株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2018年10月

 

買い戻し主導で大幅続伸

NY市場の大幅反発を受け、本日の日経平均株価は買い戻し主導で大幅反発。

ソニーをはじめ好決算銘柄に買いが入り、113円台前半までの円安も追い風となり+400円超え上昇で取引を終えています。

売買代金3兆円を超えていますが、月末ということを差し引いて見ておく必要はありそうです。


日経平均株価終値
21,920.46円+463.17円 +2.16%

TOPIX
1,646.12pt+34.66pt +2.15%

ドル円
113.260.58円安

NT倍率
13.32倍

米10年債利回り
3.142%


225予想EPS
1,739.72円

225予想PER
12.60倍

売買代金
3.485兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,654/419


新高値/新安値
12/50

空売り比率
45.0%

本日は上海総合指数+1.35%香港ハンセン+1.60%と反発しており、追い風となりました。

昨日から2日間で950社ほどの決算発表が行われ、ひとまず一回目の決算ピークを迎えましたが、日経平均予想EPSはそれほど伸びておらず、今後どこまで伸びるか注目。

米国の決算も同様で、昨日発表された注目のフェイスブック決算は、7-9月は過去最高益ながら、売上高や利用者数の伸びは鈍化しており、IT・ハイテク系の急成長も徐々に飽和に近づいている印象を受けます。


日経平均
+2.16%

TOPIX
+2.15%

東証2部
+2.70%

マザーズ
+4.31%

ジャスダック
+2.50%

マザーズは出来高を細らせつつ本日も+4%を超える大幅高。一連の下落でたまらず売らされた人は悔しいことでしょう。

いつものことですが、皆が投げているところは売り場でなく買い場。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準下限:22,899円
31日日経平均:21,920.46円↑(乖離率-7.62%)
日経打診買い水準:21,649円
日経底値買い水準:21,469円
日経大底値買い水準:21,098円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日の日銀政策決定会合は、政策現状維持を確認した上で貿易摩擦を背景とした世界経済下振れリスクを共有したようで、2020年度までの物価見通しを引き下げており、「デフレ脱却に、もはや打つ手なし」を確認した様な会合となりました。

欧米市場は続伸となっていますが、日経平均株価が短期的にどこまで戻れるか、各指標から見極めていきます。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月21日大引け時点で0.65%(約155円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

大幅反発も楽観できない環境は変わらず

昨日のNY市場は、寄り付き後30分ほどは好調で、前日比+350ドルほど値を上げ25,000ドルを回復しましたが、その後戻り売りに押されてスルスルと値を下げる始末。

後場は売り一色で下げ基調を強め、前場高値から-918.35ドルも下落した後、引けにかけてやや戻して取り引きを終えています。

米3指標揃っての続落で、ナスダックは一時節目の7,000ptを割ってきました。

NYダウ
24,442.92
-245.39
▼0.99%


S&P500   
2,641.25
-17.44
▼0.66%

ナスダック   
7,050.29
-116.92
▼1.63%


本日の日経平均株価は米国の下落を受けて弱含む展開でスタート。

再度21,000円を割れるかと思いましたが、上海が反発したこともあって先物市場も積極的な売り物は出て来ず、買戻しが優勢となり前場から切り返してじり高の展開に。

後場も一段高となり、終わってみれば売買代金4兆円超の抱き線となっており、そこだけ見ると一旦底打ちの様に見えなくもありません。

ただし、本日はTOPIXのリバランスが1.25兆円分上乗せられているため、実質的な売買代金は3兆円に届いていない状況。

それでも、足取り自体は悪くない。

本日は株価下落で株式運用比率が下がっているGPIF(年金)も買いを入れた模様。

日経平均株価終値
21,457.29円+307.49円 +1.45%

TOPIX
1,611.46pt+21.90pt +1.38%

NT倍率
13.32倍

ドル円
112.680.73円安

米10年債利回り
3.100%


225予想EPS
1,719.33円

225予想PER
12.48倍

売買代金
4.041兆円

値上がり銘柄/値下がり銘柄
1,840/239


新高値/新安値
5/493

新安値10日平均
359.6

騰落レシオ
72.52

空売り比率
50.0%

信用評価損益率(松井証券)
-18.57%

米10年債利回りはようやく+3.1%を回復しており、一旦はリスクオフ緩和に向かっている様子が伺えます。

昨日は、中小型株が強烈な下落を見せましたが、その要因の一つに追証回避の投げ加速があります。

信用需給の整理が進んだこともあってか、本日は真逆の大幅高となっている銘柄が散見されます。

変わって、本日の空売り比率50%に達しており、これを金額で見ると今日一日で空売り代金約2.3兆円

需給や水準を把握せず調子に乗って空売っていると、信用買いの整理が進んだ後は、今度は売り方が踏み上げられることになります。

日経平均
+1.45%

TOPIX
+1.38%

東証2部
+1.04%

マザーズ
+3.83%

ジャスダック
+1.54%

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準下限:22,673円
30日日経平均:22,457.29円↑(乖離率-8.54%)
日経打診買い水準:21,439円
日経底値買い水準:21,261円
日経大底値買い水準:20,894円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

不安定な状況が続いてる米株式市場を考えると、まだまだ気の抜けない状況が続いており、今夜のNY引け後にフェエスブック、11月1日(木)にはアップルの決算発表が控えているため、内容次第で上にも下にも大きく動く可能性があります。
明日は日銀政策決定会合2日目、世界経済に失速懸念が広がる中、再びデフレに戻りつつある様にも感じる日本経済。

当初2015年には達成するはずだった物価2%の目標を依然として掲げ、漫然と大規模緩和を続けている日銀には危機感を覚えてします。

一旦底打ちのようにも見える日本市場ですが、世界のマーケットを見ると、決して楽観視できる状況ではありません。

本日、中国人民銀行(中央銀行)は人民元基準値を元安方向の1ドル=6.9574元に設定、元は本日も対ドルで下落し、一時2008年5月以来の安値を付けています。

元安は深刻な状況となりつつありますが、FRBの利上げのみならず、対米貿易戦争から苦しい立場に追い込まれていることで、中国当局が意図的に人民元切り下げに踏み切っているとすれば、株式市場も含めマーケットは更なる下落に見舞われる可能性があります。

本日反発を見せた上海総合指数は、上下を繰り返しながらもまだまだ底値模索となる可能性が大きく、現状2,000pt割れもあり得ると見ておくべきです。

先程発表された欧州7-9月GDPは前期を下回る内容。

ユーロ圏も減速傾向が強まる結果となりドイツ、イタリア、フランスなど欧州株価は下げ幅をやや拡大中。

本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月21日大引け時点で0.65%(約155円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

徐々に進む信用需給の整理

週明けの日経平均株価は小幅続落。

寄付きこそ買い優勢で高く始まったものの、上海市場が下落して始まると+300円の上げ幅を消し去り、そのまま上海に合流する形でマイナス圏に沈むことになりました。

売買代金2.5兆円で商いは今ひとつですが、買い意欲が乏しい中で追証による信用の整理がじわじわ進んでいる様子。

日経平均株価終値
21,149.80円-34.80円 -0.16%

TOPIX
1,589.56pt-6.45pt -0.40%

NT倍率
13.31倍

ドル円
111.950.20円高

米10年債利回り
3.070%


225予想EPS
1,715.31円

225予想PER
12.33倍

売買代金
2.506兆円

200日線乖離率
-5.81%

値上がり銘柄/値下がり銘柄
638/1,402


新高値/新安値
4/552

新安値10日平均
337.8

騰落レシオ
71.16

空売り比率
48.0%

信用評価損益率(松井証券)
-17.73%

上海総合指数-2.18%の大幅安。香港ハンセン+0.38%の5日ぶり反発で、アジアはまちまち。

取引が始まっている欧米市場は大きく反発している様子で日経平均先物も反発基調となっています。

松井証券の信用評価損益率は金曜時点で-17.73%

本日の小幅続落で-18%付近にあると思われます。

ただし、金額ベースで見るとまだ2,600憶円ほど信用買いが積みあがった状態のため、これが2,200憶円以下に整理されるまでは気が抜けない状況。

騰落レシオ71.16%でなかなか良い水準ですが、アベノミクス最低値は53.81%ですので、まだ下値余地は十分残っていると見ておく必要があります。

日経平均
-0.16%

TOPIX
-0.40%

東証2部
-1.55%

マザーズ
-4.06%

ジャスダック
-1.54%

マザーズが連日売り叩かれており、ジャスダックとともにここ3日間で下げ足を強めています。

両市場ともインデックスは年安更新で、上海総合指数の下落と併せてリスク市場から資金が逃げています。

新興好きの個人投資家は苦し状況に追い込まれています。

TOPIXも終値ベースで年安更新。

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準下限:22,548円
日経打診買い水準:21,323円
29日日経平均:22,149.80円↓(乖離率-9.44%)
日経底値買い水準:21,147円
日経大底値買い水準:20,784円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

日経平均株価は本日も打診買い水準下に沈んでおり、3日続けて終値ベースで「打診買いシグナル」が点灯しています。

今週は日銀会合米重要指標米雇用統計などイベント盛り沢山。

来週11月6日(火)に米中間選挙で9日(金)にはSQを控えています。

先週金曜日、ザラバで「基礎投資学習ツール」の「適正水準乖離率」を確認しながら買い出動した訳ですが、今後の方針は日曜配信でお伝えした通り変わらず。

しばらく上下に大きく振れる可能性がありますので、さらなる下落チャンスも念頭に置いて相場に臨みます。

資金管理には十分ご注意下さい。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月21日大引け時点で0.65%(約155円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋E9(2018.10.28)

2018年10月28日(日)


株式投資 寺子屋

週末の日米市場は揃って下落、日経平均株価は節目の21,000円を割り込み安値20,971円を付けました。

金曜日に多くの会員の方が買い出動しています。

私が26日前場に臨時メールで配信した「買い出動」の水準は

日経平均株価21,000円から20,900円水準

後場に日経平均株価が上記水準に達したところで、皆様買い出動された様です。

さて、今後の相場はどうなるでしょうか、、、、

人の行く裏に道あり花の山


寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
 

大幅反落も、足場はまだ脆い

昨日の米株式市場は以下の通り大幅続落。

NYダウ   
24,583.42
-608.01
▼2.41%


S&P500   
2,656.10
-84.59
▼3.09%


NASDAQ
7,108.40
-329.14
▼4.43%


NYダウはそこそこ出来高を膨らませて下落していますが、ナスダックにセリクラ感がありません。

昨日手じまったダブルインバース、ニアミスで「惜しいことをした」と思う方もいるでしょうが、相場で生き残っていくためには資金を減らさないことが第一。「惜しかった」は許されても「残念でした」は許されない世界だと思って臨むことです。

今回の急落で大きな含み損を抱えている投資家は山ほどいることでしょう。

森を見て嵐を察知し、避難できていれば何も問題ありません。

キャッシュがあれば、売りでも買いでもチャンスは幾度もやってきます。

さて、今回のNY市場の急落、2月の急落と大きく異なるのはナスダックが下落を先導していることです。

2月、3月の調整局面ではナスダックが200日線を割ることはなく、また、ナスダックが相場全体を支えて戻り基調に導きました。

Image5


しかし今回の下落相場は、最高値を更新し続けてきたナスダックが10月10日、真っ先に200日線を割り込み、SP500NYダウがそれを追いかける形となっています。

決算期に突入してる米国ですが、これまで相場を引っ張ってきたハイテク・半導体関連の決算に陰りが見え始めています。

1990年台後半からのITバブル(ドット・コムバブル)を先導したのはハイテク・インターネット関連株でしたが、ITバブル崩壊を先導したのもハイテク・インターネット系。

当時の背景には、FRBによる利上げがありました。

リスク資産に資金が流れて相場を引っ張りバブルが生まれ、リスク資産から真っ先に資金が逃げ出してバブルが崩壊する。

大規模金融緩和でマーケットに大量放出されたマネーが、一種のバブルを生んだ金融緩和バブル。

日曜配信で書いた通り、FRBは放出したマネーの回収をこの10月から加速させています。

言いたいのは、10月に入ってからの市場の動きを見るに、今回の下落相場は2月と違って根が深いと見ておく必要があるということ。

今までと同じ感覚で安易に手を出すと、痛い目を見ます。

本日、NYダウが完全に200日線の下に沈むことになり、投資マネー撤退の流れは、アジア、欧州から、ついに米国に到達し、世界の主要株式市場が200日線の下に沈むことになりました。

FRBの舵取り次第という側面はありますが、この意味は決して小さくありません。

Image7


先週の日曜配信で書いたのは、

NYダウSP500は踊り場を形成していますが、弱気トレンドは既に両市場にも到達した可能性が高いと判断し対峙して参ります。」


日経平均株価終値
21,268.73円-822.45円 -3.72%

TOPIX
1,600.92pt-51.15pt -3.10%

NT倍率
13.29倍

ドル円
112.020.59円高

米10年債利回り
3.107%


225予想EPS
1,719.38円

225予想PER
12.37倍

売買代金
2.981兆円

200日線乖離率
-5.39%

値上がり銘柄/値下がり銘柄
34/2,072


新高値/新安値
3/754

新安値10日平均
245

1/4新安値
188.5

騰落レシオ
81 .37

空売り比率
47.7%

信用評価損益率(松井証券)
-13.16%

大引け時点の様々な指標を確認してみましたが、「買い場近し」と思えるような良い数字が出ています。

おそらく本日の信用評価損益率ー15%を割っていると思われ、追証回避の投げも出はじめていると考えられます。

マザーズ-6%を超える下げとなっていますが、東証1部の売買代金は3兆円にも届かず、日米の株式市場を見る限りまだ出し切った感がありません。

大幅反落ながら、まだ足場の脆い状況が続いている感触。

TOPIXマザーズジャスダックは安値更新。上海は小幅続伸ですが、香港は安値更新。

日経平均
-3.72%

TOPIX
-3.10%

東証2部
-2.61%

マザーズ
-6.36%

ジャスダック
-3.48%

◆◆◆◆◆
日経平均適正水準下限:22,665円
日経打診買い水準:21,443円
25日日経平均:22,268.73円↓(乖離率-9.36%)
日経底値買い水準:21,267円
日経大底値買い水準:20,905円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

基礎投資学習ツール」は、本日大引時点の日経平均株価で「打診買いシグナル」を点灯させています。

Image3

適正水準乖離率-9.36%でなかなか良い水準に思えますが、日経平均株価が安値を更新するとすれば3月26日がターゲットになります。翌3月27日に開けた窓もあり気になるところ。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、9月21日大引け時点で0.65%(約155円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ