2009年07月13日

【民主党勝利に気が早い危惧】

【民主党勝利に気が早い危惧】


民主党に物申す。

静岡知事選と都議選が終わって、結果国民はもう自民党政治にあきれ「チェンジ」を求めて民主党に勝たせた。
小泉政治の悪政が表面化して来て、やっと国民がそれに気付いた様だ。

小生には小泉政権の発足三ヶ月で、小泉・竹中政権の愚策に警鐘を鳴らして来た過去がある。
従って気が早い話しだが、この流れはもう自民党には変えられないだろうから、次の衆議員総選挙は十中八九は民主党に勝利をもたらすだろう。
だが、安心は出来ない。
同時に国民諸氏に言いたいのは、来る衆議員総選挙が「民主党の辛勝程度で在っては成らない」と言う事である。
民主党が掲げるマニフェストの実行は、一にも二にも議会に置ける絶対多数が必要である。
議会政治の悪い所だが、民主党が絶対多数の議席を取らない限り、民主党マニフェストの実行はおぼつかない。
絶対多数に足りなければ与野党入り乱れて政党の再編が「ガラガラポン」と始まり、民主党が政治をやる前に民主党が無くなれば、結局民主党のマニフェストは実行される事無く「国民の期待」はなし崩しにされてしまう。
衆議員総選挙真近になっても、各党ともマニフェストを表に出さないのは相手に手の内を見せない駆け引きだろうが、小生が外野から疑って掛かると、どうせ政党間再編で宙(ちゅう)に浮くマニフェストだから「適当に美味しい事を書け」なんて考えているかも知れない。
しかし民主党も肝に銘じて欲しいが、国民の多くが次善の策で政権の受け皿として民主党を選んだので在って全面的に民主党を信頼している訳ではない。

来るべき今度の総選挙で民主党が勝利すれば、民主党には国民を失望させられない責任が出来る。
しかしながら、いずれにしても危惧すべきは「政界のメカニズム」と言う世間の常識とは外れた世界の事である。
それ故に小生の深読み予測危惧であるが、民主党の看板で当選した議員が選挙後に政界再編で動くのは国民に対しての裏切り行為であり、もしそう言う連中が出たら国民はその議員を次回は落選させるべきである。
然るに政治評論家などは民主党の辛勝とその後の政界再編を予測して、マスコミ上で早くも煽り立てている。
政権を奪取した民主党は、まずは脇目も振らずマニフェストの実行に掛かるべきで、またぞろ「政界再編」などと言う政争を始めたら国民は泣くに泣けない。
自民党にも良い議員が居るが、もし民主党に合流させるとしても最低一年間は受け入れるべきではない。

良い人で居たかったら貧乏人(野党)で居ろ。
貧乏人が金を出せなくても誰も文句は言わないが、金持ち(政権政党)が金を出さないと皆が一斉に非難する。

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51553424