March 06, 2006

イフリー教会(Iffley Church, Oxford, UK, 12c.)

iffley1iffley2














iffley4iffley3







オックスフォード郊外の村の教会。小さな教会だがロマネスク建築の好例。 オックスフォードのカレッジの見学の後、夕方に訪れた。 敷地内を犬を連れて散歩をしていた女性が「彼女(教会)は遠い昔から建っているのよ」と教えてくれた。 後半二枚はイフリーの村の風景。 (2005年3月25日撮影)

この記事へのコメント
いい写真。。イフリー村の静かな夕暮れの空気感が伝わってきますね。
「彼女」は、ずっと昔からここでこの空気感を感じながら静かに建っているんですね。
この空気感に似合う建物だなぁって思ったけど、むしろ遠い昔からこの空気感をつく
っているんだ。
それは、村の建物にも感じます。今時の自動車も止まっているし、道もアスファルトで
鋪装されているけど、何とも言えない心地よい空気感。。
これは、建材に石が使われているからなのかな?
この石の色合いがとても心地いいですね。
素敵なところ。安野光雅の風景画を思い出しました。
彼女への入口がこれまた。神秘的でかっこいい衣装をおめしに。。
これは、やばいです。グッっときますねぇ。笑 異国への旅をありがとう。
Posted by ハイネ at March 06, 2006 20:53