週初のエントリーでお伝えした通り、株式投資 寺子屋の新規会員を募集いたします。
お申し込みの受付は4月末までを予定しておりますが、申し込み者数により適宜受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。

--------------------
株式投資 寺子屋」の目的は、多くの個人投資家が負け組と言われる現代の株式市場において、目先の利益よりも、10年、20年、30年という長い投資人生を勝ち組として生き抜くため、投資の基礎を身に付けることにあります。

個人投資家の皆さんが勝組投資家として自立されることを目指し、「森を見て、木を見る」投資を学ぶため、2つの実践的ツールを通して日々の株式市場を見つめていただき、その積み重ねにより株式投資において必要な視点、知識、相場観などを日々のマーケットの中から身に付けていただくとを目的としています。


私自身もまだ勉強中の身ですが、日々マーケットと向き合い、マーケットから学ぶことで、5年後、10年後には、何もせずに過ごす他の個人投資家との差は大きく開くことになります。

書店で販売されている投資に関する教書とは異なり、寺子屋で使用する教材は、毎日の株式市場となります。

これ以上ない生きた教材を用いて、相場を少しずつ学んでいただければと思います。


「基礎投資学習ツール」

「相場の森を見る」ための「基礎投資学習ツール」は、相場全体がどのような状況にあるのかを把握するためのツールで、日々の株式指標をリアルタイムに自動的取得し、「水準」「需給」「値幅」等、様々な視点から、
相場の状態を教えてくれるツールです。

株式市場で全体相場が調整に入り全面安となった場合には、どんな有望銘柄でも売られることになります。

逆に、相場における大きなチャンスは、全面安の様な場面でやってきます。

昨年の2月やクリスマスにおけるNYダウの歴史的急落を事前に察知していた投資家は、きっと急落場面でひと儲け、戻り場面でひと儲けしていることでしょう。

常に、個別銘柄の売買を考える前に相場全体を把握すること、このことは弱肉強食の株式市場で生き残るための必須条件となります。


寺子屋で配布させていただく「基礎投資学習ツール」は、日々の株式指標をワンクリックで自動取得します。

日々の指標を確認することはもちろんですが、蓄積された過去のデータベースから導かれる寺子屋独自の「株価水準(株価が安いのか高いのか)」の表示、底値シグナルの点灯、需給の把握、各種長期チャート、短期チャートの自動生成、デイリー指標およびウィークリー指標の自動データベース化など、実践的なツールとしてご利用いただける様、様々な機能がご盛り込まれています。

例えば、基礎投資学習ツールの「天底チャート」シートは、寺子屋独自の「株価水準」をビジュアル的に示してくれますが(日々チャートは自動更新されます)、2018年2月の急落前には、株価が「天井付近」にあることを教えてくれましたし、2018年12月のクリスマス暴落では、マーケットが「大底」をオーバーシュートしていることを教えてくれました。

下記画像は4月11日時点の「天底チャート」シートを切り取ったものですが、日々の日経平均株価のザラバ高値と安値について、その株価が水準として「天井」に相当するのか「適正」なのか「底値」に相当するのかを示すチャートになります。

Image2

長ネギ1本100円なら、あるいは10円なら、はたまた200円なら、「高い」か「安い」か判断できるでしょうが、日経平均株価が21,800円と言われても「高値」なのか「安値」なのか、適切に判断できる人は少ない、と言うよりほぼ居ないと思います。

上記チャートを見て分かる通り、過去の膨大なデータから導かれる「基礎投資学習ツール」独自の「株価水準」は、日経平均株価が「高い」のか「安い」のかを教えてくれます。

毎日の株価水準を算出するための元になる過去のデータは、本日4月12日時点で約50万データ。

株価水準算出に使用する元データの一部
Image7

「株式投資 寺子屋」でのみ配布している「基礎投資学習ツール」は、基本的に、ほぼすべての機能がプログラムにより自動化されていますので、必用な作業は特定の箇所を「クリック」するのみとなります。

このツールは、かつて私が致命的な損失を被った後、圧倒的な力を持つヘッジファンドに対抗するために作成した独自のリベンジツールを投資初心者のために改良したものですので、このツールと同様の実践的ワンストップツールは他に存在しないと思います。

「森を見て、木を見る」投資を、実践を通して学んでみてください。

「基礎投資学習ツール」の「天底データ」シート
Image13


「基礎投資学習ツール」の「INDEX」シート
Image4


「Stocks」

「木を見る」ための銘柄選定ツール「Stocks」は、サーバーに設置されたプログラムが日々変化する銘柄データ(業績やテクニカル)を常時モニターしており、ファンダメンタルズ、テクニカルに加え、投資家に注目される可能性が高い銘柄を、いつでもワンクリックで抽出してくれるツールとなります。

毎日有望な銘柄を自動抽出してくれる「Stocks」
Image10

また、抽出された有望銘柄の時系列情報の確認や、抽出銘柄の「押し目」を自動解析する「売買解析」機能、企業の財務状況や株式情報の自動取得、チャートの確認、当該企業のHPへのワンクリックアクセス、注目銘柄のワンクリック登録など、こちらも多くの実践的機能を備えています。

「Stocks」の「売買解析」シート
Image9


ご入会に際して

今回の募集における当初会員期間は2019年5月1日- 8月31日(4か月間)となります。
(※次回の会員更新は2019年9月1日~12月31日の4か月間となります)

会費:月額4,800円(従来より変更なし)
(※4か月分 19,200円の前納となります)

(※4ヵ月毎に会員を継続される場合永年会費半額で会員継続いただけます。)

現在、会員の皆様に提供しているコンテンツは以下の通りです
--------------------------------------
1.変化し続ける日々の市場(森)を把握しながら投資の基礎を学ぶ「基礎投資学習ツールの配布
 
(日曜又は土曜)

2.個々の銘柄(木)を見極めるための、銘柄選定ツール「Stocks」の配布
 (日曜又は土曜)

3.私Hamaが売買する前には、臨時メールを配信
 (随時)

4.同じ土俵で学ぶ個人投資家との会員交流板「売るべし 買うべし 休むべしのご利用
 
(常時)

5.「寺子屋 日曜配信
相場の分析、方針などをブログ会員専用ページで配信
 (毎週日曜又は月曜午前)


---------
注意事項
---------
上記1、2のツールを利用いただくには、以下の環境が必要となりますのであらかじめご確認下さい。

◆WiindowsがインストールされたPCにマイクロソフト社エクセル2010以降のバージョンがインストールされている必要があります。(エクセルのマクロ機能(プログラム機能)を有効にしていただきます)
◆インターネットに接続できる環境であること。

----------------------------------------------

尚、上記会員サービスは、下記入会申し込みをいただいた後、会員登録を完了した方から順次ご利用いただけるよう手配いたします。

会員手続きには、申し込み日を含め概ね1~3営業日かかります。

入会の受付は申込数により適宜終了させていただく場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

以下のフォームより入会申し込みをお送りいただいた後、48時間以内に入会手続等に関する詳細をメールにてご返信申し上げます。

現在既に会員の方で、2019年5月以降も会員継続をご希望の方は、改めてメールにてご案内いたしますので今しばらくお待ちください。

寺子屋入会申し込みページへ

上記に関連し、ご質問等ございましたら、遠慮なく管理人Hamaまでメールにてご連絡ください。

以上、よろしくお願いいたします。


実践で学ぶ、負けない現代株式投資

管理人 Hama
jissen_kabu@yahoo.co.jp