2008年06月10日

【秋葉原無差別通り魔殺人と沖縄県議選与党惨敗】

【秋葉原無差別通り魔殺人と沖縄県議選与党惨敗】



「政権の疑惑を追求せよ」第二十七弾
福田政治に物申す。(H20・06・10)


漸く「国民は沈黙してはならない」と言う小生の五〜六年来の主張が具体化しつつある。
格差を広げて一部の金持ちを作っただけでは、毎年三万人を越える自殺者を減少させる事も、夢や希望を失い自暴自棄になって事件を起こす事例を減少させる事は出来ない。
人間は「群れて生きる動物」であるからこそ、孤独自殺死や無差別殺傷の暴挙に出る。
つまり世間から「共生意識がなくなった社会が、人間の心にいかに殺伐とした思いを抱かせるのか、小泉改革は無関心だった。

「福田さん、もう腹を括ったらどうですか?」
一国の総理が取るべき道は、過去の過ちを弁護する事ではありませんよ。

秋葉原無差別通り魔殺人は理不尽なもので、犯人が犯した罪に酌量の余地は無い。
しかしながら、今回のこの事件の社会的背景などを考えずに、個人の犯罪だけでこの事件を終わらせてしまう事は、何の落ち度も無しに尊い命を失った被害者達に対しても失礼である。
若くして命を落とした方の父親が、「二度とこう言う事が無いようにして欲しい」と訴えているからには、近頃の非常に荒れている社会の根底にある「不安の原因」から分析して、今後取るべき道を決めて行かねば成らない。
あの小泉・竹中の五年間に中小企業を救済する適切な政策を取っていれば、今日の惨状は改善されていた筈である。
常々言っているが、若者の全員が大企業が採用するレベルに有る事など在り得ないし、例え若者の全員が採用するレベルに有っても全員を採用する能力が大企業には無い。
つまり教育現場で少し成績ハンデを負った若者や定年世代の引き受け先だった中小企業を切り捨て、大企業の競争力の為に「派遣社員会社契約社員」などと言う不安定な雇用身分を常態化させた事が、「秋葉原無差別通り魔殺人」の遠因になっているのである。
人間の本性は群れ社会の動物であるが、擬似の群れとして機能していた会社と言う職場さえ取り上げ、「派遣社員」と言う形態で群れから外された事が、若者の精神を一層傷付けているのである。
全ての若者が、将来に夢を抱ける社会を作らなければならない。
学校と言う群れ、家族と言う群れ、全てが壊れる社会は過当な競争社会を目指した自民党政権に有る。
小泉・竹中の「大企業優先政策」の愚行は明らかに大罪であり、永く語り継がなければ成らない。
小泉氏は、五年間を凌ぐ長期政権に在って国民の生活をぶっ壊した以外ろくな仕事もしなかったにも関わらず、現実を見たがらない人々の劇場型バーチャル・リアリティ(仮想現実)演出のおかげで、数々の悪政にも関わらず小泉元総理の人気は未だに衰えていない。
ペ・ヨンジュン氏ならそのまんま夢を売る仕事だから人々が夢中に成っても良いが、国民の生活に責任を持つべき一国の総理を、ペ・ヨンジュン氏と同じ感覚で只のバーチャル・リアリティ(仮想現実)人気の対象としてしまう見識の無い人々が多過ぎるのは残念である。

福田さん、もう腹を括って今までの自民党政治を「誤り」と認め、不都合なものは全て撤廃した上で、当時の政治責任者である小泉氏と竹中氏の結果責任を追及され、生まれ変わった自民党をアピールしたらどうですか?
沖縄県議選与党惨敗の結果を踏まえて、「益々衆議院の解散など出来ない」と負け戦はしない方針らしいですが、それは党利党略で国民の事など眼中に無い凡そ見っとも無い「政権しがみ着き」ですよ。
福田さん、貴方の周りの政府官邸の幹部も党幹部も。自分達の発言が「上手い事言えている」と思って、自らの発言に酔っているようですが国民は「センスの悪いこじ付け」とあきれていますよ。
その辺りが読めていないから沖縄県議選与党惨敗の結果を招き、その結果に驚いて時間稼ぎをしていると、次期衆院総選挙で自民党が壊滅的な大敗を喫しますよ。
唯一自民党に残された道は、過去の反省の上に立って小泉政権下の悪政を撤回、郵政選挙の抵抗勢力並みに小泉氏とその一派を、そして道路族議員の利権屋も、自民党からスパッと切り離す事です。

小泉改革の正体

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の
公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。
短編小説・楢山が見える
美しい国・日本への危惧


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51316216