2009年09月27日

【八ッ場(ヤンバ)ダム】

【八ッ場(ヤンバ)ダム】


与党・民主党にエールする。

八ッ場(ヤンバ)ダム予定地の住民は、現実を踏まえて物を見るべきである。
確かに六十年近い苦難の歳月を費やした現地の住民感情からすれば、政府が散々無理強いをしてここまで来たものを「中止とは何事か」と思うだろうが、「不要な物は不用」なのだ。
つまり今度の八ッ場ダム中止は、新政府の「理性」と現地住民の「感情」の問題で、対立そのものにすれ違いがあるのだから、円満解決など最初から出来るものではない。
そこで現地の住民に聞きたいのだが、現地以外の日本国民に「八ッ場ダムは本当に必要か?」と言う問い掛けをされたら何と応える。
「これは我々の感情の問題だから、必要かどうかそんな事は知った事ではない。」と応えるのか?
周辺工事が途中まで出来ているので「本体工事を中止するのはもったいない」と言う意見もあるが、感情論で「意味の無い物」を造ってどうする?
現在の八ッ場ダムの予算は四千六百億円でその内三千二百十億円を使い残り予算は千三百五十億円としているが、この四千六百億円の予算は当初の二千百億円から工事中に二度増額見直しが為されていて、この手の工事は今後工事を進める過程で見直し増額されるのは通常の事(国土交通省の手口)なので、また「血税を注ぎ込み続けろ」と言うのか?
そして表面に出て居ているのは住民感情だが、裏に在るのは何であろうか?
「八ッ場ダム問題」についてのテレビコメンテーターのコメントが、「難しい問題ですね」が相場の訳は、本音を言ってしまえば「非難轟々」の同情論が在るから言い難いのであり、正直現地住民がゴネ得の味を学習している事実に触れられないからである。
きつい言い方をすれば、本来なら過疎化に悩む筈の現地の住民にとって八ッ場ダム計画は結果的に良い現地支援に成って居た。
現状でも保障以外に工事関係者の落す金、また工事関係に携わる「現地住民も多い」と言われ、工事中止は甚だ困る事も、そして地元自治体と地元首長も同様に工事関係から支援を受けているから中止は困るのも事実である。

民主党は、国民の為に当然の事を言っているだけである。
そもそもダム建設中止を進めたい民主党を責めるのは筋違いで、十年ほど前から方向転換すべきものを官僚と自民党政治家の「戦艦大和症候群」で中止に出来なかった。
六十年前(1949年/昭和24年当時)ならともかくもう結果は出ていて、高額投資をしたダム工事の結果、下流域で起こった海岸浸食にまた大掛かりな投資をして改修工事をしている。
これは次回のブログ「日航再生問題」で記述するが、国民の利便依りも国土交通省(前・建設省)の予算確保を最優先した「公営事業在りき(省益思想)」の姿勢にこそ「八ッ場ダム問題」の根源があるのだ。
八ッ場ダム中止問題は今後の国民の血税の使い道の在り方を示す試金石であるから、感情論や同情論は保障の範囲に留めるべきものである。

 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51590061