ブランドアクセサリー・時計ヘルス・ビューティファッションコンピューター家電・AV・カメラグルメ・ドリンクペット・生き物住まい・インテリア・花スポーツ・アウトドアアンティーク・コレクション自動車・バイク音楽・映画・DVDおもちゃ・ゲームタレント・キャラグッズキッズ・ベビーホビー・カルチャー事務・店舗用品・文房具チケット・金券本・雑誌・コミックアフィリエイトの秘話お米が安い!

自遊時舘:アルツハイマー


アルツハイマー

2011年03月03日

アルツハイマー病にパーキンソン病の治療薬が!?

遺伝子操作でアルツハイマー病を発症させたマウスの記憶障害がパーキンソン病の治療薬で少し回復したという実験結果が発表された。

アルツハイマー型認知症の過去記事はこちらから ↓↓↓
アルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬が承認
アルツハイマー型の認知症に! 「レミニール」「メマリー」「アリセプト」!!

実績で信頼出来るフェルラ酸の詳しくはこちらから ↓↓↓
認知症介護食品として、多くの医師が実力を認めている「フェルガード100」は、記憶・学習障害を緩和する働きのあるフェルラ酸!

欧米で市販の既製薬、アルツハイマー回復効果か

 九州大学の大八木保政准教授(神経内科学)らの研究グループは2日、アルツハイマー病のマウスに、パーキンソン病の治療薬「アポモルフィン」を投与した結果、記憶障害が回復したと発表した。

 実験結果は米国の神経学専門誌「アナルズ・オブ・ニューロロジー」電子版に掲載された。大八木准教授は「アルツハイマー病の新たな治療法の開発につながる」と説明している。

 発表によると、遺伝子操作で発症させたマウスに、アポモルフィンを週に1回ずつ計5回注射した結果、神経細胞の機能を低下させる脳内たんぱく質「アミロイドβ」が減少。

 マウスを泳がせる実験では、ゴールまでの到達時間が6〜7秒短縮されるなど、記憶障害も回復したという。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 11:04|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月22日

アルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬が承認

過去に掲載したアルツハイマー型の認知症の薬に承認が増えました。

アルツハイマー型認知症の過去記事はこちらから ↓↓↓
アルツハイマー型の認知症に! 「レミニール」「メマリー」「アリセプト」!!

実績で信頼出来るフェルラ酸の詳しくはこちらから ↓↓↓
認知症介護食品として、多くの医師が実力を認めている「フェルガード100」は、記憶・学習障害を緩和する働きのあるフェルラ酸!

そして今回、副作用の危険性を克服して・・・
アルツハイマーに貼り薬、今夏にも発売

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会は21日、国内では初となるアルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬の承認を決めた。

 早ければ今夏に発売される見通し。

 貼り薬は、スイスを拠点とするノバルティスファーマのイクセロンパッチ(一般名リバスチグミン)と、小野薬品工業のリバスタッチパッチ(同)。

 背中などに1日1回貼り、皮膚から成分のアセチルコリン分解酵素阻害剤を徐々に吸収させる。飲み忘れなどを防止しやすいのが特徴。

 アルツハイマー型認知症の薬は最近まで飲み薬1種類(アリセプト)だけだったが、昨年11、12月に計2種類(レミニール・メマリー)が承認された。
貼り薬が加わったことで治療の選択肢が広がる。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 21:57|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年12月24日

アルツハイマー型の認知症に! 「レミニール」「メマリー」「アリセプト」!!

アルツハイマー型認知症治療薬、2種を追加承認

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会は24日、アルツハイマー型認知症の治療薬として、新たに2種類の承認を決めた。

 早ければ来春にも使用できる見通し。

 追加されたのは、軽度〜中等度の患者向けの「レミニール」(成分名ガランタミン)と、中等度以上の患者向けの「メマリー」(同メマンチン)。国内にはエーザイの「アリセプト」(同ドネペジル)しかなく、患者や医療機関から早期導入の要望が出されていた。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 23:53|ページを表示コメント(0)トラックバック(1)

2010年09月29日

赤ワインに含まれるポリフェノールが脳の海馬を活性化

「赤ワインの認知症予防効果」メカニズムを解明

 名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授(56)と原田直明准教授(43)らのグループが、赤ワインに含まれる植物成分のポリフェノールが学習機能や記憶をつかさどる脳の海馬を活性化するメカニズムを突き止めた。

 認知症の予防や改善につながる研究結果で、近く研究論文が米化学誌に掲載される。

 1日にワイングラス2杯程度(250〜500ミリ・リットル)を飲むと、認知症に効果があることは従来、別の研究者の実験で知られていたが、メカニズムは解明されていなかった。

 岡嶋教授らのグループはマウスの知覚神経を培養、ポリフェノールを加える実験をしたところ、脳の海馬を刺激する物質「CGRP」の放出量が増加することが分かった。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 21:27|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月05日

糖尿病の危険因子と老人斑の関連

糖尿病予防、アルツハイマーも防げる?

 食後に血糖値が上がったまま下がらないなど糖尿病の危険因子を持つ人は、アルツハイマー病に特徴的な脳内のシミ「老人斑」ができやすいことが、岩城徹・九州大教授(神経病理学)らの研究でわかった。

 食事や運動などに気をつけて糖尿病を予防すれば、アルツハイマー病の発症を防げるかもしれない。

 福岡県久山町住民の長期追跡調査のデータを解析。1988年に検診を受け、98〜2003年に亡くなった男女135人(平均年齢79・5歳)について、糖尿病の危険因子と老人斑の関連を調べた。老人斑が見つかったのは88人。検診で食後の血糖値が下がりにくかった人は正常な人に比べ、老人斑が認められる割合が1・7倍多かった。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 03:32|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年06月08日

「手頃な費用で認知症予防に取り組みたい」人、必見!

記憶・学習障害を緩和する働きのあるフェルラ酸

記憶力の老化が起こるのは、年とともに脳内の分解酵素の働きが衰え、アルツハイマー病の原因物質と言われるベータアミロイドという特殊なタンパク質が脳内に高濃度蓄積され、脳神経細胞(ニューロン)をつないでいるシナプスでの神経伝達が悪影響を受けるためだと言われています

「フェルガード100」の主成分であるフェルラ酸は、ベータアミロイドによるシナプスでの神経伝達物質(アセチルコリン)の減少や脳内の炎症を抑制し、記憶・学習障害を緩和する働きがあることが明らかになってきました。

また、ガーデンアンゼリカの抽出物には、アセチルコリン分解酵素を阻害するクマリン酸が含まれており、記憶力へのフェルラ酸の働きをより増強しています。

2008年10月26日、フェルラ酸が、アルツハイマー病患者の認知機能の低下を抑える効果がある、という臨床試験結果がに発表され、10月27日付の朝日新聞で取り上げられました。


既に多数の医療機関で導入。驚きの声が広がっています。

フェルガードは現在、140を超える医療機関で採用されており、セミナーや勉強会などでも積極的な報告・議論が行われています。

認知症の専門医と、認知症患者の家族が実践的な意見を交換している掲示板でも多くの喜びの声、驚きの声が寄せられています。


◆手ごろな価格でフェルラ酸たっぷりのフェルガード100【送料無料】

テレビや新聞、雑誌などで「認知症」という言葉を見かけないことのほうが珍しくなってきました。

家族が認知症となり、介護に取り組んでいる方、「いつか自分が認知症になるのでは?」と不安を持っている方も多いはず。そんな悩みや不安を抱えるあなたにオススメなのが、「フェルガード100」です。

少しでも多くの方にご利用いただくため、主成分であるフェルラ酸の含有量は、姉妹品「Newフェルガード」と同じまま、ガーデンアンゼリカ抽出物やビタミンEなどを抑えることで、標準的な使用方法で1カ月あたり6,300円(税込)と、お求めやすい価格を実現しました。

米ぬかと食用ハーブのガーデアンゼリカに含まれている自然の成分なので安心、安全。認知症介護食品として、多くの医師が実力を認めています。


使用方法は簡単。1日2包を目安に、水などで。

フェルガード100の使用方法は、簡単。1日2包程度を目安に、水などでお召し上がりください。

みそ汁やスープなどに溶かし、食事と一緒にお召し上がりいただいても大丈夫です。

健康食品なので、認知症や他の病気のお薬と一緒にご使用いただいても問題ありません

詳しい情報は↓↓↓クリックで!
フェルガード100【送料無料】【日本デトックス株式会社 通販部】

※牛乳と同時に使用すると、フェルラ酸の吸収率が20%ほど低下するというデータがありますので、牛乳と一緒に飲まないことをオススメします。



jiyhujikan at 20:26|ページを表示コメント(0)トラックバック(1)

2010年03月11日

へるぴぃスタッフ人間模様 100309

最近の天候は暖かくなったり、寒くなったりと大変ですね。
風邪をひかないように日々気を付けています。

そんな寒くて雨が降っている中、出勤した先日の事・・・。
会社に向かう電車の中、傘を持っていた私は、電車の座るはじっこのとこ(傘とかをひっかけられる位置)に座って、居眠りをこいてしまいました。

おりなければいけない駅で、とっさに目が覚め、かけてた傘を握り締め、ぎりぎりで降りました。
その時、『あれっ私、傘持ってない!!!』と焦ってた私の右手にはしっかりと傘はありました。(汗)

とうとうアルツハイマーになってしまった・・・と思った瞬間でしたが、それと同時にあるテレビ番組を思い出しました。

アルツハイマーになるのと、ならない分かれ道があるそうです。
 例えば、、、、

 ■家の鍵をかけたかを忘れる→○
 ■家の鍵をかけることに忘れる→×

日常でやらなければいけない事を忘れると危ないみたいです。
なので、私はまだ大丈夫だったみたいって事で・・・笑

たぶん。。。
そんな感じで、ボケないように、日々頑張ろうと思います★

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 by.スタッフI 〜〜〜


☆*:・'。* ○:'* '∵‥∴‥今回の情報提供元‥∴‥∵*:○:'*'* '∵‥∴☆

◆お得な情報はクリック→【へるぴぃ】でもご覧いただけます。

※関連する情報はクリック ↓↓↓ でご覧いただけます※

育毛剤ランキング上位!『薬用凌駕』を買うなら【へるぴぃ】で♪





jiyhujikan at 01:19|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月21日

アルツハイマー、ワクチン投与で症状改善

 アルツハイマー病のマウスに対し、ホモシステイン酸というアミノ酸代謝物を減らすワクチンを作って投与したところ、症状が改善したとの研究結果を長谷川亨・佐賀女子短大教授(公衆衛生)らの研究グループが20日、インターネット上の米国科学専門雑誌「PLoS ONE」で発表した。

 長谷川教授によると、抗がん剤に使われる貝類のたんぱく質をホモシステイン酸と結合させてワクチンを開発。

 アルツハイマー病のマウス30匹を円形プールで泳がせて島を探させる実験で、ワクチンを投与しなかった15匹は何度やっても平均1分ほどかかったが、投与した15匹は1日ごとに到着時間が縮まり、4日目には平均20秒余りになった。

 同じ実験をアルツハイマー病にかかっていない15匹でも行ったところ、ワクチンを投与した15匹とほぼ同じスピードで到着時間が縮まったという。

 記憶にかかわる脳の海馬も、ワクチンを投与したマウスの方が投与しないマウスより大きかった。

 アルツハイマー病は、β(ベータ)アミロイドというたんぱく質が脳に異常に蓄積することが原因との説が有力だが、長谷川教授は「実験結果は、ホモシステイン酸が主因である可能性を示している」と分析している。

 アルツハイマー病に詳しい田平武・順天堂大教授(認知症診断予防治療)は「ホモシステイン酸を減らすことにより、マウスで症状が改善したのは一歩前進。

 今後は人間での臨床に向けて、サルでの実験などが必要だろう」と話している。

2010年1月21日16時23分 読売新聞



jiyhujikan at 20:52|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

【 検索サイト 】
Yahoo! JapanYahoo! グループYahoo! 画像Yahoo! 動画Yahoo! ブログYahoo! 辞書Yahoo! 知恵袋google.co.jpgoogle.comgoogle ブログBingBIGLOBEインフォシーク楽天ウェブサーチ楽天日本ブログ村@wikiOCNBlogzineMSN JapangooJBpressAll Aboutlivedoor ブログlivedoor Reader予想ネットweb R25ちょびリッチs.luna.tvniftyブログパークGendama価格.comPeXi-NEXTエキサイトBabylondocomoauasahi.comWahoo(和風)JapanKingdom(王国)ECナビ