2008年12月17日

【人間は100%ではない?】

【人間は100%ではない?】


麻生総理に物申す。

麻生総理、内閣とご自分の支持率激減で追い詰められ、言いも言ったり「人間は100%ではない?」とは・・・何と子供染みた事を仰(おっしゃ)る。
世間の一般人が「間違いも有る」と言うならともかく、麻生総理は総理と言う職責を何か考え違いしていませんか?
政治は結果責任で、しかも総理には「キット何かやってくれる」と100%の成果を期待するのが国民なのですよ。
それを、何もやらないで逃げてばかりの麻生総理が、人気の回復など出来る訳がありません。
麻生総理が国民を甘く見ているのでしょうが、国民はもう赦さない積りですよ。

それにしても、この米国発の世界的な金融恐慌は日本の実体経済を窮地に陥れ始め、大企業・大工場の非正規雇用制度(期間工や派遣社員)従業員を直撃して雇用悪化を招いている。
直接的な要因は確かに米国発の金融恐慌だが、小泉・竹中内閣の「規制緩和」を推進させた自民党には、この大きな雇用問題の現状背景を創った重い責任がある。
派遣社員が「何故派遣切りをする」と怒っているが、「何故切るのか?」って言えば企業経営者は自分達だけが「生き残りたいから」である。
企業側からすれば、当然非正規従業員は雇用の安全弁として雇っていたのだから、経済状況で雇用継続が不可能なら真っ先に切って当たり前である。
ここで切られる非正規従業員は、その不満を「何故か?」って勤務先企業に向けているが本来は「お門違い」で、そう言う雇用形態を促進させた小泉・竹中政権と、それを承認した自民党にこそ追求すべき大きな責任があるのだ。
元々この非正規雇用制度はワーキングプア(働く貧困層)の量産と言う小泉・竹中政権の「痛みを押し付ける政策」で、米国発の金融恐慌など無くとも充分に悪政で、自暴自棄犯罪や自殺者を多数生み出していた。
つまり小泉・竹中政権の大企業優遇の政策で、こんな非人間的な雇用形態「非正規雇用制度」を認めた自民党政権にこそ今回の結果責任があるのだ。

それを「人間は100%ではない」では言い訳にもならない甘え根性である。
地方医療崩壊・医師不足もそうだったが、小泉・竹中内閣がメチャメチャな事を強引にする事を許した自民党の幹部は、現在のこの大きな雇用問題の背景を創った責任があるのだから、見っとも無く「人間は100%ではない」などと言い訳にもならない事を言って政権引き伸ばしを図らず、潔く政権を返納すべきである。

もう政権に未練たらしい自民党にも麻生内閣にもあきれて、このブログを書く気力さえ萎えて来る。
それでもワーキングプア(働く貧困層)を大量に出現させた小泉・竹中内閣と自民党の悪行は語り続けなければならないから、萎える気持ちに鞭打って書き続ける積りだ。
そして最後に言いたいのは、せめてこれからが有る若い自民党代議士は、早く自民党に見切りを着けるべきである。

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51438387
この記事へのコメント
定額給付金について アンケートを作ってみた
自民党の 取らぬ狸は どうなるんだろうね

定額給付金が支給されたら自民党を支持するか
↓   ↓   ↓
http://lislog.livedoor.com/r/20576
Posted by cobra777 at 2009年01月27日 23:48