アジャパー
F5−2D
【日本ハム】 ○八木(1勝0敗)、H武田久、Sマイケル(1セーブ)
【中日】 ●山本昌(0勝1敗)、平井、岡本、鈴木、久本
【本塁打】井端1号(中)、福留1号(中)、セギノール1号(日)
日本ハムが第2戦を制し、対戦成績を1勝1敗のタイにした。日本ハムは1回、セギノールのタイムリーで1点を先制。その裏の中日・井端の1号ソロ、4回福留の1号ソロで逆転を許すが、7回に金子の2点タイムリーで逆転に成功。8回にはセギノールの1号2ランで加点した。先発・八木は6回2失点で00年の巨人・高橋尚成以来、3人目となるルーキー初登板初先発勝利、3人目・MICHEALが初セーブをマークした。中日は2本塁打の2点のみで、先発・山本昌が6回2/3を3失点で88年からシリーズ、白星なしの4連敗となった。(TBS)

◇落合監督
「負ける時はこんなもの。
(山本昌について)それまでボロボロだったわけじゃない。決着は自分でつけないと。あそこでは代えませんよ。逆に代えて打たれて負けがついたら(山本)昌が死んじゃう。勝ちをつけなきゃいけない。金子を歩かせて塁を埋める気はさらさらない。それまでの内容が内容だっただけにな。
まあ不運もあったね。こんなもんだろ、これが野球。チームは悪くないと思う。勝ち運が無かっただけのこと。ミスが重なっていくとこうなる。うちの負けの典型的パターン。尾を引く負けじゃない。1勝1敗は御の字。今日勝っていれば5試合で2勝だったのが、5の3になっただけ。シーズン中と何の変わりもない。」 (CBC)


ナゴド行って来ました。。。。。

今日も勝って、「もう名古屋には帰って来ないかもしれません」を聞くはずが、、、サスガにもうそんな事いわんやろうケド

悔。


ヒルマンのインタビューを聞く事になろうとは。。。。。


思いもしなかった・・・・・。。。。



金子に打たれて逆転しても、



井上がバントを失敗しようとも、


立浪が打てなくても、







逆転を信じていた。。。



そう、、、、




この瞬間までは。。。。。



ポカモトズバーーーーーーーーーーーーーーー





・・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。。



”普段着野球”

”シーズン通り”

を強調し、シリーズに望んだドラゴンズ。


こんなところまでシーズン通りなのかよ!




では雑記。。。。

マサはよく投げたと思います。7回のあの場面でも、金子勝負で別に間違いではないはず。ただ、今日は初回から飛ばしていてあの時は100球を超えていた。ちょっとバテが来ていたかな?とも。
だからと言ってあそこでリリーフを出していたら良かったかといえばそうでももあるまい、、、。

その前の鶴岡の場面でマウンドに行った落合監督。で、声をかけただけで続投。で、スタンドからは”続投”に対して拍手が起きたわけで(マサへの激励の意味もあるでしょうが)、ドーム全体の雰囲気も”マサ頑張れ”と。

ある意味、監督の言うように”自分で決着つけろ”って事で良かったと思いますが。


で、奇しくも今日のキーポイントになってしまったのは井上。。。。。。


5回の無死1・2塁(走者井上)でのマサのバントで三塁憤死。

この場面、八木がモーションに入る直前に金子がセカンドベースに入り、セカンドの田中賢がファーストベース方面へ。で、セギノールは前へダッシュし、八木は投球後、すばやく三塁方面へのケアへ。

↓五階席から観戦してたのですが、こんな感じに見えたタブン
ふむむう

ドラゴンズの”100%バント”という作戦を見事に封じるシフトを敷き、三塁方面へ転がせれば左投げで投球動作の流れで入れる八木が、一塁方面へ転がせば猛ダッシュしてくるセギノールが処理するという作戦。これだけ極端なシフトを敷かれれば、相当上手いバントをしないと2・3塁は難しい(どちらかは刺される)確立が高いでしょうねぇ。。。

で、マサは結構良いバントをしたのだが、二塁走者井上は金子の動きが目に入ったのか、スタートが遅れて三塁憤死。。。。。


まぁここは相手が上手かったと割り切ろう。


で、


もうひとつの井上のポイントは、7回のバント失敗の場面。

1点ビハインドで、アレックスがヒットで出て、無死一塁。バントか強攻策か、非常に悩む場面ではあるが、バントを選択するなら絶対に失敗できない場面(=代打川相でキッチリ行く or 代走英智で井上の気を楽に)。



が、選手交代ナシのバント失敗。うーーーん、、、、、。。。



もちろん、ここでキッチリ決められない会長の責任は重いけれども、長いペナントレースじゃなく、今は短期決戦の場。”失敗するリスク”を考えたら、何かしらの手を打つべきだったんじゃないかなぁ。。。。

シーズン序盤で似たような場面で井上に代打川相ってのがあったなぁいつだったっけな(この時は結局、川相バスター→センターライナーで走者送れず、、、、だったなぁ確か)。

もちろん、守護神マイケルっていうのが脳裏にあって井上を変えられないってのがあったんだろうけど、だったら英智を代走で出して”弱肩鶴岡”に揺さぶりをかけてもよかったんでないかねぇ。。。。。


とまぁ小生意気に結果論をツラツラと書いてみたわけですが、、、、、んなこと言っても気分が晴れるわけでもなく、、、、、、、



これでも見て気分をなおします。。。。




シンジ、ラレナ〜〜〜イ


コ、、、コレは、、、、


普段通りじゃない!!!


シビレタよ。。。




でもこの後に、、、、




ポカモト




コレダッタンダヨナ・・・・・・・。。。。。