2008年09月11日

【今度こそ民主的な革命を】

【今度こそ民主的な革命を】



自由民主党にも民主党にも「民主」と言う看板が掛かっている。
その看板に、特に偽りが在ったのが小泉政権であり、以降安倍政権、福田政権と、その悪政の付けを払いて続けて短命内閣で終わってしまった。
政治で問題になるのが施策実行の為の、「財源」である。
自由民主党の所謂「改革派」と言う連中は、小泉政権下で「景気が一旦良くなった」と言っているが、小泉政権下で行われた事は、景気回復の為に体良(ていよ)く国民の財産を収奪したに過ぎない。
つまり小泉政権は「財源」を福祉の予算切り詰めと銀行低金利から搾り出したに過ぎず、小手先の施策は国民を疲弊させただけで直ぐに行き詰まるのは必至である。
五人が立候補したポスト福田政権の総理・総裁候補はいずれも小泉政権下での大臣経験者で、言わば小泉悪政の共犯者である。
その五人がまるでブラックユーモアのごとく「小泉改革の光と影」を上げ、「改革で行過ぎた影の部分(国民の改革の痛み)を何とかする」と訴えているが、酷い事に当時現役閣僚であったにも関わらず責任を感じる態度はまったく見られず、その態度は他人事である。
総理・総裁候補として立つからには、その前に途端の苦しみを味わった国民にまずは謝罪すべきである。
自由民主党は、現在の体制を維持したまま「改革を行う」と言うが、出来るものなら安倍政権か福田政権で何か特出すべきものが出来ていた筈である。
安倍・福田と二度も一年足らずで政権を投げ出すほど、もうどうにも成らない状況を自民党内で首をすげ替えてどうにか成るものではない。
福田氏は「改革の予定に道筋を着けた」と言っているが、予定はあくまでも予定で何ら実行の保障にはならず、これから行われる総裁選や解散総選挙の後に、どう予定が変わるか判ったものではない。
そして自由民主党のスタンスが大企業依存になってしまった今、政権与党がする事に劇的な改革など最初から出来ない事くらい自明の理である。
この財源問題だが、現在自由民主党に「とって変わろうか」と言う民主党にも、本当に自民党政治を「根底からひっくり換えそう」と言う覚悟が足りない。
つまり現状を前提にする「財源」は、精々官僚の無駄使いを排除する事だが、その程度の事で「歴史的な成果に結びつく」とは思えないのである。
例え民主党が政権を奪取しても、政権交代を生温いものにすれば「いつか来た道」である。
それにしても、1千兆円近い国の借金を解消させなければ、国家として出直しなど出来ない。
もはや、泥沼の借金を抱え、多くの国民が生活の安定した基盤を失った現在、民主党が根性を入れて政権交代を目指すなら、今回の政変は「民主革命」と捉えねばならない。
政権交代を「革命」と位置付けられるものであれば、国体(制度)を根底からひっくり返す事が出来る。
根底からひっくり返す事が出来れば、実は財源を搾り出す事が出来るのである。
自由民主党は、二言目には「財源、財源」と言うが、歴史を見ていない証拠である。
政権交代は革命で、明治維新政府を見て見れば判るが、維新政府は「帯刀と禄の支給(知行地)召し上げ」から財源をひねり出し、第二次大戦後の民主国家の財源は「農地解放と新円切り替」からひねり出した。
こうした根本的改革の詳しくは何度もあったリセットを参考にして貰いたい。
すなわち、既成概念に囚われていては「財源の捻出など出来ない」と相場は決まっているが、革命であれば今までの制度を代えて、「財源」はひねり出せるものである。
当然ながら、これを書いている我輩には「財源」をひねり出す「三方両得」の名案はある。
つまり発想を変えれば、国民に負担を掛けないで中小零細の農林水産商工業を活性化させ、国の借金(赤字国債)を減少させて国の活力を取り戻す事は出来るのである。

小泉改革の正体

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51378236