忍犬ポチ公

忍犬ポチ公とは、作家「じしゃく也」が創作したオブジェ犬 である。 ここでは主に「じしゃく也」の創作世界の案内役をつとめて 参ります。

【じしゃく也☆速報】 ポチ、日々のおかしみ。

ポチは旅から戻った。
心の旅をしてきたのだ。
花見じゃねぇてば!

心の足袋だすけ。

心にスニーカーをはいて、って歌があったなあ。
虹とスニーカーの頃、ってのもあった。
でもポチは「忍」だから足袋だよ。
SBCA3427

帰ったらおばあちゃんがねぎらいのケーキを用意していてくれた。
ここ、これは!!

憧れていたマッターホーンのケーキ!!

の後ろにある箱!

鈴木信太郎氏の絵なのです。
ポチの大好物だよ!
うれしいなあ。
大事に取っておくからね。

せっかくなのでケーキも頂きますかね・・・、おや?
フォークの刺しあとが・・・・・?



古河にこんな建物があったんだ
SBCA3567
「あやしい!」
忍びの血が騒ぎ、偵察に行った!

SBCA3570
「なんだ、農機具とお馬がいるだけだ、あやしくなかった。

・・・ええええええええ!????」
SBCA3569
お馬さん!足が逆だよ!?
しかも折れたのがくっつけてある!
しかもしかも、ちゃんきれいにくっついている!
のに、まちがっている!


「きっとポチは疲れているんだ。」

こうしてポチはその場を去った。
どこへ行くの、ポチ!