路上観察で発見!埼玉県のナイス物件

埼玉県で路上観察して見つけた面白いもの、不思議なもの、奇妙なもの、謎なものを紹介します。

IMGP0010
一つ前の記事がちょっと間違っていて、探索したのは中丸5丁目でした。で、一つだけ最後に6丁目の物件があるということです。
で、廃屋。
私が生まれてから小学生の間まで住んでいた借家がこんな感じで、じわりと懐かしい感じもあります。
IMGP0011
この消火ホース収納箱もなかなか。
サビと塗装の剥落、退色でなかなかの仕上がりになっています。
IMGP0012
この赤い車止め。
なぜこの位置に?何をガードしているのだろう。
馬に乗って移動している時代なら、繋いでおく用途に使えるだろうけど。
あ、バイクとかをチェーンキーで繋いでおくことを想定してんのか?
IMGP0013
空き家らしき家の庭にポツンとマッサージ椅子。
なんとなくじわっときます。
IMGP0014
これはゴミ屋敷に発展していきそう。
IMGP0015
この物件だけ中丸6丁目のものです。
「TOHARI」が漢字でどう書くかはわかりませんが「KOUPO」はちょっとなあ。「コーポ」は「corporate」なんだから。まあこういう例は多いですよね。

IMGP0004
北本市中丸を探索してきました。記事は「2丁目」と「5・6丁目」に分けます。まずは2丁目での収穫物から。
不二家北本中丸店の裏の物置にセブンイレブンのロゴがありました。少々退色してます。
ということで、こちらの不二家は元はセブンイレブンだったのですね。
セブンイレブンは数も多いけれど、閉店した店も多い。でも大抵は茶色のタイルでセブンイレブンだったのだとわかります。建て替えた物件で、これだけ痕跡が残っているという例もあるんだな。
IMGP0005
遠くから見て「塀の上に猫がいるな」と思ったのですが、近づいてみたらトートバッグでした。
かなり意表を突かれた。
IMGP0006
この表札。保護フィルム的なものを貼り付けたのだと思うけれど、ここまで劣化してます。
この家の人はこうなっても気にならないのか、空き家なのか。
IMGP0007
なんとなく良い佇まい。
IMGP0008
門柱上のキャラでガネーシャは珍しい。
インドでは商売繁盛の神様ですよね。福助や仙台四郎みたいな存在。
IMGP0009
「指定に指定袋」ってなんだよ。
一文字抜けているけど、それにしても意味わからん。
ストビューで確認してみたら、元々は「指定日に指定袋」でした。
でもなぜこうなった?
ますますわからん。

IMGP0004
しばらく進むとこんなものに出くわしました。
お、ゴミ屋敷?かな?
それにしては、変だ。
ゴミ屋敷にしては規模が大きすぎる。
この一角の画像を連続で貼ります。
IMGP0006
IMGP0005IMGP0007
ああ、わかった。
ゴミ屋敷ではなくて、これはゴミ屋敷のかたずけ業者なのね。
とりあえずここに持ってきて、それから分別するのでしょう。
そう合点してしまえば、途端に色あせてくるんだけど、でもこれって雨ざらしにしてるからリサイクルはできないですよね。
しちゃうのかな。
次は、
IMGP0008
ん?何か変だな。
IMGP0009
このフェンス。
不穏な感じがする。
どうしてこんななの?
IMGP0010
げ、撮影禁止を主張している。
電波ハウスですかね。
去り際にもう一枚だけ。
IMGP0011
やはり不穏な感じが漂ってます。
中宗岡は以上です。

IMGP0003
志木市の中宗岡をうろつきました。
収穫画像を貼っていきます。まずは錆び錆び交通標識。
続いて、
IMGP0013
路上に点々とコーンポストの重しが置かれています。重しだけなのはなぜ?
さらにその上に木材を置いてあったりしてる。
まー駐車避け、その意志表示なんでしょう。でも妙だ。
IMGP0014
歩道を守るパーテーションなんですが、これだけ「〜」の形になっているのが面白い。
IMGP0015
水路が結構余裕たっぷりな作りになっている。
IMGP0017
IMGP0018
町工場の横にこんなオブジェが置かれていました。
結構凝った作りになってます。
なかなかいい。
その2に続きます。

スクリーンショット 2020-12-13 15.05.44
所沢市宮本町をうろついてきました。
国道463号を使う人は「宮本町交差点」というのが記憶にあるかもしれません。それは上の地図の左中央のドンキホーテのところの交差点です。
最寄りの駅は西武新宿線航空公園駅で、上の地図の右上にちょっとだけ駅が見えてます。
ま、そんなわけでウロウロしてみましょう。
IMGP0001
給水塔が二つ。
よくありがちな形ですが大きいので存在感があります。
上の地図の「うずら屋」の東にあります
IMGP0002
剥がれかけたステッカーだけど、文字の部分がなんとなくわかる。
IMGP0003
大谷石で作られた塀。
しかし削られた部分がある。
道路側には植物が生育する余地はないから、建物側から植物が垂れ下がっていたことがあるのかな。
IMGP0005
地図だと「すこやか保育園」の東にあるのだけれど、所沢市の旧市庁舎の建物がまだ残っている。
現在の市役所に移転したあとは社会福祉協議会が使っていたと思うのだけれど、現在はもう大きな空きビルになっていますね。窓ガラス越しに中を覗き込むと、こんな感じにテーブルや椅子が残されていました。
IMGP0006
キリスト看板もマルフク看板と似た傾向の「貼り場所の美学」を持っているのですよね。
そのことはお互いに意識しているようで、両者の同居物件ってとても少ないように思います。
IMGP0007
フェンスの間から無理やり外へと垂れ下がったサボテン。
路上デスマッチに活用できそうです。
IMGP0008
住宅地を抜けようとしたところで、古い家を利用して車庫にしているのを発見して「あっ!」。
なぜかというと、これってずいぶん以前記事にした物件だと気付いたのです。
上の画像の右の建物がジョーシンアウトレット所沢店なんですが、回り込むと、
IMGP0009
こんなふうになっていてちょっと面白い。
以上です。

このページのトップヘ