株式教室 - 実践で学ぶ、負けない現代株式投資 「森を見て、木を見る」 


かつて株式投資による大損で連日の追証から一度は「死」が頭をよぎった筆者が、生き延びた後に辿り着いた投資手法をベースに現代の株式相場について語ります。独自の株価判定ツールで市場の姿を把握し相場の天底を判定。2016年は2月12日にドン底の日本株を買い出動。2016年6月24日にはブレグジットの急落底値を買い出動。2017年9月19日に歴史的上昇相場の初動を買い出動。2018年1月31日にダウ急落前の天井を売り出動。毎日の株式指標から相場の姿を分析し、独自の株価水準によって実際の売り買いにまで言及した実践的内容をお届け。銘柄選定ツール「Stocks」と相場の天底を判定する「基礎投資学習ツール」で「森を見て、木を見る」投資を実践。「投資を学ぶ」ことに主眼を置き投資初心者に向け配信します。

株式投資寺子屋I

 

株式投資 寺子屋I17 (2020.4.26)

2020年4月26(日)

株式投資 寺子屋

富士フィルム「アビガン」と並んで新型コロナウィルスの「特効薬」として注目されているのが、米ギリアド・サイエンシズ社が開発したエボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」。

先週は中国での無作為抽出による初期臨床試験が失敗に終わったとの報道もあり、同治療薬に対する期待はやや後退していますが、ギリアド社は「早期に打ち切られた試験の結果であり、結論を導くことはできない」と反論しており、同社が今週中にも追加の治験結果を公表する予定だとか、、、

もしも有効性が確認されれば大きな一歩を踏み出す可能性もありますが、個人的には可能性は低いように思うところです。

いずれにしても、治療薬ができるまでは、ソーシャル・ディスタンシングを維持しての生活を続けるしかなさそうです。

--------------------------------------------
株式投資 寺子屋 新規会員募集中
※まもなく締め切らせていただきます。
--------------------------------------------

寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。続きを読む
 

株式投資 寺子屋I16 (2020.4.19)

2020年4月19(日)

株式投資 寺子屋

1か月かけて大底から株価適正水準までの戻りを見せる日経平均株価

売られる銘柄と買われる銘柄の選別が進み、中でも戻りが鈍いのが石油関連や航空関連。

ロックダウンが続くなかで、人や物が動かないことには需要の回復が見込めないということで、なかなか買いが入りません。

ただ、人や物が動き始めることになれば、これらの需要が回復することは明らかで、そのためにはロックダウンの解除や企業活動の再開が必須条件となります。

ロックダウンの解除が段階的に始まり、新薬開発が進む中で、2か月かけて売り物が出尽くした底這い(出遅れ)銘柄を拾っておくことも選択肢に入る相場環境になりつつあるように思いますが、、、

---------------------------------
株式投資 寺子屋 新規会員募集中

---------------------------------

寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。続きを読む
 

株式投資 寺子屋I15 (2020.4.12)

2020年4月12(日)

株式投資 寺子屋

金曜日に4月SQを通過した日経平均株価ですが、幻の高値SQとなったため弱気相場との解釈もできますが、先週、週間上昇率が過去最高となったNYダウを横目に、市場からは「ベア相場は終わった」との声が聞こえてきます。

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター率いるレイ・ダリオ氏は、週末にTEDのインタビューに以下の通り答えています。

Current coronavirus economic crisis mirrors 1930s Great Depression

「現在のコロナウィルスによる経済危機は、1930年代の世界恐慌の再来である。」

1920年代に著しい成長を遂げていたアメリカ経済ですが、1929年10月24日(木)、突如ニューヨーク株式市場の株価が大暴落します。

世界大恐慌の引き金となった「暗黒の木曜日」です。

株価急落でNY金融街はパニックに陥りました。

Image6

株価の暴落で始まった恐慌はアメリカ全土に広がり、その影響は全産業に波及。

その結果、さまざまな金融機関や企業が倒産し、その数は4500社にも。

大恐慌の真っただ中、1930年に生まれたウォーレン・バフェット氏も、今回のコロナショックによる株安では2月末に買い下がりを断行していましたが、結局4月の戻り相場でロスカットを余儀なくされています。

目先の上下にとらわれることなく、長期的視点で売買を行うバフェット氏がロスカットを行ったということは、長期的に見て株式市場を悲観せざるを得ないということなのでしょうか?

それでもマーケットは戻りを試す展開が続いているように見えますが、、、


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
 

株式投資 寺子屋I14 (2020.4.05)

2020年4月5(日)

株式投資 寺子屋

都内の感染者数が100人を超え、徐々に「緊急事態宣言」と「首都東京のロックダウン」が近づいています。

米国の感染者数は一週間で3倍に膨れ上がり、あっという間に30万人を超えていますが、米国における週末の感染増加率は依然として10%となっており、今後2週間程度で100万人に達する可能性もあります。

ロックダウン(都市封鎖)により感染増加率は減っているものの、都市封鎖解除のタイミングは見えてこず、感染がピークダウンに入ったからといっても、経済活動の再開は容易ではありません。

これから米国の決算シーズン、日本も4月後半から3月期決算シーズンに突入していきますが、日々の225EPSはすでに1,500円を割り込んでおり、今後急低下することは必至といえそうです。

過去の相場を紐解いてみると、リーマンショック時の一番底は、、、、2番底は、、、


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
 

株式投資 寺子屋I13(2020.3.29)

2020年3月29(日)

株式投資 寺子屋

世界の主要都市で「外出禁止」となっていることは報道の通りですが、自宅に閉じこもった市民たちのフラストレーションが高まっており、DVやアルコール依存症などが増えているとの報告もあります。

かといって市民生活や経済優先で都市封鎖を早々に解禁すれば、爆発的感染の第2派が世界を襲うことにもなりかねず、医療崩壊が決定的になります。

治療薬の開発が急がれます。

週末のマーケットはNYが大きく値を下げていますが、新年度相場を迎える週明け以降のマーケットがどうなるのか、、、


寺子屋会員の方は、Stocksに記載したパワードで、以下のページにお進みください。
続きを読む
プロフィール

Hama

寺子屋会員データ
売るべし 買うべし 休むべし
メッセ-ジ

名前
メール
本文
最新記事
リアルタイム 株価
リアルタイム 株価
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ