で目先下値を探る展開。


日経平均株価終値
23,629.34円(-2.54円 -0.01%)

ドル円
108.80(0.57円安高)

ドル建て日経平均株価
217.19ドル

米10年債利回り
2.682%


出来高
13.26億株

売買代金
2.594兆円

NT倍率
12.57

値上がり/値下がり

1129/828

25日線乖離率
+0.62%

空売り比率
40.2%


信用買い残(松井証券)
2,917円

円高のみならず、米10年債利回りは東証大引け後もさらに上昇を続け、現在2.722%に達しています。

株式相場には一層厳しい状況となっており、夜間の日経平均先物も続落の流れとなっています。

大引け時点の25日線乖離率+0.62%とプラスを維持していますが、日経平均先物は19:00過ぎに直近安値23,480円をつけており、一足先に25日線での攻防が始まっています。
(大引け時点の日経平均株価25日線は23,483.77円

空売り比率は依然として40%超えの高水準となっており、サポートラインタッチでここから反発できるかどうか。


日経平均
-0.01%

TOPIX

+0.06%

東証2部指数

+0.17%

マザーズ

-1.30%


ジャスダック

+0.03%


本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
29日日経平均:23,629.34円↓(乖離率+12.31%)
日経平均天井:23,553円

日経平均天井水準:23,258円
日経平均下落警戒水準:23,033円

日経平均下落注意水準:22,768円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい


昨日お伝えしたファナックですが、本日の相場を象徴するような値動きで、+0.23%の上昇ながら、ほぼ寄り天の大陰線。

相場のセンチメントは悪化しており、高値警戒が支配的になりつつあります。

それでも松井証券の信用買い残は増加の一途で、間もなく3,000億円を突破してくると思われます。

今は、出来るだけポジションを軽くし、天井、もしくは調整を待つ場面と言えそうです。

本日は、この後米12月消費者物価指数


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、1月26日大引け時点で0.47%(約111円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋D4(2018.01.28)

2017年1月28日(日)


株式投資 寺子屋


コインチェックのニュースが連日報じられています。

27歳の若きCEO。

580億円の資金流出に対して、460億円の自己資金で対応するとのことですが、時代を駆け抜ける勢いは「若さの特権」とも言えますが、急がば回れ。


投資において「先回り」は大切な概念ですが、リスクに対する手当を行わず、やや急ぎ過ぎた印象。


技術的なことはさておき、株式投資にも通じる「先回り」と「リスク管理」の大切さを教えてくれているように思います。



寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。続きを読む
 

3日続落も目先は反発しやすい局面

昨日、ドラギECB総裁は、ユーロ高について「最近の為替のボラティリティーは不確実性のもと」「監視の必要あり」と軽く牽制。

トランプ大統領も「強いドルを望む」と、一昨日のムニューシン財務長官の「ドル安は良いこと」とした発言を事実上修正しています。

市場は瞬発的に大きくドル高に動いているものの、その後は元のドル安トレンド。

ドル円は、直近1ドル109円台前半で推移しています。

NYダウ、SP500は史上最高値更新。ナスダックは小幅反落。


本日の日経平均株価は、朝方反発して始まりましたが、取引時間帯はじりじりと進む円高を背景に徐々に下落。前場なんとかプラスを維持したものの、後場は日銀の買い支えが入らないことが分かっているため、マイナス圏に沈んだまま浮上できず。

3日続落。


日経平均株価終値
23,631.88円(-37.61円 -0.16%)

ドル円
109.37(0.44円安)

ドル建て日経平均株価
216.08ドル

米10年債利回り
2.621%


出来高
15.34億株

売買代金
2.908兆円

NT倍率
12.57

値上がり/値下がり

1079/876

25日線乖離率
+0.76%

空売り比率
41.0%


信用買い残(松井証券)
2,889億円

続落ながら、値上がり1079に対して値下がり876となっており、市場には比較的楽観の空気も。

空売り比率41.0%で高水準のまま崩れず、目先は買戻しによる反発待ちの局面。

日経平均先物は、昨日夜間に瞬間的に25日線を割ったもの、直ぐに戻してプラス乖離を維持。

日経平均株価の25日線乖離率は+0.76%。空売り比率と併せて、反発しやすい位置にあります。

昨日指摘した松井証券の信用買い残は2,889億円、おそらく本日の下落により2,900億円を超えていると思われます。需給は引き続き悪化。


日経平均
-0.16%

TOPIX

-0.27%

東証2部指数

-0.37%

マザーズ

+0.24%

ジャスダック

+0.20%


本日大引け時点の日経平均株価適正水準を見ておきます
◆◆◆◆◆
26日日経平均:23,631.88円↓(乖離率+12.04%)
日経平均天井:23,602円

日経平均天井水準:23,308円
日経平均下落警戒水準:23,082円

日経平均下落注意水準:22,817円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい


昨日発表された1月第3週の投資部門別売買動向ですが、海外投資家は現物を-2,222億円の売り越し。買っているのは証券自己+2,020億円

この週、証券自己に含まれる裁定買い残は減少しており、日銀も1,000億円まで買っていません。

個人は約-230億円の売り越しながら、その内訳は現金-624億円の売り越しに対して、信用+349億円の買い越し。

信用枠を持つ個人投資家は、上げても下げても信用で買い増しの強気姿勢。株価が天井を迎える前の兆候。

本日発表された12月全国消費者物価指数は前年同期比で0.9%上昇となり、11月と同水準の上昇。12ヵ月連続で上昇しており、2017年の消費者物価指数も2年ぶりに上昇しています。

先ほど発表された米10-12月GDP速報値は市場予想の3.2%を下回り2.6%。3%割れで伸び鈍化。

これに対して、米10-12月個人消費は大幅な伸びを見せており、週末の欧米市場は今のところ堅調に推移。

記録的寒波に見舞われている日本列島。インフルエンザも大流行とのこと。

もうしばらく厳しい日々が続きそうですが、来週末は「節分」で季節の分かれ目。

「節分天井」となるかどうかは分かりませんが、3連敗で492円の下落となっている日経平均株価も来週+500円の上昇が見られれば高値更新。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、1月19日大引け時点で0.45%(約110円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られていま分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ