2018年4月15日(日)


株式投資 寺子屋


明日16日は新月。
電気が無かった時代には、夜になれば真っ暗で何も見えません。
(火は使っていたでしょうが・・・)

新月はその字のごとく「月の始まり」を意味しますが、明日は旧暦の3月1日。

いつかのエントリーで書いた気もしますが、私は「月」の存在に妙に魅力を感じる人間です。

日ごろから月明かりを意識してきたせいか、月の「ありがたさ」を身に染みて感じる自分がいます。

次の満月は、15日後の4月30日
Image16

占星術などもそうですが、一般的に「太陽」から見た自己の存在は、己の対外的な側面を探るものとなります。

これに対し「月」から見た自己の存在は、己の内面を探るものとなります。

自己に秘められた内面、自分の本質を探るには、「月」の明かりに照らして自分を見つめることが有効なのかもしれません。

自分自身を理解することは、幸福な人生を歩むための第一歩。

画一的な価値観に染まらず、他方、多くの価値観を尊重しつつ、自分の中にある本質的な価値観(人生に対する欲求)を大切にして生きる。

忙しい現代社会ではなかなか難しいことですが、他人とうまく付き合う前に、自分とうまく付き合うことが、人生において多くの場面で生きるヒントになるのではないかと思います。

スピリチュアルなことはさておき、月齢0となる新月の夜は月明かりが無いため、本来は何も見えない真っ暗な時間となります。

そんな何も見えない時間こそ、自分の心に耳を傾けて新しい自分を発見する、そんな貴重な時間なのかもしれません。

米英仏のシリア攻撃は既に完了したようですが、ロシアとイランは猛反発しているようです。

米露正面衝突の様な事態はあり得ないと思いますが、その分、今回の火種はしばらくの間くすぶる可能性があります。またトランプツイート1つで事態打開となるかもしれませんが。

新月大潮の日(明日がそう)は、相場上昇が期待できるという話もありますが、明日はどうなることでしょう、、、


寺子屋 会員の方は、Stocksに記載したパスワードで、以下のページにお進みください。


入室の際の「ニックネーム」は、任意のお名前で入室できます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。