ブランドアクセサリー・時計ヘルス・ビューティファッションコンピューター家電・AV・カメラグルメ・ドリンクペット・生き物住まい・インテリア・花スポーツ・アウトドアアンティーク・コレクション自動車・バイク音楽・映画・DVDおもちゃ・ゲームタレント・キャラグッズキッズ・ベビーホビー・カルチャー事務・店舗用品・文房具チケット・金券本・雑誌・コミックアフィリエイトの秘話お米が安い!

素人の自治体が住民に安定ヨウ素剤を配布する危険性!:自遊時舘


放射性物質が付着した食品を摂取するとどうなる?安定ヨウ素剤の服用は予防策であり予防薬ではない!

2011年03月21日

素人の自治体が住民に安定ヨウ素剤を配布する危険性!

記事中の文章にもあるが、確かに国からの指示を待っていられない状況なのは理解できる!
しかし、服用の方法や副作用を理解出来ない素人がヨウ素剤を配布するのは殺人行為だ!!
何より、現場経験も対応力も無い原子力安全・保安院って存在の意味が・・・?

ヨウ素剤配布で混乱、誤った服用指示も

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、各地で比較的高い放射線が観測されていることから、福島県内では国の指示を待たずに住民に安定ヨウ素剤を配布する自治体が出始めていることが、読売新聞社の調査で分かった。

 各地で観測されている放射線レベルでは健康には問題がないが、国と自治体の方針が一致せず、混乱が広がっている。

 ヨウ素剤は医療関係者の立ち会いのもと、避難時に服用するのが原則だが、「自分の街は大丈夫か」という不安が住民をヨウ素剤入手に駆り立て、その要求に自治体側も応じている。

 しかし、必要がない人まで服用してしまう可能性があるほか、事前に備蓄を消費してしまうと、いざという時に必要量が確保できない恐れがある。

 独自判断で安定ヨウ素剤を配布していたのは、同原発の20キロ・メートル圏内で避難指示が出ている富岡町、20〜30キロ・メートル圏内で屋内退避になっているいわき市、圏外に位置する三春町。

 これら3自治体では、少なくとも15万7000人分を配布。
三春町では住民の服用も求めていた。

 同町内の50歳代の女性はすぐ服用するよう指示されたため、息子に飲ませたという。

 しかし、この時点で服用する必要がなかったことを聞くと驚き、「すぐに飲めば効果があると期待して飲んだのに……。これが無駄だったと思うと、ひとまず安心した気持ちをどこにぶつければいいのだろう」と語った。

 こうした混乱が起きているのは、国と県の情報交換が不十分で足並みがそろわないのが原因だ。

 原子力安全・保安院の西山英彦審議官は19日夜、「16日朝に20キロ・メートル圏内からの避難者にヨウ素剤を投与するように県に指示した」と説明した。

 しかし、15日昼過ぎには、避難は完了していた。
県の担当課長は「今更、服用させても効果がないと判断し、実施を見送った」と話した。

 これに対し、同院は「予防的な措置として投与を決めたが、結果として対象者がいなかった」と釈明した。

 19日には、世界保健機関の緊急被曝医療協力研究センター長の山下俊一・長崎大教授が県の災害対策本部を訪れ、報道陣に対し「放射能のリスクが正しく伝わっていないが、今のレベルならば、ヨウ素剤の投与は不要だ」と話した。

詳細・画像はこちらから

参考:人間も! ペットも!! 体内被曝(内部被曝)の対策にはプレミアムゼオライト



jiyhujikan at 14:24│コメント(0)トラックバック(0) 対放射能の知恵袋 

このブログの概要は blogram投票ボタン でご覧いただけます。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
放射性物質が付着した食品を摂取するとどうなる?安定ヨウ素剤の服用は予防策であり予防薬ではない!

【 検索サイト 】
Yahoo! JapanYahoo! グループYahoo! 画像Yahoo! 動画Yahoo! ブログYahoo! 辞書Yahoo! 知恵袋google.co.jpgoogle.comgoogle ブログBingBIGLOBEインフォシーク楽天ウェブサーチ楽天日本ブログ村@wikiOCNBlogzineMSN JapangooJBpressAll Aboutlivedoor ブログlivedoor Reader予想ネットweb R25ちょびリッチs.luna.tvniftyブログパークGendama価格.comPeXi-NEXTエキサイトBabylondocomoauasahi.comWahoo(和風)JapanKingdom(王国)ECナビ