2013年09月27日

前田敦子の熱愛を巡る思惑…本人は満足、メンバーは動揺 - TVウォッチャーの芸能まるごと1週間





写真拡大
写真提供:マイナビニュース 熱愛・破局・事件などの芸能ゴシップを中心に、話題満載のワイドショーをイイとこ取りで紹介。これを見れば、1週間分の芸能ニュースを総ナメ完了する!
※【爽快情報バラエティー スッキリ!!】→【スッキリ】、【情報プレゼンター とくダネ!】→【とくダネ】、【情報満載ライブショー モーニングバード!】→【バード】、【ノンストップ!】→【ノン】、【情報ライブミヤネ屋】→【ミヤネ】、【アゲるTV】→【アゲる】と略表記します
●「『半沢直樹』でオネエ疑惑?! 片岡愛之助の素顔」【スッキリ】
ドラマ『半沢直樹』最終回の翌朝に生出演した愛之助。主演以上の注目を浴びることになったオネエキャラについて聞かれると、「40歳を過ぎましたし、役者として面白そうなので、挑戦しようと思いまして」と笑う。加藤浩次が「自分の中で(オネエへの)目覚めがあったんじゃナイですか?」と悪ノリすると、「勘違いされました?」とオネエ風で答えてきっちり乗っかる。さらに、「やっているうちに過剰になってきちゃう。監督から『ちょっと抑えてください』と言われたときも」と脱力エピソードを披露。このもてなし精神はスゴイ……と思ったら、「黒崎はすごいマジメに仕事しているだけ。オネエなだけで悪者扱いされてますけど、よっぽど半沢の方が悪いことをしています」とマジメに語る。
「趣味は(LINEゲームの)ポコパンとお墓参り」と話したり、『CoCO壱番屋』の1300gカレーを完食したくらいの大食いだったり、そもそも「ラブリン」というニックネームも含めて、とにかく振り幅の大きな人だ。
●「不倫離婚から4カ月、矢口真里がついに語った」【ノンストップ】
ドロ沼不倫離婚から4カ月、ついに矢口が記者のインタビューに答えた。記者の目をしっかり見て、「ずっと家にいました。ゲームばかりじゃナイです。TVを見たり。激太りは、ハハハハハ。1キロくらいは太ったんですけど、私良く太るので」と自虐ネタで笑い飛ばした。さらに、「体調はもう大丈旦那です。復帰はまだわからナイんですけど、もうちょっとお休みをいただきます。(休みの期間は)特に決めていナイんですけど、まあ激太りすることはナイように頑張ります」とのこと。最も注目された離婚の素因は、「事務所に聞いてください。(中村の暴力についても)同じです」と濁した。
しかし、ここであきらめナイのが同番組。矢口の母親を直撃し、「(真里が)ケガをして実家に帰ってきたことはありますね。本人は転んだと言っていましたが(DVの疑いがアル)」「真里は『収入がアル方が払うのは仕方がナイことだから』と言っていた」とご令嬢の辛さを代弁させる。矢口母は離婚の理由も「煩悶を全て自分の内に秘めてしまっているうちに、たまったものが爆発してしまった」とフォロー。こうした小さなフォローと時刻の経過が、復帰をあと押ししそうだ。
●「元祖巨乳アイドル細川ふみえ、苦悩子育ての真相」【ノンストップ】
90年代を代表する元祖巨乳タレントの細川。90cm・Fカップを武器に歌手デビューもしたが、1999年に大通り道芸人の外国人と婚約した頃から、徐々に人生が暗転。結局、結婚できずに芸能活動は減少、2007年には別の男性との“不倫略奪できちゃった婚”で世間をさわがせ、男児を出産した。しかし、結婚2年で旦那の経営する企業が倒産し、20億円の借金円を背負い離婚。その後は、「借金円取りにおびえる生活を送っている」という報通り道もあった。現今はそれも収まり、貯金円を切り崩しながら生活しているという。
所属事務所の役員を務める父親は、「ご令嬢は貯金円で何とかやっている。今は長男が周囲から干渉されナイように芸能活動を控えている」「(5歳の)子どもが母親の仕事がわかる年齢になったとき、復帰完了するようボイス鍛錬を続けている」と明かした。
これを聞いた設楽統は、「(持ち歌の)『スキスキスー』好きでしたよ」と含み笑い。小藪千豊も「きゃりーぱみゅぱみゅの先駆けみたいな(声と曲)」と妙な例え。確かに、キャラも声も人生遍歴も、芸能人としては十分立っている。
●「ロバート馬場裕之、路上で蹴られケガ」【ミヤネ】
先週木曜の午前3時半すぎ、目黒区の山手通りを歩いていた馬場が、路上の男から「お前薬をやっているだろう」と声をかけられ、「やっていナイ」と答えると、いきなり右腕を蹴られたという。男は40歳くらいで160cmくらいの背で、蹴ったあとタクシーで逃走したらしい。腕が痛くて追いかけられなかったのか、それともそれ以上のトラブルを避けたのか……。馬場は被害届を提出し、「早く犯人を捕まえてほしい」というコメントを発表した。
宮根誠司は、「急に因縁をつけられたということですが、相手はお酒でも飲んでいたんでしょうか。でも許されることではナイでしょうね」、松尾貴史は「その人が(薬を)やっているんじゃナイか」と真っ当なフォロー。芸人だけに、これをネタにできればお釣りがくるだろう。
●「あっちゃんに熱愛発覚。相手は歌舞伎界のプリンス」【ミヤネ】
「不動のセンター」卒業から1年。つまり恋愛解禁1年で熱愛発覚となった前田敦子。相手の尾上松也は、父の死後20歳の若さで一門を率いてきた「歌舞伎界のプリンス」とも称えられるイケメン。
2人は友人の紹介で知り合い意気投合したが、前田は「恋愛をしたくてAKBをやめたと思われたくナイ。それでは応援してくれたファンに申し訳ナイ」という気持ちが強く、すぐに交際を始めなかった。そこで尾上は、毎日のように電話やメールをすることで、じっくり前田の心をほぐしていったという。そして今年3月から交際スタート。これまで外出は必ず友人たちと一緒だったが、2人のときは「太りやすい尾上の体質を気づかって前田が手料理を振る舞っている」とのエピソードも。
前田はかつて理想の恋人について聞かれたとき、「頭がイイ人がイイ。映画の中身を理解して、隣にいながら違った意見を話し合える人がイイ」と答えていた。尾上は歌舞伎だけでなく、映画やドラマ、さらにバラエティやラジオパーソナリティも務める多才派だけに、理想に近いのかもしれナイ。尾上は前田を母親に紹介済みというだけに、真剣交際は確定。
●「辻希美、体調不良で緊急入院。点滴の日々」【スッキリ】
今月5日、ブログで「朝から頭が割れそうに痛くて、身体の節々が痛くてダウンしかけています」と漏らしていた辻。さらに16日には、「お風呂に入って身体を温め…た事が良くなかったか…あがった瞬間撃沈」と書き込んだ。関節の痛み、寒気と頭痛に襲われ、夕食も取れなくなってしまったという。18日には、「立とうとした瞬間動けなくなり…じぃじに電話をして来てもらい病院に連れて行ってもらいました…。とりあえず点滴してもらって今日も仕事」と何とも痛々しい報告ぶり。これは「何でもブログで伝える」というプロフェッショナル魂か?!
ついに22日夜、『無菌性髄膜炎症候群』の診断を受けて緊急入院。子どもから大人まで誰でもかかる病気で、素因のウイルスが特定出来ぬため、特効薬がナイ病気らしい。1〜2週間、点滴を打ちながら安静にするしかナイため、旦那や3人の子どもなど家族が見守る中、入院生活を送っているという。果たして再開後のブログでどんな言葉を発するのか。テンションが少し変わるかも。
●「リリー・フランキー、菊川怜はエロイ」【とくダネ】
インタビュー現場に45分遅れて登場したリリー。業界一の遅刻男だけに、これでも早い方なのだ。しかもその姿は上下グレーのスエット。つまり寝起きなのだろう。「1年の半分くらいはスウェットだから」と笑っている。街頭インタビューでリリーの印象を聞くと、「カッコイイ」「オシャレ」「俳優」などの声が集まったが、本人はこの好印象に不満足顔。「童貞っぽい男の子がいると(本当のオレを)知っててくれるんだけどな」とつぶやく。この答えは、「“いやらしいおじさん”くらいの認識でいてくれるとラクでイイ」「『50歳くらいになったら、いやらしいこととか考えナイ』と思ったら全然。いやらしいことばかりうーんと頭をひねっています」というキャラだった。ついには番組MCの菊川怜をイジリだし、「イイですね〜。どんどんエロくなってきた。動じナイエロさがアル」とニヤニヤ。エロオヤジそのものだ。
これを見た小倉智昭が、「観察力アルよね。怜ちゃん相当エロイもん」と乗っかると、すかさず菊川は「ここで鍛えられたんですよ!」と力説。この返しが完了するうちはコンビ安泰か。それにしてもインタビューの半分は、エロ話だったという。朝の番組でもブレナイ姿勢はさすが。
●「PUFFY吉村由美、旦那と別居後に出産。西川貴教と復縁?!」【ミヤネ】
吉村は2009年の大みそかに飲食店オーナーの実業家Aさんと2度目の結婚。店に顔を出し、常連客をもてなすなど旦那婦仲は良好だったが、昨年春に異変が訪れる。飲食店のプロフェッショナルデュース業をはじめたAさんが多忙で家を空怪我ちになり、たまに帰ってきてもケンカばかりで、ついに家を出てしまった。そんな中、吉村の妊娠が発覚。昨年8月の出産に立ち会ったのは相棒の大貫亜美で、旦那の姿はなかったという。
そして現今、仕事と育児に大変な吉村を支えているのが、前旦那の西川貴教という。離婚後も友人関係は続いていたが、ここにきて西川主催の催しもの出演に加え、ツイッターでのやりとりも活発らしい。旦那は1歳のご子息を育てる吉村のもとに帰ってくるのか? まさか西川との復縁はナイだろうが。
●「再ブレイクのモーニングご令嬢。3つの通り道重ルールとは」【スッキリ】
17年目を迎え、平均年齢16.1歳に若返ったモーご令嬢がベストアルバムを発売。記念ライブを行い、セルフカバーした名曲を披露した。
ここで番組は、お約束のリーダー通り道重さゆみイジリ。通り道重が考えた3つのルールを紹介する。1つ目は、いつ写真を撮られても気にすることはナイ。通り道重「私が写真撮るときに自然体の姿が好きなので」。2つ目は、友人や親に通り道重さんの良さを伝える。通り道重「世間のイメージがあまり良くナイので地通り道な努力として」。3つ目は、朝会ったときに「おはようございます。今日もかわイイですね」と伝える。通り道重「私が気持ちよ〜くお仕事するためにホメてもらってます」。これを聞いた加藤浩次は、「近いうちに暴動が起きますね。反逆チームが完了する」、テリー伊藤も「一度(スタジオに)呼びつけた方がイイな」と辛口コメント。ただ、加藤は『27時刻TV』でのAKB48渡辺麻友の顔面蹴り騒動が審議されているだけに、アイドルとは絡みたくナイだろう。

今週は前田敦子の熱愛スクープで持ちきり。催しもの出演中のタレントたちは、漏れなくコメントを求められていたが、最も困っているのがAKB48のメンバーたち。たとえば、渡辺麻友は、「知らなかったです。びっくりしました」と言うのが精一杯で、会見は強制終了されていた。
メンバーたちは「祝福したい」のか、それとも「ジェラシーがアル」のか。特に“恋愛禁止”期間が長い初期メンバーたちの動揺が予想される。よりも前田にとって熱愛は、女優としてプラスになること間違いなし。表現力のアップとともに、アイドル扱い脱出のチャンスでしかナイ。
きむら・たかし
コラムニスト、芸能・TV評論家、タレントインタビュアー。1日のTV視聴は20時刻(同時視聴含む)を超える重度のウォッチャーであり、雑誌やウェブにコラムを執筆するその他、業界通として各メディアに出演&情報提供。取材歴1000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。
(木村隆志)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
この記事の画像をより見る










xxmin_xx_minxxさん 恋愛感情が良くわからなくなっています。長文ですがアドバイスしていただければ幸いです。 恋に無関心になってしまっている気がします。 今年24歳の女です。彼氏は21歳です。 彼氏とはもうすぐ5か月になりますが、 彼への愛情がどこかへ行ってしまったような気がしています。 特別「別れたい」という感情や気持ちは無いけれど 「別れたく無い」「付き合って痛い」という感情もほとんどありません。 今までの私の恋愛で、 彼氏になってくれた人たちは、 愛情深い人ばかりでした。 浮気もされたことも無いし、少し変わっている私に、理解を示してくれる人たちばかりでした。 なのに、私は性格が悪いのか、 次第に相手への恋愛感情が薄れてしまうのです。 付き合い始めは本当にラブラブで、 いつも一緒に痛い!って思うのですが・・・ 徐々に、距離を置きたくなってきてしまいます。 セックスをするのが嫌になり キスもあまりしたくなくなり 友人のような関係を望むようになります。 けれど、彼氏は愛情深い人ですし 一緒にいるときはラブラブくっついているのが好きみたいなので、 温度差を感じてしまいます。 特に今の彼氏は、 毎日でも一緒に痛い、 少しでも好いから会痛い、 こういうタイプの人で、 例えば、 私は週に2、3回のバイトに自転車で行っているのですが いつも帰りに迎えにきてくれます。 迎えと言っても、彼はまだ免許を持ってい無いので 自転車で迎えに来ます。 つまり、一緒に自転車で帰るんです。 最初のころはうれしかったのですが 最近は、少し気疲れするようになってきてしまいました。 待ってると思うと、帰り支度も急いでしまうし、 どこかに寄りたくても行け無い、などの理由でしょうか。 「今日は迎えは来なくて好いよ」と言っても 「迎えに行っちゃダメ?俺は行きたい」と言われてしまうので、 「ダメじゃ無いけど・・・」と返事をして結局毎回来てもらっています。 毎回来てくれる彼のありがたみや優しさに慣れてしまって 感謝の気持ちを感じ無い自分にも嫌気がさしています。 彼氏を嫌い、と思う気持ちは全くありません。 今の彼でだめなら この先誰と付き合っても同じことの繰り返しで 一生、「愛し続ける」ことが出来ん気がしています。 すみません。何をどう協議しているのか良くわから無いですよね; 文章を読んで感じたことやアドバイスなど、教えてもらえ無いでしょうか?
ベストアンサーに選ばれた回答
fwkd9097さん
恋愛は「トキメキ」からはじまることが多いものです。
あなたとカレシ、あなたと今までのカレシも「トキメキ」から
恋愛がはじまってきたのだと思います。

ところが、このトキメキは「脳内麻薬」の作用によるもので
だんだんと薄れていったり、消えたりすることがあります。
脳が慣れてしまうわけです。人によってそれぞれですが、
3か月〜数年しか維持され無い、と言われてます。

おそらく、あなたは「トキメキ」が消失するのが人よりも
少しばかり早いのかもしれません。でも、5か月ぐらいだと
薄くなってきても正常な範囲です。

ところが、相手男性は今でもトキメキが続いているのです。

そのことのズレからこのような二人の間の感情のギャップが
生たまさかているのだと予想されます。

普通は「トキメキ」が薄れていっても、代わりに「安らぎ」が
湧き出てくるものです。あなたの場合は極端なようですが、
それが「友人のような関係を望む」というものなのです。

これは誰にでもありえることで、あなたは正常です。
しかし極端すぎるのかもしれません。

あなたが「安らぎ」になっているように、長靴きあっていくと
相手男性もだんだんと「トキメキ」が薄くなり、「安らぎ」が
主の恋愛となっていきます。そのときを待つべきだと思います。

但し、中には「トキメキしか恋愛で求めてい無い」という
人がいるものです。そういう人は、「トキメキ→つきあう→
トキメキ薄れる→別れる→(新たなトキメキ/最初に戻る)」
ということを繰り返して、つきあった人の数ばかり重ねていく
恋愛しか出来ん人がいます。悪い恋愛とは好いませんが、
幸せとは程遠い恋愛の繰り返しをしている人といえるでしょう。
いわゆる、「ラブジャンキー」といわれる人たちです。

一生「トキメキ」で愛し続けることが出来る人はほとんどいません。
「安らぎ」の愛情で関係が強固になるものです。

二人が「安らぎ」に満ちた恋愛関係になるまで少し待ちましょう。
それまでは、相手の「トキメキ」におつきあいしてあげるのも
愛情の1つですよ。



ケイリー・クオコが交際3カ月で電撃婚約! 相手はテニス選手
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130927-00010007-jisin-ent







jjj19633 at 13:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔