USoZoな日々

 ほとんど更新するネタが無い、USoZoな日々 (気紛れに更新)

Chrome remote desktop 復活3

 9/16夜に「まだダメなんかなぁ?」と
一度アンインストールしてしまった Chrome remote desktop を
メインのノートPC(Panasonic CF-LX3)にインストールして
スマホにもダウンロードし直して動作を確認してみました。
結果は復活していました。

前回の状況は、
・スマホにリモートするパソコンの名前が表示されるけれど、
・選択しても接続要求に応答しないので
・ネット接続を確認してくださいと表示が出るだけで
どうしようもないというものでした。
Chrome のクラウド接続(?)で
同期がとれなかったのが原因みたいです。

元々、可搬ノード局 PND-JQ1ZNU 用のスティックPCには
10インチのディスプレーとキーボードとマウスを
可搬ノード局セットに積んでいました。
ただ、D-STARのRS-MS3Wの操作だけの為に
マウスを繋ぐのが面倒だったのと
自宅ノード局 PND-JL1USZ 用のスティックPCには
ディスプレーが無かったので TEAMVIEWER や
Chrome remote desktop などのリモートアプリがあると
ディスプレーもマウスもキーボードも無くて済むので
便利だったのです。
また、いつ、リンクが接続不良に為るか判らないので、
ディスプレーを買ってきたのは無駄ではないと思いたいです。

8/25 に届いたQSLカードで3

8/25にJARLビューローからQSLカードが届いた。
昨今、QRVが減っているので今回届いたカードも少なくて照合作業が楽だった。
その中に、「使えない記載があるじゃん!」となった記念局のQSLカードがありました。

《IOTA:007》と記載されている 8J110YRP のカードです。
IOTA には NA とか AS とか 大きく分けた地域の記号と
付与した番号の組み合わせでどこのポイントかが判ります。
本州は AS-007 です。007だけでは
太平洋のOC-007なのか北アメリカのNA-007なのか判りません。
無効ですね。

個人局ならいざ知らず、記念局ならばこういった細かい部分もしっかりと
校正してからQSL用紙の印刷をして欲しいですね。

chrome remote desktop にもそっぽ向かれた3

スティック型PCのディスプレーの代用にスマホを遣おうと
導入したTeamViewer に商用誤認されて、
Chrome remote desktop を使ってみたけれど
スマホでアプリを起動させるとスティックPCが
ネットで繋がっていることは認識しているのに
「アクセスするリクエストを受け付けません」って
警告がでてどうにもならなくなった。
ノートPC同士のリモートも試してみたら同じ警告が出るので
めんどくさくなってChrome remote desktop も使うのを諦めた。

『どぉしてもリモートで作業をしなければならない』って仕事環境ではないので
自宅ノード用スティックPCで使うディスプレーを秋月電子で買ってきました。
rasbery-pi 用の7インチ。
それと裏側基盤をガードするのとディスプレーを立てられるプラ製の枠のセット。
念の為にディスプレー用のACアダプタも購入して来たけれど、
スティックPCのUSB端子から電源取れた。ちょっとだけ無駄な出費しちゃった。

このディスプレー。今後、JQ1ZNUのVoIP局のシステムにも使えるナ。

JARD HAMtte 交信 パーティ 2018 夏3

8月15日から9月2日まで行われていた、『HAMtte 交信パーティ2018 夏』
ログシートとサマリーを手書きでハムログのデータから書き写しました。
総QSO数は26とあまり進まず、HAMtteメンバーも15人で終わりました。
HAMtte のロゴ入りの参加賞が貰えるので、それを目当てに郵送します。
コールサイン入りのプレートは、メンバーになったのを記念に出した
前回のパーティーで当選したので、サマリーの意見欄に
「今回はもしも当たっても辞退します」と書き加えました。

TeamViewer さようなら4

 スティックPCの画面代わりにスマホを使うのに
利用していたTeamviewer ですが、突然
「あなたは商用利用していると認定しましたので・・・」と
接続できなくなってしまいました。
[ プライベートでしか使ってないよ ]と証明するには
アクセスログを寄越せとか
あ〜だこ〜だとサポートを読んだら書いてあったので
メンドくせっ!ってなって
自宅デジタルノードで使っていたスティックPCからも
可搬ノード局で使っていたスティックPCからも
どちらも潔くアンインストールしてしまいました。
調べてみたらChromeのサービスに
リモートできるものが見つかったのでそちらへ乗り換えました。

8/11 国営昭和記念公園で4

JARL東京都支部主催のイベント 『 MOXONアンテナを作ろう 』あ〜んど
フォックスハンティング(みたいなの)遣ろう を手伝ってきました。

20180811-00120180811-002


募集は22歳以下の青年・定員20名でしたが、参加者は2名と保護者1名。
あとはスタッフがいっぱい
アマチュア無線東京ネットワーク(東京ネット)と
アマチュア無線ショップ「フレンズ」さん並びに「ハムラーズ」のみなさんの協力で
炎天下の国営昭和記念公園の木陰でイベントが楽しく行われました。

内容は、
“木アンテナの社長さんを努めたことがある鈴鹿OMの指導の下、
みんなでMOXONアンテナを作る。
△修了惴性を利用して簡単なフォックスハンティングをするでした。

目標となる「きつねさん」と「たぬきさん」も一工夫。
アッテネータで減衰し、さらにアルミ製の保温バックに発信器を入れて
極力電波を弱めていました。

WIRES-X ノード局がバージョンアップすると3

 WIRES-Xノードオーナーが
新しいバージョン(1.40)にアプリケーションソフトを
バージョンアップすることでしばらく
WIRES-Xに参加していたユーザーに混乱が起こりそうです。

1)ノードオーナーがDSQの替わりにDG-IDをセットすると
ノード局の旧機能のDSQやDG-IDを知らないアクセス機(局)は
ノード局にアクセスできなくなる

2)ノードオーナーがDG-ID機能を使わないと、
WIRES-X初期の頃に頻発した
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」現象が再び起こる懸念がある。


ノード用アプリケーション v1.22 までは
アクセス機のコネクト要求(Dxボタンの長押し)に対して
ノード局側からノード局が設定しているDSQコードが返信されて、
それをキャッチしたアクセス機が自動でノード局のDSQに合わせていました。
(仮にDSQ自動応答と呼んでみます)

ノード用アプリケーションv1.40 では
DSQ自動応答(仮)の機能が無くなったようで、
替わりに DG-ID 機能が実装されました。
此の事に因り、
ノード局が設定している DG-ID(01〜99のどれか)以外の信号が
届いても DG-ID が一致しない限り反応しなくなりました。

(接続したい)ノード局が使っている DG-ID が判っていれば
アクセスする前にアクセスしたい局が
DG-ID (DSQ) コードを合わせてから
ノード局にアクセスすることは可能ですが・・・。

ノードオーナーがDG-IDコードを替えたら
それを知らされないアクセス局(利用者)は
そのノードが使えなくなります。

今までの
「ノード局のDSQを知らないでもアクセスできた」人や、
「東京だとAのノード局を借りて、名古屋だとBのノード局を借りて、
どこでも即座にリンクしてWIRES-Xの仲間と交信してます!」な人。
「シンプレックスで不特定多数と交信もするし、WIRES-Xも1台の
C4FM対応機で縦横無尽に楽しんでます。」という人にとっては
不便なものになってしまった様です。

FT1D / FT1XD / FT-991 series / FT-991A series のオーナーさんへ。
DSQ も DG-ID もどちらもデジタルコードスケルチですが、
DSQ は001 〜 126 。DG-ID は01 〜 99 。
どちらも 000 と 00 は ノーコード 状態で、
DSQ 001 〜 099 までは DG-ID 01 〜 99 と共通です。

PND-JL1USZ と PND-JQ1ZNU5

Windows10(1803) が走り始めた途端に
WIRES-Xソフト(v1.22)を振り落してしまった、
Intel STK1AW32SC スティック型PC 2台。
両方とも初期化してもWIRES-Xアプリのインストールが上手くいかずに
W10でのWIRES-Xノード局の運用を諦めていました。

8月に入り、WIRES-Xのノード局ソフトと同時にモービル機とハンディ機の
バージョンアップがあったので、此れを機会に再度WIRES-Xソフトの
新版をダウンロードしてインストールの挑戦をやりました。

最終結果 は WIRES-X ノード復活です。

最初は ・・・ やっぱりダメでした。
・ダウンロードしたzipファイルをクリックすると、「展開先が云々」とエラーが言い渡される。
・インストールexeを実行するところまではなんとかなる。
 けれどもアプリケーションで文字化け画面がでたり、
 ファイルを展開中に「あれだかこれだかのファイルがみつかりません」とかの表示が出て止まる。
・アイコンがデスクトップに表示されるまで進むが、アイコンをクリックすると
 カーソルがクルクル回るモノに替わった後消えて、操作が無かったコトになって終わる。

v1.22 の再インストールできなかった時と同じになりました。

もぅ、『きよみずのぶたいから飛び降りる』気持ちで、
スティックPC を クリーンインストールして(1台数時間掛かった)、
オーナー登録から遣りなおしてから
WIRES-X の v 1.40 をダウンロードしたら
やっと やっと正常動作するようになりました。

自宅、PND-JL1USZ用のスティックPCにはWIRES-X(v1.40)とteamviewer を
PND-JQ1ZNU用suthikkuPCにはPND-JL1USZ用に加えてRS-MS3Wを
それぞれインストールして、
スティックPCを使った VoIP モードの復活です。

8月に入ったら2

 どうやら、このブログサービスと
フェイスブックの連携が無くなったらしい。
7月までは新規投稿をしたらフェイスブックにも
「あたらしいエレメントを投稿しましたよ」と自分のタイムラインに
表示されて、フェイスブック友達に知らされていたけど
ブログ設定項目の中に同時投稿サービス設定ってのがあって
twitter とか instagram とかあるけど、フェイスブックに連動させる場所は
無くなってた。

明日から8月 817を使う QRV を増やす月3

 今日は7月31日。明日から8月です。
今年も FT-817ND をメインリグに替えて運用する月が遣ってきます。
フェイスブックの『FT-817が好きな人のグループ』内で行われるマラソン行事。

FT-817 ・ FT-817ND ・ FT-818ND
この3機種を使って運用を楽しむ企画が始まります。
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ