株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

株式投資寺子屋I

 

株式投資 寺子屋I3(2020.1.19)

2020年1月19(日)

株式投資 寺子屋

決算シーズンに突入した米株式市場は勢いよく上昇しています。

多くの投資家が「割高」という言葉を耳にし、実際に高値圏にあることは間違いありませんが、株価が上がるか下がるかはそれだけで決まるものではありません。

株価の骨格は「企業業績」と「金融政策」によって決まってきますが、株価というものは半年から9か月先の経済状況を織り込むともいわれます、、、、


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
 

株式投資 寺子屋I2(2020.1.12)

2020年1月12(日)

株式投資 寺子屋


先週金曜日の日経平均株価+110円の2日続伸となり、23,850.57円。

ザラバ高値は23,900円を超えており、再び24,000円が見えてきました。

木曜日のNYダウはザラ場で29,000ドルを超えてきたため、米イラン対立緩和で、再び強気がマーケットを支配し始めています。

モメンタム主導の相場に対する見方は様々ですが、NYダウ30,000ドルが現実味を帯びる中、どこまで強気が広がるのか、、、


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
 

株式投資 寺子屋I1(2020.1.5)

2020年1月5(日)

株式投資 寺子屋

明日から2020年のマーケットがスタートします。

年末年始の米株式市場は、1月2日にNYダウ+330ドルの大幅上昇となったものの、1月3日には米軍の空爆により中東情勢が緊迫しており、マーケットはリスクオフに傾いています。

先高の声が多くなっている中、「遠くの戦争は買い」ということで安いところを拾っておきたい投資家も多いと思いますが、やや気がかりなのは3日に発表された12月ISM製造業景況指数と中国の動き。

本日は、そんな視点を含めて年末年始のマーケットを斬りたいと思います。


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ