2018年02月01日

みんなで繋ごうヤマトの輪〜neko log〜

こんにちは。
「クロネコブログ便」公式担当のKです。
2月1日木曜日です。
Jさんの呟きをどうぞ。
「ここまでやらなければ、最後なのかと言う便がたまにはやってくる。これからもDM便継続していく。」←(Jさんに文章を頼むと、なぜ毎月のように謎の文章が出来上がるんでしょうか?僕に聞かれても困ります。)
次は僕です
中間報告。
2017年4月1日〜2018年1月31日までの冊数が4187冊になりました。
例年に比べて、滑っていた箇所が滑らなくなったり、滑らなかった箇所がツルツルになっていたりするので、足を踏み入れるまでわからないんです。
毎回滑る箇所がありまして、坂道でもなく平坦な道にも関わらず、めちゃくちゃツルツルになる場所があるんです。
このルートに関しては、謎です。←(どうしたら、あんなにツルツルになるのか。)
去年頃から、ちょっとでも雪が積もったら、除雪するようになりました
冬には、積雪のため配達不可の家が出てきます←(3件ぐらい)
しょうがないので、伝票に配達が出来ない理由を記入して、営業所に返します。
数年前に事務所が移転してるにもかかわらず、未だに着荷しているDMもあります。
雪かきが面倒なだけか、冬は家にいないかのどっちかだと思います。
冬期間だけですが、勝手に「冬道安全運動」と言うのをやっています。
「冬道安全運動」紹介。
・歩道をあるいていても、車が着たら止まる。
・止まったら危険な場合は、車が来ても止まらなくてもいい。
・車が数メートル先にいる場合でも、道路を横断する場合には、車を先行させる
・クランクは、小回りではなく大回りで曲がる。←(このエリアについては、クランクありすぎです。)
・除排雪作業中は、作業中の除雪車に注意しながら、早めに通過する。
・普通の歩き方はしないで、靴底を氷に付けて歩く。
この6つです。
2つ目の「止まったら危険な場合」と言うのは、猛吹雪です。
止まった方がいい場合は、地吹雪・ホワイトアウトの2つです。
「危ないだろ!!」とか言われそうですが、猛吹雪の時ときに止まることは、手足の感覚がなくなるので危険です!!
地吹雪・ホワイトアウトは、風向き次第で晴れたりするので、止まっていた方が安全です。
エリア情報は、建造物を作っています。
1月26日〜1月29日に掛けて地面を掘っていて、1月31日から足場を組んで、幌を掛けだしたので、以外に早くできるんじゃないかと思います。
今のところ、作業員も何が出来るかわかっていません。
進捗状況・完成のお知らせは、このブログでやっていきます。
予告しといて来月に完成したら、いきなり完成のお知らせになります。
ネタ切れです。
今月は、ここまで。
「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ!!」
♪35
通巻89


jiyukoubou at 14:54|PermalinkComments(0)

2018年01月05日

みんなで繋ごうヤマトの輪〜neko log〜新春号

あけましておめでとうございます。
今年も「クロネコブログ」をよろしくお願いします。
2018年1月5日金曜日です。
新年早々ではありますが、Jさんの呟きをどうぞ。
「今年も1年間DM便を頑張ります」←(丸々修正です。)
次は僕です。
近況は、最近集計結果を出したんですが、2017年内の配達が1600冊。
2017年4月〜12月までが、3792冊です。←(この差はなんだ!!)
これまでの月間最高冊数が、2017年10月の537冊です。
本日の冊数も、いきなり36冊で「あけましておめでとう」状態でした。
僕は配達時に、静電気でDMがくっつかないように、クリアファイルを使っています。
ビニール放送のDMの後ろにシートタイプのDMを入れて配達することが多いので、くっついたまま入れると誤配につながりますし、変なところで剥がすと地面に落ちるので、クリアファイルを使っています。
クリアファイルの使い方ですが、シートタイプと思われるDMの数だけ、クリアファイルを用意します。
用意できたら、シートタイプのDMを、用意したクリアファイルの中に入れます。
そうすることにより、シートタイプのDMがビニール包装のDMにくっつくことがなく、作業がスムーズに行えます。
用意するクリアファイルですが、裏面が透明なタイプをご用意ください。
なぜなら、宛先が見えなくなると意味がないので。
今日に限ってエリア内を除雪車が走るので、歩きやすい反面滑ります。
みなさんも、除雪車が走った後はお気を付け下さい。
新年早々にして転んだら「あけましておめでとうございます」ならぬ「こけましておめでとう」になるんで。
「冬道は急に止まれません」ということで、交差点に差し掛かっている車がいたら、先行させましょう。
冬道で気を付けてほしいことは、カーブは小回りで曲がるんではなく、大回りで曲がることです。
どういうことかと言いますと、小回りで曲がったらその部分が氷だったケースが多々あります。
要するに、道路の真ん中は氷だということです。
僕の場合は、冬になると「雪上歩行訓練」と「氷上歩行訓練」を行っているので、転びません。
排雪作業時は、排雪作業員と顔見知りになることも一つの手です。
排雪作業員に排雪箇所を聞いたりしておくと、作業がはかどります。
きりがないので、ここまで。←(半ばヤケクソですが、新年なのでご勘弁を。)
「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ!!」
また来月!!
♪34
通巻88


jiyukoubou at 14:54|PermalinkComments(0)

2017年12月05日

みんなで繋ごうヤマトの輪〜neko log〜2017年最終号

冬の青空に騙されてはいけない!!
こんにちは。
12月5日火曜日です。
「クロネコブロク便」公式担当のKです。
Jさんの呟きをどうぞ。
「やっぱり、いきなりドーッとこられてもパターンがあるし、やっぱやりづらい。」←(そう言われても、物流の事情がありますので。)
近況は、11月6日の89冊・11月21日の53冊・11月24日の63冊・12月4日の60冊です
11月6日の89冊は、3日の祝日分が通常分と混ざってきたために、起きた現象だと思われます。
11月21日の53冊は、スーツ店のDMです。
11月24日の63冊は、ケープルテレビの雑誌です。
昨日の60冊は、特定された荷物はなくバラで着荷した結果が、60冊でした。
祝日分を溜めている原因を作っているのが、僕でした←(ここにきて、いきなりのカミングアウト)
なんでこうなったかを申しあげますと、8月24日に両方とも休むということで連絡をしたんですけど、「休んだ分は溜めといていいですか?」の問いに「はい」と答えたので、祝日分もまとめて来るようになったんです。
さすがに「休んだ分は溜めといていいですか?」の問いに「はい」と答えてしまったときは、「しまった!!」と思いましたけど、何でもないのに連絡する勇気も無くて、連絡をせずにほったらかしていた結果が、祝日分も溜めて来るようになったわけです。
お客様にご連絡致します。
小さな荷物をポストに投函するサービスが「ネコポス」です。
現在はネットのフリマオークションサイトでの利用が多く、これから取扱い件数が増えることが予想されます。
ヤマト運輸では今後、「ネコポス」の配達を、順次クロネコメイトさんにお願いしていく予定です。
「ネコポスは、クロネコメイトは配達が出来ない」と言うのを数ヶ月前に書いたと思いますが、配達ができるようになります。
「ネコポス」と言うサービスは、荷物のバーコードを読み取ったと同時に、お客様にメールが送信される仕組みとなっています。
ですので、家の数メートル手前で「ピッ!!」とかやっちゃうと、ポストにも入っていないのにお客様にメールが送信されてしまうわけです。
軒先で読み取りをかけないと、苦情が来ます。
DM便の場合は、そんなことはないんですが。
「ネコポス」の場合は、配達に出発するときにバーコードを読み取って、軒先でもバーコードを読み取ります。
クロネコヤマトの特徴は、お客様控えの伝票に書かれた「追跡番号」をウェブサイトで入力すると、荷物の場所がわかる仕組みとなっていることです。
荷物の場所が番号でわかってしまうことの他には、作業用携帯が作動したら「GPS」が飛ぶしくみとなっているので、変なことはできません。
エリア情報は特にありませんが、吹雪いているので配達関係者の皆様はご注意ください。
「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ!!」
今月はここまで。
今年のブログは、これにて終了です、。
また来年!!←(いつもの年末ブログの終わり方を忘れました)
♪33
通巻87


jiyukoubou at 15:04|PermalinkComments(0)