2012年10月29日

【解散総選挙・民主党大敗の兆(きざ)し】

無題2

【解散総選挙・民主党大敗の兆(きざ)し】



「内閣の延命」だけを仕事にして居る民主党は、もぅ見苦しいだけである。
鹿児島三区の衆議院補選は、与党・国民新党(民主推薦)候補が僅差で自民党候補に敗れた。

野党時代の民主党は庶民の味方・正義の味方に見えたのに、与党の今は全ての発言が政権延命の為の「こじ付けの詭弁」にしか聞こえない。
野党時代は改革の騎士を気取っていた民主党議員の大半は、野田佳彦氏氏同様に権力の亡者に変身してしまった。

まぁ鹿児島三区の衆議院補選は、今話題の第三極の候補者が居なかったので与野党拮抗は仕方が無いが、小選挙区では僅かの票差の接戦でも落選する。
嘘吐きどじょう」の民主党・野田政権は、政治に大きな閉塞感を創ってしまった。

これで第三極(維新の会・みんなの党・石原新党)の結集あらば、前回民主党に投票した無党派票と改革派票は、悪政の因果応報で第三極(維新の会・みんなの党・石原新党)グループに流れるだろう。

つまり民主党は壊滅的な大敗を喫し、後世に歴史的な最低内閣と名が残るに違いない。

民主党議員は「民意を読めない連中」である。
もし民意が読めていたら、惨敗が見えている野田氏を解任し、「消費増税」を撤回すべきだった。

民意が読めない政治家を、有権者が「選挙で投票してくれる」と想うのは甘えであり、有権者を馬鹿にして居る。
基本的に「自分の意見が正しい」と想い込んでいる野田佳彦氏には、周囲の意見を聞き入れる度量がまるっきり無い。

それで何事も強引に事を進めてしまう野田佳彦氏の幼稚さが、必ず自滅の道を辿る事だろう。

正直外から観て居て野田佳彦氏の危うさが判るのに、民主党の当事者にその事が判んないでは、余程庶民と掛け離れた政治家に成り下がって居るに違いない。

リーダーに求めるのは「たくましい創造力」で、無難な「良い子坊ちゃん」ではない。
しかし「良い子坊ちゃん」のしょうも無い勘違いは、誰かに褒めて貰える事が「正義だ」と思い込んで居る事である。

小泉純一郎氏を「最悪の内閣」と評し野田佳彦氏を「最低の内閣」と評する違いが、実はこの創造力の有無の違いである。

小泉純一郎氏は「最悪の内閣」だったが、まだ「最悪なりの創造力」は在った。
対比するに野田佳彦氏にはまったく創造力に欠けていて、「総理と言うリーダー」に成っては駄目な存在だった。

いずれにしても良い子坊ちゃん・野田佳彦の尻馬に乗った民主党議員は、幹部も含めて近く総選挙の民意で「こっ酷い目」に遭うだろう。


現在騒がしい赤字時の財源確保の為の「特例公債法」に関しては、与党・民主党側が「国民生活への影響」を逆手に取る事はテクニックとしては「在り」かも知れない。
だが、与党がそれを仕掛ける事は政権延命行為以外の何物でもなく、政権党の立場上余りにも品が無い。

それでも野党とのチキンレースに持ち込んだのだから、主権者であるべき国民の事など一顧だにしてはいない。
国民だって、「財務官僚と野田佳彦氏が仕組んだ陰謀」と気付く所だから、最終的には与党・民主党の悪あがきと受け取られ益々支持率を下げると考えて良いだろう。

国民そっち退(の)けで、「内閣の延命」だけを仕事にして居る「喰えない嘘吐きどじょう」の野田佳彦氏は、総理大臣としては高レベルで性質(タチ)が悪い。

野田佳彦氏は、歯車の歯に成りたく無くて政治家を選んだのだろうが、結局官僚に取り込まれて惨めな歯車の歯に成って居る事に気付かない。
その状態でも政権トップに執着する野田佳彦氏には、最低の政権としての評価がドンドンと深まり行き、歴史に残る「哀れみ」さえ感じる。

民主党よ、今まで自分達が遣って来た事が「正しいと主張する」なら堂々と信を問うべきで、何故解散を恐れて先延ばしする。
それと言うのも、民主党議員は自分達のして来た自分達だけの政治に、国民が高評価する自信が無いからである。

野田佳彦氏が権力欲の塊(かたまり)である証拠に、あれほどシロアリ官僚を排除するかの様に選挙演説していたのに・・・野田佳彦氏は、露骨にシロアリ官僚に妥協し続けて「内閣の延命」を図った。

そして民主党の大半は、そんな野田佳彦氏に乗ってマニフエストを棄ててしまった集団ペテン師である。
民主党よ、もぅ日本国民の八割以上が、貴方(あなた)方民主党議員を、政権延命だけの「みすぼらしく小汚ない」集団と観ていますよ。

まぁ、見るからに厚顔でないと政治家など務まらないかも知れないが、国民は誰が大嘘吐きかはもぅ判っている。

元々嘘吐きの野田佳彦氏が、新春に交付される政党交付金(せいとうこうふきん/政党助成金)が真近にぶら下がっているこの次期、「近い内解散」など怪しい話しである。

大敗北が予想される民主党が、政党交付金(せいとうこうふきん/政党助成金)の権利が確定する前に解散総選挙などする訳が無く、粘り勝ちで大金の受給逃げを狙っている。

つまり一月一日を基準とし翌二日から起算し十五日以内に、総務省に届け出た政党の所属議員数の割合に応じて国庫から交付される資金半分が配分される議員数割・政党交付金(せいとうこうふきん/政党助成金)である。

また残りの国庫から交付される資金半分は、直近の国政選挙の得票率(衆議院総選挙と過去二回の参議院通常選挙)の得票数割に応じて各政党に配分される政党交付金(政党助成金)で、得票率でも大敗する可能性が高い民主党が交付権利確定前に解散総選挙などする訳がない。

野田佳彦氏は、全てに於いて「思い込んだら一途(いちず)なだけ」で、与野党間も国際外交でも自分の想った事を押し通すだけである。
その一途(いちず)な戦略無き思い込を、都合良く「聞かない相手が悪い」と責任を押し付けるトンデモナく強引な総理である。

そして、したたかな「嘘吐きどじょう」を「ザルで掬(すく)えない(解散確約)」ドタバタ自民党、このままで行けば審議拒否に批判が集まって野田佳彦氏の思う壺である。

日本の政治の全てに関して、誰が責任を負うのが基本なのか?
本来、日本の政治の全てに関して、最高責任者が責任を負うのが当たり前なのに、野田佳彦氏と民主党幹部はそれを避けて、言葉巧みに野党の責任にしようとしている。

責任を負おうとしない政権与党など、本来在っては成らないのが最低限の政治家のモラルである。

従来の感覚で、敵に廻したら恐い相手を間違えている古い政治家や経営者は多い。
現代では、恐い相手はITネットコミニケーションを使い出した庶民そのものである。

庶民がコミニケーションとして使い出し発展したネット社会が、情報伝達の最大ツール(道具)で在る事を、認識しない古い政治家や経営者はもぅ失格である。
ものを考える上に於いて、「定説」や「常識」は思考の柔軟性を奪うもので、そう言う見っとも無い主張は余り知的なものとは言えない。

特に「定説」とか「常識」を主張する人間は、受け取った情報を整理する能力に欠け、新たな可能性を封じてしまう。

近頃問題に成って居る事に、通常の税金とは別に「上乗せ増税した復興税」の予算執行は、官僚の裁量で恐らく天下り先と関わりがある復興とは直接関係無い所に使われて今更問題が浮上している。

「勉強すれば偉い人に成れる」の官僚も「復興税」を復興に関係ない天下り先関係に、あれこれ理由を付けて予算付けをする品性の無さである。
もぅ無茶苦茶な予算執行だが、現実には大政党トップの民主党も自民党も、大手マスコミまでが霞ヶ関(官僚)の掌中で意のままに踊らされている。

つまり税を喰い荒らす「シロアリ(官僚)」は、厚顔にも未だ続いていて、正に小生言う所の「桜に巣食う嘘吐き毛虫」である。
日本の官僚が「嘘吐き毛虫」なら、日本の現総理大臣・野田佳彦氏も「嘘吐(うそつ)き・ペテン師・バカ」を自ら認めている。

「嘘吐きも方便だ」と想っている野田佳彦氏は、品性に欠け「とても子供の見本には出来ない」し、誰も「良政」など期待してはいない。

そして、教育委員会も「嘘吐き」で虐(いじ)めが隠蔽(いんぺい)されるなら、日本人は何を頼りにすれば良いのか?

国民の為にあるべき「公の職に在る者」が、総理大臣を始め皆自分の事しか考えていない。
つまりその資格が無い者達が、厚顔にもこの国を牛耳っている。

そして野田佳彦氏は、本来なら総選挙で「国民の信」を問うてから国会通過させるべき「消費増税」を、総理に居座ったまま国会通過させた。

いずれにしても、選挙時の約束と違う「消費増税」を強引に国会通過させた民主党は、次の総選挙で何を言っても国民は信じないだろう。
しかしまぁ、嘘吐き野田佳彦氏が、嘘吐き民主党政権が、何を言っても国民に信じられないのだから、次期マニフエストなど作成せずに解党をすべきである。

それさえ判らない鈍感さで臣ポストや党幹部ポストに目が眩(くら)んで居るのなら、国政など任される筈か無い。

民主党は次の総選挙で負けるのが判っているから、解散を先延ばしにしている。
それでも彼らは国民を甘く見て、最も有利な解散時期を模索している。

だからこそ結果的に、「騙されてはいけない」と国民が声を挙げなければこの異常な事態は動かない。
偽らない心境として、国民が勝ちに行くにはいたずらに幸運が遣って来るのを待っていても仕方が無い。

国家の統治体制を変えるのであれば綺麗事で済ませる訳訳も無く、何でも遣る積りで掛かって漸(ようや)く将来への展望が開ける。

どうやら民主党は、世間の常識では考えられない程に打たれ強くしぶといだけの霞ヶ関(官僚)に踊らされている男を、民意を無視して党代表(総理大臣)に再選してしまった。歴史に残る「大嘘吐き総理」を再選した民主党議員も、言い訳が利かない「大嘘吐き議員」で、国民とすれば次の選挙で思い知らせなければ成らない。

まぁ、或る意味どんな批判に晒(さら)され様とも頑(ガン)として踏ん張れるのが野田佳彦氏の信条のようである。
だから、大敗が予想される解散総選挙を少しでも延ばしたい民主党の衆議院議員には、野田佳彦氏のしぶとさが頼りなのかも知れない。

そしてその異常にしぶとい野田佳彦氏に、妥協を繰り返して翻弄(ほんろう)されている自民党は何なのだろうか?
野田佳彦氏は、目的の為に約束を反故(ほご)にする事など何でもない事は、首相就任直後の変心・「消費増税」で充分に判っていた筈である。

それでも自民党は、「自分達との約束は守る」と踏んだのだろうが、野田佳彦氏本人は「嘘吐(うそつ)き・ペテン師・ばかと言われようが」と到って言動に責任が無い。
そんな程度の低い政治家達など、国民には不用である。

オスプレイの配備でも放射線汚染土壌の処分地でも、随所に見せる野田佳彦氏が自治体首長たる相手を舐(な)めている不遜な態度での「一方的で強引な政治手法」が目立っている。

その一方的で強引な政治手法は正に官僚の遣り方で、つまり官僚のコントロール下に在るロボットの動きである。
この強引な手法で一方的通告を受けた地方自治体の長は、野田佳彦氏の「手法」の余りの酷(ひど)さに呆然としている。

それでも直接自分に及ばない限り、日本国民は凝りもせず「善なる市民に政治批判はそぐわない」と言う独り善がりがかなり多い。

官僚は「国家公務員上級職試験」に合格しているから確かに頭は良い。
しかし断って置くが、「頭が良いから」と言ってその人間に勇気が有るとも限らないし、その人間の善人の証明にも成らない。

現実を認めなければ、対処方法の模索は出来ない。
その貴重な機会を、「自分達の感性に合わないから」と気分で否定してしまう勢力がある。

感性でものを考えるのは良いが、それでは真の現実は語れないばかりか、全ての現実を気分で葬(ほおむ)ってしまう愚を犯す。

★【またも鮮明になる建前上の「筈だ切捨て論」の絶望】が、日本行政の今最大の正すべき最優先課題である。

関連記事紹介
安倍政権にゾンビ復活の不安】に飛ぶ。
次の参議院選挙と民主党の運命】に飛ぶ。
選べない投票先・・総選挙前夜】に飛ぶ。
解散総選挙の争点・「脱原発」】に飛ぶ。
TPP加盟問題って、わかっていますか?】に飛ぶ。
野田政権と尖閣・竹島・オスプレイ】に飛ぶ。
祝・民主・自民の現職国会議員大量落選予測】に飛ぶ。
野田佳彦氏の嘘吐(うそつ)き・ペテン師・詐欺師】に飛ぶ。
民主党・消費増税は日本経済を破壊する】に飛ぶ。
困った事だよ民主党】に飛ぶ。
野田総理の「消費税増税」では日本は救えない】に飛ぶ。
議員定数削減案に物申す】に飛ぶ。
地方分権・道州制案の怪しさ】に飛ぶ。
小泉改革の正体】に飛ぶ。


】【本ブログ・・・クリック一覧表


無題2
 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。

リアルタイム忍者ビジター



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51934273