2009年09月14日

【長かった実質選挙期間は暴(あば)けない陰謀か?】

【長かった実質選挙期間は暴(あば)けない陰謀か?】


与党・民主党にエールする

もう直ぐ正式に民主党・鳩山内閣が成立する。
それにしてもこの一年間の長かった解散ヤルヤル詐欺騒ぎ、そしてイライラするような解散後の選挙日までの長さと正式交代までの二週間余り、最後まで党利党略の国民を馬鹿にしたような自民党・麻生政権だった。

もしも小生がこの政権交代劇を小説にするなら、長かった実質選挙期間を「自民党・麻生政権の陰謀ではないか?」と言う小説を書く。
麻生政権がギリギリまで解散を出来なかった本音の理由は、衆目一致する所早くから囁かれていた「惨敗の懸念」である。
この一年、麻生政権は何とか事態を好転させようと努力はしていたが、閣僚と麻生総理自らの失点で益々国民の信用を失い続け、「惨敗の懸念」は増大して見えていた。
そして自民党・麻生政権は選挙戦不利になる要因でもある官僚支配問題で、将来の総理候補だった渡辺喜美氏を党外に去らせる愚を犯してまで、口とは裏腹に最後まで官僚を守った。
また、衆議員選挙敗戦後の政権交代が確定した状況下の「レイムダック(死体)内閣状態」でも、まだ官僚の駆け込み天下りを許している。
自民党・麻生政権が、リスク覚悟でそこまでする理由は何だろうか?
小生が推測するに、考えられる事は「政治判断」などと言う高尚なものではない。
自民党の構造体質は「政」・「官」・「財」の癒着に拠る政治資金のマネーロンダリングで、政治決定が官僚の天下り法人を予算配分で潤し、支援財界団体を保護する見返りに政治献金をさせる形で、国民の税金を、そして赤字国債を、自民党や自民党・政治家個人に献金として還流させて来た。
つまり官僚は、共同体の一郭を占めていたのだから最後まで守るしか術(すべ)が無かったのではないだろうか?
天下りが口止め料のシステムなら、自民党の古参議員が必死で守る訳でそれも判らない話ではない。
他国の話しで恐縮だが、新政権の発足で調査が入ると前政権の裏が暴(あば)き出され、ほとんどの国で政権交代後に前政権のスキャンダルが噴出する。
麻生政権の中心閣僚は選挙後「ある程度は覚悟していたが、これほどとは思わなかった」とコメントしている。
つまり麻生政権は、解散時点で敗戦を覚悟していた。
そうした事を考慮すると、自民党・麻生政権の最後の決断は「時間稼ぎをして、今までの裏の痕跡を官僚に消させる」と言う「陰謀に走ったのではないか」と言う穿(うが)った観方も出て来るのだ。

今回の選挙日程は余りに長かった。
これはあくまでも、もしも小生が書いたらの「小説のストーリー」であるが、今まで野党議員が資料請求しても強(したた)かに書類を出さなかった各省の官僚達が、この一ヶ月半をかけて不都合な書類を必死で処分している姿が・・・小生には浮かんで来るのである。

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51583890