ブランドアクセサリー・時計ヘルス・ビューティファッションコンピューター家電・AV・カメラグルメ・ドリンクペット・生き物住まい・インテリア・花スポーツ・アウトドアアンティーク・コレクション自動車・バイク音楽・映画・DVDおもちゃ・ゲームタレント・キャラグッズキッズ・ベビーホビー・カルチャー事務・店舗用品・文房具チケット・金券本・雑誌・コミックアフィリエイトの秘話お米が安い!

自遊時舘:副作用


副作用

2011年05月16日

【放射能対策】長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』とは・・・

ロシアでチェルノブイリ原発の被曝者の治療に使われている乳酸菌「ナリネ菌」の食品です。

ナリネ菌というのは、長寿の国アルメニア共和国で古くから摂取されておりこの地方の人々は特にに長寿として有名です。

またビフィズス菌の中の乳酸菌でもこのナリネ菌はもっとも有効な乳酸菌として世界各国の医療人に認められているのです。

腸内には善玉菌いがいにも悪玉菌、日和見菌などの腸内細菌が住み着いているわけですが、このバランスが崩れ悪玉菌主動となると体に様々な悪影響を及ぼします。

ナリネ菌は善玉菌のビフィズス菌の増殖を手助けし、腸内環境を良くし悪玉菌を抑え大腸のぜんどう運動を促し便秘なども改善するのです。

ナリネ菌は人間が作り出すインターフェロンを作り出すことができ体の免疫機能を強化し生活防御能力を活性化し長寿を実現してくれるのです。

インターフェロンと言うのは病原菌などから体を守る防御機能の役割をしてくれますが、アトピーなどにかかりやすい子供の場合その能力が低下していると言われています。

また薬の副作用を抑えたり、薬の効果を高める働きがあるといわれています。
つまり薬を飲んだときに薬の効果を高めるということと薬の副作用がないので安心なのです。

ナリネ菌はアレルギーにも効果的だといわれています。
アレルギーの原因になるのは体内への過剰な反応ですが、ナリネ菌を使うことによって症状が消失したり激減といった症例が多数あります。

またナリネ菌にはコレステロールの分解能力があるといわれています。
高コレステロール血症の場合、乳酸菌不足によってコレステロールの代謝障害が伴うと言われています。

チェルノヴィリ原発事故に携わった人々にも投与!

チェルノヴィリの原発事故では、その後始末に携わっている人たちの間で 体調不良を訴えることがしばしばあり、それが腸に関係していることがわかりました。
そこで、その人たちに対してナリネ菌を投与しています。
これはウクライナ全土で行われています。

くわしい商品情報
商品名:長寿の国の乳酸菌 内容量: 90g(1.5g×60本)
原産国::アルメリア共和国

お召し上がり方::
健康維持の食品として、1日2本、疲れた時は1日3〜4本を目安に、水又はぬるま湯と共に、又は水かぬるま湯に溶かして、お召し上がり下さい。
飲み過ぎの副作用はありません。
継続して毎日飲まれることをお奨めします。
品質は変わりませんが賞味期限内にお召し上がり下さい。

保管方法::直射日光や高温・高湿を避け、開封後はなるべく涼しい所に保管してください。
成分: 乳酸菌(ナリネ菌Er317/402)、調整粉乳、オリゴ糖、ビタミンC


詳しい情報は ↓↓↓ クリックで!

【放射能対策】長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』【リアンズファクトリー】

☆他の関連情報はサイドバーにある[カルテの整理棚]からお楽しみ下さい。
☆掲載しているバナーやテキストの詳細は、キーボードの [Ctrl ] を押しながらクリックすると便利な別画面が開く のでご利用下さい。
☆複雑なIDやパスワードの管理は メモ帳の設定*1 メモ帳の設定*2 が便利です。



jiyhujikan at 02:33|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年03月15日

被曝と避難生活での対処法や注意点をまとめた

被曝対策どうする…屋内退避などの注意点

 今回は、地震や津波による被災に加え、原発事故による被曝(ひばく)への対策も問題になっている。

 被曝を防ぐにはどうしたらよいか、長引く避難生活での健康への影響をどう抑えるか、対処法や注意点をまとめた。

 もし施設の外に放射性物質が漏れ出たら、どのようにすれば被曝を抑えられるのか。

まず知っておきたいのは、被曝から身を守るには、
〈1〉放射線を遮る
〈2〉放射線源から距離をとる
〈3〉被曝する時間を少なくする
――の3点が重要ということだ。

 屋内退避と言われたら、放射性物質が飛散している外気が室内に入らぬよう、ドアと窓をしっかり閉める。
エアコンや換気扇も切る。

 避難のため外に出る時は、放射性物質が鼻や口、皮膚の傷口などから体内に入る「内部被曝」を防ぐことを心がける。
ぬれタオルで鼻や口を覆う。
皮膚を露出しないような服装が望ましい。

 また、風向きにも気を配りたい。
なるべく風下に入らないように注意する。

 外から室内に入る際にも注意が必要だ。
衣服には、放射性物質が付着している可能性がある。
室内には汚染された衣服を持ち込まず、ドアの前(戸外)で脱ぎ、ただちにビニール袋に入れて口を縛る。

 放射性物質の一つであるヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まりやすく、特に子どもでは甲状腺がんの原因になる。

 ヨウ素の甲状腺への取り込みを防ぐ薬(安定ヨウ素剤)は、副作用もあるので、災害対策本部の指示に従って服用する。
続きを読む

jiyhujikan at 23:46|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月22日

アルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬が承認

過去に掲載したアルツハイマー型の認知症の薬に承認が増えました。

アルツハイマー型認知症の過去記事はこちらから ↓↓↓
アルツハイマー型の認知症に! 「レミニール」「メマリー」「アリセプト」!!

実績で信頼出来るフェルラ酸の詳しくはこちらから ↓↓↓
認知症介護食品として、多くの医師が実力を認めている「フェルガード100」は、記憶・学習障害を緩和する働きのあるフェルラ酸!

そして今回、副作用の危険性を克服して・・・
アルツハイマーに貼り薬、今夏にも発売

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会は21日、国内では初となるアルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬の承認を決めた。

 早ければ今夏に発売される見通し。

 貼り薬は、スイスを拠点とするノバルティスファーマのイクセロンパッチ(一般名リバスチグミン)と、小野薬品工業のリバスタッチパッチ(同)。

 背中などに1日1回貼り、皮膚から成分のアセチルコリン分解酵素阻害剤を徐々に吸収させる。飲み忘れなどを防止しやすいのが特徴。

 アルツハイマー型認知症の薬は最近まで飲み薬1種類(アリセプト)だけだったが、昨年11、12月に計2種類(レミニール・メマリー)が承認された。
貼り薬が加わったことで治療の選択肢が広がる。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 21:57|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月21日

対象外の年齢でも公費で接種できる日本脳炎のワクチン

日本脳炎ワクチン、接種中断の年齢層にも公費で

 厚生労働省厚生科学審議会の小委員会は21日、日本脳炎のワクチン接種が事実上中断した2005〜10年に定期接種を受けるはずだった年齢層を対象に、本来は対象外の年齢でも公費で接種できるようにすることを決めた。

 同省が近く政令を改正し、5月にも接種を開始する方針。

 日本脳炎の定期接種は、第1期(生後6か月〜7歳半に計3回)と第2期(9〜12歳に1回)がある。

 今回の措置は、未成年者が対象。
第2期の年齢でも第1期分からの接種を認めるなど、必要な回数の接種をすべて公費で負担する。

 日本脳炎ワクチンは05年5月、重症の脳脊髄炎を発症する副作用が1例報告されたため、定期接種の対象者への呼びかけを中止した。

 安全性が高い新ワクチンの開発を受けて昨年4月に再開されるまでの間、免疫を持たない子どもが毎年推定100万人ずつ増え、将来の流行が懸念されている。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 15:33|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年01月10日

抗がん剤の副作用被害救済制度の創設を!

「イレッサ」訴訟、原告側が和解勧告受け入れ

 肺がん治療薬「イレッサ」(一般名・ゲフィチニブ)の服用後に死亡した患者の遺族ら計15人が、国と輸入販売元の製薬会社「アストラゼネカ」(大阪市)に計約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京、大阪両地裁の原告側が10日、京都市内で合同総会を開き、7日に示された両地裁の和解勧告を受け入れ、和解協議に応じることを決めた。

 勧告に対する裁判所への回答期限は28日で、今後は被告側の対応が焦点になる。

 この日の総会ではほかに、原告全員の救済や、被告の謝罪や抗がん剤の副作用被害救済制度の創設――などを協議で求めることを確認。
こうした意向を12日に両地裁に伝えるという。

 総会終了後の記者会見で、原告で「イレッサ薬害被害者の会」代表の近沢昭雄さん(67)は「被告が早く和解のテーブルに着くことを望む。どうすればがん患者が安心して薬を服用できる社会になるかを考えながら、話し合っていきたい」と語った。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 21:53|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年12月29日

自律神経のバランスが崩れるのはワクチンの副作用?

子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発

 子宮頸(けい)がんワクチンの副作用として、気を失う例の多いことが、厚生労働省の調査でわかった。

 接種者の大半が思春期の女子で、このワクチン特有の強い痛みにショックを受け、自律神経のバランスが崩れるのが原因とみられる。
転倒して負傷した例もあるという。

 同省は「痛みを知ったうえで接種を受け、30分程度は医療機関にとどまって様子を見るなど、注意してほしい」と呼びかけている。

 子宮頸がんワクチンは、肩近くの筋肉に注射するため、皮下注射をする他の感染症の予防接種より痛みが強い。

 昨年12月以降、推計40万人が接種を受けたが、10月末現在の副作用の報告は81人。

 最も多いのが失神・意識消失の21件で、失神寸前の状態になった例も2件あった。
その他は発熱(11件)、注射した部分の痛み(9件)、頭痛(7件)などだった。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 01:04|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年12月25日

緊急避妊薬「ノルレボ」が承認されました

望まない妊娠防止の緊急避妊薬、来春にも発売

 厚生労働省の薬事分科会は24日、コンドームが壊れたり、性犯罪の被害に遭ったりした女性が、望まない妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬「ノルレボ」の承認を決めた。

 来春にも発売される。

 ノルレボ(成分名レボノルゲストレル)は女性ホルモンの一種の黄体ホルモンの製剤で、排卵を止める効果がある。

 性行為後72時間以内の服用で、妊娠の確率が4分の1に減り、副作用も軽い。

 欧米など48か国で承認されており、製薬会社「そーせい」(東京)が昨年、承認申請していた。

 従来の緊急避妊は月経周期異常などの治療薬(中用量ピル)が主流。
警察庁も性犯罪被害者に、その費用を助成してきたが、嘔吐(おうと)などの副作用が強く、産婦人科医らが導入を要望していた。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 14:57|ページを表示コメント(1)トラックバック(1)

2010年11月12日

バイアグラの副作用とネットに溢れる偽造品・・・

EDでお悩みですか? 対応策は・・・
ネットで安易に信じて手を出す(購入する)のは危険です!

■バイアグラ偽造品にはお気をつけください
最近ネット上ではバイアグラの偽造品、バイアグラジェネリック商品などが横行しております。
「バイアグラ偽造品」とは、バイアグラ本物に外観を似せて作った違法な製品です。
また、「バイアグラジェネリック商品」とは特許が適用されない一部の後進国で成分を真似て製造したもので、どちらも米食品医薬品局(FDA)は「品質が保障できない」ため、認可されておりません。
お薬は自己責任をもって使用していただいていております。
安いから、といって粗悪商品については充分お気をつけください。

■毎年恒例のバイアグラの値上げ
毎年恒例となったバイアグラをはじめとする医薬品値上げのニュース。
今年も原価で30錠1ボトル$19上がっています。
医薬品価格をはじめとするアメリカの医療費の増大は、政府も頭を痛める社会問題まで発展しています。
アメリカの国民はより安い医薬品を求めて、カナダに「医薬品購入ツアー」を組むほどです。

この医薬品は本国アメリカでも完全に売り手市場の商品になっています。
毎年値上げをするのもメーカーとしては正しい戦略かもしれませんが、お客様お一人おひとりや、お客さま第一を目指す我々代行業者にとっては困ったことです。
続きを読む

jiyhujikan at 21:21|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月26日

抗生物質コリスチン Vs 多剤耐性菌

60年前発見の抗生物質復活、多剤耐性菌に効く

 主要な抗生物質が効かない多剤耐性菌の増加を受け、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は25日、60年前に日本で発見され、その後使われなくなっていた抗生物質コリスチンを、多剤耐性菌への使用に限って復活させる方針を決めた。

 すでに英グラクソ・スミスクライン社が臨床試験を始めているといい、優先的に承認審査を進める。

 コリスチンは1950年、福島県内で採取された土壌細菌から発見された抗生物質。

 大腸菌や緑膿(りょくのう)菌などに効果があるが、過剰投与すると神経障害や腎臓障害などの副作用がある。

 70年代まで盛んに使われたが、その後は使われなくなり、90年代に国内での製造が終了。
承認も取り消された。

 だが、今年に入って、多剤耐性菌のアシネトバクターのほか、ほとんどの抗生物質を分解するNDM1酵素を持った大腸菌などが国内にも出現。

 多剤耐性緑膿菌も数年前から確認されていることから、これらに効くコリスチンを独自輸入する医療機関が増え、日本感染症学会などが早期承認を求めていた。
続きを読む

jiyhujikan at 20:13|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年03月30日

市販薬のネット販売禁止は「合憲」!?

 市販薬について、一部を除いてインターネットなどによる通信販売を禁止した厚生労働省の省令は過大な規制で憲法に反するとして、健康食品・医薬品のネット通販大手「ケンコーコム」(東京)など2社が国に省令の無効確認などを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。

 岩井伸晃裁判長は「省令は訴訟の対象となる行政処分には当たらない」などと述べ、訴えを退けた。

 昨年6月に施行された改正薬事法は、副作用の危険性に応じ、市販薬を1〜3類に分類。これに伴って制定された省令は、副作用のリスクの高い1、2類の通信販売を禁止した。

 判決は、この省令について「副作用被害の防止などを達成するための手段として合理性がある」として合憲判断を示す一方、「将来、消費者の意識や情報通信技術の状況などに変化が生じた場合は、規制内容の見直しが図られるべきだ」とも述べた。

 判決後に記者会見した同社の後藤玄利社長は、「近所で売っていない薬をインターネットで買いたいという声が毎日寄せられている。徹底的に戦う」と述べ、控訴する意向を示した。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 23:12|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年03月15日

新型インフルエンザワクチンの副作用:救済金額を引き上げ

季節性と新型インフルワクチン、秋から統一へ…WHOに勧告

 【ジュネーブ=平本秀樹】インフルエンザワクチンが今年秋以降、季節性と新型の両方に対応する1種類に統一される見通しになった。

 18日記者会見した世界保健機関(WHO)のケイジ・フクダ事務局長特別顧問(新型インフルエンザ担当)が、今後多くの国で、ワクチンメーカーが今冬流行しなかったAソ連(H1N1型)の代わりに新型インフルエンザ用を入れた新たなワクチンを製造することになる、との見方を示した。

 18日まで開かれた専門家会議がWHOに対し、ワクチンは今秋から新型インフルエンザ(H1N1型)、A香港(H3N2型)、B型の3種類用とするよう勧告したため。

2010年2月19日 読売新聞


インフル副作用、救済額アップ

 厚生労働省は12日、新型インフルエンザワクチンの副作用で健康被害が起きた場合の救済金額を引き上げ、遺族に支払われる死亡一時金は最大3330万円とする方針を明らかにした。

2010年3月13日 読売新聞



jiyhujikan at 04:02|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年03月04日

入れ歯安定剤「新ポリグリップEX」の長期使用で副作用!

入れ歯安定剤の販売中止、長期使用で副作用

 製薬会社の英グラクソ・スミスクライン社の日本法人(東京)は4日、同社製入れ歯安定剤「新ポリグリップEX」の販売を中止し、自主回収すると発表した。

 製品に添加された亜鉛の影響で、指定された用量(1日3センチ、0・69グラム)の8倍を7年間以上使用するような長期間の過剰摂取で貧血などの症状が出る可能性があるという。

 2007年9月の発売以来、年間約100万本出荷されているが、「EX」以外の同社の入れ歯安定剤には亜鉛は含まれていない。


 相談窓口0120・239・912(午前9時〜午後5時)。

2010年3月4日19時08分 読売新聞



jiyhujikan at 22:12|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年01月07日

副作用心配?新型ワクチン、仏で大量余剰

日本では新型インフルエンザ・ワクチンが魔法の特効薬のように報じられているが、世界の国々は冷静に見ているという記事がこれだ。。。

 【パリ=林路郎】フランスで、新型インフルエンザ・ワクチンが大量に余る見通しとなり、国民全員分のワクチン確保に大金を投じた政府が、判断を誤ったとして批判にさらされている。

 仏政府は国民の大半がワクチンを2回ずつ打つと想定して、昨年11月、世界の生産量の1割にあたる9500万回分を総額約10億ユーロ(約1300億円)でグラクソ・スミスクライン社などに発注。

 2月末までに3000万人が接種すると見込んだが、副作用への懸念からか、接種を敬遠する人が続出し、これまで接種した人は国民の1割足らずの約500万人にとどまる。

 政府は5000万回分の注文を取り消したが、4000万回分の在庫を抱え込みそうで、カタールやエジプトへの転売を模索し始めた。

 与党・民衆運動連合のベルナール・デブレ国民議会(下院)議員は、「10億ユーロで全国の病院の赤字が補填(ほてん)できた」と主張。

 社会党のブノワ・アモン議員は、「製薬会社の独り勝ちだ」と批判した。

 仏政府が製薬業界への利権誘導を図り「水増し発注」したとの疑念もささやかれ、国民議会で6日、ワクチン発注の経緯を追究する特別調査委員会設置を求める決議案が上程された。

 ドイツやオランダでもワクチンの余剰が出ており、将来のインフルエンザ対策でワクチン生産が抑制され、不足する事態を心配する声も上がっている。

2010年1月7日21時51分 読売新聞



jiyhujikan at 23:39|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2009年11月18日

抗がん剤で肝不全も、バイエル薬品に注意…厚労省

 肝がんなどに使われる抗がん剤「ネクサバール錠」(一般名・ソラフェニブトシル酸塩)を投与された患者に、肝不全や肝性脳症の副作用が起きる恐れがあるとして、厚生労働省は18日、製造販売元のバイエル薬品に対し、使用上の注意の改訂を指示した。


 厚労省によると、この薬は昨年4月の販売開始から今年10月末までに腎がんと肝がんの患者計約5500人に投与された。投与後、7人が肝不全、28人が肝性脳症、1人が肝不全・肝性脳症を併発したと報告され、うち12人が死亡した。

 肝がんの悪化でもこうした症状は起こるが、薬の投与で早期に症状が出たと見られる報告例もあった。

2009年11月18日19時56分 読売新聞



jiyhujikan at 22:23|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2009年11月16日

新型インフルのワクチン、新たに4件の重い副作用

 厚生労働省は28日、医療従事者に対する新型インフルエンザワクチンの接種で、ショック症状(アナフィラキシー)や肝機能障害などの重い副作用(副反応)が、新たに4件報告されたと発表した。


 19日の接種開始以来、重い副作用の報告は、これで計10件。調査中の1件を除き、いずれの症状もほぼ回復しているという。同省は「現段階で副作用頻度が高いとは言えない」としている。

 10件のうち、新たな4件を含む6件は、推定約85万人への接種の中で発生した。重い副作用の発生率は約0・0007%となった。季節性ワクチンの約0・0003%より高いが、同省が医療機関に積極的な報告を求めているため、報告率が高くなっている可能性もある。

 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は「季節性ワクチンに比べ著しく副反応が強いということはなさそうだ。妊婦や小児などに接種した場合にどうなるか、監視する必要がある」と話している。

2009年10月28日22時54分 読売新聞



jiyhujikan at 15:58|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

【 検索サイト 】
Yahoo! JapanYahoo! グループYahoo! 画像Yahoo! 動画Yahoo! ブログYahoo! 辞書Yahoo! 知恵袋google.co.jpgoogle.comgoogle ブログBingBIGLOBEインフォシーク楽天ウェブサーチ楽天日本ブログ村@wikiOCNBlogzineMSN JapangooJBpressAll Aboutlivedoor ブログlivedoor Reader予想ネットweb R25ちょびリッチs.luna.tvniftyブログパークGendama価格.comPeXi-NEXTエキサイトBabylondocomoauasahi.comWahoo(和風)JapanKingdom(王国)ECナビ