ブランドアクセサリー・時計ヘルス・ビューティファッションコンピューター家電・AV・カメラグルメ・ドリンクペット・生き物住まい・インテリア・花スポーツ・アウトドアアンティーク・コレクション自動車・バイク音楽・映画・DVDおもちゃ・ゲームタレント・キャラグッズキッズ・ベビーホビー・カルチャー事務・店舗用品・文房具チケット・金券本・雑誌・コミックアフィリエイトの秘話お米が安い!

自遊時舘:がん


がん

2011年03月07日

全国的に品薄になっている子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン、新規接種を当分見合わせ

 全額公費で接種を受けられる子宮頸(けい)がんワクチンが全国的に品薄になっている問題で、小宮山洋子・厚生労働副大臣は7日、「当分の間、新規の接種を見合わせ、既に接種を始めた対象者への2、3回目の接種を優先する。既に公費接種が始まった市町村で、初回接種を受けられない高1は、高2になってから接種を始めても公費助成の対象とする。」との方針を発表した。

 このワクチンは、子宮頸がんの原因となるウイルスの感染を50〜70%減らす効果があり、半年間に計3回接種する。

 厚労省は昨年11月、中1〜高1を対象に、国と市区町村が接種費用を折半することを決定。全国の約半数の自治体で公費接種が始まっている。

 製造元の英グラクソ・スミスクライン社によると、1学年あたりの対象者を50万人と見込んで年間400万回分を供給する計画をたてていたが、予想を上回るペースで接種が進んだため、一部の地域で在庫が底をつく事態が起きているという。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 23:14|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年03月03日

忠犬ハチ公の保存してある肺と心臓に悪性腫瘍が・・・

忠犬ハチ公、死因の一つはがん…東大調査で判明

 忠犬ハチ公の死因の一つが、がんだったことが、東京大大学院農学生命科学研究科の中山裕之教授らの調査で分かった。

 死因は寄生虫病のフィラリア症とされてきたが、中山教授は「フィラリア症、がんとも重篤。どちらが主因でもおかしくない」としている。

 1935年に死んだハチ公の臓器(心臓、肺、肝臓、脾臓(ひぞう))は解剖後、東大内の施設で保管されてきた。

 中山教授は昨年末、臓器を浸したホルマリン液を交換するのに合わせ、臓器から組織をとって調査した。

 顕微鏡とMRI(磁気共鳴画像)で調べたところ、肺と心臓に悪性腫瘍が見つかり、それぞれの臓器全体に広がっていることが分かった。

 肺から心臓に転移したがんが、心臓の収縮を妨げて心停止させた可能性があるという。

 中山教授は「呼吸困難で体を動かすのもつらかったのではないか」と推測している。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 11:16|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月21日

男性ホルモンが作用? 前立腺がんの発症と薄毛だった割合

前立腺がん、薄毛と関連?…男性ホルモン影響か

 前立腺がんを発症した男性が、20歳の頃に薄毛だった割合は、前立腺がんを発症しなかった男性の約2倍あることが、フランスの研究チームの調査でわかった。

 チームは、男性ホルモンが作用した可能性を指摘している。欧州臨床腫瘍学会誌に発表した。

 フランスの病院で前立腺がんの発症経験がある男性388人と、発症したことがない281人に対し、体質的な薄毛とされる男性型脱毛症の有無を尋ねた。

 その結果、20歳時点ですでに薄毛だった人の割合は、前立腺がんの経験がない人が5%だったのに、経験者は2倍近い9・5%に達した。
30、40歳時の薄毛で大きな違いはみられなかった。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 10:31|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月12日

癌(がん)に有効な治療法や新薬の開発

がん増殖抑制の遺伝子を確認、治療法・新薬に道

 がん細胞増殖の原因となっている酵素「テロメラーゼ」の生成を、人の5番染色体にある遺伝子が抑えることを、鳥取大の久郷(くごう)裕之准教授(生命科学)のグループが確認した。

 様々な癌(がん)に有効な治療法や新薬の開発につながる可能性がある。
成果は米科学誌「モレキュラー・アンド・セルラー・バイオロジー」電子版に掲載された。

 正常な細胞は分裂を繰り返すたびに、染色体を保護する部分(テロメア)が老化し、死滅する。

 しかし、大半のがん細胞では、テロメアの老化を防ぐテロメラーゼが生成されるため、細胞が増殖を続けてしまう。

 久郷准教授らは2000年から、マウスと人の皮膚がん細胞を使い、テロメラーゼの生成を抑える物質を探した。

 がん細胞に5番染色体を入れると、テロメラーゼの生成が抑制されたことがきっかけになり、この染色体にある遺伝子「PITX1」が、テロメラーゼを作る遺伝子の活動を阻害していることを突き止めた。

 2011年2月11日21時51分 読売新聞



jiyhujikan at 00:19|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年01月07日

がんや認知症治療薬の開発に取り組む「医療イノベーション推進室」

政府「医療イノベーション推進室」新設

 政府は7日、内閣官房に「医療イノベーション推進室」を設置した。

 再生医療など日本の最先端技術を実用化し、医療を国際競争力の高い産業に育てるのが狙いだ。

 室長には全遺伝子情報(ヒトゲノム)解析研究の第一人者の中村祐輔・東大医科学研究所教授が就任。
ノーベル化学賞受賞者の田中耕一・島津製作所フェローらが室長代行を務める。

 推進室には産学官の人材を集め、縦割り行政の弊害の打破や有望研究への重点的な予算投入、研究から実用化までを一貫して推進する「司令塔」の役割を果たすことが期待されている。

 当面、がんや認知症治療薬の開発に取り組むほか、将来的な実用化を見据えた医薬品開発も進める方針だ。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 23:49|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年03月25日

中高年ご用心…体重激減は病気死亡の危険性高い

 中年期以降に体重が5キロ以上増減した人は、あまり体重変化のない人に比べ、がんや心臓病などで死亡する危険性が男女とも1・3〜1・7倍高いことが厚生労働省研究班の大規模追跡調査でわかった。

 特に、体重が減少した時の危険性が高く、調査チームは「ダイエットしていないのに体重が大きく減ったなら、健康に問題がある可能性がある。気をつけた方がよい」と話している。

 国立国際医療センター研究所の溝上哲也部長らは、東京、大阪、長野など10都府県で、40〜69歳のがんや心臓病の既往症のない男女8万人を12〜15年間追跡調査。最初の5年間の体重の変化と、病気などで死亡する危険性の関係を調べた。

 体重が5キロ以上減少すると、2・4キロ以内の場合に比べて、死亡の危険性が男性で1・4倍、女性で1・7倍に高まった。がんに限っても危険性は男女とも1・5倍になった。

 体形別では、やせ気味の人が5キロ以上減ると、危険性が男性で2・1倍、女性で2・9倍に高まった。

 一方、女性で5キロ以上増えると、心臓病や脳卒中などの循環器病で亡くなる危険性が1・9倍に増えた。

詳しくはこちらから



jiyhujikan at 05:51|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年03月20日

iPS細胞の課題:なぜかマウスが短命

 がん化の危険のない安全な方法で作ったiPS細胞(新型万能細胞)から生まれたマウスを1年以上飼育すると、寿命より早く死ぬものが増えることが京都大学の山中伸弥教授らの研究でわかった。

 死亡率が高くなる理由は不明で、山中教授は「現時点ではiPS細胞の臨床応用には慎重な検討が必要」としている。19日広島市で開かれた日本再生医療学会で発表した。

 iPS細胞は、皮膚細胞にレトロウイルスで3〜4種類の遺伝子を導入して作る方法が一般的。ただ、染色体が傷つくなどして、がん化しやすいのが欠点だった。山中教授らは、染色体に入らずに働くリング状遺伝子(プラスミド)に着目。これに4遺伝子を載せ、細胞に入れてマウスiPS細胞を作製。導入遺伝子が消え、安全だと考えられていた。

 ところが、このiPS細胞から生まれたマウスを飼育すると、70週目までに約30%が死んだ。通常のマウスの死亡率は20%程度で、明らかに寿命は短くなった。

 山中教授は「iPS細胞は性質がばらつく。このばらつきの原因をつかみ、今後4年間で安全な細胞を作る方法を突き止めたい」と話す。

2010年3月19日22時23分 読売新聞



jiyhujikan at 00:28|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2009年11月19日

がん初期治療61〜36%、部位で大きな差

 早期にがんが治療される割合は、臓器ごとの差が大きく、胃が6割に上る一方、大腸と肝臓、肺は4割以下であることが、国立がんセンターの分析で明らかになった。

 がん患者の症状の進行度(ステージ)を、国際的な基準に沿って初めて全国調査した。今後、海外のデータとも比較し、早期診断・治療へ向けた課題を探る。

 調査は、全国のがん診療連携拠点病院のうち、患者の登録制度が整っている305施設から、2007年にがんと診断された患者33万人分の情報を集めた。

 がんの進行度は、国際基準で0〜4期の5段階に分けられる。このうち比較的初期にあたる0〜1期での治療開始が、胃では61%だったが、大腸と肝臓が36%、肺が37%、乳腺は49%だった。

 同じ胃がんでも、初期の割合は都道府県によって47%から79%まで開きがあった。胃がんの初期患者は、37%が負担の少ない内視鏡治療を受けていた。一方、患者数は、大腸、胃、肺、乳腺、前立腺の順に多かった。

2009年11月19日16時56分 読売新聞)← 部位画像はクリック



jiyhujikan at 20:13|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

【 検索サイト 】
Yahoo! JapanYahoo! グループYahoo! 画像Yahoo! 動画Yahoo! ブログYahoo! 辞書Yahoo! 知恵袋google.co.jpgoogle.comgoogle ブログBingBIGLOBEインフォシーク楽天ウェブサーチ楽天日本ブログ村@wikiOCNBlogzineMSN JapangooJBpressAll Aboutlivedoor ブログlivedoor Reader予想ネットweb R25ちょびリッチs.luna.tvniftyブログパークGendama価格.comPeXi-NEXTエキサイトBabylondocomoauasahi.comWahoo(和風)JapanKingdom(王国)ECナビ