敗北社情報…byことば団

実存コミック敗北社の情報や作品を‘ことば団’がおつたえしていきます!

ありがとうございました

04cb46fe.jpg
a997e907.jpg
230bfd86.jpg
00b7b341.jpg
d41a8c5b.jpg
ツタエルです!

本日もありがとうございました。

新宿区。お祭りのラストとして襲撃でした。

“ハズレのしわざ”により、あいにくの天気でしたよね(笑)

わざわざ時間を狙っての集中豪雨ですからね…(笑)

室内公演に変更?されたようで座り切れないくらいなギッシリの人で暑かったです。中列以降はほぼ大人でしたね(笑)

(当初は野外ライブな予定だったのですね。それでピンマイクの準備もあったのですね。もちろん屋内なので生声でいきましたが。この手の部分わるものは如何様になれ全然に問題はないのが強味でしゅのでどうぞ関係者様はお気になさらずにm(_ _)m)

終演後もキッズに取り囲まれ身動き不能…(泣)

冊子も完パケでした。

結果、今回も“いやがらせ”は出来ずに、むしろ最後に笑顔と一体感を生んでしまったらしい、わるもの様…(泣)

「ちくしょう!おぼえてやがれ〜い!!(涙)」

と、吠えておりましたよ(笑)

そんなこんなでご招聘いただいた方々や挑戦してくれた皆さんに感謝いたしま~す!!。。。

愛弟子たち22

3e0d297e.jpgサイアクロース様がプロデュースする新進気鋭をご紹介…。


【ザ・ポテンシャリティ~】

ジョバンニ「さぁ今日の舞台なにをやろう?」

カムパネルラ「なんでもいいよ!本当になんでも!」

ジョバンニ「そうだね。なんでも良すぎるね!それがウチらの辛いとこだね…(笑)」

カムパネルラ「何処かくぐるか?細いとことか。行けてもダメでも多分ウケるよ(笑)」

ジョバンニ「うん。ウケちゃうね。ウチらの場合(笑)」


カムパネルラ「じゃあありがちで鉄板だけど~…ちょっびっと犬みたいに鳴くか?(笑)」

ジョバンニ「いいね!真剣にやってみようか…!」


(爆笑&歓声&拍手&シャッターフラッシュ)


ジョバンニ「……ふぅ~。全然できなかったね(笑)」

カムパネルラ「……まぁでも凄くウケたけれどね(笑)」

ジョバンニ「これだからウチらは困るんだ!(笑)」


カムパネルラ「じゃあ次、ひたすら目をこすろうか?適当になんかこうやってさぁ~…(笑)」


(拍手喝采)


ジョバンニ「う~ん!やっぱりウケちゃった!適当なのにウケちゃうねぇ(笑)」


カムパネルラ「そしたら次は……ボクが猫じゃらされ続けるから……キミは必死にフンを隠して!!」

ジョバンニ「…ヤだよ!なんでボクだけそこなんだよ!(怒)」


(……ややウケ)


カムパネルラ「じゃあじゃあ!…ボクが缶詰に夢中すぎうっかり顔にハマって取れない…そんな感じをやって見せるから……キミはそうだなぁ……そのフン隠して!」

ジョバンニ「…どのフン!?どのフン!?フン出ちゃってるのボク!?(怒)」


(……ややウケ)


カムパネルラ「だったらだったら!…ボクがぁ〜……フンをするから隠して!」

ジョバンニ「ヤダよ!一番最悪じゃね〜か!自分のフンは自分で隠せ!(怒)」


(……ややウケ)


カムパネルラ「ならもうならもう!…キミを隠すね!」

ジョバンニ「ボクはう◯こか!?(怒)」


(……やっぱりややウケ)


ジョバンニ「……やっぱりこういうのはダメか(泣)」

カムパネルラ「……たたみかけてみたんだけどね(泣)」

ジョバンニ「……ボクらには求められてないんだ(泣)」

カムパネルラ「……マジで自分の才能が憎い(泣)」

ジョバンニ「……喋ってるだけで凄いはずなのに(泣)」

カムパネルラ「……かわいさ以外はいらないんだよ(泣)」


ジョバンニ「……おとなしくずっと目をこすろう(泣)」

カムパネルラ「……空き缶はまって喋らないでいよう(泣)」


ジョバンニ「……猫の進化を妨げるけど(泣)」

カムパネルラ「……進化してほしくないらしいから(泣)」



……鼻持ちならない天才コンビも、それ故、悩みは尽きないようです(笑)。。。

襲撃注意

cd42042d.jpgツタエルです!

明後日19日のキッズ夏祭り、わるもの登場は18時からで~す。

15分間。

お祭りのラストを務めさせていただくようですm(__)m

やや久々の活動とはじめての場所(保育園敷地と聞いてます)で、わるもの様もポキポキ指を鳴らしてますからね~…!!


『ぜったい盛り下げてやるからな!!(怒)』

『さいごに泣かしてやるからな!!(怒)』


園児から小学生から親御さんから職員さんまで、、、

くれぐれも気を付けましょ~う!!(泣)。。。

トドケル【エルビされたいプレしたい】

『♪ピ~ナッツバタ~に フタするな

ピ~ナッツバタ~を あけっぱなしたい


やさしさ かいほうすることが

いちばん むずかしいものだ


これに だれもが ほんと てこずり

こうかいばかりの じんせいを すごす…(泣)


やさしさ えがおで うけいれるのが

もっとも むずかしいものだ


これに だれもが いつも てこずり

せかいの えがおを けしていくんだ…(泣)


…とくに おとこは えてしてなぁ~…!!(涙)


じちょう おふざけ じこひげに

おきまり つよいこ ぶりっこで

ピ~ナッツバタ~に はなを つまんで

かおを そむけて にげちまう…(泣)


ピ~ナッツバタ~に フタしちまう…

ピ~ナッツバタ~を とだなに かくす…(泣)


それが せかいを ダメにしてると

じぶんを ダメにしてきたことを

とっくに わかっているのになぁ…(泣)


サンドイッチに ためらうな

サンドイッチを ほおばりたいぜ


しろパン くろパン トマト パンプキン

すべてを うけいれ ほおばりたいぜ


『まよったときは やさしさだ

やさしい ほうこう せんたく どれか

それだけ めがけて かんがえろ!!』


『もちろん ぎせいじゃ ダメなんだ

じぶんに とっても やさしいことだ!!

その りょうほうを うまく よくばれ!!(笑)』


あと…

『たのしむのは いうまでもない!!(笑)』


それから…

『ママを たいせつに!!』


…けっきょく こんやも うたえる ことは…

…たった これっぽっちなことさ!!(笑)


♪ピ~ナッツバタ~を あけっぱなしたい

サンドイッチを ほおばりたい

ド~ナツ かじれば こじあけられる

ジャム くろごしょう パプリカ ミルク〜…」。。。

山野郎

山の日が夏にありますと、一見、海にはインパクトでは勝てません。

しかしながら、海の専売特許のはずの夏にも、平気な顔して“参戦”可能な山のポテンシャルは見事ですよね(笑)。

しかも夏に“山の日”とは完全に“富士山”を表してますからね。

切り札中の切り札のエース(山にすれば)あるいはジョーカー(海にすれば)で真っ向勝負を挑んでいますから(笑)。


これに焦った海はザワザワとチャラチャラと、、、


「お前はさぁ~春も秋もあんじゃ~ん!!

なんなんだよお前~!!

何て言うかさぁ~…

ムカつくんだよ!!(怒)」


と浜辺から集団で吠え散らすんでしょうねぇ…

どうせ…(泣)


青いよ~う…

海ぃ~は…

青臭~い…(泣)


一方ドッシリ悠々と佇む山は


「……ん?」


と外部のノイズなんか届かないわけです

全く!(笑)


高いね!

山っ!

気高いよ!(笑)


日焼けだ花火だナンパだのプカプカ浮き足立つ…

青~い…

アホ~い…

海ぃ~…(泣)


大自然で深呼吸し地に足をつけ一歩一歩な…

高っい!

デっカい!

山っ…!!(笑)



『夏と海』…もうポップスやロックであり演歌までもがドカンと居座りまして、、、

『秋と山』…ほら童謡とかいいとこフォークな世界観であり(泣)、、、

『夏と海』…もうほら運動場で遊ぶ連中で、、、

『秋と山』…それは図書室や美術室にいる感じで(泣)、、、


それはそれでいいけどさぁ〜…

ちっくしょう…な〜んかこう…な〜んかさぁ〜…


実はさぁ…こっちだってさぁ〜…



『本当はちょっと悔しいんだよぉ〜!!(泣)』



という山野郎のヤマビコがこだましました…。



『俺だってチャラけたいよ!!(怒)』

『ナウでイケイケで決めたいよ!!(怒)』

『若者が喜ぶ歌とかになりたいよ!!そりゃあ!!(怒)』


『でもだからって山を“森”とか“畔”とか言ってごまかしたくないじゃん!?』

『ちゃんと“丘”とか“峰”とか“ダム”とか使って押したいじゃん!?』

『“ピクニック”とか“ハイキング”とか“散策”とかじゃなく“山岳デート”で押したいじゃん!?』

『“木の実”とか“ベリー”とか“妖精”とか“ツーリング”とか押して逃げたくないじゃん!?』

『“キャンプ”や“パタゴニア”や“ティンバーランド”とか持ち出すんじゃなんかズルいじゃん!?』


『それくらいは自らの枷にしてみたいじゃん!?』

『且つポップにしてみたいじゃん!?』


『“グリングリン”とか越えたいじゃん!?』

『“アルプス一万尺”とかから卒業したいじゃん!?』

『いつまで“遠き山に陽が落ちて”とか聴いたり歌ったりする気だよ!!』


『だからポップに仕立ててやるよ!!…それも枷をつけてなぁ!!』


『まぁ“長野”なら…まぁちょいとありにしてほしいね…“軽井沢”とか使わないから!…あと“湯布院”とかは…なんかナシじゃん?…この場合!…この場合よ!…言いたいことわかる!?…“北海道”な感じも自主規制するわ!…あえて!』

『もっとちゃんと“天狗”とか“山伏”とか“滝行”とか“なんかあの近付くと結構トガってる白い風車みたいの”とか“百パーセント嘘に決まってる仏舎利塔”とか“長過ぎるトンネル”とか“落石注意”とか“古びたラブホ”とかも入れていきたいじゃん!!』

『山ってそういうことじゃん!!山のリアルを歌にしたいじゃん!!俺くらいになると!!』

『あ、でも“鮎”とか“山女魚”は許可させて!あとはなんか“蕎麦街道”とかは!…あと“高原”とかは!…“麦わら帽子”も山側だよね!?…なんとなくね!…それらがあればなんとかなりそうだわ!…まとめてみせるわ!!』


『…や…そりゃ“森のパン屋さん”的なアレとかは使わねーよ!(怒)…言ってんじゃん!…なめてんの俺を?…ねぇ!?…なめてんのか!?(怒)』

『え?…“スキーもなし”…って…わかってるよ!!(怒)…俺がそんなズルすると思う!?…そんなのアップテンボで…疾走感と…お洒落感に…決まってんじゃん!!(怒)』

『この俺が…“♪ゲレンデを〜…”みたいなさぁ…そんなエバラで味付けするみたいなさぁ…そんな安全牌…卑怯なマネするわけないじゃん!!(怒)』

『仮に“スキー”を扱ってもさぁ〜…俺なら“ハウスシチュー感”出すね!!…“雪女感”とか!…“笠地蔵感”とか!…“北風小僧”だよ!!…あるいはサビも…“♪はいハの字!ハの字〜!(笑)…”で行くわ!!(怒)…初心者コース感で押すぜ!もう!(怒)…チビッコ体験コース感で〜……』

『…って、お前さぁ〜、ちゃんと話聞いてる?…ポップにするの!!(怒)…且つ枷なの!!(怒)』

『だから動物も“ウサギ”や“オオカミ”なんかは使わないしね!…正々堂々“イタチ”か“タヌキ”か“イノシシ”で行ってやるし!』

『虫も“蝶”とかは出さないと誓うから!…あ…でも“蜂”くらいは許可して!…うん…“蜜蜂”は出さないから!…そういうなんか“スゥィーティー”な感じの方向とかに行きそうなヤツとかは予め潰しといていいから!』


と、、、


一所懸命に威張り散らかし啖呵を切っては頑張って取り組んだ山野郎でしたが、、、

もちろんどんなに精一杯にナウでヤングなイケイケでポップを目指しても(…まぁこの時点で既に色々ズレズレなんですが泣)、、、

いいとこ、なんとなく、雑誌で言うところの『一個人』みたいな世界観にしか仕上がりませんで、、、渋っ!!(そりゃ毎月読みますけどね!)

あとは、ほぼほぼ“富士五湖あたりの風景”をただ並び立てるくらいしかなく、、、野暮っ!!

時たまズル?をし“イージーライダー”とか“スタンドバイミー”的な感じを持ち出して逃げてみたり、、、あとは結局“ジブリ系”!!

これならいっそ“恐山”とかの方がヤングでポップになりそうでしてね、、、

唯一なんとなく僅か〜に可能性を感じられたのも“♪ソフトクリームが〜…”みたいな部分だけで、、、

それすらやっぱり“スゥィーティーな感じの方向”でした
(泣)

あとは殊更にしつこく“花の名前”を連呼ですよね…(泣)


…山とは頑張ってもこうなるんでしゅかね〜…

…まぁただ才能がないだけなんですがそれは言わないであげてくだしゃい…(泣)


…故に、この山野郎、いや、『山師』は、『やましく』も、一所懸命に海をくさし、まさに『マウンティング』しやがったんでしょうねぇ…!!


※あと一説には山野郎は単にかつて海ではしゃいで溺れたトラウマがあるだけだとかも言われており「実は海を眺めるのとか浜で遊ぶのとかは大好き」らしいのです。また去り際には「まぁ言いにくいがなぁ…実際は海も好きぃ〜!!(怒泣)」……最っ大の暴論を投げつけていきましたからねぇ……それだけは言わずになんとか貫いてほしかったんですが(泣)。。。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ