どうも、へたれ男です。

何こいつはネットの片隅で日曜日の昼日中からエロゲのタイトルを叫んでるんですかね。

それはそれとして、コードピンクのセックスフレンドについて(さりげなくタイトルと表記を変えることで検索したときにヒットしやすくするこすい工夫)、自分はざっくり恋人エンド、セフレエンド、凌辱エンド、図書委員エンドとやってきたわけですが、なんか他にもいくつかエンディングがあるっぽいということはネット掲示板でのやりとりやネット上にあるブログの感想なんかから分かるのですが、とにかく攻略ルートがわからない。

そもそもの問題として、「セックスフレンド」のシステム上の特殊性があるのですが、シナリオ分岐が選択肢の違いとセックスする際のプレイの内容によって変わるらしいのです。
自分は到達できていませんが、例えばコンドームを使わなければ妊娠するなんて展開もあるようで、これもネット上で見ただけですが、妊娠エンドでほほ笑んでくれるかどうかはピロートークをするかで切り替わるようです。そして古いゲームだからしょうがないのかもしれませんが、セーブはゲーム内の日付が切り替わるタイミングのみ、ついでにシーン回想は自分で「録画」しないと保存されないので、ルート分岐を調べて戻って調べて戻ってという作業も非常に難しいです。

そんでまあ、大抵のゲームには攻略サイトがあります。購入者数がそこまで多くない同人ゲームにすらあることが多いです。じゃあなんでセックスフレンドには無いんや、と思うかもしれませんが、古いゲームだけに攻略サイトが消えていっているからです。とてもつらい。ライト層には簡単に攻略できるゲームではないので攻略サイトや攻略ページが大量に乱立する、ということがなく、HPのサービス停止やサービス終了、あるいは単にブログを畳んだなどの事情で数少ないサイトが消えて行ってしまい、あとに残ったのは「こういうエンディングがよかった」「このシーンが最高にエッチ」という、「そこにそれがあったんだ」等の断片的な情報だけ。

「この地は今は砂漠だが、数百年前には黄金の神殿が立ち、永久に続くかと思われる栄華を誇っていたんだ」

って感じの超古代文明みたいだあ(直喩表現)。

というかこのゲーム謎にシステムに力を入れていて、どうもプレイの内容もやることの順番が変わると反応が変わる、というものすごい手の込んだ分岐というか、仕様があるみたいですわ。攻略できないヒロインにも全裸画像が用意されてるのもうれしいような悔しいような。

あと、ゲーム開始して最初からとか続きからとか選ぶ画面で流れている「いわゆるひとつの青春」が名曲だから聴いてくれ(唐突)。

というわけで長々と語ったが、

「このブログをお読みの方で、セックスフレンドの攻略をご存じの方はいらっしゃいませんか?」

という言葉を残して今日はお別れの時間です。気が向いて記事を書いたときにはまた会おう。