2009年07月16日

【ふざけるな。】

【ふざけるな。】


中川秀直氏に物申す

中川秀直元幹事長が「都議選大敗北の総括が出来ていない。」と言って麻生内閣に内側から食い付いている。
小生に言わせれば、正に「ふざけるな」である。
盟友である武部元幹事長その他もろもろも中川氏に組している様だが、彼等は悪魔(小泉純一郎)の使者(つかい)である。
前回に記述したがごとく武部、中川秀直、小池(これは有利な方に行く)、その他もろもろもは悪魔(小泉純一郎)の腰巾着で偽装改革だった郵政民営化総選挙に加担し、大勝して得たその「三分の二」と言う大量議席を持って強行採決を繰り返し、国民に大いなる痛みを押し付け「格差」の拡大を推進する政策を為した張本人達である。
そして悪魔(小泉純一郎)と米国型市場原理主義(勝った者の為だけの経済活動)の妄信経済学者の小悪魔(竹中平蔵)は、国民の痛みが具体的に表面化する頃には「引退」と言い出して無責任に逃げ出した。
きつい事を言うようだが政治は結果責任で、辞めたから赦されるものではないし、「頭が変わったから」と言って、加担した連中もずうずうしくとぼけられるものでもない。
米国の経済破綻で明らかに成った小悪魔(竹中平蔵)の間違いに乗って国民生活をぶっ壊した「悪魔の使い」が武部、中川秀直、小池(これは有利な方に行く)、その他もろもろもなのである。
つまり余りの痛みの押し付けに現況の国民に拠る自民党離れを引き起こした連中が、党利党略の価値に過ぎない都議選大敗北の責任を偉そうに「総括が出来ていない。」などと言う所が大いに胡散臭い。
かれらの本音は自分達の選挙の保身ばかりであり、この面の皮の厚さは相当なもので、「流石(さすが)嘘つきは政治家の始まり」と感心させられた。
だいたい無能総裁の麻生氏にかこつけているが、国民は自分達が幸せなら盆暗総理でも笑って見逃す。
不幸せだから苦情を言っているのに自分達の悪行を盆暗総理のせいにするのは、勘違いもはなはだしい。

しかし困った未来予測がある。
それは彼等悪魔の使い達の選挙後の去就である。
心配するのは民主党が僅差で総選挙に勝利した時に、議席不足を理由に選挙後自民党を飛び出して来たこの偽装改革派の「悪魔の使い集団」と結び付く懸念である。
もしこれが起こると国民の泣かされ損で、彼等の悪行を総括される事は金輪際無い事に成る。
願わくば、かの「悪魔の使い」の連中が来る総選挙で落選してくれる事を祈るばかりだが、選挙民がその悪行の事実を何処まで知っているかである。
悪魔(小泉純一郎)と小悪魔(竹中平蔵)が為した、幼稚園・保育園の経営を圧迫し、医師が減り、医療負担を増やし、高齢者の年金を減らして金融機関と大企業を優遇して資金を注ぎ込んだ共同正犯の彼等の行状をである。
小生なら、彼等を許さない。

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51554936