株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2018年09月

 

対日追加関税見送りも後場支え切れずに反落

昨日の米3指標は揃って下落。

NYダウSP500はこれで3連敗。

昨日は米FOMC2日目で、予定通り今年3度目の利上げが決定されました。

FOMC会合後の声明が伝わるとNY市場は買い優勢となりましたが、パウエル議長の記者会見を受けて失速。

「雇用、賃金、物価のすべてが好ましい状況だ」と米景気に対して自信を深めたものの、「利上げを加速させるようなインフレ予測はしいていない」との発言がきっかけで米金利低下、一時113円台に突入していたドル円も反転、株式市場も崩れることになりました。

昨日まで8連騰となっていた日経平均株価は、短期的に買われすぎ局面にありましたが、日米首脳会談で米国からの追加関税が当面回避されたため、前場はこれを手掛かりに底堅く推移。

前場、上記材料で24,100円を取りに行ったものの叶わず。後場も底堅く上値を目指すかと思いきや、買いのエネルギーが無くなったところにまとまった売り物が出て調整色が強まることになりました。

結局、安値引けの大幅反落で取引を終えることに。

INDEX」シートを見ると、昨日大引時点の「総合売買指数」は、買われすぎ状態にあり、各市場とも買いエネルギーが相当細っていたことが分かります。

Image2

日経平均株価終値
23,796.74円-237.05円 -0.99%

TOPIX
1,800.11pt-21.56pt -1.18%

NT倍率
13.22倍

ドル円
112.64(0.27円高)

米10年債利回り
3.044%


225予想EPS
1,735.29円

225PER
13.91倍

売買代金
2.811兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
342/1,730

新高値/新安値
134/14

騰落レシオ
133.30

RSI(9日)
85.77%

RSI(14日)
75.78%

VR(14日)
74.39%

ボリンジャーσ
+1.53σ

空売り比率
42.0%


各指標を見ると依然として買われすぎの状況が続いていますが、が米金利が上昇しない中では、現在のドル円であれば目先は業績上振れ期待が続く為、下値は限定的と見るのが一般的。

気になるのは一旦低下した米10年債利回りが再び上昇し始めており、現在3.06%付近にあること。

これが上昇を続けるようだと、株式市場からの資金流出が拡大するため、どこかで新興国不安など急落要因が台頭することになります。

日経平均
0.99%

TOPIX
-1.18%

東証2部
-1.13%

マザーズ
0.37%

ジャスダック
0.50%

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:24,909円
27日日経平均:23,796.74円↓(乖離率+0.70%)
日経平均適正水準中央:23,631円
日経平均適正水準下限:22,806円

◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

裁定買い残(推定値)は久々に2.3兆円まで回復してきました。信用買い残は約2.8兆円。 

日経平均株価はなかなか適正水準レンジから大きく飛び出しませんが、いずれ乖離率が大きくなる日がやってきます。

売りにしろ、買いにしろ、相場がどちらかに偏るタイミングを狙い続けます。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月21日大引け時点で0.65%(約155円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

短報:買われすぎも日米首脳会談軟着陸で底堅し

----------------
会員の皆様
----------------
9月26日深夜に更新された四季報オンラインの最新データに基づき、業績上振れを先取りする有望銘柄の選定作業を行いましたが、一定の条件に該当する銘柄はございませんでした。

日経平均株価は配当落ち分(-150円)を大きくクリアする+94円で大引。

バブル崩壊後の高値(1月23日の24,129.34円)を取りに行く構え。

昨日「短期的には買われすぎの領域に入っており」と指摘した通り、TOPIXは小幅反落で一服感が出ています。

それでも、売買代金はほぼ3兆円を維持しており、予想以上に強い(底堅い)相場つき。

中間決算を控えた企業業績への期待が強い。

基礎投資学習ツールの「INDEX」を見る限り買われすぎの状況となっていますの調整が欲しい場面ですが、先程7:00過ぎの安倍首相の記者会見を見た限り、日米首脳会談は無難に切り抜けた様子。
底堅い展開が想定されますので、売り目線の方は要注意です。


Hama
----------------


 

米10年債3.1%、ドル円113円、7日続伸

連休明けの日経平均株価は、前日大きく下げたNY市場をスルーする形で7日続伸。

引き続きTOPIXが強い状況は変わらず。

買い戻しが一服しつつある中、NYや上海の下落に抗して続伸となった背景は、本日が権利付き最終日のため中間配当取り需要と、配当再投資への先回り買いが相場を支えたようです。

米10年債利回りは3.1%を超え、ドル円が113円にタッチしてきました。

円安の流れを受け、10月からの中間決算で上方修正となる可能性が高まっていることも日本株買いを後押ししていると思われます。

売買代金は本日も3兆円超え。


日経平均株価終値
23,940.26円+70.33円 +0.29%

TOPIX
1,822.44pt+18.42pt +1.02%

NT倍率
13.14倍

ドル円
112.80(0.05円安)

米10年債利回り
3.106%

225予想EPS
1,735.52円

225PER
13.89倍

売買代金
3.388兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,777/291

新高値/新安値
117/0

騰落レシオ
129.58

RSI(9日)
96.43%

RSI(14日)
78.62%

ボリンジャーσ
+2.24σ

空売り比率
41.1%

本日は空売り比率が41%に達しており、一旦ピークを付けると見た空売り筋も参戦している様子が伺えます。

日経平均株価は明らかに24,000円を目指していますが、短期的には買われすぎの領域に入っており、ここらで一服したいところ。

日経平均
+0.29%

TOPIX
+1.02%

東証2部

-0.02%

マザーズ

+0.79%

ジャスダック
+0.57%

アジアは全般的に軟調な展開となりましたがが、我が国の新興市場は、そこそこの出来高を伴って続伸。

企業業績上振れが期待され始めた中で、出遅れていたTOPIXマザーズジャスダックに資金が流れています。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:24,834円
25日日経平均:23,940.26円↑(乖離率+1.62%)
日経平均適正水準中央:23,557円
日経平均適正水準下限:22,716円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

26日はFOMC2日目で、利上げは既定路線。本日の米10年債利回り3.1%を超えてきました。
FOMCの議論において、現在の金融引き締めに対して強気姿勢が示されれば、米金利はさらに上昇していくと見られ、新興国を中心としたマーケットからの資金撤退は加速することが予想されます。

株価の骨格をなす「企業業績」と「金融政策」が相反するベクトルを持ち始めていますので、企業業績を織り込んだ後の急落には注意が必要です。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月23日大引け時点で0.51%(約115円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋E4(2018.9.23)

2018年9月23日(日)


株式投資 寺子屋

10月からの中間決算を控えたマーケット。

株主優待目当ての方は、権利付き最終日が25日(水)であることをお忘れなく。


寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
 

強いダウ・TOPIXに比べ弱いナスダック・マザーズ

18日の米株式市場は3指標揃って反発。

NYダウSP500ナスダックに出遅れていた分を取り戻すべく戻り高値を更新。

再度の史上最高値更新に向けて順調に上昇しています。

収束しない米中貿易戦争を無視するかのように株式市場は上昇しており、ドル円も112円台前半までのドル買いが進んでいます(後述)。

どちらも違和感のある動きですが、+3.05%を超えてきた米10年債利回りの上昇を鑑みるに、特に前者に関して言えば、日曜配信でお伝えしたとおりの「兆候」と言えなくもないため、今後は十分に警戒しておく必要があります。

日経平均株価は大幅続伸の+251円高。

本日も売買代金は2.97兆円とそれなりの商いを伴っており、昨日節目を一気に上放れしたため、「保ち合い放れにつけ」とばかりに現物に買いが入ってる様子。

本日もTOPIXが強い。
日銀会合は、自民党総裁選を前に想定どおりの現状維持ですが、現在の異常な緩和策からは早く抜け出たい思惑が黒田総裁の記者会見ににじみ出ており、やや危機感を持ち始めてる様子。

日経平均株価終値
23,672.52円+251.98円 +1.08%

TOPIX
1,785.66pt+25.87pt +1.46%

NT倍率
13.26倍

ドル円
112.37(0.40円安)

米10年債利回り
3.057%

225予想EPS
1,735.52円

225PER
13.64倍

売買代金
2.967兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,775/279

新高値/新安値
112/7

騰落レシオ
109.16

ボリンジャーσ
+2.80σ

空売り比率
37.9%

空売り比率が久々に37%台となっており、売り方は表舞台から姿を消していますが、米金利は想定通り上昇を続けており、現在の株高はリスキーな局面にあると言えます。


日経平均
+1.08%

TOPIX
+1.46%

東証2部

+1.41%

マザーズ

+0.38%

ジャスダック
+1.17%

通常は値動きの大きい新興市場ですが、本日も続伸ながらイマイチの伸び。

上海総合指数+1.14%で、こちらも続伸で取引を終えています。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準上限:24,843円
19日日経平均:23,672.52円↑(乖離率+0.45%)
日経平均適正水準中央:23,566円
日経平均適正水準下限:22,706円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

1ドル112円台前半までのドル買いは、実需のドル換金が一時的にドル円を動かしている可能性が高く、米同業のインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)買収で約7000億円超えのドル換金が噂されるルネサスと、米アルタバ(旧・米ヤフー)によるヤフー株売却資金、約5000億円が関係してるとか。

さもありなんで、そうだとすれば足元の円安も長くは続かないということになります。

日経平均株価は、久々に適正水準中央を超えながら、基礎投資学習ツールの「INDEX」を見る限り、「総合売買指数」は既に買われすぎ領域に入っています。

TOPIXも同様。

米市場に関して言えば、NYダウが史上最高値を目指す中、ナスダックには資金が入っておらず横這い。

出遅れていたNYダウTOPIXに資金が流れている反面、新興のナスダックマザーズには資金が入らず。

NYダウの史上最高値更新とナスダックの50日線割れには要警戒。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、8月23日大引け時点で0.51%(約115円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ