2009年08月31日

【予算の組み換え依りも大胆な赤字国債処理が急務である】

【予算の組み換え依りも大胆な赤字国債処理が急務である】


与党・民主党に提言する

衆議院議員総選挙は、マスコミの予測通り民主党の圧勝で終わった。
大勢の議席結果は小生とすればおおむね満足だが、まだまだ選挙に対する国民の意識の低さは複雑な思いがある。
まず候補者の見た目で「キャー、格好が良い。」とか「顔が気持ち悪いから嫌。」とかの基準で投票する事は如何かと思うし、最近政権を放り出した安倍・福田二人の元総理やとんでもない政治をした小泉元総理の次男坊を当選させた選挙区の地元有権者の投票判断基準は何なのだろうか?
政治家は「何をやるのか」と言うのではなく、「何をやったのか」が問われるべきで、その為に任期と選挙がある。
そう言う意味では、今回の国民の審判は自民党の悪政に責任を取らした形だが、まさに地元に依っては「おかしな国民の審判もある」と言う事だ。
そして自民党の最大の敗因は大企業と官僚に片寄った政・官・財の癒着政治を続けながら、また郵政選挙の時の様に「言葉で騙せる」と国民を甘く見た事である。

さて今度は攻守立場が代わって民主党の選挙公約が「言葉で騙せる」と言う結果に成らない事が肝心で、小生念願の政権交代が実現したが、今度は引き続き「与党・民主党」に目を光らせて行きたい。
政治不信と国民生活の疲弊する中、民主圧勝で政権交代を国民が選択したのは民主党への期待であるから、前回の日記にも書き記したが政権交代が実現となったこれからの半年が民主党の本当の正念場である。
良い人で居たかったら貧乏人(野党)で居ろ。
貧乏人が金を出せなくても誰も文句は言わないが、金持ち(政権政党)が金(有効策)を出さないと皆が一斉に非難する。
国民が「与党・民主党」に求めるのは歴史に残る根本的な政治体制の改革であり、そしてこの閉塞した経済状況を解決するには明治維新並みの大胆な政治改革が必要で、それを恐れては国民生活の再生は成し得ないのである。
最大の急務は財政問題の足かせに成っている赤字国債の処理で、年間二十数兆円の国家予算が赤字国債の金利支払いで消えているのであるから、予算の組み換え依りも大胆な赤字国債処理をするべきである。
この赤字国債処理が、やり様に拠っては中小零細企業を救い財源にもなる。
国民が圧勝を許したのだから、財源がなければ過去の歴史の様にウルトラCで財源をひねり出せば良い。

下記は小生の維新並政治改革の精神思想と財源ひねり出しの素案である。
◇赤字国債財源案詳細
◇究極の地方分権案詳細

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51577201