2013年01月29日

【アベノミクスは悪夢の熱病か?】

無題2

【アベノミクスは悪夢の熱病か?】



この文章は、再登板した安倍晋三政権の経済政策成功を祈りつつ、その政策に対する疑問点を指摘する物である。

最優先で取り組む大胆な金融緩和政策、機動的な財政政策、成長戦略として経済インフレ化による二パーセント物価上昇を目標に景気底上げを狙う経済再生プランが「アベノミクス」である。

要するに「アベノミクス」は、日銀を使って市中に資金をジャブジャブに送り込み、円安と株高を誘導して輸出産業を支援する目論見である。

これは一千兆円を数える赤字国債の積み増しを一時的にさて置いて肯定する話しで、パラドックス(逆説/ぎやくせつ)として国際的信用を失い経済的打撃を蒙(こうむ)るリスクが在る。


日銀・黒田総裁(黒田東彦/くろだはるひこ)氏は、大蔵省(当時)の財務官を経て、一橋大学大学院教授、アジア開発銀行総裁、そして第三十一代日本銀行総裁に就任した財務系サラブレットである。

黒田氏は、「十五年にわたる日本のデフレーションの責任は日銀に在る」と明言、「二パーセントの物価目標を達成する」としているが、「上から目線」の財務政策は危険要素が高い。

つまり収入(給料)を上げないで物価だけ上昇させれば、逆に消費が低迷する事は明白で、インフレーションへの移行など根本的に出来ない。

これでは、黒田氏の日銀総裁任期中に物価目標の達成など出来るものでは無い。

つまり、黒田氏の財務政策に欠けているのは「庶民目線・庶民心理」で、この「上から目線」で日本の物価目標はコントロールできないのだ。


ソモソモ論で言えば、累積する赤字国債の解消が急務で「消費増税」を政治課題に挙げた時、国民には「シロアリ官僚退治」は条件だった。

安倍総理のアベノミクス(経済インフレ化計画)騒ぎで、「累積する赤字国債の解消」と「シロアリ官僚退治」は見事に雲隠れしている。

しかし今はマスメディアも、アベノミクス(経済インフレ化計画)騒ぎに湧きかえり、「シロアリ官僚退治」の雲隠れを冷静に指摘するマスメディアも無い。

これは小泉政権時の「郵政民営化一本やり騒ぎ」と同じ手法で、国民が要望している「シロアリ官僚退治」と「消費増税」に対する目くらましである。

しかしあれほど盛り上がった「郵政民営化」騒ぎが、国民に幸福をもたらした実感もなければ、その後「立派な施策だった」と言う評価もない。

「アベノミクス(経済インフレ化計画)」も、「郵政民営化」同様に「安倍総理が何かしてくれる」と言う期待感だけが先行して人気が盛り上がった話である。

本来人間の思考の根源は理性と感性の二通りが在るが、その点で市場もマスメディアも国民も、安倍氏への感性的な期待感に冷静さを欠いては居まいか?

まぁ円や株の市場相場は雰囲気でも動くものだから安倍政権のスタートは成功だが、この勢いが今後いよいよ実態が伴って持続して行けるかどうかである。


省みれば、自民党もご都合主義のメチャクチャな言い分を言うもので、散々民主党の政策に「財源は何処にある」と攻め立てて居た。

野党時代はそんな後ろ向きの言い分だったにも関わらず、政権を取ったら今度は「財源は棚上げにして、思い切った財政投資をする」と言うのである。

かなり矛盾している話だが、「景気を良くしてくれるならまぁ良いか。」と言うところで今は追求されていない。

しかしこれを冷静に理屈で考えれば、「アベノミクスが正しい手段なら」当時の野党・自民党が民主党政権の経済浮揚策を巧みな論法で脚を引っ張って、景気に悪影響を与えていた事になる。

つまりそんな話なら、民主党のバラマキ政策も理屈としては同じ事なのに、安倍氏の経済再生プラン・「アベノミクス」の勢いに圧されて皆が沈黙している。

理性で考えて理屈に合わない事を、人気と言う感性のノリだけで流されては小泉悪政の再来を許すかも知れないではないか?

財政状況は改善するどころかむしろ悪化しているのに、全て棚上げにして機動的な財政政策つまり大型公共投資を推し進め、大胆な金融緩和をして景気を刺激し「経済をインフレ化させる」と言う。

これで末端の中小零細企業や個人の収入(所得)へ金が廻らず、竹中平蔵氏が小泉政権時代に構築した市場優先構造で大企業の株主と投資ハンドだけが儲かるような事には、絶対にしないでもらいたい。


それにしても、今度は「財務官僚含めて官僚から異論が無い」と言う事は、自民党は「シロアリ官僚退治をしない」と言う密約か暗黙の了解があるのではないか?

まったく自民党も、言って居る事に一貫性も整合性も無いのだから、呆れる事に「財源問題」は只の政党間闘争の攻め材料だった事になる。

言って置くが安倍晋三総理、国民は「シロアリ官僚退治」を棚上げにして、官僚に甘い汁を吸わせる気は無い。

小泉政権当時、「聖域無き改革」の掛け声の下で、高齢者や障害者などの社会弱者に痛みを伴わせた「社会保障制度の改悪」が、またも芽吹いて来る兆候がある。

安倍総理はアルジェリアに於ける武装テロを非難しているが、「社会保障制度の改悪」は対抗手段を持たない社会弱者にとっては政策テロである。

そして、「消費増税」の施行だって手落ちが無く納得が行く「福祉政策が一体」で、尚且つ「国民に実感を伴う景気回復」が前提である。

この辺りの配慮を安易に怠(おこた)れば、安倍晋三総理は野田佳彦嘘吐(うそつ)き総理と同じ運命を辿る事に成るだろう。


従来の感覚で、敵に廻したら恐い相手を間違えている古い政治家や経営者は多い。

今までは業界団体や組合だったが、現代の恐い相手はITネットコミニケーションを使い出した国民そのものである。

国民に拠るITネットコミニケーションに拠って、国家さえもが転覆する時代である。

国民がコミニケーションとして使い出し発展したネット社会が、情報伝達の最大ツール(道具)で在る事を認識しなければならない。

ネット社会を認識しないで、旧来の業界団体や組合の言い分、新聞やテレビ放送をニュースソースにしている古い政治家や経営者はもぅ失格である。

ものを考える上に於いて、旧来の「定説」や「常識」は思考の柔軟性を奪うもので、そう言う見っとも無い主張は余り知的なものとは言えない。

特に「定説」とか「常識」を主張する人間は、受け取った情報を整理する能力に欠け、新たな可能性を封じてしまう。

一般国民にしてみれば政治は結果が全てで手段は問わないのかも知れないが、それにしても政界に人間的な信義は在るのだろうか?

国民も今は翻弄されるばかりであるが侮るなかれ、静かに復讐の芽を息吹初めて居るのかも知れない。

過去の総括無きアベノミクス
安倍晋三とアベノミクス(経済インフレ化計画)
安倍政権にゾンビ復活の不安
アベノミクスの中身が見えて来た

関連記事紹介
次の参議院選挙と民主党の運命】に飛ぶ。
選べない投票先・・総選挙前夜】に飛ぶ。
解散総選挙の争点・「脱原発」】に飛ぶ。
解散総選挙・民主党大敗の兆(きざ)し】に飛ぶ。
TPP加盟問題って、わかっていますか?】に飛ぶ。
野田政権と尖閣・竹島・オスプレイ】に飛ぶ。
祝・民主・自民の現職国会議員大量落選予測】に飛ぶ。
野田佳彦氏の嘘吐(うそつ)き・ペテン師・詐欺師】に飛ぶ。
民主党・消費増税は日本経済を破壊する】に飛ぶ。
困った事だよ民主党】に飛ぶ。
野田総理の「消費税増税」では日本は救えない】に飛ぶ。
議員定数削減案に物申す】に飛ぶ。
地方分権・道州制案の怪しさ】に飛ぶ。
小泉改革の正体】に飛ぶ。


】【本ブログ・・・クリック一覧表


無題2
 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。

リアルタイム忍者ビジター



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/51948470
この記事へのコメント
全く同感です
いい加減気付け、日本人
Posted by こっち at 2013年02月01日 04:40