敗北社情報…byことば団

実存コミック敗北社の情報や作品を‘ことば団’がおつたえしていきます!

いばりん坊万歳

bc31e348.jpg前回のフェスでも、たくさんの方から名刺やチラシをいただきました。

特にわるもの様の印象に残ったのは画像のものだったようです。

「ん!?…コイツはかなりお見事じゃ…タイトル字体もイラストも日本の伝統が香るぞ…白黒のペラ紙もちゃんとナメてて…大事なインチキ臭ささもアクセントじゃな…ストーリーも想像できえ…チューインガムやアイスにもなりうる(笑)」

…謎の評論家をやどし上から目線で威張り散らしてましたよ(泣)。。。

御意見番②

7eba2189.jpgうつけ者めがっ!!


お前はこの子どもに対し

一体何と言ったのか!!


子どもと言えどもお客はお客

例えあり合わせだろうが

例えプランが変わろうが

メニューにあろうがなかろうが

とにかくひたすら目の前が

喜ぶようにと真っ直ぐに

最善を尽くし振る舞うことが…

いいや!!

“出したい”“出さなくちゃ”

そう思うのが自然であり

それが料理人なのだ!!


…悲しいほどにお前はのう…

…何にもわかっておらんようじゃな…

…お前が重ねた経験などは…

…所詮は見せかけ手際だけ…

…せいぜい覚えたものはと言えば…

…汚らしすぎる金勘定と…

…見苦しいまでの処世術…

…お前は何にも向上してない…

…一つも先人から学んでない…

…ただ“こなしてきた”だけなのだ…


もう一度ここへ行ってこい!!

そしてタップリ味わってこい!!

敗北の味を腹一杯に!!

胸一杯に噛み締めてこい!!


お前がバカにし踏みつけ続け

嘲笑ってはコケにしてきた

あの屋台にまで行って来い!!


そして素直に思い出すがいい!!

一番最初に憧れて…

包丁を持ったあの日をだ!!


本当の自尊心とは何か…

誠の精進とは何か…

我々の存在価値とは何か…


お前のレシピの分量が

いかに正しかろうとものう

お前の選んだ食材が

どんなに見事であろうとも


そんなものがいかに無力か

いかに歪んだ目利きであったか

いかに甘えたものであったか

あの屋台に行き学んでこい!!


そして とことん徹底的に

恥を思い知ってくるがいいっ!!。。。



御意見番①

a50c2c1d.jpgふざけるなぁっ!!


“一生懸命頑張りました ”…?


貴様がもしも料理人なら

そんな言葉は口が裂けても

今後いっさいもらすんじゃない!!


…それから貴様は私に対し…

何と言ったか思い出せ

何が“準備をしていません”だ

何が“メニューにございません”だ


私は決して無理難題ではなく

…この椀のネギを焼かずに出せと…

…焼き色をつけずもう一杯出せ…

ただただそう言ったに過ぎない

どうしてそれに応えない!!


応えぬならば応えぬで

せいぜい睨みをきかせつつ

“それはやりたくない!!”という

啖呵を切ってほしいものだな

“それでは不味くなる!!”という

怒りをぶつけてほしかった


…さすれば焦げ目が椀全体に…

…かすかにあたえる臭みや苦味…

…または焼かぬネギの場合の…

…風味や食感についての…

…技量の難解さへともつながり…

話も随分発展的で

意義あるものになりえたろうに


所詮は貴様は暖簾に甘え

料理の表面体裁だけを

ただただ雑になぞりあげ

模倣していただけに過ぎん!!


貴様に本当の向上心が

幾ばくかでも残ってるなら

ここへ行ってみるがいい


しかし所詮は今の貴様が

そこへ行ってもわかるまい

さしずめすすめた私に対し

気でも狂ったかに思うだろう(笑)


暖簾も看板もないがなぁ

場末の汚れたその屋台まで

行って何かを感じて来い!!


そこで感じるものがなければ

そんな者にはもとより不可能

とっとと足を洗うがいい!!。。。

ありがとうございました

057d21cb.jpg
262d7286.jpg
ツタエルです!

昨日もありがとうございました。

たくさんのキッズやファミリーの挑戦がありました。

集中力あふれた負けず嫌いの兄弟、、、

ママの手も借り見事にゲームペーパー全クリでした(笑)

今後ともお見知りおきよろしくお願いいたします。


※遅れましたがフェスでは物販ご購入の皆様、誠にありがとうございました。お陰様で『ふじゆうちょう』今回もご好評いただけまして感謝いたします。

ハズレの味割り

1c2fb4b8.jpg味割りとは料理の際にお客の好みを見抜いては微調整する技術らしい。

まぁ昨今ではラーメン屋さんなどは濃度やコク(油分)や食感(固さや太さ)など味割りというか“お好み”を予め訊ねるのも主流であるが。

そしてハズレもこの味割りやお好みが非常に重要なことをやっている(笑)

場や状況や時間に応じてノリに数段あるようだ(笑)

「やどり濃いめor薄め」

「わる濃いめor薄め」

「わる増し→わる増し増し」

「素濃いめ→素増し→素増し増し」

「スベリ入れますか?」

…など、隠語があるとかないとか噂されている(笑)

もちろん、その場でお互いに判断し調整しあうことが多いらしいが、予め直前に依頼者さんや責任者さんに確認やご注文を受けることも多い。

その場合無論、作者たちは柔軟に全てに従います。


“おすすめ”や“おまかせ”を言われたら…?


まぁそれは作者のオススメや初場所や短時間出演などではもちろん、、、


基本の、、、


「やどり濃いめ!!

わる増し増し!!

素なし!!

スベリのダブル!!」


…と…なるでしょうなぁ(笑)。。。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ