ブランドアクセサリー・時計ヘルス・ビューティファッションコンピューター家電・AV・カメラグルメ・ドリンクペット・生き物住まい・インテリア・花スポーツ・アウトドアアンティーク・コレクション自動車・バイク音楽・映画・DVDおもちゃ・ゲームタレント・キャラグッズキッズ・ベビーホビー・カルチャー事務・店舗用品・文房具チケット・金券本・雑誌・コミックアフィリエイトの秘話お米が安い!

自遊時舘:原因


原因

2011年05月13日

アンチメタボプログラム・楽体(らくだ)/ソフトタイプ・ピンク

場所を選ばず簡単・楽々エクササイズ!
これであなたも姿勢美人!

◆アンチメタボプログラム・楽体(らくだ)/ソフトタイプ・ピンク

正しい姿勢とは耳・肩・腰・くるぶしが一直線上にある状態。
ところが日常生活で首が前に出た姿勢を長くとっていると肩甲骨周辺に負担がかかってしまいます。
その結果、重心が後ろに傾きお腹を突き出した姿勢になりやすく、ポッコリお腹の原因になることも…。

肩甲骨周辺の筋肉を柔らかくする事で「正しい姿勢に導く」という理論の元に開発されたのがこの「楽体」。

使い方は簡単。
特殊なシリコンゴムの紐を持って、体を伸ばしたりひねったりするだけです。
シリコンゴムの伸縮性を利用するので誰にでも簡単にエクササイズ出来ます。

楽体(らくだ)を引っ張ることによって左右均等に力を加えること、必要なところだけに力を加えることができ、鍛えたい部分、柔らかくしたい部分、伸ばしたい部分を確実に刺激する事が出来ます。

1日、わずか数分楽体を持って、体を伸ばしたりひねったりするだけの楽々エクササイズ!
場所も時間も選びません。

ソフトタイプは従来の楽体よりも引っ張り強度を弱めにしております。
力の弱い方や運動にあまり自信がない方の使用に最適です。
16種類のエクササイズがわかりやすく収録されたDVDとセットでお届けします。
※ピンクのソフトタイプは従来の楽体よりも引っ張り強度を弱めにしています。

詳しい情報は ↓↓↓ クリックで!
アンチメタボプログラム・楽体(らくだ)/ソフトタイプ・ピンク (らくだ,アンチ・メタボ特別プログラム)アンチメタボプログラム・楽体(らくだ)/ソフトタイプ・ピンク (らくだ,アンチ・メタボ特別プログラム)

<製品仕様>
●セット内容/本体、使用説明DVD、取扱説明書(注意書き)
●長さ(約)/70cm(※使用していくうちに伸びる可能性があります。)
●重さ(約)/100g
●材質/シリコンゴム
●製造/日本

☆他の関連情報はサイドバーにある[カルテの整理棚]からお楽しみ下さい。
☆掲載しているバナーやテキストの詳細は、キーボードの [Ctrl ] を押しながらクリックすると便利な別画面が開く のでご利用下さい。
☆事前に、お得な「ショッピングの会員(無料)登録!」をお薦めします。
☆複雑なIDやパスワードの管理は メモ帳の設定*1 メモ帳の設定*2 が便利です。



jiyhujikan at 23:32|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年05月10日

悩み解決! 医師に聞くED克服のポイント!!

「勃起障害」や「勃起不全」を意味するED(イーディー:Erectile Dysfunction)。

勃起に時間がかかったり、途中で萎えてしまうなど満足のいく性交ができない場合もEDの可能性があり、感じる症状も原因も人それぞれです。

そこで、人には聞きづらいEDの症状や原因、治療法についてクリニックの先生方に聞きました。

詳しくはこちらから
関連記事はこちらから



jiyhujikan at 01:20|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

多発性硬化症(MS)とは

多発性硬化症(multiple sclerosis,MS)は、神経を侵す難病の代表ともいえる疾患です。
厚生労働省の全国MS 臨床疫学調査(2004年)によれば、わが国における患者数は30年間で4倍に増加し、約1万人に達したと推定されています。

2004年に多発性硬化症に倒れた林家こん平さん。
以来7年間にわたりこの病気と向かい合ってきました。
辛い時期を乗り越え、今、こん平さんの笑顔は輝いています。
難病と闘いながら明るい毎日を送る秘訣とは――? 詳しくはこちらから

多発性硬化症の治療に詳しいさっぽろ神経内科クリニック院長、深澤俊行先生に話をうかがいました。

多発性硬化症のメカニズム

多発性硬化症は、中枢神経と呼ばれる脳や脊髄、視神経などに「脱髄(だつずい)」という病変が起こる病気です。
神経繊維の表面は電気のコードのように神経線維の表面が髄鞘(ずいしょう)という組織で覆われていますが、脱髄というのはこの"カバー"が壊れてしまうことを意味します。
そうなると、神経線維がむき出しになり、情報伝達に支障が生じてしまいます。

●主な症状
脱髄は、どこにできるかわからず、繰り返し出現することが特徴です。
そのため、脱髄が起こる場所に応じてさまざまな症状が繰り返して出現することになります。

視神経の症状…
視力障害、視野障害など

脳の症状…
複視(ものが2つに見える)、めまい、顔面神経麻痺、三叉神経痛、構音障害、えん下障害など

脊髄の症状…
手足のしびれ、脱力、排尿障害など
このほか、大脳で脱髄を繰り返していると認知症になることもまれではありません。

●特徴的な兆候
前記の症状が繰り返し、時には組み合わさって出現します。
多発性硬化症では、発熱、運動、入浴などで症状が顕れたり、増強することがあります。
これを温浴効果、あるいはUhthoff(ウートフ)現象といいます。

●原因
脱髄が起こる根元の原因ははっきりしていませんが、免疫の異常(自己免疫現象)が関与していると考えられています。

●どんな人に発症する傾向があるか
発症年齢は20〜30歳代に多く、欧米においては若年成人で病気に由来する身体障害の原因としてもっとも多い疾患です。
男女比は1:3〜4と女性に多いことも特徴です。
また、緯度の高い地域の有病率が高いことが知られており、日本でも北海道で多いことがわかっています。

●病気の進行
多発性硬化症は、症状の再発と寛解(症状が落ち着いて安定している状態)を繰り返しながら、のちに慢性に障害が進行していくことが多く、適切な治療をうけずに放置されると約半数の患者さんが10年後には車いすが必要な状態になると言われています。
ですから、できるだけ早期診断・早期治療を行うことが重要です。
なお、将来多発性硬化症に移行する可能性のある初回の症状の段階をCIS(clinically isolated syndrome)と呼び、早期診断・早期治療のための重要な時期と位置付けています。

多発性硬化症の治療

●4つの治療を考える
多発性硬化症の治療には、次の4本の柱があります。 [ 全文はこちら ]



jiyhujikan at 00:46|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年04月24日

めまいの治療:薬物療法と理学療法

めまいの大半は内耳の左右差が原因
 解消には平衡訓練が有効


 めまいの治療は薬物療法が主で、良性発作性頭位めまい症(BPPV)に対してのみ、一部「エプリー法」という理学療法が実施されている。

 めまいの大半は、内耳の障害により左右差が生じ、バランスが崩れるために起こる。
目と耳と足の裏(深部感覚)を刺激することで小脳を働かせ、左右差を解消するのが平衡訓練だ。
21の動作を継続することで、症状は軽減される。

 立ち上がるとフワっとする、頭を急に動かすと目がまわる、といっためまい症状を訴える人は多い。

 めまいは脳卒中の後遺症でも起こるが、大半は耳が原因だ。
治療は薬物療法が主で、良性発作性頭位めまい症に、一部理学療法が実施されているのみ。

 薬物療法を実施しても治りにくいめまいは前庭神経炎、ラムゼイハント症候群や突発性難聴などが代表的だ。

 これら難治性めまいに対する治療として注目されるのが、平衡訓練だ。
継続しやすいように工夫した平衡訓練で治療を行なう、横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科の新井基洋部長に話を聞いた。

「めまいは吐き気を伴うこともあり、発作が起こった場合、まず安静にします。その結果、めまいやふらつきが慢性化してしまい治りません。平衡訓練は視刺激(目)と前庭刺激(耳)と深部感覚刺激(足の裏)を用いて小脳を働かせ、本来持っている左右のバランスをとる機能を活発化して、めまいを軽減していく治療です。当院では16年間でのべ8000人が入院治療を受けました」

※週刊ポスト2011年4月29日号

詳しくはこちらから



jiyhujikan at 01:43|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年03月11日

何時もカバン(バッグ)が・・・、重い! 体への影響は?

こんにちは、メルマガ担当の冬美です。

皆さんは、普段どんなバッグを持ち歩いていますか?
イギリスの調査では、女性の半数が重いハンドバックを持ち運ぶことで身体の痛みを感じているそう。
・・・女性の荷物の多さって万国共通なんですね。
でも最近は男性も重たいカバンに悩まされているという調査結果が。

カバンが身体にもたらす影響について、理学療法士であるラッセル・ストッカーさんは「かばんを持ち運ぶことは、姿勢と動きにとても大きな影響をもたらします。気付いてないかもしれませんが、歩いている時、私たちの体は劇的に適合し、調整されているのです。これはハイヒールを履いて歩くと、より顕著なものとなります」と述べています。

でも・・・
たかだかカバンで身体にどんな影響がでるのかというと

【首】
カバンを持ち運ぶ時、首は重心を取るため自然とかばんとは逆の方に傾きます。
この姿勢はカバンを持っている側に緊張、持っていない側に圧縮をもたらし、首の痛みの原因になります。

【肩と背中】
カバンを持っている方の肩は常に後ろに引っ張られ、上に吊り上がった状態になります。
これは上背、肩甲骨、背骨を支える筋肉を痛め、曲がった背中や肩という悪い姿勢に。
また重いカバンを持ち運ぶことは、椎間板変性や椎間板ヘルニアに繋がります。

【腕】
腕でカバンを持って歩いている時、腕は固定された状態にあります。
これは歩く時に行う腕の振りとは全く違う状態。
バランスを取るのに必要な腕の振りなしに歩くことは体を不安定にし、前に進むのにより多くの労力を必要とします。

【腰と脚】
カバンが重たくなるほど、足の関節にかかる負担は大きくなり、これが長時間続くと関節にまつわる問題が生じます。

・・・カバン一つで全身を痛めてしまう可能性が。
そうならない為に大事なのは、持ち方とカバンの形!

体を傷めない持ち方は
・荷物を出来るだけ減らす
・かばんを持ち運ぶ時間を出来るだけ短くする
・荷物が多い時は重さを分散させる
・肩からかける場合、一定時間ごとに肩ひもの位置を変える
・カバンのひもは出来るだけ短くして、カバンを体に密着させる

また、カバンの形は
・肩ひもが広いカバン(肩にかかる圧力を分散できるので)
・リュックサック(パソコンを持ち運ぶ方におすすめ)
・ひもを肩から腰に斜めに掛けられるかばん(バランスがとりやすいため)
・ウエストポーチ(かばんの重みは骨盤あたりの体の中心にくるとよいため)

またどうしても荷物が多い時や、旅行の時などは、キャスターのついた、小型のキャリーバッグもおすすめです。

デザインや機能で選びがちなカバンですが、毎日使うものだからこそ、大事なのは自分の体を傷めないこと。
自分にあうカバンを見つけてください。

以上、ほてい屋の冬美ちゃんでした ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
詳しい情報は ↓↓↓ クリックで!

ほてい屋
ほてい屋のオススメ情報・・・




jiyhujikan at 01:51|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月21日

あっ! 白髪っ!! 白髪は、抜くと増える?

突然ですが、皆さんは自分の頭に白髪を見つけた時どうしますか?
そのままにしておくのは嫌だから「抜いちゃえ!」と、根元から抜いてしまう人も多いのではないでしょうか?

でも、こんな噂を聞いたことはありませんか?
「白髪は、抜くと増える」
これって本当なのでしょうか。

まず知っておきたいのは、一度白髪が生えてきてしまった毛根から生えてくる毛は次も白髪ということ・・・
抜いてもいたちごっこのように白髪は生えてきます。

また、髪はひとつの毛根から2〜3本の髪の毛が生えてくるので、白髪を抜いてしまうと、同じ毛根から生えてくる毛も悪い影響を受け一緒に抜けてしまうことも・・・。

ということは、白髪を無理に抜くという行為は、薄毛の原因に繋がります。

薄毛になるのが嫌であれば、白髪は抜かないこと!
どうしても、気になるのであれば、白髪は根元から切りましょう。

以上、ほてい屋の冬美ちゃんでした ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
詳しい情報は ↓↓↓ クリックで!

ほてい屋
ほてい屋のオススメ情報・・・




jiyhujikan at 21:32|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2011年02月12日

癌(がん)に有効な治療法や新薬の開発

がん増殖抑制の遺伝子を確認、治療法・新薬に道

 がん細胞増殖の原因となっている酵素「テロメラーゼ」の生成を、人の5番染色体にある遺伝子が抑えることを、鳥取大の久郷(くごう)裕之准教授(生命科学)のグループが確認した。

 様々な癌(がん)に有効な治療法や新薬の開発につながる可能性がある。
成果は米科学誌「モレキュラー・アンド・セルラー・バイオロジー」電子版に掲載された。

 正常な細胞は分裂を繰り返すたびに、染色体を保護する部分(テロメア)が老化し、死滅する。

 しかし、大半のがん細胞では、テロメアの老化を防ぐテロメラーゼが生成されるため、細胞が増殖を続けてしまう。

 久郷准教授らは2000年から、マウスと人の皮膚がん細胞を使い、テロメラーゼの生成を抑える物質を探した。

 がん細胞に5番染色体を入れると、テロメラーゼの生成が抑制されたことがきっかけになり、この染色体にある遺伝子「PITX1」が、テロメラーゼを作る遺伝子の活動を阻害していることを突き止めた。

 2011年2月11日21時51分 読売新聞



jiyhujikan at 00:19|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年11月05日

特定疾患「モヤモヤ病」の原因遺伝子

脳の難病「モヤモヤ病」原因遺伝子突き止めた

 脳の難病とされ、脳卒中を高い確率で引き起こす特定疾患「モヤモヤ病」の原因遺伝子を東北大大学院の呉繁夫准教授(小児病態学)らのグループが世界で初めて突き止めた。

 これにより、検査での早期発見が可能になった。

 4日、日本人類遺伝学会の国際誌「ジャーナル・オブ・ヒューマン・ゲネティクス」の電子版に掲載された。

 モヤモヤ病は、閉塞(へいそく)した脳底部の動脈の周辺に細かい血管ができることによって脳内の酸素や栄養が欠乏していく病気で、頭痛や運動障害などを引き起こす。

 進行すると脳卒中など深刻な事態に至ることもある。

 呉准教授らは、患者70人とこの病気の家族がいる約20家系から取り出した遺伝子と、健康な人の遺伝子を比較。

 約7割の患者の同じ染色体に特有の遺伝子変異があるのが確認された。
続きを読む

jiyhujikan at 00:16|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月11日

中国を旅行するならダニに注意!

ダニに刺されて18人死亡、557人発病

 【北京=大木聖馬】新華社通信によると、中国河南省で2007年5月から今月8日までに、ダニに刺されて18人が死亡し、557人に嘔吐や下痢などの症状が出た。

 ダニが何らかの病原体を媒介しているとみられ、40〜70歳代に患者が多いという。

 中国メディアによると、山東省でも7月までにダニに刺され11人が死亡。安徽省や湖北省など計12の省・市・自治区でも06年以降、同様の症状の患者が見つかっている。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 06:47|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月05日

複数の抗生物質に耐性を持つ菌の発生が相次いでいる

抗生物質多用に警告、耐性菌問題で細菌学会

 日本細菌学会は、帝京大病院などで複数の抗生物質に耐性を持つ菌の発生が相次いでいることを受け、医療機関で抗生物質を安易に使わないことを求める提言を年内にもまとめることを決めた。

 欧米に比べ、抗生物質が多用されていることが、耐性菌発生の原因と指摘されている。

 同学会理事の笹川千尋・東京大医科学研究所教授は「安価な抗生物質の後発薬が増えており、耐性菌の発生は今後さらに大きな問題になる恐れがある」と警告している。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 03:17|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月17日

アルツハイマーにはピーマンの予防法! 食べるワクチン?

 アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質を含むピーマンを食べると、この病気の予防につながる効果があることを、東京大学の石浦章一教授らがマウスの実験で確認した。「食べるワクチン」として臨床応用が期待される。米科学誌に発表した。

 アルツハイマー病の患者の脳(大脳皮質)には、アミロイド・ベータというたんぱく質が沈着・凝集し、老人斑ができている。これが認知機能の低下などを起こすと考えられている。

 免疫の働きを利用し、素早く大量の抗体を作り出してこのたんぱく質を除去させるため、米国でアミロイド・ベータをワクチンとして注射する臨床試験が行われたことがあるが、過剰な免疫反応による副作用が問題となり、中止になった。

 石浦教授らは、注射でなく食べて腸から吸収すると、副作用が起こりにくいことに着目。アミロイド・ベータの遺伝子を組み込んだピーマンを作り、その青葉を青汁にして、アルツハイマー病を発症するように遺伝子を操作したマウスに与えた。何も与えなかったマウスは発症して1年ほどで死んだが、青汁を与えたマウスは16か月以上生存、脳に老人斑は見られなかった。副作用も少なかった。

 石浦教授によると、アミロイド・ベータを含む米などを作れば、人間が食べやすくなるという。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 07:52|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

2010年08月07日

新型インフルエンザが大流行したのは?・・・原因特定!

 昨年、豚由来の新型インフルエンザウイルスが大流行したのは、これまで知られていなかった特定の遺伝子変異が原因であることを、河岡義裕・東京大学教授らの国際チームが解明した。

 致死率の高い高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)も、同じ遺伝子の変異が起きると人間の体内で増えやすくなることも分かり、H5N1の感染拡大防止への活用が期待される。米専門誌の電子版に6日、掲載された。

 人間で流行するインフルエンザウイルスを作る遺伝子はこれまで、増殖の役割を担う2か所のアミノ酸が変異していることが知られていた。しかし、昨年の新型インフルエンザには、この変異がなく、河岡教授らが調べたところ、別の1か所の変異により、人の体内で増殖する力を獲得していた。

 H5N1ウイルスでも同じ場所を人工的に変異させたところ、人間の細胞で増えやすくなった。

 河岡教授は「この部分が変異しているかを監視すれば、早い段階で大流行するかを判断できるだろう」と話している。

 河岡教授はまた、新型インフルエンザと鳥インフルエンザのウイルスが混合しやすいことも、培養細胞を使った感染実験で確認し、別の専門誌の電子版に発表した。感染拡大しやすい高病原性ウイルスが誕生する可能性を示唆している。

 詳しくはこちらから



jiyhujikan at 03:33|ページを表示コメント(0)トラックバック(0)

【 検索サイト 】
Yahoo! JapanYahoo! グループYahoo! 画像Yahoo! 動画Yahoo! ブログYahoo! 辞書Yahoo! 知恵袋google.co.jpgoogle.comgoogle ブログBingBIGLOBEインフォシーク楽天ウェブサーチ楽天日本ブログ村@wikiOCNBlogzineMSN JapangooJBpressAll Aboutlivedoor ブログlivedoor Reader予想ネットweb R25ちょびリッチs.luna.tvniftyブログパークGendama価格.comPeXi-NEXTエキサイトBabylondocomoauasahi.comWahoo(和風)JapanKingdom(王国)ECナビ