ブランドアクセサリー・時計ヘルス・ビューティファッションコンピューター家電・AV・カメラグルメ・ドリンクペット・生き物住まい・インテリア・花スポーツ・アウトドアアンティーク・コレクション自動車・バイク音楽・映画・DVDおもちゃ・ゲームタレント・キャラグッズキッズ・ベビーホビー・カルチャー事務・店舗用品・文房具チケット・金券本・雑誌・コミックアフィリエイトの秘話お米が安い!

自遊時舘:インフルエンザ 関連


インフルエンザ 関連

2011年03月20日

4月以降は新型インフルエンザのワクチン接種費用の減免が無い

新型インフル、来年度から季節性と同じ扱いに

 厚生労働省の感染症部会は18日、2009年に発生した新型インフルエンザについて、感染症法の「新型」の類型から外す意見をとりまとめた。

 これを受け、厚労省は来年度から新型インフルエンザを従来の季節性インフルエンザと同様の扱いとし、名称を「インフルエンザ(H1N1)2009」とする。

 新型インフルエンザは09年4月、世界保健機関(WHO)が発生を公表したことで、国内では感染症法上の「新型」に位置付けられた。

 部会では今シーズンの流行の規模や期間が、従来の季節性インフルエンザと同様の傾向だったため、「新型」から外すこととした。

 これに伴い、来年度以降は、緊急のワクチン輸入や、国の事業としての低所得者層向けのワクチン接種費用の減免などがなくなる。

詳しくはこちらから



jiyhujikan at 23:55|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年12月11日

妊婦は早めに抗インフルエンザ薬を処方!

抗インフル薬、胎児に悪影響なし…学会調査

 日本産科婦人科学会は11日、妊婦がタミフルなどの抗インフルエンザ薬を服用しても、赤ちゃんへの悪影響は確認されなかったとする調査結果を発表した。

 昨年5月以降、新型インフルエンザを発症した妊婦163人を調査した。147人がタミフルを服用し、胎児が薬の影響を受けやすく注意が必要な妊娠4〜7週に14人が服用。

 うち2人(14%)が流産したが、自然流産率(15%)とほぼ一致し、同学会は「薬の影響とは考えにくい」と判断した。

 リレンザは15人が服用したが、異常はなかった。
1人は薬が不明だった。

 同学会は「新型に限らずインフルエンザは妊婦にとって危険。高熱は胎児に悪影響を与えるため、早めに抗インフルエンザ薬を処方してもらってほしい」としている。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 23:25|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月29日

インフルエンザの特徴:季節性は発熱が先で新型は咳きが先!

新型インフル「せき先行」は肺炎の危険信号

 新型インフルエンザで肺炎に至る小児患者は、発熱よりせきが先に出る場合が多いとの調査結果を、大阪医科大の河上千尋助教(小児科)らが27日、仙台市での日本小児感染症学会で発表した。

 肺炎の兆候の早期発見につながる可能性がある。

 調査は、昨年秋ごろに同大病院を受診した小児患者が対象。
「38度以上の発熱より12時間以上前にせきが出始めた」という人が、肺炎を起こして入院した小児患者では13人中10人(77%)に上った。
軽症患者では112人中10人(9%)にとどまった。

 季節性インフルエンザは通常、発熱後にせき症状が出る。
新型の場合は、ウイルスが感染初期から肺の奥に侵入しやすいため、せきが先行すると考えられるという。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 09:59|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月06日

秋田県でインフルエンザの集団感染

インフル集団感染、入院高齢者6人死亡…秋田

 秋田県は6日、北秋田市の医療法人社団博愛会「鷹巣病院」でインフルエンザの集団感染があり、10月31日から今月5日にかけ、60〜90歳代の入院患者6人が死亡した、と発表した。

 簡易検査で6人からA型の陽性反応があり、1人の検体から「A香港型」ウイルスが検出された。

 6日にも80歳代の男性患者が死亡したが、簡易検査は陰性だった。
県は季節性インフルエンザの院内感染と見ている。

 発表によると、死亡したのは男性4人、女性2人。
10月27日に最初の発症者が確認され、その後、49人が発熱などの症状を訴えた。

 病院は2日、北秋田保健所に報告した。
死亡者も含め、同病院では入院患者全員が10月29日までに「A香港型」「B型」「新型」の混合ワクチンを接種していたといい、発症者には全員に「タミフル」を投与した。
5日現在、入院患者25人、職員8人が症状を訴えている。

 県は「ワクチン接種から免疫ができるまで約2週間かかる。免疫ができる以前に感染してしまった可能性が高い」としている。

 県は、感染防止の徹底を指導する一方、発症者の隔離などの対応が十分だったか調べている。
続きを読む

jiyhujikan at 22:16|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月26日

野鳥のフンから鳥インフルエンザウイルスが検出された

 北海道稚内市の沼で野鳥のフンから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことが26日わかった。

 環境省と道が同日午後に発表する。

 道は今後、周辺の養鶏場に対し感染防止を注意喚起する。

 関係者によると、北海道大学が今月中旬、定点観測している「大沼」(面積約5平方キロ)の周辺から採取したフンからウイルスが検出された。

 稚内市は大沼に通じる道路を通行止めにした。
続きを読む

jiyhujikan at 19:47|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月12日

新型インフルエンザワクチンの有効期限は・・・

新型インフルワクチン、239万回分廃棄へ

 昨年度の国産の新型インフルエンザワクチンが大量に医療機関で余っている問題で、厚生労働省は12日、メーカーや卸業者などが医療機関から239万回分(約37億円)を買い取ったと発表した。

 国産ワクチンの有効期限は最長1年で、返品されたワクチンは廃棄処分される。

 厚労省は例年、医療機関からのワクチンの返品を原則認めていない。昨年度は新型インフル対策として国が5400万回分(約260億円)を買い上げて各医療機関に供給したため、返品を認めた。

 政府がスイスのノバルティス社から緊急輸入した新型ワクチン1700万回分(約306億円)は、ほとんど使われないまま期限(6か月)が切れたため廃棄。

 英グラクソ・スミスクライン社から輸入した5000万回分(約547億円)は期限が1年半だが、今年度は国産ワクチンが十分にあるため、使われない見通し。

 詳しくはこちらから

※民主党は・・・
一体全体で幾らの税金を無駄に捨てるのだろう?
早急に必要な数の読み間違いでは済まされない数字だが!?



jiyhujikan at 23:03|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月01日

今季のインフルエンザは新型とA香港型の両方

新型インフル、ワクチン接種始まる

 新型インフルエンザワクチンの接種が1日、全国の医療機関で始まった。

 A香港型とB型の季節性インフルエンザを合わせた3種混合ワクチンで、接種料は1回目3600円、2回目2550円を目安に各市町村が個別に決める。

 厚生労働省によると、昨シーズンは、新型ワクチンの供給が追いつかなかったため、国が接種対象者の優先順位を決めて全国一律の料金で実施したが、今シーズンは十分な量のワクチンが確保できている。

 昨年は夏場から新型インフルエンザが幼児や小中高校生を中心に流行し、季節性は鳴りをひそめていたが、今季は新型とA香港型の両方が散発的に発生している。

 同省は「特に基礎疾患がある人や妊婦は、感染すると重症化する可能性が高く、ワクチン接種による予防が大切だ」としている。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 21:32|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月23日

タミフル&ラピアクタに耐性の新型インフルエンザウイルス

タミフル耐性株、新薬効かず…新型インフル

 新型インフルエンザウイルスのうち、治療薬タミフルに耐性を持つものは、今年1月に製造販売が承認された新薬ラピアクタ(一般名・ペラミビル)にも耐性を持つことが、国立感染症研究所の研究でわかった。

 感染研の小田切孝人・インフルエンザウイルス研究センター第1室長によると、昨シーズンに国内で流行した新型ウイルス6915株のうち75株(約1・1%)が、タミフルが効かない耐性株だった。

 この75株を調べたところ、すべてラピアクタにも耐性があった。

 別の治療薬リレンザに対しては、どの株も耐性がなく、投薬の効果がみられた。

 米疾病対策センターの調査でも、米国の新型ウイルス6781株中64株(約0・9%)がタミフル耐性で、すべてラピアクタにも耐性を持っていた。

 ウイルスに働く仕組みが互いに似ているためとみられる。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 06:46|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月15日

新型インフルエンザを含む3種混合ワクチン接種の費用

インフルワクチン接種1回目は3600円目安

 厚生労働省は14日、来月から始まる新型インフルエンザを含む3種混合ワクチン接種の費用について、1回目3600円、2回目2550円を目安とする方針を明らかにした。

 実際の費用は、これを参考に市町村が個別に決める。

 昨季は、新型インフルワクチンの接種費用を国が一律に定め、接種を推奨。今季は新型と季節性2種の混合ワクチンに変更され、接種事業の実施主体も市町村に移行されたため、自治体側から「目安を示してほしい」との声が上がっていた。

 金額の目安は昨季の新型ワクチンと同額だが、問診後に医師の判断で接種できなかった場合、昨季は無料だった費用が、今季は1790円かかるとしている。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 06:36|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月09日

妊婦は新型インフルエンザにかかると重症化しやすい

新型インフル発症で早産2・5倍…産婦人科医会

 新型インフルエンザで入院した妊婦は、早産の割合が通常より2・5倍も高いことが、日本産婦人科医会の調査で分かった。

 調査した全国2611の病院や診療所では、昨年5月〜今年3月に234人の妊婦が新型インフルエンザで入院した。

 全員が回復したが、出産時期が分かった178人のうち26人(14・6%)が、「早産」とされる妊娠22〜36週での出産だった。早産の割合は、2008年の全国平均が5・8%で、その2・5倍に上る。

 世界保健機関(WHO)によると、妊婦は、ぜんそくや糖尿病の患者などと並び、新型インフルエンザにかかると重症化しやすい。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 17:58|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月02日

高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が豚で変異

致死率高い鳥インフル、豚で人感染型に変異

 人に感染すると約6割が死亡する高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が、インドネシアで豚に広がり、一部は人に感染しやすいタイプへ変異したことが、東京大の河岡義裕教授らの研究で明らかになった。

 豚の体内で変異しやすいとされ、研究チームは豚の監視を強めるよう警告している。米専門誌電子版に掲載された。

 研究チームは2005〜09年、インドネシアの豚702匹から鼻の粘膜を採取して分析。52匹(7・4%)が高病原性鳥インフルに感染していた。特に05年1〜2月の調査では、167匹中35匹(21%)が感染。このうち1匹から見つかったウイルスは、人ののどなどに感染しやすい形へと遺伝子が変異していた。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 00:12|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月30日

タミフルに耐性を持った新型インフルエンザウイルスは・・・

タミフル耐性ウイルス、新型インフル並み感染力

 治療薬タミフルに耐性を持つ新型インフルエンザウイルスが、通常の新型ウイルス並みの感染力や病原性を持つことが、河岡義裕・東京大教授らのチームによる動物実験で明らかになった。

 今後、タミフル耐性ウイルスが拡大し、治療が難しくなる可能性がある。米専門誌電子版に掲載された。

 タミフルに耐性を持った新型インフルエンザウイルスは、これまで国内外で散発的に報告されているが、どの程度の感染力を持っているか分かっていなかった。

 研究チームは、イタチの仲間フェレットにタミフル耐性の新型ウイルスを感染させた。その結果、他のフェレットへの感染が、通常の新型ウイルスと同程度の頻度で起こり、感染による症状の重さも耐性の有無で違いはなかった。

 タミフル耐性ウイルスは過去に季節性のAソ連型インフルエンザで広がり、タミフルの安易な使用が背景にあると考えられている。チームは「今後、タミフル耐性の新型ウイルスが病原性を落とすことなく広がる恐れがあり、治療薬の使い方を再検討する必要がある」と指摘している。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 15:02|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月27日

新型インフルエンザの法的な位置づけを見直し

新型インフル、季節性扱いに…今年度末めど

 厚生労働省は27日、今年度末をめどに新型インフルエンザの法的な位置づけを見直し、従来の季節性インフルエンザ並みの対策に戻す方針を発表した。

 世界保健機関(WHO)が10日に世界的大流行の終息宣言を出したことと、国内で昨年のような季節はずれの流行が見られないことなどから判断した。ただ、今年度中は警戒を続け、ワクチン接種事業などを実施する。流行の仕方などに例年の季節性インフルエンザと大きな違いが見られなければ、感染症法に基づく「新型」から外す。

 新型の指定が外れると、昨年の発生当初に実施された徹底した検疫やウイルス検査などは行わなくなり、高校や大学、専門学校は集団発生の報告が不要になる。ワクチン接種の推奨は終了し、低所得者への接種費用の補助もなくなる。

 同省によると、国内ではこれまでに推定約2100万人が感染し、202人が死亡している。流行は昨年11月にピークを越え、今年3月以降は大きな流行は起きていない。政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長=菅首相)も、同日解散した。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 22:38|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月11日

WHOが新型インフル「パンデミック」終結宣言

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は10日、滞在先の香港からの電話記者会見で、新型インフルエンザについて「世界はポスト・パンデミックに移行している」と述べ、現在は最高の「フェーズ6」となっている警戒水準を、「世界的大流行(パンデミック)」の危機を乗り越えたことを示す「ポスト・パンデミック期」に変更したと発表。

 昨年6月以来続いてきた「世界的大流行」の終結を宣言した。

 チャン事務局長は変更の理由について、新型の流行状況が通常の季節性とあまり変わらなくなっている点や、各国の人口の20〜40%が既に感染するなどして新型の抗体を獲得している点を挙げた。その一方、ワクチンの有効性を強調し、積極的な接種を呼びかけた。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 05:39|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月07日

新型インフルエンザが大流行したのは?・・・原因特定!

 昨年、豚由来の新型インフルエンザウイルスが大流行したのは、これまで知られていなかった特定の遺伝子変異が原因であることを、河岡義裕・東京大学教授らの国際チームが解明した。

 致死率の高い高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)も、同じ遺伝子の変異が起きると人間の体内で増えやすくなることも分かり、H5N1の感染拡大防止への活用が期待される。米専門誌の電子版に6日、掲載された。

 人間で流行するインフルエンザウイルスを作る遺伝子はこれまで、増殖の役割を担う2か所のアミノ酸が変異していることが知られていた。しかし、昨年の新型インフルエンザには、この変異がなく、河岡教授らが調べたところ、別の1か所の変異により、人の体内で増殖する力を獲得していた。

 H5N1ウイルスでも同じ場所を人工的に変異させたところ、人間の細胞で増えやすくなった。

 河岡教授は「この部分が変異しているかを監視すれば、早い段階で大流行するかを判断できるだろう」と話している。

 河岡教授はまた、新型インフルエンザと鳥インフルエンザのウイルスが混合しやすいことも、培養細胞を使った感染実験で確認し、別の専門誌の電子版に発表した。感染拡大しやすい高病原性ウイルスが誕生する可能性を示唆している。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 03:33|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

【 検索サイト 】
Yahoo! JapanYahoo! グループYahoo! 画像Yahoo! 動画Yahoo! ブログYahoo! 辞書Yahoo! 知恵袋google.co.jpgoogle.comgoogle ブログBingBIGLOBEインフォシーク楽天ウェブサーチ楽天日本ブログ村@wikiOCNBlogzineMSN JapangooJBpressAll Aboutlivedoor ブログlivedoor Reader予想ネットweb R25ちょびリッチs.luna.tvniftyブログパークGendama価格.comPeXi-NEXTエキサイトBabylondocomoauasahi.comWahoo(和風)JapanKingdom(王国)ECナビ