株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2018年06月

 

一時200日線割れも、窓埋め後に円安が支えて回復

27日の米株式市場は、米中貿易摩擦に関する報道に右往左往の展開となりましたが、結果としては3指標揃って続落。NASDAQの下げが鮮明になっています。

一段と厳しさが増す米国と中国の軋轢に、マーケットはリスク回避の動きが強まっています。

本日の日本市場ですが、寄り付き直後の1時間は大きく売り込まれた日経平均株価。

朝方一気に75日線、200日線を割り込む形で、5月30日に開けた窓を埋めると、その後は急速に値を戻して後場にはプラス圏へ。

大引けは微妙にマイナスながら、110円まで戻したドル円の流れを背景に、下値を拾う動きが株価を支える形で取引を終えています。

上海は本日も続落となっており、下落が止まりません。本日2785.98ポイントまで下げており、終値ベースで2016年1月29日の安値2737ポイントを割り込むのも時間の問題となっています。

日経平均株価終値
22,270.39円-1.38円 -0.01%

ドル円
110.24(0.38円安)

NT倍率
12.90

売買代金
2.350兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
725/1289

騰落レシオ
82.43

新高値/新安値
30/159

200日線乖離率
+0.87%

空売り比率
42.3%

信用評価損益率(6/26)
-12.60%

日経平均株価は、本日100日線が200日線を、明日25日線が50日線をデッドクロスすることになります。

日経平均
-0.01%

TOPIX

-0.26%

東証2部

-0.52%

マザーズ

-1.43%

ジャスダック
-0.39%

マザーズは終値ベースで年安を更新。ジャスダックも年安更新まで薄氷の位置で、マーケットがリスク資産を手放す動きに傾いていることが分かります。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:24,069円
日経平均適正水準中央:22,787円
28日日経平均:22,270.39円↓(乖離率-2.27%)
日経平均適正水準下限:21,985円
日経平均打診買い水準:20,756円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日発表された6月第3週の投資部門売買動向は、海外勢が現物、先物ともに4,300憶円の売り越しで、トータル8,600憶円の巨額売り越し。

この週の日経平均株価は-335円の下落にとどまっていますが、日本売りの実態はもっと深刻。

日本経済が定義上のリセッションとなるか、明日は地味にその伏線となる経済指標が寄り付き前から発表されます。

B 日:5月失業率 08:30
B 日:5月有効求人倍率 08:30
B 日:6月東京都区部消費者物価指数 08:30
B 日:5月鉱工業生産・速報 08:50
B 日:5月新設住宅着工戸数 14:00
B 日:6月消費者態度指数・一般世帯 14:00

原油先物は高値を更新し1バレル74ドルに迫る勢いで、ドル円も110円台中盤を目指す流れ。

米中貿易摩擦が世界のマーケットの足を引っ張る中、日本市場にとっては下支え要因となっています。

ただ、庶民にとって一服しているガソリン価格が再上昇するのはマイナス要因。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月22日大引け時点で0.41%(約93円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

見直し買いで株価を支え切れるかは微妙

----------------------------------
追記(2018.06.28 07:30)
----------------------------------
会員の皆様

昨日6月27日(水)深夜に更新された四季報オンラインのデータより業績有望な銘柄を厳選いたしましたが、一定の条件に該当する銘柄がございませんでしたことお知らせいたします。
----------------------------------

昨日の米3指標は揃って小幅反発、英FTSEを含めて欧州市場も同様に一旦下げ止まる気配を見せていますが、気になるのは下落トレンンドが鮮明なドイツDAXと底割れを続ける上海総合。

Image6

Image8

上海総合指数は、下落の具合が分かりやすい様に週足チャートとしましたが、どちらも貿易摩擦などを背景とした景気減速懸念が株式売りを誘っている様子。

ついでに気になるのが、ドイツ銀行の株価。

ユーロ導入後の最安値を更新する勢いで下落を続けており、リセッションに突入していない現時点でこれですから、欧州景気がリセッションに突入することになれば、瞬く間に世界的金融危機に発展したリーマン・ブラザーズ破たんの悪夢が脳裏をよぎります。

本日の日本市場ですが、日経平均株価は反落ながらTOPIX小幅続伸で、全体的に中身は悪くない一日となりました。

日経平均株価終値
22,271.77円-70.23円 -0.31%

ドル円
109.86(0.28円高)

NT倍率
12.86

売買代金
2.230兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,208/801

騰落レシオ
80.60

新高値/新安値
50/92

200日線乖離率
+0.94%

空売り比率
43.5%

信用評価損益率(6/26)
-12.55%

東証1部の騰落率(値上がり・値下がり)は昨日とほぼ一緒ですが、新安値銘柄が1/3に減っている状況から、この水準での投げ売りは一旦収束した模様。

個別で言えば、昨日投げ売られた株価水準に見直し買いが入っているのではないかと思われます。

日経平均
-0.31%

TOPIX

+0.02%

東証2部

+0.53%

マザーズ

+0.93%

ジャスダック
+0.08%

昨日は、「基礎投資学習ツール」の「INDEX」シートにおいて、日経平均株価以外の、TOPIX東証2部マザーズジャスダックの「総合売買指数」が80%水準に達している様子をお伝えし、押目買いが入りやすい状況としましたが、本日、日経平均株価以外の市場が上昇している様子からも、買戻しが相場を下支えしている状況と言えそうです。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:23,987円
日経平均適正水準中央:22,707円
27日日経平均:22,271.77円↓(乖離率-1.92%)
日経平均適正水準下限:21,911円
日経平均打診買い水準:20,686円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日JPXが公表した、6月22日(金)時点の信用評価損益率-11.48%

同じく、6月22日(金)時点の松井証券の信用評価損益率-11.36%

でほぼ一致。

直近の松井証券の信用評価損益率-12.55%から、株価が下落すれば投げ売りが加速する環境と言えます。

日経平均株価の75日線乖離率+0.48%で、株価にして100円ちょっと。

また、200日線乖離率本日+1%を割ってきました。

中長期のトレンド線である75日線200日線(100日線も概ね同位置)などをサポートに、買い戻しが相場を支え切れるか、あるいは再び投げ売られる場面がやってくるか、微妙な状況と言えそうです。

米国がイラン産原油の輸入停止を各国に求めていることが明らかになり、原油相場が急上昇。

原油買いはリスク買いの流れを助長するため、マーケットにとって追い風となることが多いものの、理由が理由だけに、あまり歓迎できるものではありません。

それでも、ひとまず原油上昇が援護射撃となり、円安(リスクオン)の流れが相場を支えることになれば、底割れ懸念は遠ざかります。

逆に、円安に持ち込めなければ、日本市場の底割れ懸念は当面続くことになります。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月22日大引け時点で0.41%(約93円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

押目買い優勢でも新安値は今年1番

25日の米市場は、NYダウが一時-500ドルに迫る下落を見せたほか、これまで堅調に推移してきたナスダック-2%を超える下落となりました。

ナスダックは窓を開けての大幅続落で、ひとまず天井を打った格好。

Image2

米株式市場は、昨日書いた「センチメントの悪化」が鮮明になった一日となりました。

米市場の流れを受けた日経平均株価は-200円を超える続落で始まった後、22,000円を前に押目買いが入ると、ほどなくして下げ幅を縮小。

後場も22,000円台前半を拾う動きが優勢となり、14:00以降はプラス圏まで浮上し、小幅に反発して取引終了となりました。


日経平均株価終値
22,342.00円+3.85円 +0.02%

ドル円
109.58(0.15円安)

NT倍率
12.91

売買代金
2.342兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,209/797

騰落レシオ
78.06

新高値/新安値
16/374

空売り比率
42.1%

信用評価損益率(6/25)
-12.65%

TOPIXも小幅反発で、値上がり銘柄数を見ても買戻しが入っている様子が伺えますが、新安値銘柄数は今年一番の374銘柄

値下がり銘柄の半数近くが新安値となっており、多くの投資家が安値でロスカットする姿が浮かびあがってきます。

信用評価損益率-12.65%となっており、追証回避の投げも関係してると思われます。


日経平均
+0.02%

TOPIX

+0.16%

東証2部

-0.84%

マザーズ

+0.00%

ジャスダック
-0.63%

基礎投資学習ツールの「INDEX」を見る限り、全市場とも総合売買指数は短期的な「売られすぎ」を示してるため、押目買いが入りやすい状況にあるのはその通り。

Image4


ただ、本日は、日経平均株価を牽引してきたファストリが大きく売り込まれており、ナスダック同様に窓開けの大幅続落。

ソフトバンクも似たような形で続落しており、異様なNT倍率となっていた相場にも変調の兆しが出ています。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:23,941円
日経平均適正水準中央:22,663円
26日日経平均:22,342.00円↑(乖離率-1.42%)
日経平均適正水準下限:21,870円
日経平均打診買い水準:20,647円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

ムニューシン米財務長官が「(投資規制は)中国に特定したものでなく米国の技術を盗もうとするすべての国が対象」とツイートしましたが、昨日、ナバロ大統領補佐官は「どの国に対しても投資制限を課す計画はない」とテレビ番組で発言。

「公式に発表するような話はまだ無い」ということでしょうが、週末には投資規制の具体的内容が明らかになる可能性があります。

唯一楽観が続いていたナスダックにも悲観の空気が流れ込んでおり、今のところセンチメント良化は期待薄といったところ。

まだ買い急ぐ場面ではなさそうですので、監視銘柄の安値(押目)を拾うとしても資金の一部にとどめておくことです。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月22日大引け時点で0.41%(約93円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

センチメントの悪化は既に先週から

週末のNYダウは1978年2月以来の9連敗となるか注目を集めましたが、OPEC総会の結果が想定内の増産に留まったことでエネルギー関連株に買いが入り反発。

反面、ハイテク株が売られたため、ナスダックは反落となり、強弱入り混じる結果となりました。

本日、週明けの日経平均株価がどちらに動くか、昨日の日曜配信では、マーケットが弱気に傾いていることを確認しましたが、案の定、小安く始まった東京は、全市場が、ほぼ寄り天、かつ、ほぼ安値引けという結果になりました。

昨日確認した弱気を示す指標の一つがこちら。

Image1

もう一つはこちら。

Image6

表立っては見えないところから、マーケットのセンチメントが徐々に悪化しつつあることを示してくれています。

マザーズ大幅続落、それ以外が陰の包み足となっていることも、センチメントの悪化を裏付けています。

日経平均株価終値
22,338.15円-178.68円 -0.79%

ドル円
109.43(0.54円高)

NT倍率
12.93

売買代金
1.993兆円

25日線乖離率
-0.90%

値上がり銘柄/値下がり銘柄
298/1,740

騰落レシオ
75.13

新高値/新安値
53/205

空売り比率
43.7%

信用評価損益率(6/22)
-11.36%

買い控えが進む中で空売り比率が上昇。騰落レシオ75.13%まで下がっており、そろそろ手を出したくなる場面。

新安値平均が上昇しており、買い場の到来を予感させますが、売買代金は2兆円に届かず、積極的な買い出動には出来高を伴った急落が待たれます。

信用評価損益率を見ても、まだ中途半端な水準であるため、買い急ぐ状況ではありません。

日経平均
-0.79%

TOPIX

-0.95%

東証2部

-1.00%

マザーズ

-3.00%

ジャスダック
-1.36%

マザーズは、他の市場を下に引っ張る形で下落を先行。注目のメルカリは、マザーズを下に引っ張る形で、本日も-6%を超える続落となっています。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:23,945円
日経平均適正水準中央:22,673円
25日日経平均:22,338.15↓(乖離率-1.48%)
日経平均適正水準下限:21,881円
日経平均打診買い水準:20,658円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日も、下落要因は「トランプ大統領の発言や、中国に対する投資規制の話題が貿易戦争への警戒を高めた」とされていますが、一部その通りではあるものの、それらは既に想定されていたもので、売られる一番の原因は、何より、先週から既にマーケットが楽観から悲観に変わりつつあったということ。

Image1

Image6

好材料を悪材料に買えてしまうのも、ささいな悪材料に過剰反応するのも、悪材料を積極的に探すのも、すべて悲観のなせる業であり、昨日確認したこれらの指標が、先の投資家の行動を読み解くヒントになります。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ


当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、6月22日大引け時点で0.41%(約93円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋D25(2018.06.24)

2018年6月24日(日)


株式投資 寺子屋

6月相場も来週で終わりとなります。

7月に入ると、米国が2Q、日本は1Q決算シーズンに突入します。

Sell in MAY and ........

相場格言では9月までは戻ってくるなと警告していますが、さてはて「9月まで」の意味は。。。。


寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。続きを読む
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ