「ハロウィン」とは万聖節つまりキリスト教でいうと毎年11月1日に様々な聖人を記念する祝日がありその前夜祭として行われていたお祭りです。
秋の収穫を祝って悪霊を追い出すためのお祭りです。
万聖節のことを「All Hallow's」と言って、その前日なので「All Hallow's EVE」と呼んでいました。
それが短縮されて「Hallow E'en」となって、さらに「Halloween」となり今のように「ハロウィン」と呼ばれるようになったのが語源です。

元々は数千年前に古代ケルト民族が行っていた「Samhain」という祭りが起源だとされています。
ケルト民族では10月31日を1年の終わりの日と定めていてその夜を死者の祭としていたのです。
死者の霊が親族を訪ねてくる夜で、日本でいうお盆のようなものです。
悪霊たちが横暴して子供たちをさらったり、家畜や作物に害をおよぼしたりする夜でもありました。
そのため焚火が不可欠なものとなっていました。

ハロウィンでは、子供たちが様々な衣装で仮装をして練り歩きます。
窓をたたき「Trick or Treat」と言いお菓子をねだります。
これは昔祭りのための食料をもらって歩いていた農民たちの様子をまねしたものです。
ハロウィンで恐ろしい衣装を着るのは、家の周りにいる悪霊たちが寄り付かないようにするためにしていたそうです。
日本でもハロウィンのイベントがかなり定着してきて、幼稚園や学校、英会話教室などでもイベントが開催されています。