2012年04月10日

【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔検諭

無題2

【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔検諭



【◆】【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔機】に戻る。
【◆】【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔供】に戻る。
【◆】【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔掘】に戻る。
この「民主党・野田政権は最低の政権シリーズ」も今回で四作目になる。


政治家や公務員(官僚)、政策に批判的な指摘すると「批判ばかりで未来が無い暗い考え方」と綺麗事で批判をする勢力が居る。

根本的に「政治家が信用できない」と言うと、「おまえは民主々義を認めない無政府主義者か」と浅い考えの綺麗事で批判をする。

こう言う建前の理想主義を掲(かか)げて現実を潰してしまう輩(やから)は、一般的に理性(左脳域/計算)よりも感性(右脳域/感情)に走る人間で、行動が感情的である。

まぁ世の中には色々な考えの人が居るから、そう言う人物も居るだろう。

しかし世間に幾らでも在る現実を、自分の理想主義で「信じたく無いから」と言って目を瞑(つむ)っていては、何時(いつ)までもそれを認められない。

こう言う理想主義的な綺麗事を言う勢力が居るから、政治家や官僚にとってはシメシメである。

今までも政治家や公務員(官僚)が影で舌を出しながら暴走して来たのが日本の政治であり、世界の政治である。

庶民は綺麗事に騙され易いが、陰謀と駆け引きが渦巻く政界で正直者が生き残る筈も無く、当たり前の様に嘘吐(うそつ)きが跋扈(ばっこ)する世界である。

小生は歴史を主にして居るから言えるのだが、どんな理想主義を掲げても権力を奪取すると、腐敗して行くのが大半の人間の本質である。

つまり人間は権力に貪欲(どんよく)だから、常に批判する勢力が居ないと、結局は「自(みずか)らの利」だけを優先してしまう。

単純な話し、政権交代以前の民主党のアピール(良点を外部に示す)は庶民の味方だった。

所が、政権を手に入れると民主党の一部代議士は、マニフェスト(政策綱領/政権公約)など忘れたかのように権力にしがみ付いて豹変する。

これでは、政治家として「嘘吐(うそつ)き」と批判されても仕方がない。


野田政権は、厚顔にも権力保持の為に民主政治家の良心を売った。

日本の政治は、正直公務員(官僚)の支援なくして政治が立ち行かない構造に成って居る。

だから自民党政権当時から今日の民主党政権まで、官僚と上手く付き合った政権だけが長続きする結果に成って居る。

それを学習した野田佳彦氏は、選挙時の「公務員(官僚)を制御する」としたマニフェスト(政策綱領/政権公約)を反故にして形振(なりふ)り構わず公務員(官僚)に擦り寄った。

国民を馬鹿にするにも程がある総論的本質的な行為なのに、各論を持ち出して「このままでは財政が立ち行かないから消費増税をさせろ」と主張する。

チョット待て、各論の一部が正論ならマニフェスト(政策綱領/政権公約)の大半を反故にした嘘吐(うそつ)き根性丸見え政党の幹部連中を「信用しろ」と言うのか?


北朝鮮が、自称「人工衛星」とするミサイル発射の期日が迫っている。

基本的に「何を犯るのか判らない国」が相手だから信用置けないので、世界中が北朝鮮の動向に懸念を抱くのである。

これが日本の野田政権を見る民衆に比較してみると、マニフェストを反故にした「何を犯るのか判らない政党」であり、「何を犯るのか判らない政権」と形容する「信用が置けない連中」と言う事に成る。

基本的に嘘吐(うそつ)き政党の幹部連中の政策の良し悪しを、老害コメンテーターが「各論ごとに判断する」などと浅い考えの綺麗事を言う。

このコメンテーターは、トンデモナイ老害の「ポンスケ」で、各国伴に税制の内容が違うのに単純比較して「日本の加税率は低い」と主張し、野田政権を擁護している木を見て森を見ない・偽善者である。

そう言う綺麗事を言う「ポンスケ」が居るから、政治家や公務員(官僚)が「永田町文学」を操り、影で舌を出す土壌を残す結果になる。

公務員(官僚)保護内閣で実質「官主党」の野田内閣は、公務員(官僚)達の「天下りの構造」に手を突っ込まないで「消費増税」を為そうとしているが、それでは増税分もコッソリ「天下りの構造」に蝕(むしば)まれてしまうのではないか?


野田佳彦氏は街頭演説の口先で得票し総理まで上り詰めた経験から、また「口先で支持を得られる」と国民を甘く見ている。



だが、国民に信用されない連中に、国民が各論事の「政策の良し悪しを支持する」と想っていると、国民を甘く見た大間違いである。

国民に対して丁寧に現状を説明するでもなく、マニフェストを実行するでもなく、野田佳彦氏は只々財務官僚のマインドコントロールの下に「消費増税」を最優先する。

「消費増税」に関して正論を吐いている小沢グループを無視、同様に正論を吐いていた国民新党を分裂させ代表・亀井静香氏を追い出させて元代表にした。

政治家の本音なんてそんなものだろうが、国民新党の残留組六人には仁義も誠意も無く、政権の旨味(うまみ)に負けて物心伴に世話に成った亀井静香元代表を党から追い出した。

野田佳彦氏が、周囲の反対を押し切って決行する「消費増税」と北朝鮮の「ミサイル発射」とは、「無茶苦茶な点で一致している。」のではないのか?

「消費増税」に関しては最大野党・自民党も同様の意見で増税賛成だが、流石(さすが)永い間政権に在って公務員(官僚)を増長させて来た過去を持つ政党だけに、公務員(官僚)改革などは消極的な「増税のみ派」の政党である。

これでは二大政党どちらに転んでも、残念ながら公務員(官僚)の無駄使いの構図(天下りの構造)は無く成らないではないか?


「原発再稼動」、東電の「電力料金値上げ容認」に関しても、まるきり民主党政権幹部の一方的な強行判断で、正に内閣の意思決定段階では独裁政権化してきている。

「原発再稼動」について野田政権は、手始めに原発銀座・若狭湾にある大飯原発(福井県)の再稼動を目論んでいるが、これは最も危険とされる東海地震域の浜岡原発(静岡県)に継ぐ危険な地震立地立地の原子炉である。

また、東電の「電力料金値上げ容認」についての野田政権の意図は、明らかに国家予算とは「別の財布を温存して活用しよう」と言う、公務員(官僚)が考えそうな姑息な考え方である。

福島原発の保障に対する「原資捻出の手段」を目論んでいるのだろうが、値上げされる企業も低所得家庭も、こんな形で「見なし税もどき」を吸い上げられては堪(たま)ったものではない。

つまりどの政党が政権を奪取しても、結論が安易な「増税」や安易な「みなし増税」ならば、民主主義そのものが「只の目くらまし」で、本質は「隠れ官僚独裁国家」と言う事に成る。

野田佳彦氏のアピールが、「国民の為に答えを出して行く政治」と言う掛け声だが、「官僚独裁」を許したままの「消費増税」が、本当に「国民の為の答え」なのだろうか?

自覚して下さい野田佳彦さん、口が上手いだけの演説はもう国民が聞き飽きているのですよ。

【◆】【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔機】に戻る。
【◆】【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔供】に戻る。
【◆】【野田総理の「消費税増税」では日本は救えない〔掘】に戻る。

【◆】【安倍政権にゾンビ復活の不安】に飛ぶ。
【◆】【大飯原発再開はおおいなる矛盾

★【またも鮮明になる建前上の「筈だ切捨て論」の絶望】が、日本行政の今最大の正すべき最優先課題である。

野田政治関連
TPP加盟問題って、わかっていますか?】に飛ぶ。
解散総選挙・民主党大敗の兆(きざ)し】に飛ぶ。
野田政権と尖閣・竹島・オスプレイ】に飛ぶ。
祝・民主・自民の現職国会議員大量落選予測】に飛ぶ。
困った事だよ民主党】に飛ぶ。
野田佳彦氏の嘘吐(うそつ)き・ペテン師・詐欺師】に飛ぶ。
首都圏近郊・房総半島沖の地震と津波】に飛ぶ。
野田政権・鼻糞が目糞を叱る。】に飛ぶ。
若狭湾の原発再開、チョット待った。】に飛ぶ。
東日本巨大地震と原発・節電呼びかけの怪】に飛ぶ。
民主党・消費増税は日本経済を破壊する】に飛ぶ。


】【本ブログ・・・クリック一覧表


無題2
 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。

リアルタイム忍者ビジター



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51898967