JJSブログ

JJSでの生活の様子をお伝えします。各学年の記事を探す場合は、カテゴリ別アーカイブから各学年を選んでください。

March 2017

全体:春休みの学校は…

ジャカルタに四季はないのですが、今、JJSは春休みです。子どもたちのいない校舎はさぞ静まりかえっているだろう…と思いきや、キンキン、カンカン、学校中に工事の音が響いています。長期の休みは、学校改修のチャンス。何十人もの方が一日中、手を休めることなく汗を流してくれています。

体育館のステージ下のイス倉庫。きれいに丈夫に補修中。
IMG_5375

















ある教室の流し場の改修。どこの教室でしょう?
IMG_5366

















トイレの改修。どんな色に入れ替わるのかな?
IMG_5368

















重いコンクリート片をかついで階段を往復…
IMG_5369

















電気の点検に…
IMG_5370

















エアコンの清掃。こんなご苦労があって、私たちは教室で快適に過ごせるんですね。
IMG_5367

















天井もきれいに補修。子どもたちが気持ちよく登校できるように。
IMG_5365

















バス通路もきれいにします。
IMG_5364

















新学期、顔を上げて登校してきてくださいね。きれいな校舎と新しい仲間が待っています!



全体:卒業生からの贈り物

卒業生から、すてきな贈り物が届きました。ご家庭で読み終えた本、本、本の山。状態もとても良く、ほとんど新刊のように見えます。もちろん、図書室で貸し出しができるように準備します。

本は世界を広げ、心を豊かにしてくれますね。ジャカルタでは、日本の本は2倍近い価格で売られていますが、図書室の本はもちろん無料で読むことができます。図書室に足を運び、「知の宝庫」を手に取ってみましょう。 

IMG_5359IMG_5360IMG_5361IMG_5363 

2016年度卒園式・修了式

3月16日(木)に卒園式と修了式が行われました。
 
天気にも恵まれ、105名の子どもたちが旅立ちました。
子どもたちは、とても嬉しそうに素敵な笑顔で登園してきました。
目を輝かせ、卒園式が始まるのを待ち、式が始まると胸を張って堂々と入場していました。


DSCN9069











 











DSCN9070

























式ではたくさんの保護者の皆様に見守られ、一人ずつ「大きくなったら○○になりたい」と緊張しながらも自信をもった大きな声で将来の夢を発表の夢を発表していました。


DSCN9072























そして、子どもたち全員で行った『よろこびのことば』
気持ちを込めてこの一年間を振り返りながら、友だちと声を合わせ、立派によびかけを行っていました。
この2年間、たくさんの喜びを経験した子どもたち。もちろん、悔しいこともたくさん経験したと思います。喜びや悔しさをたくさん味わった子どもたちだからこそ、ここまで大きく成長したのではないかと思います。
幼稚園で過ごした毎日を『こころのねっこ』にして、これからも輝き続けてもらいたいと思います。
来賓の皆様、お忙しい中お越し頂きありがとうございました。

そして、保護者の皆様、一年生になる子どもたち、ご卒園おめでとうございます!

全体:修了式&離任式

修了式と離任式を行いました。子どもたちは、学年最後の今日、通知表を受け取るとともに、離任する多くの教職員とお別れをしました。また、日本に帰国したり、他の国に引っ越したりする子どもも多く、帰り際には校内のあちこちで別れを惜しむ姿が見られました。

IMG_5281IMG_5287IMG_5330IMG_5338IMG_5350







































































保護者のみなさま、子どもたちの活動を支えていただいたみなさま、おかげさまでこの一年間のJJSにおける子どもたちの学習活動をすべて終えることができました。誠にありがとうございました!





SMP2:リーダーとして・・・

15日は、卒業式が行われました。
卒業生の凛とした姿を見ながら、中2の生徒達も「4月からはJJSのリーダーとして頑張らなければ・・・」という気持ちを新たにしたのではないでしょうか。
在校生を代表して2年生が立派に送辞を述べていました。
3年生がいなくなるのは本当に寂しいことですが、3年生との思い出を忘れず、また新たにJJS中学部に入学してくる1年生を最上級生として温かく迎えてほしいです。
20170315_072010

記事検索