株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2019年02月

 

調整色が強まった日本市場

昨日の米株式市場はダウ‐0.28%SP500-0.05%ナスダック+0.07%で、押しなべて横這いと言った感じ。

ここ数日、マーケットには調整待ちの空気が漂いはじめています。

変わって本日の日経平均株価は、米朝首脳会談が合意に至れず14:30頃から急落。

もともと日本市場は買われ過ぎの状態に近かったため、米朝首脳会談の結果が投機筋の材料に使われた格好。


日経平均株価
21,385.16円-171.35円 -0.79%

TOPIX
1,607.66pt-12.76pt -0.79%

ドル円
110.800.23円安

売買代金
2.448兆円


中国で発表された2月製造業購買担当者景気指数(PMI)は、3年ぶりの低水準となり景気後退懸念が広がっています。上海も崩れてはいないものの、出来高は細っており、調整色がにじみ出ています。

Image2


日経平均株価
-0.79%

TOPIX
-0.79%

東証2部指数
-0.49%

マザーズ指数
‐2.26%

ジャスダック指数
‐0.40%

上昇エネルギーが枯渇していたマザーズ-2%超えの反落となり、再び100日線の壁に阻まれる状況となりました。

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,605円
日経平均適正水準下限:21,583円
28日日経平均:21,556.51円↓(乖離率-5.40)
日経打診買い水準:20,235円
日経底値買い水準:20,041円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

昨日、米下院でパウエル議長が証言したのは、「FRBが年内にバランスシート縮小(マネーの回収)を停止する」というもの。

そうなると、今後のバランスシートは、リーマンショックによる世界金融危機以前の状態と比べて4倍以上に保たれることになります。

パウエル議長の証言は、市場にとっては追い風ですが、NYは戻り一辺倒の上昇から調整したがっているため、逆に方向感が出ず上がれず下がれずの様相。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

余力無いマザーズが上放れるか注目

昨日26日の日経平均株価は反落。

前日の米市場は3指標とも続伸でしたが、弱含む形での陰線引け。

これを引き次ぐ形での下落となりましたが、値幅は-78円とさほどでもなく、売買代金も3日連続2兆円割れ。

薄商いの下落で過度に売り込む様な動きは見られず。

本日の日本市場は、+107円の反発となり売買代金は2.3兆円。

昨晩の米株式市場が小幅反落だっただけに、弱含むかとおもいきや、よく分からない反撥となりました。

短期的に見てNYはいつ調整に入ってもおかしくない状況で、ここで短期目線のブルを握ると痛い目に合う可能性あり。

買うなら、中長期目線でブレないことです。

日経平均株価終値
21,556.51円+107.12円 +0.50%

TOPIX
1,620.42pt+3.22pt +0.20%

ドル円
110.420.37円高

売買代金
2.392兆円



日経平均株価
+0.50%

TOPIX
+0.20%

東証2部指数
+0.22%

マザーズ指数
+0.73%

ジャスダック指数
+0.70%


◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,549円
27日日経平均:21,556.51円↑(乖離率-4.40)
日経平均適正水準下限:21,529円
日経打診買い水準:20,183円
日経底値買い水準:20,989円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

昨年秋以降のベア相場から回復が遅れている日経平均株価は、本日ようやく適正水準レンジまで回復。昨年10月17日以来のレンジ復帰となりました。

8連騰のマザーズは、再び100日線からの上放れ挑戦の場面。

昨年秋以降、下落する100日線に何度も跳ね返されてきましたが、ここで再び100日線に戻りを阻まれると、相場腰折れ懸念が一層強まります。

というのも日本市場も上値を追う余力はさほど残っていないため。

サンバイオショックの反動もあるでしょうが、マザーズ総合売買指数は3%を切っており、状況としては「風に立つライオン」。

そこそこの出来高を維持しているため、壁を抜ければその先は調整があってもサポートが付くので下落も限定的と言えそう。

上海は一旦足踏みとなっているものの、こちらも出来高を維持しており、熱は冷めていません。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

異様な上昇の上海はPLO?

直近の寺子屋配信では上海総合指数について以下の通り書きました。

-------------------------
先週木曜日に売り圧力の強さを見せた上海総合指数でしたが、翌金曜日はさらに出来高を増加させて強い陽線が立ちました。
結果的に木曜日の上髭・200日線割れは「ダマシ」となり、週末の上海はさらなる上値を目指すことを主張しています。
Image3
--------------------------

そして、本日週明けの上海総合指数は、出来高急増で+5.6%の強烈な上昇となりました。

Image2

日本時間の今朝になってランプ大統領が、「関税引き上げ延期」と「貿易協議延長」をツイートしたことは好材料ながら、本日の上海については、米中貿易協議への期待だけが理由ではない雰囲気。

真偽のほどは分かりませんが、中国内の事情による意図を持った買いが入っている様子。

暴騰する上海に比べて明らかに見劣りする日経平均株価は、本日の反発で戻り高値を更新したものの値幅は出ず。

売買代金も2営業日続けての2兆円割れで、なんとも冴えない展開となっています。

円高の中で+100円超えの反発を見せただけでも「良し」とすべきか。

TOPIXは昨年10月10日以来の100日線超え。

日経平均株価終値
21,528.23円+102.72円 +0.48%

TOPIX
1,613.50pt+0.03pt +0.00%

ドル円
110.630.13円高

売買代金
1.987兆円



日経平均株価
+0.48%

TOPIX
+0.71%

東証2部指数
+0.98%

マザーズ指数
+1.67%

ジャスダック指数
+0.58%

東証2部は6連騰、マザーズジャスダックも5連騰。

異様な上昇を見せる上海の様にはいきませんが、適温相場再来でリスク資産に資金が戻りつつあることは間違いありません。

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,605円
日経平均適正水準下限:21,578円
25日日経平均:21,528.23円↑(乖離率-4.77)
日経打診買い水準:20,226円
日経底値買い水準:20,031円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日の日経平均高値で、株価は概ね適正水準値。

順調すぎる戻りを演じている米国は、そろそろ調整してもおかしくない状況。

上海の上昇を受け、あい対する米国が本日どこまで上値を取っていけるか注目。

本日ネックライン突破となれば、残るは史上最高値更新までのカウントダウン、、、、と言いたいところですが、明日から2日間はパウエル議長の上下院での議会証言。

今週は他にも需要イベントが続きますので、腰折れとならないことを祈りたいと思います。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋F8(2019.2.24)

2019年2月24日(日)

株式投資 寺子屋

3月相場に入る株式市場。

「節分天井、彼岸底」とは異なる展開となっていますが、その根本にあるのは世界の主要※※※※の動向。

肝心な事が見えずにいると、相場の見通しを誤り、買ってはいけないタイミングで買ってはいけないダブルインバースなどを買ってしまうことになります。


寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
 

上海は大商いの上髭陰線、200日線守れず調整入りか

昨日の米株式市場は、注目のFOMC議事要旨が公開されましたが、戻りを演じているマーケットの要求に概ね沿ったハト派的内容であったことが確認されたため、ほぼ横這い。

NYダウ   
+0.24%

NASDAQ
+0.03%

S&P500   
+0.18%


日曜配信で何度も書いてきた通り、株価の骨格は「企業業績」と「金融政策」。

1月以降のNYの戻りは、FRBのハト派化を織り込んできた結果に他なりません。

1月4日、パウエルFRB議長が、それまでの金融引き締め路線の停止を選択肢に入れていることを示した時点で、マーケットは適温相場に向けて動き始めたということ。

とはいえ、周回遅れの個人投資家がそのことに気づき始めるのはこれから。

ダブルインバースを信用買いしている投資家たちが「これはダメだ」とブル目線に傾きはじめたら要注意。

21日の日経平均株価は小幅続伸。

日経平均株価終値
21,464.23円+32.74円 +0.15%

TOPIX
1,613.50pt+0.03pt +0.00%

ドル円
110.730.15円高

売買代金
2.241兆円


日経平均株価
+0.15%

TOPIX
+0.00%

東証2部指数
+0.66%

マザーズ指数
+1.54%

ジャスダック指数
+0.30%

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,611円
日経平均適正水準下限:21,580円
21日日経平均:21,464.23円↑(乖離率-5.07)
日経打診買い水準:20,225円
日経底値買い水準:20,030円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

ここのところ調子よく上げてきた上海総合指数も、本日は大商いでの上髭陰線。さらに「200日線割れ」のトッピング。

いち早く上放れたいところで相当な売り圧力がかかっており、よろしくない展開。

マーケットは戻り最後の正念場ながら、NYのネックライン攻防と上海の200日線攻防は続いており、本日の足取りからは、やや調整色が強まる可能性あり。

一旦大き目の調整を覚悟か。


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ