株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

2019年08月

 

利下げ期待や独中の景気策で不況の株高へフライング

昨日、週明けの日経平均株価+144円の続伸、本日20日は+114円で3日続伸。

NY市場が先週末から3連騰となっていることをそのままスライドする戻り足ですが、先週の日経平均がNYほど下げなかった分、戻り場面もNYに比べて鈍い状況。

売買代金は昨日、本日と2日続けて1.5兆円で何とも寂しい相場つき。

投資家不在の東京は上にも下にもボラがでません。

まあ、今週はパウエル議長のジャクソンホール講演(23日)を控えているだけに、9月の利下げを織り込んでしまっているマーケットは身動きが取りづらいというのもあるのでしょう。

日経平均株価
20,677.22円+114.06円 +0.55%

TOPIX
1,506.77pt+12.44pt +0.83%

ドル円
106.55(0.16円安

米10年債利回り
1.594%

売買代金
1.584兆円

空売り比率
43.4%


日経平均株価
+0.55%

TOPIX
+0.83%

東証2部指数
+0.56%

マザーズ指数
+1.86%

ジャスダック指数
+0.89%

先週、ネックラインボトムにさしかかっていたマザーズも、2日続伸でなんとか切り返してきました。

ここから持ち直せば、850から950のラインは強い節になる可能性あり。

引き続き上海の動きとともに要ウォッチ。

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:21,740
20日日経平均:20,677.22円↑(乖離率-4.89)
日経平均適正水準下限:20,601円
日経打診買い水準:19,246円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

昨日、トランプ大統領はFRBに対して「短期的に1%の利下げを行う必要がある」とツイッターで要求、加えて量的緩和も実施するよう求めています。

市場もまたFRBの利下げ(金融緩和)を織り込む動きが続いており(金利低下、株価反発)、中国やドイツの景気刺激策なども併せてみると、マーケットはまさに「不況の株高」を先取りするような動きとなっています。

ただ、これはフライングの可能性が高く、米中の対立は何も解決していませんし、香港で長引く抗議活動も米中対立を一層深刻にする可能性あり。

本日は、株価水準的にもニュートラル位置(適正水準)に戻っていますので、安易に手を出せない相場が続きます。

----------------------------
株式投資 寺子屋 9月からの新規入会申し込みはこちらから。
----------------------------


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資 人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、7月9日大引け時点で1.22%(約260円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資 寺子屋G16(2019.8.18)

2019年8月18日(日)


株式投資 寺子屋

米中貿易戦争が続く中、景気後退を踏まえて各国が利下げ。

通貨安戦争となれば、打つ手なしの日本はどこまでの円高を見ておく必要があるのでしょう?

寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。


--------------------------------------------------------
株式投資寺子屋 新規会員募集のお知らせ
--------------------------------------------------------
株式投資 寺子屋 9月からの新規入会申し込みはこちらから。
--------------------------------------------------------

続きを読む
 

逆イールドはやはりリセッションの兆候か

15日の日経平均株価は大幅反落。

昨晩のNYダウ-800ドルと今年最大の下落となったことで売りが先行したものの、安値20,184円から大きく戻した印象。

本日は20,000円割れの可能性を見ていたものの、9:30以降はそれを許さない意思を感じる動きで、先物、現物ともに長い下髭。

朝方の出来高は膨らんでいたが、下手に戻したために売り物が出てこず、売買代金1.9兆円でクライマックスには程遠い状況。

NYが下げた理由は、ドイツのマイナス成長や逆イールドを嫌気したものですが、NYダウが出来高を伴ったうえ、200日線を割っての安値引け(大陰線)となったことで、見通しは良くない状況。

SP500も150日線割れ。

これまでの大幅下落では相応の買いも入って下髭をつけていたわけですが、昨日は買い向かう投資家が居ないことを物語っています。

日経平均株価
20,405.65円-249.48円 -1.21%

TOPIX
1,483.85pt-15.65pt -1.04%

ドル円
105.91(0.53円高

米10年債利回り
1.561%

売買代金
1.98兆円

騰落レシオ
80.03

新安値銘柄数
343

値上がり銘柄 / 値下がり銘柄
272/ 1812

裁定買い残(推定値)
3,793億円

RSI(9日)
19.66

RSI(14日)
20.76

いくつかの指標をみると、テクニカル的にはそこそこ売られているものの、場味を見るに悲観が感じられない取り組みで、安易に手出しできません。

ただ、下落が加速しないのは、裁定買い残が4,000億円を割っていることも無視できず、中途半端な相場付きはある意味致し方ないのかもしれません。

日経平均株価
-1.21%

TOPIX
-1.04%

東証2部指数
-0.62%

マザーズ指数
-1.71%

ジャスダック指数
-1.34%

本日は、マザーズがネックラインのボトムに位置しており、明日以降のマザーズには注目。

これが下値を掘ることになるなら、マーケットの見通しは深刻度が増してきます。

◆◆◆◆◆
日経平均株価適正水準:21,667
日経平均適正水準下限:20,542円
15日日経平均:20,405.65円↓(乖離率-5.19)
日経打診買い水準:19,191円
◆◆◆◆◆
※日経平均株価適正水準については文末をご参照下さい

債権買い、株売りのリスクオフではありますが、米10年債利回りは、ついに1.5%後半にまで低下しており、金利先物市場はFRBによる来年も含めた5回の利下げを織り込んでしまっている状況。

1978年以降、米2年債と10年債の逆イールドは5回ありますが、その後のリセッションは100%の確率で発生。

トランプ大統領は対中追加関税を12月に先送りましたが、マーケットからのメッセージはリセッション(景気後退)は不可避になったということ。

不況の株高という言葉もある通り、リセッションだから株安ということは言えませんが、目先、反発場面があったとしても、中途半端な買い出動は控えたい場面。

----------------------------
株式投資 寺子屋 9月からの新規入会申し込みはこちらから。
----------------------------


本日もブログが参考になった方は、バナークリックにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログへ

当ブログは、株式投資初心者の方を対象に、実践を通して、現代の株式投資において負けない投資手法を身に着けていただくことに主眼を置くとともに、日本の投資教育の確立を目指しています。

当ブログが、皆さんの投資 人生の一助となれば幸いです。

投資は自己責任が原則です。私の日記をご参考いただければ幸いですが、取引きはご自身の責任で行ってください。

初心者で銘柄選別が困難な方は、大底を待ってのインデックス連動ETF等の取引きをお勧めします。

■日経平均株価適正水準及び上限値/下限値について■
当ブログの提示する「日経平均株価適正水準」は、実態と乖離した論理的な値ではなく、実践に即した適正値を算出するため、過去の膨大なデータをもとに株価の 骨格とも言える「企業業績」と「金融政策」の面から導き出された値に、直近3年間の市場特性による誤差調整を加えて算出しています。
直近3年間の全データで、日経平均株価が当ブログの提示する適正水準から乖離する平均乖離率は、7月9日大引け時点で1.22%(約260円以内)に収まります。日経平均株価は、定性的には適正水準中央値に向けて回帰していくこととなります。日経平均株価適正水準の上限値・下限値とも、同様に過去のデータベースを基に導き出され、直近3年間の市場特性による誤差調整を行っています。計算結果として得られる上限値、下限値に対する過去の日経平均株価の分布割合を確認してみたところ、概ね全データベースの70%の割合で日経平均株価が移動する範囲、との結果が得られています。分かりやすく言えば、日経平均株価は、通常の上下動の範囲においては、適正水準の上限値と下限値の間を移動すると思ってください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

株式投資寺子屋 新規会員募集

お伝えした通り、株式投資 寺子屋の新規会員を募集いたします。

お申し込みの受付は8月末までを予定しておりますが、申し込み者数により適宜受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。

--------------------
株式投資 寺子屋」の目的は、多くの個人投資家が負け組と言われる現代の株式市場において、目先の利益よりも、10年、20年、30年という長い投資人生を勝ち組として生き抜くため、投資の基礎を身に付けることにあります。

個人投資家の皆さんが勝組投資家として自立されることを目指し、「森を見て、木を見る」投資を学ぶため、2つの実践的ツールを通して日々の株式市場を見つめていただき、その積み重ねにより株式投資において必要な視点、知識、相場観などを日々のマーケットの中から身に付けていただくとを目的としています。


私自身もまだ勉強中の身ですが、日々マーケットと向き合い、マーケットから学ぶことで、5年後、10年後には、何もせずに過ごす他の個人投資家との差は大きく開くことになります。

書店で販売されている投資に関する教書とは異なり、寺子屋で使用する教材は、毎日の株式市場となります。

これ以上ない生きた教材を用いて、相場を少しずつ学んでいただければと思います。


「基礎投資学習ツール」

「相場の森を見る」ための「基礎投資学習ツール」は、相場全体がどのような状況にあるのかを把握するためのツールで、日々の株式指標をリアルタイムに自動的取得し、「水準」「需給」「値幅」等、様々な視点から、
相場の状態を教えてくれるツールです。

株式市場で全体相場が調整に入り全面安となった場合には、どんな有望銘柄でも売られることになります。

逆に、相場における大きなチャンスは、全面安の様な場面でやってきます。

昨年の2月やクリスマスにおけるNYダウの歴史的急落を事前に察知していた投資家は、きっと急落場面でひと儲け、戻り場面でひと儲けしていることでしょう。

常に、個別銘柄の売買を考える前に相場全体を把握すること、このことは弱肉強食の株式市場で生き残るための必須条件となります。


寺子屋で配布させていただく「基礎投資学習ツール」は、日々の株式指標をワンクリックで自動取得します。

日々の指標を確認することはもちろんですが、蓄積された過去のデータベースから導かれる寺子屋独自の「株価水準(株価が安いのか高いのか)」の表示、底値シグナルの点灯、需給の把握、各種長期チャート、短期チャートの自動生成、デイリー指標およびウィークリー指標の自動データベース化など、実践的なツールとしてご利用いただける様、様々な機能がご盛り込まれています。

例えば、基礎投資学習ツールの「天底チャート」シートは、寺子屋独自の「株価水準」をビジュアル的に示してくれますが(日々チャートは自動更新されます)、2018年2月の急落前には、株価が「天井付近」にあることを教えてくれましたし、2018年12月のクリスマス暴落では、マーケットが「大底」をオーバーシュートしていることを教えてくれました。

下記画像は4月11日時点の「天底チャート」シートを切り取ったものですが、日々の日経平均株価のザラバ高値と安値について、その株価が水準として「天井」に相当するのか「適正」なのか「底値」に相当するのかを示すチャートになります。

Image2

長ネギ1本100円なら、あるいは10円なら、はたまた200円なら、「高い」か「安い」か判断できるでしょうが、日経平均株価が21,800円と言われても「高値」なのか「安値」なのか、適切に判断できる人は少ない、と言うよりほぼ居ないと思います。

上記チャートを見て分かる通り、過去の膨大なデータから導かれる「基礎投資学習ツール」独自の「株価水準」は、日経平均株価が「高い」のか「安い」のかを教えてくれます。

毎日の株価水準を算出するための元になる過去のデータは、本日4月12日時点で約50万データ。

株価水準算出に使用する元データの一部
Image7

「株式投資 寺子屋」でのみ配布している「基礎投資学習ツール」は、基本的に、ほぼすべての機能がプログラムにより自動化されていますので、必用な作業は特定の箇所を「クリック」するのみとなります。

このツールは、かつて私が致命的な損失を被った後、圧倒的な力を持つヘッジファンドに対抗するために作成した独自のリベンジツールを投資初心者のために改良したものですので、このツールと同様の実践的ワンストップツールは他に存在しないと思います。

「森を見て、木を見る」投資を、実践を通して学んでみてください。

「基礎投資学習ツール」の「天底データ」シート
Image13


「基礎投資学習ツール」の「INDEX」シート
Image4


「Stocks」

「木を見る」ための銘柄選定ツール「Stocks」は、サーバーに設置されたプログラムが日々変化する銘柄データ(業績やテクニカル)を常時モニターしており、ファンダメンタルズ、テクニカルに加え、投資家に注目される可能性が高い銘柄を、いつでもワンクリックで抽出してくれるツールとなります。

毎日有望な銘柄を自動抽出してくれる「Stocks」
Image10

また、抽出された有望銘柄の時系列情報の確認や、抽出銘柄の「押し目」を自動解析する「売買解析」機能、企業の財務状況や株式情報の自動取得、チャートの確認、当該企業のHPへのワンクリックアクセス、注目銘柄のワンクリック登録など、こちらも多くの実践的機能を備えています。

「Stocks」の「売買解析」シート
Image9


ご入会に際して

今回の募集における当初会員期間は2019年9月1日- 12月31日(4か月間)となります。
(※次回の会員更新は2020年1月1日~4月30日の4か月間となります)

会費:月額4,800円(従来より変更なし)
(※4か月分 19,200円の前納となります)

(※4ヵ月毎に会員を継続される場合永年会費半額で会員継続いただけます。)

現在、会員の皆様に提供しているコンテンツは以下の通りです
--------------------------------------
1.変化し続ける日々の市場(森)を把握しながら投資の基礎を学ぶ「基礎投資学習ツールの配布
 
(日曜又は土曜)

2.個々の銘柄(木)を見極めるための、銘柄選定ツール「Stocks」の配布
 (日曜又は土曜)

3.私Hamaが売買する前には、臨時メールを配信
 (随時)

4.同じ土俵で学ぶ個人投資家との会員交流板「売るべし 買うべし 休むべしのご利用
 
(常時)

5.「寺子屋 日曜配信
相場の分析、方針などをブログ会員専用ページで配信
 (毎週日曜又は月曜午前)


---------
注意事項
---------
上記1、2のツールを利用いただくには、以下の環境が必要となりますのであらかじめご確認下さい。

◆WiindowsがインストールされたPCにマイクロソフト社エクセル2010以降のバージョンがインストールされていること。(エクセルのマクロ機能(プログラム機能)を有効にしていただきます)
◆インターネットに接続できる環境であること。

----------------------------------------------

尚、上記会員サービスは、下記入会申し込みをいただいた後、会員登録を完了した方から順次ご利用いただけるよう手配いたします。

会員手続きには、申し込み日を含め概ね1~3営業日かかります。

入会の受付は申込数により適宜終了させていただく場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

以下のフォームより入会申し込みをお送りいただいた後、48時間以内に入会手続等に関する詳細をメールにてご返信申し上げます。

現在既に会員の方で、2019年9月以降も会員継続をご希望の方は、改めてメールにてご案内いたしますので今しばらくお待ちください。

寺子屋入会申し込みページへ

上記に関連し、ご質問等ございましたら、遠慮なく管理人Hamaまでメールにてご連絡ください。

以上、よろしくお願いいたします。


実践で学ぶ、負けない現代株式投資

管理人 Hama
jissen_kabu@yahoo.co.jp
 

株式投資 寺子屋G15(2019.8.11)

2019年8月11日(日)


株式投資 寺子屋


週末の米市場は3指標揃って反落。

ラッセル2000ジャンク債も売られており、買われているのは債権など安全資産。

週末のドル円は再び1ドル105円台ミドルまで進んでおり、流れとしては分かりやすいリスクオフ。

週明け、月曜日の日本は振り替え休日で休場となりますが、米中対立から世界的な景気悪化懸念が急速に広がっており、世界は通貨安競争の様相を呈してきました。

もはや打つ手のない日本は、円高を見守るしかないのでしょうか?

金曜日の日銀買いオペは、ほとんど機能せず。

--------------------------------------------------------
株式投資寺子屋 新規会員募集のお知らせ
--------------------------------------------------------

週明け、株式投資寺子屋の新規会員を募集します。

当初期間9月から12月までの会員募集となりますので、入会をご希望の方は、ぜひこの機会にお申込みください。

入会申し込みにかかわる詳細は、改めてブログエントリーにてお知らせいたします。
--------------------------------------------------------


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。

入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。
続きを読む
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ