------------------------------------------------------------
皆さんはMCEditというPCソフトを知っていますか?
知っている方はいるかと思いますが
これをPEで使用してワールドを編集しよう!というコンセプトでこの記事をまとめてあります。
チートのような内容で、使ってしまうと正直ヌルゲー化してしまいそうなのですが
それでも良いという場合はお進み下さい。
そしてこちらではPC版MinecraftをMC、MinecraftPEをMCPEと表記してありますのでお間違えなく。
------------------------------------------------------------





必要な物
iOS or Android端末(ここではiOSを使用)
i-FunBox(無料)
MCEdit(無料)


解説一覧
事前準備
MCEditとは
操作方法
基礎活用編
応用編




事前準備↑↑
ご使用のPCのOSに合ったMCEditをインストールして下さい
Windows版
Mac版
インストールが完了したらMCPEを開き
既存のワールド、または新しく作成したワールドを用意して下さい
そしてi-FunBoxでワールドデータがあるフォルダを開き
先程のワールドのフォルダごと
PCのわかりやすい場所にコピーして下さい
画像1



MCEditとは↑↑
元々は本家、MC用に作られたワールドエディタです
ワールドの一部を複製したり
指定した範囲内の、とあるブロックを他のブロックに置き換えたり
プレイヤーの位置変更やスポーン地点の変更など
様々なことが可能な
悪い言い方で言えばチートツールです
大規模建築する方や単純作業などを比較的楽に行うことができます
今回はMCPEのワールドをいじるのですが
もしご自分のMCに入っているワールドで行う場合、必ずバックアップを取っておくこと
そしてMCEdit起動時にはMCが起動していないことを確認すること
この2点は必ず守って下さい
データが破損した場合の責任は負いかねますので
そして今回はそのMCに使うツールをMCPEで使用します
MCを持っていなくてもOKです
そして気になるかと思います2つ目の点ですが
iOS端末の脱獄は不必要です
ちなみに私のPCはノートで、スペックが低いのでカクカクします
が基本的に問題なく作動していますので参考の程に



操作方法↑↑
取り敢えず先に操作方法の説明をしておきます
MCEditを開くとまずコマンドプロンプトが起動しますが気にしないで下さい
するとこんな画面が開くと思います
画像1
順に説明すると

Create New World
→新しくワールドを作成(MC不必要)
Load World
→既存のワールドを開く(MC必要)
Open a level
→level.datを開く(MC不必要)
F1~F10
→上の3項目で開いたワールドの一覧
Keys
→操作キーの変更
Graphics
→グラフィックの設定
Options
→感度等の設定
Homepage
→HPへ移動
About MCEdit
→MCEditについてのページへ移動
Recent Changed
→アップデート等
License
→ライセンスの表示

ここでOpen a levelを選択するのですがそれはまた後で説明します
続いて開いた先のワールドでの操作の説明です
基本となるのが

Q:上昇
Z:下降
WASD:前後左右の移動

またCtrlを押すとこのようなオプション画面が現れます
画像1
Ctrl+N : 新しいワールドを作成
Ctrl+O : 新しいワールドを開く
Ctrl+L : ワールドを読み込み
Ctrl+S : 開いたlevel.datなどに上書き保存
Ctrl+R : 最初読み込んだ状態にリセット
Ctrl+W : メインメニューに戻る
Ctrl+G : 座標を指定して移動
Ctrl+I : 時間などの変更
Ctrl+Z : 操作を一つ前に戻す
Ctrl+A : 全選択
Ctrl+D : 選択解除
Ctrl+F :描写距離の変更
Alt+F4 : MCEditの終了



基礎活用編↑↑
さて、ここからが本番です
まず何ができるか
・ワールドの一部を複製
・ブロックの置き換え
・回転、上下反転
・ブロックを一気に削除,配置
この4つが代表的です
もちろん通常の様に建築することもできます
が、多少面倒なので今回その説明は省きます

ではMCEditを起動し、Open a levelを押して下さい
そして事前準備の時にPCへコピーしたワールドデータのlevel.datを選択して下さい
画像1
するとそのワールドがばーっと広がっているかと思います
そこまで行ったらOKです
先程の4つの項目をそれぞれ解説していきます


ワールドの一部を複製
まず、複製するにあたって
何を複製したいのか?それを選択する必要があります
デフォルトで下の9つのうち1番左のものにカーソルがいっているかと思うのでそのまま使用します
画像1
このように1にカーソルがいった状態で
左クリックで始点、もう一度左クリックをして終点を決め
範囲を選択することが可能です
画像1
選択の際、ずれてしまっていたりした場合
1番上のDeselectを押すことで解除できます
上手く選択できたらCtrl+Cでコピーか左のCopyというものを押して下さい
すると右上にコピーされたものが一覧として出てきます
コピーが完了したら今度はそれを貼り付けたいので右上に出てきたワールドの画像をクリックして下さい
こんな風に出てくると思います
画像1
これをカーソル移動させ左クリックで置きます
その後左のinportというのを押すとペーストされ複製が完了です

ブロックの置き換え
今回は地面を少し置き換えたいと思います
まずは選択
画像1
そして、左から4番目を押して下さい
すると、何を何に置き換えるか決められるので
まずは何を置き換えるか、今回は芝ブロックなのでそれを選択
画像1
その後左の青文字のreplaseを押し、何に置き換えるか選択します
適当に雑草にします
画像1
そして最後に黄文字のreplaceをおすことで置き換えが完了です
画像1

回転、上下反転
まず回転、上下反転させたい部分を選択して下さい
もちろんワールド全体(256×256×128)でも可
そしてコピーしましょう
実は先程もちらっとあったのですが
画像1
この上から4つは回転させたりできる項目になっています
Rotate : 水平に90°回転
Roll : 垂直に90°回転
Flip : 反転
Mirror : 正反対にする
気に入った動きをさせたらまた左クリックで配置をし
inportして下さい

ブロックを一気に削除,配置
こちらもまた削除したい場所や配置したい場所を選択して下さい
ブロックの置き換えの説明でもあったこちら
画像1
ここでreplaceを押さずfillを押すと
選択した部分がブロックで埋まります
つまり、消したい場合は置き換えるものを空気にし
ブロックをおきたい場合はその置きたいブロックを選択してからfillを押すことで一気に配置することができます

ざっと4つの説明をしましたが
どこまでいっても
習うより慣れろです
一応これらを参考にしてご自身でやってみてください
自然と使いこなせるようになるかと思います
それでは応用編へいきます



応用編↑↑
この応用編では参考画像は使用していないので
ざっと目を通す形で見て下さい
ニコニコ動画やYouTubeでワールドの配布をしている方
たくさんいますよね
そこで実況者さんの作成した物やジブリの再現、ゲーム内のワールドの再現など様々なジャンルのものが配布されています
実はそれらをMCPEへ入れることも可能なのです
MCを持っていなくてもOpen a levelで
ダウンロードしたそのワールドデータのlevel.datを使用すると
配布されているワールドがちゃんと出てきます
もちろん全て持ってくることは不可能です
なぜならMCPEはワールド範囲に限りがありますよね
256×256×128というごく小さなワールドです
なので、その配布されているワールドの中で範囲を選択します
そうです、256×256×128の大きさでです
選択が完了したらコピーを押して
一度Ctrl+Wでホーム画面へ戻ります
そしてMCPEで適当に用意したlevel.datのワールドを開き
そのワールド全体に貼り付けるとコピーすることができます
ちなみにMCPEで存在しないブロックは全て白羊毛に変わってしまうので
MCPEのワールドに貼り付ける前の256×256×128を選択した時に
ブロックの置き換えを利用して
存在しないブロックを空気に変えてから貼り付けると後々の面倒が軽減されます
そしてもう一つ応用ポイントがあります
MCPEでたくさんワールドを作っているかと思います
1のデータの建物を2のデータに移せたらなと思ったことはありませんか?
MCEditではそれが可能です
1のlevel.datを開き移動したい建物を選択、コピー
Ctrl+Wで戻り、2のlevel.datを開き貼り付けます
基礎活用編がマスターできていれば凄く簡単な作業だとわかるかと思います
他にもCreate new worldで作成したワールドをネザーなどに変更してそれをMCPEに持っていくこともできます





まとめ
いかがでしたでしょうか
知っている方には蛇足な説明だったかと思いますが
知らなかった方、これでマインクラフトPEの建築の見方が大きく変わったのではないでしょうか
ただ細かい作業はアプリでやったほうが断然早く、楽しいです
また、整地作業もこれに頼らず
自力でやった方が達成感も味わえます
紹介しておいてあれですが
乱用はあまりオススメしません
ヌルゲーになるので…
ちなみにこのページのURLはフリーです
よろしければお使い下さい
今回はこの辺で失礼します



でわでわ


Twitterでじうしんをフォロー
YouTubeでじうしんの動画を見る