自由研究 テーマ課題 実験と工作 夏休み・冬休みの宿題

自由研究の宿題は、「夏休み」や「冬休み」の話題になるテーマですね。 自由課題を考えると身近なものでも沢山あります。理科の実験(電気科学・化学)や地球環境(エコロジー・温暖化)などが面白く人気です。 観察では、星座・宇宙・皆既日食・太陽と紫外線・朝顔(アサガオ)などの植物観察(研究)も簡単にできる自由研究課題です。 男の子・女の子にも人気がある工作なら、貯金箱・花瓶・手芸 裁縫(バッグ・エプロン・洋服)・万華鏡、実験と工作を兼ねるならペットボトルロケット、モーター自動車などが簡単です。 理科や工作以外にも社会・数学・歴史の研究も面白いと思います。素材なら学研の夏休み自由研究もありますが、みんなと同じものができてしまいそうです。自分なりの研究の成果を作りたいものです。食べ物の研究で家庭科もいいですね。by jiyuukennkyuu

工作 ペットボトルロケット

スポンサード リンク



<ペットボトルロケットの作り方>
工作といえばペットボトルロケットが自由研究の課題として人気です。
ペットボトルロケットの作る工程をテーマと遠くへ飛ばすための研究課題を分析できます。
身近にある材料で簡単にしかも すぐに作れるのが特徴です。

実験で飛ばす楽しみがあるのが魅力ですね。
公園など広い場所で人のいない場所でやりましょう。
人にあたると危険な場合があります。

ペットボトルロケットの材料
ペットボトル(炭酸飲料用2本)・割り箸1本・入浴剤(発砲タイプ)
ビニール袋・ビニールテープ・食品トレー2枚・ハサミ(カッター)


ロケットの作り方
ビニール袋を巻きつけた割り箸を作ります。サイズはペットボトルの口よりも少し大きめのサイズにします。
ビニール袋が見えないようにビニールテープで固めます。
ペットボトルの先を切り取り、もう1本のペットボトルの底の方うにビニールテープで固定 。ペットボトルの真ん中を切り取り、もう1本のペットボトル先の方に、ビニールテープで固定。

食品トレーを羽の形に切り、ロケットの羽を作ります。外れないようにビニールテープで補強して、ペットボトルに均等に真っ直ぐ貼り付けます。

出来上がったロケットを発射しましょう。
水はペットボトルの3分の1位を入れます。発砲入浴剤を細かく砕いて中に入れます。
それからペットボトルの口に、割り箸を挿し、その割り箸を地面に挿します。
しばらくすると、ロケットが発射されます。

※危険ですから、ぜったいにロケットをのぞきこんだり、顔や手を出さないように。
周りに人がいないか、飛ばす先にも人がいないかも確認してください。

ロケットの羽を増やしたり、角度をつけたりしてどのくらい遠くに飛ぶかも実験しましょう。
飛ばす前に、自分で予想してみよう。そしてその結果との違いをまとめてみよう。
発射の前に作る様子をデジカメなどで写真を撮っておきましょう。
そして、その結果をまとめて研究とします。



他には、貯金箱を作るのも割りと人気があります。
簡単に作れるのがいいかもしれません。
デザインや色などの一工夫をしましょう。
ホームセンターに行けば、木の材料や塗料(絵の具)なども安くで買えます。
もちろん作っていく様子もデジカメで記録して、出来上がる様子も宿題の一部として提出します。
作るのに苦労した点・工夫した点、感想などもまとめるといいでしょう。
あと、友達と一緒につくるのもいいですね。


一日あれば、作成する事が可能ですし、実験もすぐにできます。
そういう意味では、時間のないときでも楽しみながらできます。


この自由研究は、小学校高学年(5年生、6年生)~中学生(1年生、2年生、3年生)向けが対象です。



朝顔(あさがお)育て方 植物観察(簡単)

スポンサード リンク



自由研究のテーマ課題に簡単で手軽なのは、(朝顔)アサガオの観察です。

まずは、植木鉢に土を入れるところから始めます。
土は、腐葉土という栄養のある土を選びましょう。
種まきの前の日に水たっぷりかけておくと芽が良く出てくるようです。

そして種まきの際は、人差し指で腐葉土(ふようど)に穴を開けます。
穴の大きさは、人差し指の第一関節くらいのところまで指を入れ穴を開けます。
朝顔の種をまくときは、丸い方を上にして種をまきます。
アサガオの種をまいたら、上から土をかぶせます。
日当たりのいいところにおきましょう。

水は、一日1回午前中にしっかりやります。

あさがおは、種まきをしてから70~80日程度で花が咲きはじめます。
夏休みの自由研究のテーマで植物観察をするなら、早い目に種まきをする必要があります。
花は下の方から順番に咲きます。時間帯は早朝開き、日差しが強くなるとしぼみます。
アサガオは、1つの株に、同じ色の花が咲きます。
どんな色の花があるのかしらべてみましょう。

生長の様子をデジカメで記録して、まとめておくと後でレポートするときに
簡単にできるのがコツです。育てる楽しみを感じながら続けましょう。


花が咲き終わり2週間程過ぎると、めしべのつけ根の子房が大きく膨らみます。
朝顔の種は、子房の色が緑から茶色に変わるととれます。

自由研究のまとめ方のコツは、毎日 デジカメ写真や絵など毎日生長日記をつけていきます。
葉っぱの数・高さ・つぼみの数・花の色などをまとめていきます。

作業は、とても簡単にできます。上手にまとめてきれいな、宿題ができます。

小学生 1年生、2年生の低学年や3年生、4年生の中学年、高学年(5年生、6年生)でも手軽で簡単に自由研究ができます。