株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2019年03月

 

止まらない外国人の日本売り

日経平均株価は大幅続落。

昨夜のNYが下げたとはいえ、東京の下げ幅はやや過大。

ここ2日間が期末要因で出来過ぎだったため、資金が流れ込んだ先物に売りをぶつけてきた格好。

先物に引っ張られる形で値動きが荒くなっていますが、腰の入った売りは出ておらず、値幅の割に商いは大したことありません。

日経平均株価
21,033.76円-344.97円 -1.61%

TOPIX
1,582.85pt-26.64pt -1.66%

ドル円
110.15(0.47円安

米10年債利回り
2.358%↓

売買代金
2.270兆円

値上がり銘柄数 / 値下がり銘柄数
229 /1,878

騰落レシオ
92.41

空売り比率
46.5%

ボリンジャーσ
-2.09σ

裁定買い残(26日推定値)
1.52兆円

空売り比率が大きく、オシレーター系はやや売られすぎに入ってきたことを示しています。

本日終値時点における各市場の総合売買指数は以下の通り。

Image2

日経平均株価東証2部は、徐々に上昇エネルギーを貯め込んでいる様子。

これとは別に、潜在的な需給要因となる裁定買い残はじわじわと積みあがってきており、26日時点の推定値で1.5兆円。昨年10月16日以来の水準に回復しています。

ちなみに、10月16日以降の裁定買い残は、株価下落とともに減少していき、株価がボトムをつけた12月26日に、裁定買い残0.54兆円で底打ちしています。

その間、日経平均株価-3,200円ほど下落。

現株価水準からそこまでの下落は無いにせよ、日曜配信で示した株価付近までは可能性をみておいた方が良いと思います。

日経平均株価
-1.61%

TOPIX
-1.66%

東証2部指数
-0.68%

マザーズ指数
-0.57%

ジャスダック指数
-0.67%

本日は新興市場も売られていますが、上海も続落で再び3,000pt割れ。

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,402円
日経平均適正水準下限:21,362円
28日日経平均:21,033.76円↓(乖離率-6.11%)
日経打診買い水準:20,010円
日経底値買い水準:19,815円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

本日発表された投資部門別売買動向を見ると、外国人は引き続き現物株-3,785憶円売り越し。

先物は買われていますが、逃げ足の速い投機筋のプレイグラウンドに過ぎず、マーケットが示す答えは「日本売り」。

財務省データによると、ここ3週間連続で1兆円越えの対内証券売り越し。

3週連続で1兆円超えの処分が出たのは、これがはじめて。

それだけ日本に対する海外投資家の見方は厳しいということ。

今の日銀と日本政府に対するマーケットの答えが「日本売り」ということ。

成立した19年度予算は100兆円超えで、消費増税路線も変わらず。

もはや「デフレ脱却も財政再建もやる気ありません。」と公言しているようなもので、海外投資家が日本市場を売り続けるのも大いに頷けます。


中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

実質新年度入り、底打ち論にはやや疑問

昨日+451円の大幅反発となった日経平均株価は、25日(月)に下落幅がオーバーシュートしていたことと、配当分再投資が先物市場に入った結果。

売買代金3.2兆円

26日(火)の権利最終日は、上海が3,000pt割れの大幅下落となる中での大幅反発で、ほぼ機械的に買いが入る年度末要因が強かったということ。

27日(水)の日経平均株価は権利落ち分の171円を埋められるかどうかが焦点でしたが、全埋めまでは届かず。それでも、それなりに健闘して-49円大引けで実質新年度入り。

日経平均株価
21,378.73円-49.66円 -0.23%

TOPIX
1,609.49pt-8.45pt -0.52%

ドル円
110.62(0.48円高

米10年債利回り
2.416%↓

売買代金
2.380兆円

値上がり銘柄数 / 値下がり銘柄数
792 /1,266

騰落レシオ
99.88

FRBに対して利下げの声が出始める中、米10年債利回りが日々低下。

本日大引け後も下落を続け2.36%付近まで下げています。

それでもドル円は持ち直して1ドル110円台ミドルへ。

金利低下はマーケットにとって悪いことではありませんが、企業や消費者が過度に景気後退を警戒することになると、設備投資の縮小や買い控えなどから、起きなくてもよいリセッションに迷い込む可能性が出てきます。

イエレン議長は「逆イールドを心配していない」としていますが、こういった「心配ない」発言が出てくることも景気後退の直前にはよくあることです。

相場の事は相場に聞け

マーケットの発する声が道しるべですとなりますが、日々のマーケットを見続ける以外に答えは見つかりません。

日経平均株価
-0.23%

TOPIX
-0.52%

東証2部指数
-0.16%

マザーズ指数
+2.16%

ジャスダック指数
+0.69%

マザーズとジャスダックは本日続伸。

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,480円
日経平均適正水準下限:21,439円
27日日経平均:21,378.73円↓(乖離率-4.90%)
日経打診買い水準:20,083円
日経底値買い水準:19,887円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

上海総合指数は反発して3,000ptを回復していますが、出来高が細っており上昇エネルギーは感じられません。

株価底打ち論が聞かれますが、これにはやや疑問で、当たるも八卦委当たらぬも八卦のレベル。

中途半端な水準で底打ち云々の答えを探すよりは、明確な買われすぎ、売られすぎ場面を待つ方がよっぽど楽で確実です。

先程始まったNYは小幅続伸で推移していますが、強さは感じず。

明日からは米中通商協議。


中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

流れはリスクオフでも、225の大幅安は先物主導

週明けの日経平均株価マイナス650円の大幅安で21,000円割れとなりました。

先週末に大幅下落となった欧米市場を引き継いだ格好ですが、下落幅-3.01%は想定以上。

先週金曜日、1円25銭ほどの円高にもかかわらず株価が上昇していたため、その分もオントップされて本日の下落につながったということでしょう。

FOMCをきっかけにした米長期債利回り急低下から、逆イールドやら景気後退やら、いろいろと言われていますが、先週のFOMC以降の欧米市場については日曜配信で触れた通りで、日経平均株価の買い出動目安も概ね変わらず。

日経平均株価
20,977.11円-650.23円 -3.01%

TOPIX
1,577.41pt-39.70pt -2.45%

ドル円
110.18(0.09円高

米10年債利回り
2.467%↓

売買代金
2.392兆円

値上がり銘柄数 / 値下がり銘柄数
104 / 2,014

騰落レシオ
101.40

ボリンジャーσ
-2.57σ

売買代金は2.4兆円と大したことはなく、下げ幅の割に、腰の入った売りは出ていない様子。

逆に言えば、買い手不在ということを如実に表しています。

リスクオフの流れではありますが、本格的なリスクオフであれば、マザーズの下げが-1.46%で済むはずはなく、売買代金から見ても本日の下げ幅拡大は投機筋のインデックス先物主導によるもので、その手口を見ると225先物の水先案内人はCS。

ただ、一日の下げ幅としては日経平均がダントツで、ここはオーバーシュート感否めず。

加えて、明日は配当落ち分の穴埋め資金が先物に入ってくるため、目先は一旦反発しやすい展開が想定されます。

一方、各市場の「総合売買指数」(市場に蓄えられている上昇エネルギーを示す寺子屋独自の指標)を見る限り、実際に下げるかどうかは別として、「値幅」「日柄」「需給」を総合した下落余地はまだそれなりに残っています。

Image3

過去のデータを見れば一目瞭然ですが、上記「総合売買指数」(上昇エネルギー)が減少してきたら、買いの手は休めてキャッシュで待機。

総合売買指数」(上昇エネルギー)が増加するまでは相場の勉強と思って「休むも相場」、というのが一つのリスク対応になります。

日経平均株価
-3.01%

TOPIX
-2.45%

東証2部指数
-1.24%

マザーズ指数
-1.46%

ジャスダック指数
-1.20%

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,365円
日経平均適正水準下限:21,332円
25日日経平均:20,977.11円↓(乖離率-6.21%)
日経打診買い水準:19,985円
日経底値買い水準:19,791円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

上海総合は、これまで指摘してきた3,000ptから3,300ptの上値抵抗帯への2度目のトライに失敗。

米ラッセル2000も、200日線上抜けへの2度目のトライに失敗。

ともにダブルトップを形成する流れとなっており、一連の戻り相場で流入したリスク選好資金は、一旦マーケットから退避する流れに入った可能性があります。

先週木曜日のFOMCで確認されたのは、「年内利上げ0回」と「9月末でマネーの回収を停止する」こと。

景気減速との整合性が取れていれば浅い調整で済みますが、マーケットが「ずれ」を感じているとすれば、目先一旦反発してたとしても2番底を掘りに行く可能性が高まります。

昨年秋から年末にかけての株価急落は、まさにFRBの強気姿勢に対してマーケットが「ずれ」を嗅ぎ取っていた結果に他なりません。

1月になって慌てて軌道修正したFRBですが、マーケットは既に「利下げ」を求めはじめています。

「景気減速の兆し」だけで一気に利下げまで踏み込むことは無いため、今回のFOMCの結果は現時点で既に半歩遅れている可能性があります。

とはいえ、動き出した相場も、これまでと変わらずに日々坦々と見つめながら、「負けない投資」のチャンスが来るのを待って動くのみです。


中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋F12(2019.3.24)

2019年3月24日(日)

株式投資 寺子屋

先週木曜日、FOMCをきっかけにした米債券利回り急低下(逆イールド)とドル急落。

金曜の日本市場は期末要因で1円以上の円高も「どこ吹く風」の相場付きとなりましたが、NY時間に入ってからの更なる円高で日経平均先物が大幅安となっています。

本日は、いつもの通り以下の様なラインナップで相場を斬ってみたいと思います。

Image9
Image11
Image13
Image14
Image2
Image4
Image9
Image7
Image10
Image2
Image4
Image7

寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
 

FOMCハト派化は織り込み済みか

昨日の米株式市場はナスダックのみ小幅に続伸、NYダウSP500は小幅反落ですが、3指標を併せて見ると概ね横這いといったところ。

ドイツDAXは昨年7月以来、8ヵ月ぶりに200日線を回復しています。

本日の日経平均株価+42円と小幅に反発。

売買代金もなんとか2兆円に載せてきましたが、様子見姿勢は変わらずでFOMCの結果待ち。

本日も権利取りや再投資など期末要因の買いが入っているでしょうから、その分を差し引けば横這いと言えそうです。

権利付き最終日は26日。

日経平均株価
21,608.92円+42.07円 +0.20%

TOPIX
1,614.39pt+4.16pt +0.26%

ドル円
111.62(0.35円安

米10年債利回り
2.609%↑

売買代金
2.086兆円

200日線乖離率
-1.65%

値上がり銘柄数 / 値下がり銘柄数
1,371 / 676

米10年債利回りが上昇していることからすると、市場は今回のFOMCによる「ハト派姿勢」をすでに織り込んだ動きと見ることができ、場合によっては「目先材料出尽くし」のパターンもあり得る流れ。

「知ったらしまい」で、米株式市場も一旦売りに押される可能性あり。

日経平均株価
+0.20%

TOPIX
+0.26%

東証2部指数
+0.29%

マザーズ指数
+0.49%

ジャスダック指数
+0.20%

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:22,642円
20日日経平均:21,608.92円↑(乖離率-4.56%)
日経平均適正水準下限:21,599円
日経打診買い水準:20,236円
日経底値買い水準:20,039円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

日経平均株価は、昨日から適正水準レンジに回復しており、株価水準から言えば手出しできない状況が続きます。

上海総合指数もほぼ横ばいで、3,000ptを超えてくると頭が重くなります。やはり3,300ptまでの壁は薄くない様子。

米中通商交渉のニュースが報じられるたびに投機筋が入って相場が上げたり下げたりしますが、FOMC通過後は方向感が出てくると思われます。

日本市場は明日休場のため、NYの株価反応に注目。



中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
中国向けの輸出額が1兆円の大台を下回ったのは、2017年1月以来。減少した理由として、財務省は中国の旧正月で企業活動も休止する「春節」を挙げる。
本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、12月12日大引け時点で0.85%(約185円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ