2014年03月27日

【渡辺喜美氏の政治資金疑惑に、政治家としての資質を問う】

無題2

【渡辺喜美氏の政治資金疑惑に、政治家としての資質を問う】


(みんなの党所属議員の皆さん、党を解体しましょう)

正直に指摘すると、政治家は絶えず宿命的矛盾(しゅくめいてきむじゅん)との葛藤の中でもがき苦しむものである。

つまり、清廉であるべき政治家の「理想的な姿」と、権力確保の為に「必要な政治資金」との宿命的矛盾(しゅくめいてきむじゅん)である。

にも関わらず、宿命的矛盾(しゅくめいてきむじゅん)を無きがごとく振舞う政治家に関して、日本史作家である小生は、常々「政治家は嘘吐(うそつ)きの始まり」と強く提唱している。

そして人間は、権力を持つと「かならず腐って行く」と警告したい。


小生は、渡辺喜美氏が「維新の会代表・橋下氏の従軍慰安婦問題」を政争化して大騒ぎした時から渡辺氏の政治家としての資質を疑い始め、批判を開始しした。

そうこう渡辺氏を批判している間に、「みんなの党」は「新党・結いの党」と分裂して渡辺氏の人望の無さが露見した。

「橋下の従軍慰安婦問題」を政争化したに関しては、当時、「維新の会」と「みんなの党」の選挙協力が、みんなの党・江田憲司党幹事長の主導で進んでいた事で、党代表の渡辺氏としては江田氏に対して不信や不満が在った。

渡辺氏は、その「維新の会」との選挙協力を潰す為に、「待ってました」と在りもしない「従軍慰安婦の強制連行」を、大騒ぎして日本国と日本人を国際的に辱めた。

従軍慰安婦問題を自らの政治的利害に利用する渡辺氏の姿勢は、日本人として「卑劣」としか言い様が無い。


平成二十六年三月後半の現在になって、みんなの党々首・渡辺喜美氏に政治団体の政治資金収支報告書や2012年衆院選挙の運動費用収支報告書に該当しない八億円の選挙資疑惑が浮上した。

八億円の選挙資金疑惑は、化粧品販売会社・DHCの吉田会長から渡辺氏が借り入れて、未だ「五億五千万円の返済が無い」と言う。

渡辺氏は選挙資金疑惑を否定して「選挙には使わず、通常の政治活動費に使った」と釈明している。

渡辺氏は「選挙資金では無い」と言っているが、貸した方の「DHC・吉田会長は選挙資金と解釈していた。」と証言している。

借り入れ時期も、三億円・五億円の二度とも参院選・衆院選の選挙とタイミングが一致しているのは偶然と言えるのか?

他人への追求には、下品に口を極めてののしり罵倒する公党々首・渡辺喜美氏が、自らの政治資金疑惑についてはニャ付きながら釈明している。

しかも都合が悪くなれば、金を借して助けた相手のDHC・吉田会長を悪く言って自らを擁護する。

こんな奴に金を貸した吉田会長も、渡辺氏の人格を観誤まった。

いずれにしても八億円は、個人で借りようが団体で借りようが、政治資金報告書に借用金として記載が無く、用途が選挙資金か政治活動費だったかは疑惑のままで追及の仕様が無い。

この未記載事実は、明らかに「政治資金規正法」に反する所業で、「世間にバレタから訂正して記載すれば良い」と言う軽々しい類のものではない。

他者の疑惑行為は辛らつに批判しながら、自らの野望の為には政治家として犯しては成らない政治資金疑惑をぬけぬけとするなど赦し難い。

つまり国民の範たるべき政治家のしかも政党々首・渡辺喜美氏は、ルールを破り国民を偽った。


渡辺喜美氏は「脱官僚」を標榜してみんなの党を結党し、国民の支持を得た筈である。

だが、「脱官僚」はどうやら政治的な選挙対策パホーマンスポーズだったらしく、風向きが変わったら、官僚とナアナアで無批判の自民党に擦り寄り始めた。

つまり渡辺喜美氏は、「政治家は嘘吐(うそつ)きの始まり」を地で行った。

小生は、みんなの党が新党・結いの党との分れつ時にも言及したが、みんなの党の全議員は速やかに党から離脱すべきだった。

渡辺氏が、政党々首として相応しく無い人物だからである。

国民を馬鹿にした慰安婦問題の渡辺喜美氏

従軍慰安婦・敢えて橋下氏説に賛同する

みんなの党・分裂を祝う

】【本ブログ・・・クリック一覧表
無題2
 />にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの歴史・時代小説ブログ
皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集/>にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ <=このブログのランキング順位確認できます。

リアルタイム忍者ビジター



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jiyoudanslb/52005404