March 10, 2006

エウフラシウス聖堂(Euphrasius Basilica, Porec, Croatia)

euflasiuseuflasius1porec

















ポレチュはアドリア海につきだしたイストリア半島にある世界遺産の町。源はローマ時代にさかのぼる。 イストリアは大理石の産地でベネツィア支配下の町々の主要な建物の材料となったと聞く。 町なかの道にも大理石が敷かれている。ほのかに青い空を写し、とても美しい。 そうした輝くばかりの目抜き通りから外れた路地の先にはビザンチン様式の聖堂がある。 目が暗さに順応してくるにつれて、じょじょに金色のモザイク画が浮かんでくる。
 (1997年7月撮影)

link: istoria.com


この記事へのコメント
すてきな街。
空の青が写る道。。夕暮れは夕焼けを夜は月を写すのかぁ。すてきな道。
そんな道を歩んだ先に金の教え。経典の中を歩いているような感覚になりますね。
美しき旅をありがとう。旅っていいですね。。
Posted by ハイネ at March 11, 2006 01:19
このあたりは本当にきれいです。イタリアからすぐなので、ぜひ一度出かけ下さい。
Posted by jk at March 11, 2006 21:37