USoZoな日々

 ほとんど更新するネタが無い、USoZoな日々 (気紛れに更新)

枚数限定のQSLカード4

20170227イラストが印刷された既製品のQSL用紙
記入欄が印刷されているので
USoZoには使えなかったけど・・・


 JF1YHF 東大和市アマチュア無線クラブをお手伝いしていた期間に
JQ1GYG 宮鍋OM に沢山のQSLカード用紙を頂きました。
USoZoの能力的に記入欄が印刷されてしまっている用紙に
きちっと合わせてデータを挿入する作業が難しかったのですが
やっと 「USoZo が思った場所にデータを表示させること」ができるようになったので
既製品のこのQSL用紙も使えるようになりました。
しかし、100枚しかありません。
苦労して WORD2013 と闘って記入枠に印字できるようにしましたが
2・3ヶ月の交信分で終わりそうです。

次は何を作る(作り直す)かな?3

20170223-a01
ジョイフル本田瑞穂店で買ってきた

 自動車を運転中に、無線用のサブバッテリーを充電し
駐停車している間は自動車のバッテリー上がりを避けるため、そのサブバッテリーを使う。
両方の状態で1台しかない12V→13.8V昇圧器を利用したいために組んだ
【 USaZo system 】 は当分作り直さず済みそう。
 複数ある電動基台の起立・倒立のコントロールを遣り易く(個別起立・同時倒立)する
【 USiZo system 】も当分は弄らず済みそう。
FT-891M・FTM-400DH・ID-5100D 用のインカム系の周囲の装置
(アドニス C-IKP8利用 のハンディ機用インカムとPTTはフットスイッチ)も、
FT-991 用インカム系の周囲の装置
(PC用インカム使用でPTTはフットスイッチ)も
FT-817ND 用インカム系の周囲装置
( FT-991 用装置+CWパドルの組み合わせ【 USuZo さん 】)も終わっちゃった。

 次は何を遣るかな?
車載している可搬ノード局 JQ1ZNU の ピクニックセット を手直ししようかしら。

ノード局の無線機は FTM-400DH:無線機に登録したコールサインJQ1ZNU-3ND 。
大抵はピクニックセットの外側に操作部を付けて箱の側面に露出させてるせいか
ボリュームツマミにモノが触れて動いちゃうみたいです。
ノード局の置き場所が運転席の後ろ側というのも悪いのですが、
アクセス機の FTM-400DH:JL1USZ-2VF を使って WIRES-X でQRV する時に
3ND のボリュームが上がっていることに気が付かないまま喋りはじめると
3ND から車内にデジタル音や復調された声が響いてしまいます。
C4FM の音声はタイムラグがあるのでエコーバックして聞こえる自分の声で
運転中にパニックになりそうになった事も。(汗
 それとこの社団局。あいぼーる怪等のイベント時に出張させるのですが、
このピクニックセットと別に安定化電源を用意しないとならないのも少々面倒に感じてます。

ここら辺の事情に対応しようかしら とウズウズし始めました。

春一番の中で JCC 1024 PK75大南公園 移動3

 春一番が吹いて、東大和・武蔵村山を走行していた USo8 は
乾燥した畑から舞い上がった土煙のお蔭で茶色く染まりながら行って帰ってしてました。
夕刻、武蔵村山市大南公園横に USo8 を停めて 7MHz SSB/CW の移動運用をしてきました。
結構ノイズが高くて聞き取りに苦労しましたが、

JE6RXE   JG6TXC   JA4MHB   JA3BPX/3
JA8IIF   JJ4ARX   JH1KVI の7局と SSB で、

JF4AYZ   JH7BOJ   JA7AXB   JA1FEG   JA8GJK
JE4CMJ   JR5PDV   JE4GJV   JR6LUD   JA4KRX
JE6XRH  の11局と CW で QSL 。

まだまだ FT-891M の操作に慣れていませんが、なんとか運用練習を重ねています。

RIG : FT-891M 50W + ATU( FC-50 )
ANT:サガ電子 CM-144W7 +7MHz用オプションコイル使用
QTH:東京都武蔵村山市  JCC 1024
アワード対象地:ウォーターフロント WF151-4
        公園アワード PK75 大南公園 (おおみなみこうえん) 

USBハブ 仮設置では動作OK4

USo8 常設の FT-891M とナショ君えすてんの間を取り持つUSBハブが
ちゃんと働いてくれるか?のテストですが、一先ずイケそうです。
ナショ君えすてんの手前側に USB-A=USB-A の延長ケーブルを介して
FT-891M と繋いだ処、先日行ったのと同じ結果
( COM4〜6 を自動設定) が得られました。
同様に奥側のコネクターに延長ケーブルを挿しても結果は同じ。
Turbo HAMLOG とのデータのやり取りもMM シリーズのTX ボタンも
問題なく作動しました。
まだMMシリーズや JT 系の入力信号レベルの調整ができていませんが、
それは実際に運用するときにやれば済むかな?と。

JN2AMD インターフェースはUSBハブと一緒にして元の位置に貼り付けました。
20170214-USo8-891+400DH
FT-857DM と FC-30 の替わりに助手席後ろの凹みに押し付けた
FT-891M と FC-50
FTM-400DH の本体と
網目のある白いのはUSaZo system のかにさんユニット

20170214-USo8-ID5100D
こちらは運転席後ろ側
サブバッテリー用アイソレーター2台と
ID-5100D の本体
手前で白くなってるのは
JQ1ZNU WIRES-X のノード局
FTM-400DH のカメラ付きマイクって
殆ど使ってないんだよなぁ〜モッタイナイ


2 月13 日は FT-891M を使った運用初日にもなりました。
JL1USZ/1
QTH : JCC 1021 PM95RR
特記 : WF151-3 PK117 東大和南公園
rig : FT-891M + FC-50 50W
ant : SAGANT CM-144W7 ( with coil for 7MHz band )

7MHz CW :
7N3BGR JA6GAO JA6FOF JE8AGX JA6DH
JR4CEH

7MHz SSB :
JE8OYB JA8VIY JA8IIF JH6NBN/6(mobile)
JI6NZS

USo8 に常設するUSBハブをげっと3

 きちんと使えるかなぁ〜?
FT-891M の DATA 端子 に繋がるケーブル (デジタル系モードの信号を流す)と
USB 端子に繋がるケーブル(ハムログと遣り取りさせる)を
コネクターの抜き差しを省略し繋ぎっ放しにしておいて、
ナショ君えすてんをUSo8 に持ち込んだ時だけ USB ケーブルをノート PC と繋げる仲介役の
USB ハブを用意しました。
これで、ハブとナショ君えすてんの間はUSBケーブルを1本で済ませられる筈です。

20170213-USB-hub 4port USB hub
KCC-REI-ECK-U2H-YK4B
コジマで買った
USB2.0用

JN2AMD 製インターフェースとこれ、偶然の一致か?ってびっくりだけど横幅が一緒。

20170213-02USBHUB奥がJN2AMD 製インターフェース

DAISO 百均の透明ケースに入れて2つを纏め使うことを考えましたが、
インターフェースのレイアウトとインターフェース=ハブ間のUSBコードの取り回しや
何やらかんやらの事を考えると、そのまま両面テープで貼り付けて
元にあった場所に設置するだけでいいんじゃないかと思い始めました。
回り込み対策とか必要でしょうが、仮設置してチェックしてみたいと思います。

これが〇〇商法なのか!ってさっき思った事。3

 FT-891series でデジタル系通信を行いたいならば SCU-17 等インターフェースが必要です。

 FT-891 の取扱説明書【電子版】の片隅にただ1カ所だけ SCU-17 の文字があった
 (【詳細版】 には SCU-17 に関する解説は載っていません)

 JL1USZ の移動する局のメインに FT-897DM といっしょに長く使ってきた FT-857DM 。
・旧スプリアス機で、「D」が付いた最初の無線機だったという事
・FM mode や周波数を一気に飛ばすのに使うダイヤルが滑り始めた気配がある事
 (メインダイヤルより沢山使った)
・移動運用が HF 帯主体になった事 
・144 MHz 帯や430 MHz 帯で SSB や CW を運用することは粗無い事
・JL1USZ で残る旧スプリアス機がこれ1台になりそうな事
以上を考えて長く使ってきたけれど FT-891M に機種変したのですが・・・。
FT-991/A 同様に USB ケーブル1本で PC と繋ぐことができて等書いてあるので
SSTV やJT65 mode 等もその USB ケーブルを介して信号の遣り取りが出来るのだと思ってましたが
期待は裏切られました。
カラーカタログにも SCU-17 は載っていませんしね。
( FT-891M を購入した際に同梱されている取扱説明書も SCU-17 は載っていませんでした<1609D-0O版>)。
MMSSTV やJT65HF をポータブル1で遣る時に、ナショ君えすてんと FT-891M の組み合わせだったら
どういう設定で動かすのかなんて実験をしていたので発見できたのですが、
FT-891 series は USB Audio CODEC に対応してません。
故障したのか?と不安になったけど、グーグル君に《FT-891 USB》で検索したらば英語で
「Oh! No! Audio CODEC ガナイヨ!」って文面がヒットして、「あ 俺だけじゃなかったんだ」って安心(?)した次第です。

しかぁ〜し!ダウンロード版のFT-891取扱説明書(1609D-0O-2版)にはしっかり SCU-17 の名称が
オプション一覧に載ってました。この1カ所だけですよ! SCU-17 が出てくるのって。まったくもぉ〜。
USoZo は昔ハムフェアで、JN2AMB さんがハムフェアで販売したインターフェースを持ってたから
SCU-17 を買わずに済んでいるけどね。
でもUSBケーブルだけで済まないままだからマイクコードどスピーカーコードをPCとインターフェースの間で繋がなくちゃいけない。
3本も邪魔なんだな

おまけ:
まだ一度も QSO していない FT-891M だけど、購入した翌日に
メインプログラムのバージョンアップが公開されていたので、
それを遣ったら(ver.1.02だったのを ver.1.03 に)
直ぐまたバージョンアップされていて、今は ver.1.04 になっている。

うぅ〜わっ!めんどくせぇ〜 (COMポートの続き)3

 【USB-CVRS9 を 2個を使ってナショ君えすてんと FT-817ND を繋ぐ時 USB ハブで一まとめにする】実験は
「接続手順書を作ってその都度見るようにしないとわからなくなりそうだ」って結論を得ました。

現場が少々煩わしくなりますが、ナショ君えすてんとFT-817NDの接続時は
・奥側の USB コネクタにCT-62相当のケーブルを繋ぎTurbo HAMLOGと連携させる(COM8)
・手前側の USB コネクタに JN2AMD インターフェースを繋ぐ(COM4)
というふうに決めてしまったほうが各無線用ソフトを使うときや設定で混乱せず、
時間を無駄にしないで済むことが判ったので、『USBケーブル2本差し』を採用することに。

ナショ君エステンの手前の USB コネクタを【S10F】、奥側を【S10B】
そしてハブ替わりに使った U2H-TM410BWH の左側一番短い接続部から右に
【A】【B】【C】【D】 としてデバイスマネージャーを表示しながら USB-CVRS9 を繋いだら
・【S10F】×【A】 COM6   ・【S10F】×【B】 COM5
・【S10F】×【C】 COM4   ・【S10F】×【D】 COM7

・【S10B】×【A】 COM10   ・【S10B】×【B】 COM12
・【S10B】×【C】 COM11   ・【S10B】×【D】 COM9
以上のように割り振られました。
【A】〜【D】に繋がる先が FT-817ND の DATA 端子でも ACC 端子でも関係はないみたいです。

USB ハブとナショ君えすてんを繋ぐ度に『 【S10F】 側だから このソフトの COM ポートが◎番』
『 【S10B】 側だったら このソフトは COM ポートが▲番』なんてやるのは面倒ですね。

コンピューター初級者の気付き USBポートって へぇ〜3

 何時まで経ってもパソコンは【家電レベルで:一部の機能が使えるだけ】レベルのUSoZo。

ナショ君えすてんの左側にある USB コネクタ(2つある)に同種類のRS-232C-USB変換器
(SANWA USB-CVRS9)を2個同時に繋げると手前側が COM4 になり奥側が
COM8ってなったので、「挿した場所と種類でパソコンはCOMポートの番号を決めるんだ」って思ってました。
昨日の「少々 悩み中」と題したエレメントに対してフェイスブックで或る方が
『 RIGのそばにUSBハブ置いて、USBケーブル1本で前まで持ってきたら? 』と
コメントをくださったので自宅で使っているLX3に利用しているUSBコネクタをたこ足配線できる
ケーブル ELECOM の U2H-TM410BWH というのを外して USo8 に持って行き試してみました。

FT-891M のUSB 端子を【891U】、DATA端子を【891D】
ナショ君えすてんの手前側USBコネクタを【S10F】・奥側コネクタを【S10B】とすると
【891U】は【S10F】・【S10B】どちらもCOM5とCOM6を選択し、
【891D】−【S10F】でCOM4を【891D】‐【S10B】でCOM8を選択します。
これが今までのままでUSBケーブルをナショ君えすてんの横に2本挿す方法です。

U2H-TM410BWH で纏めてナショ君えすてんに挿すUSBケーブルを1本にして
FT-891M と繋いでみた結果は
【891U】は【S10F】・【S10B】どちらでもCOM5 と COM6 を選択し、
【891D】は【S10F】・【S10B】どちらでも COM4 を選択しました。

みなさんにとっては当たり前のことだと思いますが、機械音痴の USoZo には これも大発見。
百聞は一見に如かず で下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる が久々に起きました。
USB ハブというのを一つ用意し、 FT-891M に繋がる DATA ケーブルと USB ケーブルを挿しっ放しにして
ナショ君えすてんとは USB ケーブル1本で繋ぐことにしたいと思います。

日曜日は これだけ確認して終了。
FT-817ND とナショ君えすてんの場合はどうなるか?後日実験します。
FT-817ND の ACC 端子に挿す CT-62 相当のケーブル(Turbo HAMLOG用)と
FT-817ND 用コンテナ2号に入れてある JN2AMD さん製作のインターフェース(DATA端子に接続)は
どちらもRS-232C 用なので USB-CVRS9 を仲介役に使ってます。
同じ種類なのでナショ君えすてんは別物と判断するために 【S10F】と【S10B】で違う COM ポートを選択するのかな?と想像してます。
U2H-TM410BWH を使ったらどうなるのかなぁ?

少々 悩み中3

 USo8 のメインリグが FT-857DM から FT-891M に替わりました。
144MHz・430MHzのCWやSSB(AMも)は移動運用で殆どQRVする事もなく、
今後も「遣るならロケーションの良いところまで行けばFT-817NDで十分」と思えたので割愛してしまいました。
移動する局の構成を変えたのを機会に FT-857DM を使っていた時には遣っていなかった、
無線機とTurbo HAMLOG を連動させて周波数・モードの追従も遣りたいと思ってます。
( CAT とDATA 端子が別々に使えるようになったので ♪  )

ところが今度は USo8 に乗る時はナショ君えすてん等ノートPCを必ず持って乗る訳ではないので
USBケーブル等を使わない時に綺麗に収納しておく方法に悩み始めました。

今までは FT-857DM 本体の裏側に DATA端子−USB コードを挿しっ放しにしておき
インターフェイスと無線機の間は常時結線。インターフェースとノートPCの間は
使う時だけUSBケーブル等を収納場所から出して使うって方法で凌いできたんですけどね。

新たに増えたCAT コントロール用のコードを運転席から離れた位置に置いてある
FT-891M 本体の裏のジャックに抜き差しするのが不便なのでどうしようということ。

FT-891M はFT-857DM を設置してたモノをそのまま流用して使うのですが、ちょっとだけ違うのが
USB ケーブルで Turbo HAMLOG を CAT コントロールし、DATA 端子でデジタルモードの
コントロールをするという状態になりました。DATA 端子に繋がるUSBコードは今まで通りでOK。
しかし、 CAT は使う度に助手席側 スライドドアー を開けて FT-891M の USB 端子に TYPE-B を
抜き差しするなんて面倒です。USBコード自体も1.5mから2mほど必要になっているので、
使わない時邪魔になりそうです。てか、なります絶対に。なんでコンナ事になったかというと、
FT-991 series と違ってFT-891 series は USB Audio Codec に対応していないため。
インターフェースを介さないとデジタルモードの信号音が載らないので無変調になってしまいます。
・・・って書いた途中で、「どっちにせよUSB−A/USB-Bコードの処理に困るんぢゃん」って
今更ながら気付く USoZo  

そこで、考え始めたのが DATA 用インターフェース同様にUSBコードの2本使用。
インターフェースの横辺りに 片側がUSB-A(メス)<常時結線サイド>と
USB-B(メス)かUSB-A(メス)どちらかの<使用時結線サイド>のジャンクションを設ける事。
片側USB-B片側USB-A(両方オス)コードとUSB-A用の延長コードでも良いかなぁ?

1月29日に行われたニューカマーセミナーでの写真を頂きました3

20170129tokyo-seminor恥ずかし気もなく
講師の真似をしているUSoZo

先日、1月29日に武蔵野市の施設で行われた JARL東京都支部主催の
ニューカマーセミナーをお手伝いしてきました。
そのときに講師紛いのことをさせて頂き、偉そうに人前で喋っている画像を
JO1LDY黒木さんからメーリングリストで頂きました。
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ