2008年09月07日

【自由民主党の葬祭(総裁)選】

【自由民主党の葬祭(総裁)選】




庶民がコロリと騙される「俺々詐欺」の特徴は、確りした脚本によるストーリーで本人をその気にさせる一種の劇場型詐欺である。

小泉氏のパホーマンスは派手な劇場型で、典型的なこの「詐欺師の手口」だった。
そして、今回のポスト福田の総裁選では、自民党総体が意識して派手な劇場型の共感現象を目指している。
この共感現象を分析すると、論理的な裏付けは「ミラーニューロン効果」だったのである。

元々選挙の要素にはこうしたパホーマンスは切り離せないので、それ自体は責めるものではないが、いざ選挙が終われば「選挙中の事はリップサービスだった」と平気で言えるのが自民党の政治家である。
注)町村氏は、官房長官の記者会見で「あれは選挙中の事ですから。」と苦笑交じりに確かに言った。
注)武部元幹事長が、堀江氏を応援した時の息子呼ばわりも、「あれは選挙中の事ですから。」と選挙中の言動には責任が無いらしい。

つまり自民党の政治家の認識では、当選する為の「嘘は方便の内」が常識らしい。
今度の解散総選挙もその調子で公約を乱発し、当選したらヘラヘラと忘れてしまいそうである。
それでコロリと行ってしまう庶民は「俺々詐欺」に合ったようなもので、あの小泉劇場とも言える郵政選挙の「刺客」まで送る茶番劇の影でコソコソ改正された悪法の数々を、未だ中身を知らない庶民が多過ぎる。

そして今回自民党葬祭(総裁)選に名乗りを上げる全ての候補者が、小泉政権の「詐欺劇場」に加担した自民党議員である事を念頭に置かなければ成らない。
今度のポスト福田総理の総裁選でも、支持率回復の為に国民の関心を集める劇場型の選挙にする事を目論んでいる。
それ故国民は、政治ショーの目先の格好の良さに惑わされず醒めた目で見る必要がある。

いずれにしても、自由民主党の資本自由主義はもはや時代遅れの主義(イデオロギー)である。
世界に目をやると地球環境破壊と被生産のマネーゲームに世界中が打撃を受け、米国を始め資本自由主義は世界的に行き詰まりを露呈し、もはや人類を支えるイデオロギー足り得ない。
つまり野党も含め、小手先の政治手法で降り掛かる諸問題の解決は見込めない状況にあり、世界的に新しいイデオロギーを模索せざるを得ない時期に来ているのである。

小泉改革の正体

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51374381